395件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

阿南市議会 2036-08-27 09月03日-01号

承認第1号 包括遺贈の放棄に係る専決処分承認につきましては、遺言者の有する財産全部を包括して遺贈を受ける権利に対しまして、本市は使用目的のない不動産取得していないこと、また、建物についても老朽化による維持管理に係る経費が必要となることなどの理由から、権利を放棄し、早急に相続人相続財産を引き継ぐ必要がありますが、議会を招集する時間的余裕がなく、専決処分をいたしましたので、地方自治法規定により議会

石井町議会 2028-06-20 06月20日-04号

そして、不動産関係会社に委託して、そういう売却をするというのが非常に多くなっております。ただ、この問題はいつも言っておりますが、その道路があるところの宅地についてはすぐに開発されて、そして宅地分譲してもすぐに入られる方がおいでるというので、そのサイクルというのは非常に早いんですが、道路のないところについてはもうなかなか。固定資産税は高いが、その土地については売却できないという不満があります。

阿南市議会 2021-06-14 06月14日-04号

橘地区は、不動産に動きが見られないと聞き及びます。2,980万円は安いと市長は言いますが、逸失利益固定資産税を考えると、売り主は使う用途のない土地だとの認識を持っていたなら、ああ、もらってもらえるならただでもよかった、そういうことではないんでしょうか。いずれにしても、当該土地に関する成果書は、市税760万円を投じて作成していただいたものです。広く市民に開示していただきたいと思います。

阿南市議会 2021-06-12 06月12日-02号

だからこそ、不動産鑑定はあえて行わず、購入に至った、そこに瑕疵はない、そういう流れであったかと思います。であるならば、今から民間に再度転売しても買い手はほどなく見つかるものと思いますが、例えば、地域のために有効活用してもらえる事業者プロポーザル方式で公募することなどに対する市の見解をお聞かせください。 関連して、休館中の市民会館並びに老朽化した阿南図書館についてであります。 

阿南市議会 2020-09-12 09月12日-04号

販売してもらえるのだろうかという声も聞いたことがありますが、ネットを見ますと、官公庁オークションのサイトもあり、不動産を初め、消防車やパソコンなど、いろいろなものが販売されております。市民財産であるこれらの機器類ネットオークション入札等を通じて販売するということについて、取り組まれるお考えはありますか、お伺いいたします。 次に、食品ロス削減法についてお伺いいたします。 

徳島市議会 2020-03-09 令和 2年第 1回定例会−03月09日-02号

昭和34年の市議会における県・市間の協定の締結や、不動産取得並びに処分議決を経ていること、その議決議案を提案するに当たり、県・市で合意したという市長議案提案の説明や新聞報道があること、名義変更以外は全て履行されていることなどから、協定書そのものの存在は不明でありますが、協定内容については合意がなされていると考えております。

石井町議会 2020-03-05 03月05日-01号

なお、旧高原保育所跡地及び高原住宅団地跡地につきましては平成30年度に入札による売却を試みましたが不調に終わっておりますので、その経過も踏まえた再度の不動産鑑定を行い、売却に当たりたいと考えております。 以上で基本目標1についてのご報告を終わります。 続きまして次は、基本目標2、暮らしやすい生活環境の形成についてご報告申し上げます。 まず、広報関係についてでございます。 

小松島市議会 2020-03-03 令和2年3月定例会議(第3日目) 本文

民間企業などで不動産会社住宅分譲の開発を進める会社と少しお話しさせていただくときに,今回の発表は,小松島市は都市計画をどう考えているのだという話が出ています。家にかかわる企業にとって学校というのは重要な要素です。新しい家を建てる御家庭子どものいる30代が最も多く,学校に上がる子どもがいる御家庭は,家探し,新築においても学校までの距離が重要な要素になると言われています。  

小松島市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会議(第3日目) 本文

いろいろ調べさせていただくと,不動産会社さんでもよく使われる数値で,大人の歩く速度が大体時速4キロメートルか5キロメートルだそうです。分速でいくと80メートル,77メートルという数値が出ていたのですけど,子どもは大体その半分だとかいう言葉が出ていた。分速40メートル。じゃ,1,800メートル歩くとしても45分かかるそうです。  そこでまず聞かせてください。

小松島市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会議(第1日目)〔資料〕

(重要な資産取得及び処分) 第4条 法第33条第2項の規定により予算で定めなければならない下水道事業の用に供する資  産の取得及び処分は,予定価格(適正な対価を得てする売払い以外の方法による譲渡にあって  は,その適正な見積価額)が2,000万円以上の不動産若しくは動産の買入れ若しくは譲渡(不  動産の信託の場合を除き,土地については,1件5,000平方メートル以上のものに係るもの  に限る。)

小松島市議会 2019-09-17 令和元年予算決算常任委員会 本文 2019-09-17

◯ 寺橋人権推進課長  おっしゃるように担保不動産競売予納金として,一件50万円という形で支出してございます。この費目の中では予納金以外にも収入印紙代ですとか切手代等も入ってございまして,これも主に訴訟等をやってきてございますので,10万円,20万円という数字にはなっております。

小松島市議会 2019-09-13 令和元年予算決算常任委員会 本文 2019-09-13

滞納整理機構には,困難案件を含めて毎年約30件ほど移管して徴収をお願いしておりますが,機構では不動産の購買でありますとか,住居への捜索でありますとか,市単独ではなかなか難しい処分も行っておりますし,機構に移管して滞納整理が進むことで,先ほどもありましたように収入未済額早期縮減ということにもつながっていく効果があると考えておりますので,税収と負担金差額分以上の効果はあると考えております。

三好市議会 2019-09-09 09月09日-02号

実際問題、売れない物件ですから不動産屋の方々も相談をされてもなかなか善処をする方法がない。行政のほうにしても個別の案件ですから対応する手だてがないという中で、非常にもう市民の方がお困りになっている。で、ついつい手を入れずに荒れ放題になっているという状況が多いというふうに思っています。