三好市議会 > 2021-02-25 >
02月25日-01号

ツイート シェア
  1. 三好市議会 2021-02-25
    02月25日-01号


    取得元: 三好市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-09-04
    令和 3年 2月定例会議        令和3年三好市議会2月定例会議会議記録(第1号)             令和3年2月25日(木曜日)〇議事日程   午前10時00分開議  日程第1 会議録署名議員の指名  日程第2 諸般の報告  日程第3 市長の施政方針及び提案理由の説明  日程第4 報告第 1号 専決処分の報告について(損害賠償の額の決定及び和解について)       報告第 2号 専決処分の報告について(2020(令和2)年度三好市一般会計補正予算(第10号))  日程第5 承認第 1号 専決処分の承認について(指定管理者の指定の変更について(三好市祖谷ふれあい公園))  日程第6 議案第 1号 三好市手数料条例の一部を改正する条例について       議案第 2号 三好市多目的集会施設条例の一部を改正する条例について       議案第 3号 三好市構造改善センター等共同利用施設条例の一部を改正する条例について       議案第 4号 三好市地域交流センター条例の廃止について       議案第 5号 三好市放課後児童クラブの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について       議案第 6号 三好市学校給食の実施及び学校給食費等の管理に関する条例の制定について       議案第 7号 三好市特別会計設置条例の一部を改正する条例について       議案第 8号 三好市立幼稚園保育料等徴収条例の一部を改正する条例について       議案第 9号 三好市ふるさと留学条例の廃止について       議案第10号 三好市公民館条例の一部を改正する条例について       議案第11号 三好市社会体育施設条例の一部を改正する条例について       議案第12号 大歩危小歩危名勝地調査検討委員会設置条例の廃止について       議案第13号 三好市文化財多目的施設の設置及び管理に関する条例の制定について       議案第14号 建物の無償譲渡について(旧大和小学校教員宿舎)       議案第15号 建物の無償譲渡について(柴川部落集会所)       議案第16号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について       議案第17号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について       議案第18号 市道の認定について       議案第19号 市道の変更について       議案第20号 2020(令和2)年度三好市一般会計補正予算(第11号)       議案第21号 2020(令和2)年度三好市水道事業会計補正予算(第3号)       議案第22号 2021(令和3)年度三好市一般会計予算       議案第23号 2021(令和3)年度三好市国民健康保険特別会計予算       議案第24号 2021(令和3)年度三好市後期高齢者医療特別会計予算       議案第25号 2021(令和3)年度三好市農業集落排水事業特別会計予算       議案第26号 2021(令和3)年度三好市浄化槽事業特別会計予算       議案第27号 2021(令和3)年度三好市土地取得事業特別会計予算       議案第28号 2021(令和3)年度三好市井内財産区特別会計予算       議案第29号 2021(令和3)年度三好市簡易水道事業特別会計予算       議案第30号 2021(令和3)年度三好市水道事業会計予算       議案第31号 2021(令和3)年度三好市国民健康保険市立三野病院特別会計予算        ──────────────────────〇本日の付議事件  上記議事日程と同じ        ──────────────────────〇出席議員(21名)   1番  村 中 将 治 君         2番  田 村 俊 哉 君   3番  高 橋 玉 美 君         4番  大 柿 兼 司 君   5番  竹 内 義 了 君         6番  近 藤 良 仁 君   7番  西 内 浩 真 君         8番  古 井 孝 司 君   9番  吉 田 和 男 君        10番  多 田   敬 君  11番  中   耕 司 君        12番  柿 岡 敏 弘 君  13番  並 岡 和 久 君        14番  天 羽   強 君  15番  千 葉 清 春 君        16番  平 田 政 廣 君  17番  木 下 善 之 君        18番  大 浦 忠 司 君  19番  立 川 一 広 君        20番  三 木 和 弘 君  22番  伊 丹 征 治 君        ──────────────────────〇欠席議員(0名)        ──────────────────────〇地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名  市長      黒 川 征 一 君    副市長     近 泉 裕 久 君  総務部長    東 口 栄 二 君    企画財政部長  木 邨 忠 利 君  環境福祉部長  田 中 一 幸 君    福祉事務所長  滝 川 重 夫 君  産業観光部長  松 本 俊 明 君    建設部長    滝 本 康 昌 君  教育次長    近 藤 一 樹 君    会計管理者   清 水 カズ子 君  総務部次長(総務課長兼務)         水道課長    木 下 敬 二 君          川 原 正 治 君  秘書人事課長  高 井 貞 行 君    まるごと三好観光戦略課長                               城 野 義 明 君  三野病院事務長 平 尾 壮 作 君        ──────────────────────〇事務局職員  事務局長    船 井 浩 美 君    事務局次長   谷   賢 二 君  事務局主任主査 福 原   聡 君        ──────────────────────             午前10時00分 開議 ○議長(多田敬君)  ただいまの出席議員は21名であります。定足数を満たしておりますので、ただいまから2021(令和3)年三好市議会2月定例会議を開会いたします。 会議に入る前に、皆さんにあらかじめお願いをいたしておきます。 お手元に本日の配席表をお配りしておりますが、議案説明の内容により会議途中で執行部側席の一部を変更することがありますので、御了承ください。 また、会議録作成のため録音しますので、質問や答弁をされる場合は挙手していただき、議長の許可を得てから発言されるよう、また発言される際にはマイクを口元に近づけていただくようお願いいたします。なお、答弁される職員の方は、職名、氏名を名のった上で答弁されるようお願いいたします。 本日からの2月定例会議におきましても、新型コロナウイルス感染予防対策を行っての開催となります。感染予防対策及び議事運営が効率的に進行できますよう議員並びに執行部の皆様方の御協力をよろしくお願いいたします。 それでは、これより本日の会議を開きます。 本日の議事日程はお手元に配付いたしました議事日程(第1号)のとおりでございます。 ここでお諮りいたします。 日程第5、承認第1号 専決処分の承認について(指定管理者の指定の変更について(三好市祖谷ふれあい公園))は、本日先議いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(多田敬君)  御異議なしと認めます。よって、承認第1号については本日先議することに決定いたしました。 次に、本日の議事運営についてお諮りをいたします。 議案審議については、質疑及び討論の発言時間は1議題について質疑1人15分以内、討論1人5分以内といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(多田敬君)  御異議なしと認めます。よって、議案に対する質疑は1議題につき15分以内、討論は5分以内と決定しました。 なお、本定例会議の期間は2月25日から3月18日までの22日間となっておりますので、御報告いたしておきます。 それでは、これより本日の日程に入ります。        ────────────────────── △日程第1 会議録署名議員の指名 ○議長(多田敬君)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。 本定例会議の会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、2番田村俊哉議員、3番高橋玉美議員を指名いたします。        ────────────────────── △日程第2 諸般の報告 ○議長(多田敬君)  続いて、日程第2、諸般の報告を行います。 初めに、市監査委員より2020年11月、12月分の例月出納検査の結果について議長宛てに報告書が提出されております。その関係書類を事務局で保管しておりますので、御高覧ください。 続いて、12月定例会議以降の出張、会議等について主なものを御報告いたします。 12月13日に池田町で行われた国道32号猪ノ鼻道路開通式典で、村中産業建設常任委員長、池田地区の6名の議員と議長の私が式典に出席しております。 また、12月25日には、みよし広域連合議会臨時会が井川町で開催され、古井副議長、木下議員、三木議員と議長の私が出席しております。 令和3年2月15日には、徳島県後期高齢者医療広域連合議会定例会及び全員協議会が徳島市で開催され、議長の私が出席しております。 その他、出張、会議等については、その関係書類を事務局で保管しておりますので、御高覧ください。 以上で諸般の報告を終わります。        ────────────────────── △日程第3 市長の施政方針及び提案理由の説明 ○議長(多田敬君)  日程第3、市長の施政方針及び提案理由の説明を求めます。 黒川市長。 ◎市長(黒川征一君)  おはようございます。 今年の冬は雪がよく降り積もり、寒い日も続きましたが、日一日と春の訪れを感じる季節を迎えました。議員皆様におかれましては、市政発展、住民福祉の向上のため御尽力をいただいていますことに深く敬意を表します。本日は御多用の中御出席をいただき、2021(令和3)年三好市議会2月定例会議が開催できますことを厚く御礼を申し上げます。 さて、新型コロナウイルスの感染が国内で初めて確認されてから1年以上が経過いたしました。本市においても市民生活や地域経済など、あらゆる面において大きな影響を及ぼしています。この間、最前線で御尽力いただいている医療従事者の皆様、感染拡大防止に御協力をいただいている市民や事業者の皆様には心から感謝を申し上げます。 先般、国の医療機関従事者などで新型コロナウイルスワクチンの先行接種が始まりました。本市におきましても2月15日、ワクチン接種に対応するためのプロジェクトチームを発足させ、準備を開始したところであります。 また、後に御報告させていただきますが、ワクチン接種体制確保に必要な経費については、緊急を要することから2月15日付で6,908万3,000円の補正予算を専決処分いたしました。今後も国の方針等を踏まえながら、医師会をはじめ関係機関の皆様と連携を図るとともに、様々な情報発信に努め、円滑にワクチン接種が実施できるよう全庁的に取り組んでまいります。 それでは、御提案させていただいております議案の説明に先立ちまして、お時間をいただき諸般の報告及び2021年度の施政方針について申し上げ、議会並びに市民の皆様の御理解と御協力をお願いしたいと存じます。 初めに、諸般の報告をさせていただきます。 国指定重要有形民俗文化財祖谷のかずら橋が3年に1度の架け替え工事が終わり、2月22日渡り初めが行われました。祖谷のかずら橋の架け替え材料のシラクチカズラは、かずら橋保勝会によって、11月10日から約1か月間かけて高知県大豊町の国有林野内で6.5トンが採取されました。渡り初めでは、東祖谷の谷栄二さんと妻の峯代さんら3世代夫婦や関係者が新しいかずら橋を渡りました。 それでは、続きまして、2021年度の施政方針について申し上げます。 初めに、国の令和3年度予算についてでございますが、一般会計総額106兆6,097億円となり、令和2年度当初予算に比べ3兆9,517億円を上回る予算となっております。社会保障費や新型コロナウイルス感染症拡大防止に万全を期しつつ、デジタル社会グリーン社会の実現など中・長期的な課題にも対応し、骨太方針で定めた歳出改革の取組についても継続する予算となっております。 地方財政対策では、新型コロナウイルス感染症の影響により、地方税等が大幅な減収となる中、地方公共団体が行政サービスを安定的に提供しつつ、防災・減災、国土強靱化の推進などの重要課題に取り組めるよう、一般財源総額について令和2年度を上回る額を確保されております。 また、三好市の財政運営に大きな影響を地方交付税は、出口ベースで前年度比8,503億円増の17兆4,385億円となっております。 次に、徳島県予算についてでございます。 県では、緊急事態宣言を受けた緊急の1月補正、国の経済対策に即応する2月補正予算と一体的に編成し、3つの国難打破!15か月予算として、当初予算額は5,147億円を計上し、当初予算、15か月予算とともに、現知事就任後最大規模となっております。 その特色は、新次元の分散型国土創出に向けた具現化策として、防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策に呼応した公共事業に1,006億円、地方創生関連予算として576億円などを計上しています。 また、具現化に向けた3つの国難対策として、感染症の克服、社会経済活動の両立に288億円、デジタル社会の実装、地方創生の新次元展開に1,018億円、県土強靱化加速、安心して暮らせる社会の実現に1,654億円を計上し、危機を切り抜ける予算編成としています。 次に、三好市の財政について申し上げます。 本市の2021(令和3)年度当初予算案は、新型コロナウイルス感染症対策を講じつつ、持続可能な財政構造の構築に向けて、将来の財政負担の抑制を図るとともに、施策の優先順位を洗い直し、限られた財源を地域住民のため効率的かつ効果的に事業執行できるよう予算編成に努めました。 特に、本年度は次の3点について取り組むこととしております。 まず1点目として、市民の生活と命を守ることを主眼とし、新型コロナウイルス感染症対策と地域経済の活性化の両立を図りつつ、新たな日常の実現に取り組み、防災・減災対策、住環境整備など市民の暮らしを守る施策の推進をいたします。 2点目は、第2次三好市まち・ひと・しごと創生総合戦略の下、市の魅力や生活の満足度を高め、誰もが幸福感を感じられる地方創生の継続的な展開を図ります。 3点目に、公共施設等総合管理計画及び現在策定中の個別施設計画の方針に基づき、長期的な視点を持って、更新、統廃合、長寿命化などを計画的に進め、財政負担の軽減、平準化と公共施設の最適な配置に取り組んでまいります。 次に、2021(令和3)年度当初予算の主要施策項目について申し上げます。 防災・減災対策として、防災拠点となる本庁舎、支所庁舎の整備、消防体制、災害対策の充実強化、道路網の整備、地震対策支援などに取り組み、市民を災害から守る施策を推進します。 子育て支援、教育の充実では、母子保健及び子育て保険施策の包括的な支援体制の構築、さらにハード、ソフト両面にわたり、教育環境の整備に取り組むなど、安心して子供を産み育てることができ、子供が心身ともに健やかに育つ環境作りを進めます。 高齢者支援では、地域包括ケアシステムの促進、健康寿命の延伸対策、移動支援などに取り組み、高齢者が住み慣れた地域で安心して健康な生活を営むことができる施策を推進します。 雇用促進では、企業誘致活動、創業支援、人材確保支援などに取り組み、観光業、農林業、商工業と連携した雇用の場の確保に努め、本市への定住を促進します。 地方創生の推進では、第2次総合戦略で設定された5つの戦略目標、働く場所を創る三好、ひとを呼び込む三好、結婚・出産・子育てを叶える三好、安心な暮らしを守り、地域をつなぐ三好、未来を見据えあゆむ三好の達成に向けた取組を進めてまいります。 さらに、新型コロナウイルス感染拡大を防止するとともに、ポストコロナを見据えたまちづくりを積極的に進めてまいります。 以上、新年度における市政運営に当たりましての施策の方向性と主な取組を申し述べました。本市のさらなる飛躍がこの国の明るい未来につながっていくと強く信じ、市長として全力で市政運営に取り組んでまいります。 それでは、本日御提案いたします議案等につきまして、その大要を御説明申し上げます。 報告第1号は、損害賠償の額の決定及び和解について、地方自治法の規定に基づく専決処分事項の指定により専決処分したものを報告するものでございます。 報告第2号は、2020(令和2)年度三好市一般会計補正予算(第10号)について、地方自治法の規定に基づく専決処分事項の指定により専決処分したものを報告するものでございます。内容は、新型コロナウイルスワクチン接種体制に係る予算を計上したものでございます。 次に、承認第1号は、指定管理者の指定の変更について、地方自治法の規定により専決処分したものを報告し、議会の承認を求めるものでございます。 続きまして、議案第1号から議案第13号の計13議案は、条例の制定及び一部を改正また廃止するものでございます。 議案第14号及び議案第15号は、建物の無償譲渡について、地方自治法の規定により議会の承認を求めるものでございます。 議案第16号及び議案第17号は、辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更及び策定について、それぞれ議会の承認を求めるものでございます。 議案第18号及び議案第19号は、市道の認定及び変更について、それぞれ議会の承認を求めるものでございます。 議案第20号及び議案第21号は、2020(令和2)年度の一般会計及び水道事業会計の補正予算でございます。 次に、議案第22号は、2021(令和3)年度三好市一般会計予算でございます。歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ243億9,815万2,000円とするもので、前年度比で11億3,824万円、率にして4.5%の減額となっております。 予算のうち、増加したものの主なものでございますが、投資的経費のうち単独事業が12億9,849万円、率にして70.5%の増となっております。これは新庁舎整備事業身体障害者デイサービスセンター建設移転などの増によるものでございます。 2点目は、人件費が3,158万円、率にして0.8%の増となっております。これは、働き方改革による会計年度任用職員の期末手当の増などによるものであります。 一方、減額したものでございますが、災害復旧が8億745万円、率にして70.2%の減となっております。これは平成30年の豪雨災害等の災害復旧事業費の減によるものであります。 2点目は、投資的経費のうち、補助事業が4億9,016万円、率にして31.3%の減となっております。これは三野芝生第二中央団地(仮称)整備事業などの減によるものです。 次に、議案第23号から議案第31号までの計9議案は、2021(令和3)年度の特別会計並びに企業会計予算でございます。 以上、提出議案につきまして、その大要を御説明申し上げましたが、詳細についてはそれぞれ担当より説明させますので、御審議の上、原案どおり全て御決定くださいますようお願い申し上げます。 なお、今定例会議に人権擁護委員候補者の推薦について、三好市教育委員会委員の任命について、三好市教育委員会教育長の任命について、指定管理者の指定の変更についての4件を追加提案させていただく予定としておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(多田敬君)  以上で市長の施政方針及び提案理由の説明が終わりました。        ────────────────────── △日程第4 報告第1号 専決処分の報告について(損害賠償の額の決定及び和解について)      報告第2号 専決処分の報告について(2020(令和2)年度三好市一般会計補正予算(第10号)) ○議長(多田敬君)  日程第4、報告第1号 専決処分の報告について(損害賠償の額の決定及び和解について)及び報告第2号 専決処分の報告について(2020(令和2)年度三好市一般会計補正予算(第10号))の2件について、一括して報告を求めます。 議案書その1、1ページから20ページです。 総務部長。 ◎総務部長(東口栄二君)  おはようございます。 議案書その1、1ページをお願いいたします。 報告第1号 専決処分の報告について御説明いたします。 地方自治法第180条第1項の規定に基づく専決処分事項の指定により専決処分したので、同条第2項の規定によりこれを報告するものでございます。 2ページをお願いいたします。 専決第12号、専決処分書。 専決日は2020年11月26日付、内容は損害賠償の額の決定及び和解についてでございます。 損害賠償の義務の発生の原因となる事実につきましては、2020年10月20日、三好市池田町シンマチ付近、市道柳川線の交差点において、一時停止を怠った相手車両が公用車の左前方に衝突した物損事故でございます。被害の状況といたしましては、相手車両のフロントバンパー右フロントフェンダー等の破損でございます。 和解契約の相手方及び損害賠償の額、和解契約の内容につきましては記載のとおりでございます。 続いて、3ページをお願いいたします。 専決第13号、専決処分書。 専決日は2020年12月8日付、内容は損害賠償の額の決定及び和解についてでございます。 損害賠償の義務の発生の原因となる事実につきましては、2020年11月16日、三好市池田町中西イバ508番地1、三縄小学校駐車場において学校敷地内の草刈りをしていた際に、草刈り機ではじかれた石が職員駐車場に止めていた相手車両のバックドア等に当たり破損した物損事故でございます。被害の状況といたしましては、相手車両のバックドアガラス、バックドアパネル等の破損でございます。 和解契約の相手方及び損害賠償の額、和解契約の内容につきましては記載のとおりでございます。 続いて、4ページをお願いいたします。 専決第14号、専決処分書。 専決日は2020年12月29日付、内容は損害賠償の額の決定及び和解についてございます。 損害賠償の義務の発生の原因となる事実につきましては、2020年12月14日、三好市池田町トウゲ56番地1付近、市道供養寺水木線においてグレーチングの上を通過した際に、グレーチングがはね上がりフロントバンパー等が破損した物損事故でございます。被害の状況といたしましては、相手車両のフロントバンパーアンダーカバー等の破損でございます。 和解契約の相手方及び損害賠償の額、和解契約の内容につきましては記載のとおりでございます。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  企画財政部長。 ◎企画財政部長(木邨忠利君)  議案書の5ページをお願いいたします。 報告第2号 専決処分の報告について。 地方自治法第180条第1項の規定に基づく専決処分事項の指定により別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告をいたします。 6ページをお願いいたします。 2020(令和2)年度三好市一般会計補正予算(第10号)は次に定めるところによる。 歳入歳出予算の補正。第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6,908万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ304億1,756万9,000円とする。 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表歳入歳出予算補正による。 繰越明許費の補正。第2条、繰越明許費の追加は、第2表繰越明許費補正による。 2021年2月15日付専決でございます。 本予算は、新型コロナウイルスワクチン接種体制確保に係る予算を専決処分により補正したものでございます。 補正予算の内容について歳出から御説明をいたします。 20ページをお願いいたします。 4款衛生費、1項保健衛生費、2目予防費で6,908万3,000円の追加で、内容は会計年度任用職員給料及び職員手当で118万5,000円、医院等謝礼で9万円、消耗品費、印刷製本費及び医薬材料費で1,192万8,000円、通信運搬費1,966万円、システム改修費及び予防接種委託料等で3,463万6,000円、ワクチン輸送用保冷バッグ等備品購入費で158万4,000円。財源は国費6,818万9,000円、残りは一般財源でございます。 次に、歳入について御説明をいたします。一般財源のみ御説明をさせていただきます。 議案書の18ページにお戻りください。 11款地方交付税、1項地方交付税は、普通交付税で89万4,000円の追加でございます。 議案書14ページにお戻りください。 第2表繰越明許費補正。4款衛生費、1項保健衛生費で新型コロナウイルス感染症対策費6,908万3,000円を次年度に繰り越すものでございます。 報告第2号の説明は以上でございます。よろしくお願いをいたします。 ○議長(多田敬君)  以上で2件の報告が終わりました。        ────────────────────── △日程第5 承認第1号 専決処分の承認について(指定管理者の指定の変更について(三好市祖谷ふれあい公園)) ○議長(多田敬君)  次に、日程第5、承認第1号 専決処分の承認について(指定管理者の指定の変更について(三好市祖谷ふれあい公園))を議題といたします。 議案書その1、21ページから22ページです。 本案について補足説明を求めます。 産業観光部長
    産業観光部長(松本俊明君)  議案書その1、21ページをお願いいたします。 承認第1号 専決処分の承認について。 地方自治法第179条第1項の規定に基づき別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものでございます。 22ページをお願いいたします。 専決第1号、指定管理者の指定の変更についてでございます。 専決日は2021年1月4日、施設の名称は三好市祖谷ふれあい公園でございまして、指定管理者である祖谷山菜・薬草生産組合がその営む事業を2021年1月4日をもって株式会社ふるさとに引き継ぐ報告があったことによる専決処分でございます。 指定管理者となる団体の名称につきましては、変更前、三好市西祖谷山村一宇363番地1、祖谷山菜・薬草生産組合、変更後、三好市西祖谷山村一宇363番地1、株式会社ふるさと。指定の期間につきましては、変更前、2016年4月1日から2021年3月31日まで、変更後、2021年1月4日から2021年3月31日まででございます。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  補足説明が終わりました。 これより承認第1号に対する質疑を行います。 質疑ございませんか。 吉田議員。 ◆9番(吉田和男君)  今回、指定管理の名称が変わって、変更の届けが出てきて、承認をしてもらいたいということですが、残すところあと一か月ちょっと、指定期間としては、ということですわね。実際問題として、これは単なる名称変更であって、従来の代表者あるいは役員等々については全く変更がないんかどうか。それから、何でこの時期にこういう形で出してきたんか、そこらを御説明いただけますか。 ○議長(多田敬君)  まるごと三好観光戦略課長。 ◎まるごと三好観光戦略課長(城野義明君)  議員の質問にお答えいたします。 まず、名称変更でございますが、現在指定管理を受けております祖谷山菜・薬草生産組合でございますが、この代表者が営む団体につきましては、そのほかに西祖谷地場産推進組合、それから藤堂産業というのがございまして、これら3つの団体を一つの組織にし、法人化するということで、代表者につきましては引き続き現代表者が代表を務めることとなっております。 それと、なぜこの時期にという御質問でございますが、これまで指定管理を受けていた団体が任意団体ということもありまして、昨年8月より組合員も含め法人化に向けての協議が行われていたというふうなこともございます。協議記録につきましても担当課のほうに御提出いただいておりますが、これらの協議の結果、組合員も含めて法人化に向けて取り組むというふうな状況があり、登記に際し今年の1月4日に至ったということでございまして、この時期になったということでございます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  吉田議員。 ◆9番(吉田和男君)  それぞれ個々の事情があるでしょうから個人的なものに突っ込んで云々というあれではないんですけども、従来の任意団体から法人化して、名称を当然準備をしてきて、今回、あと残すところ1か月ちょっとですけど、タイミング的に今の時期になったということは、推測からして法人化すればそれなりのメリットが出てくるから法人化したんだろうと私は推測しとんですけども、そういう形で従来の形から法人化に向けて準備をしてきた段階で、たまたまあと一か月余り残った段階で登記等々の関連でこういう形になったという捉え方でよろしいでしょうか。 ○議長(多田敬君)  まるごと三好観光戦略課長。 ◎まるごと三好観光戦略課長(城野義明君)  議員おっしゃるとおりでございます。どうぞよろしくお願いします。 ○議長(多田敬君)  ほかに質疑ございませんか。 並岡議員。 ◆13番(並岡和久君)  ちょっとお尋ねします。 株式会社ということでありますんで、資本金は幾らであって、そして役員構成はどのようになっとるか、その点についてお尋ねします。 ○議長(多田敬君)  まるごと三好観光戦略課長。 ◎まるごと三好観光戦略課長(城野義明君)  資本金でございますが、資本金は100万円でございます。役員構成につきましては、現代表取締役を含めあと2名の者で取締役となっております。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  ほかに質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(多田敬君)  ないようですので、以上で質疑を終結します。 お諮りします。 承認第1号は会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(多田敬君)  御異議なしと認め、承認第1号は委員会付託を省略することに決定いたしました。 これより承認第1号に対し討論を行います。 討論はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(多田敬君)  ないようですので、以上で討論を終結します。 これより承認第1号 専決処分の承認について(指定管理者の指定の変更について(三好市祖谷ふれあい公園))を採決いたします。 お諮りします。 本案は原案のとおり承認することに御異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(多田敬君)  御異議なしと認めます。よって、承認第1号は原案のとおり承認することに決定いたしました。        ────────────────────── △日程第6 議案第 1号 三好市手数料条例の一部を改正する条例について      議案第 2号 三好市多目的集会施設条例の一部を改正する条例について      議案第 3号 三好市構造改善センター等共同利用施設条例の一部を改正する条例について      議案第 4号 三好市地域交流センター条例の廃止について      議案第 5号 三好市放課後児童クラブの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について      議案第 6号 三好市学校給食の実施及び学校給食費等の管理に関する条例の制定について      議案第 7号 三好市特別会計設置条例の一部を改正する条例について      議案第 8号 三好市立幼稚園保育料等徴収条例の一部を改正する条例について      議案第 9号 三好市ふるさと留学条例の廃止について      議案第10号 三好市公民館条例の一部を改正する条例について      議案第11号 三好市社会体育施設条例の一部を改正する条例について      議案第12号 大歩危小歩危名勝地調査検討委員会設置条例の廃止について      議案第13号 三好市文化財多目的施設の設置及び管理に関する条例の制定について      議案第14号 建物の無償譲渡について(旧大和小学校教員宿舎)      議案第15号 建物の無償譲渡について(柴川部落集会所)      議案第16号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について      議案第17号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について      議案第18号 市道の認定について      議案第19号 市道の変更について      議案第20号 2020(令和2)年度三好市一般会計補正予算(第11号)      議案第21号 2020(令和2)年度三好市水道事業会計補正予算(第3号)      議案第22号 2021(令和3)年度三好市一般会計予算      議案第23号 2021(令和3)年度三好市国民健康保険特別会計予算      議案第24号 2021(令和3)年度三好市後期高齢者医療特別会計予算      議案第25号 2021(令和3)年度三好市農業集落排水事業特別会計予算      議案第26号 2021(令和3)年度三好市浄化槽事業特別会計予算      議案第27号 2021(令和3)年度三好市土地取得事業特別会計予算      議案第28号 2021(令和3)年度三好市井内財産区特別会計予算      議案第29号 2021(令和3)年度三好市簡易水道事業特別会計予算      議案第30号 2021(令和3)年度三好市水道事業会計予算      議案第31号 2021(令和3)年度三好市国民健康保険市立三野病院特別会計予算 ○議長(多田敬君)  続いて、日程第6、議案第1号 三好市手数料条例の一部を改正する条例についてから議案第31号 2021(令和3)年度三好市国民健康保険市立三野病院特別会計予算までの計31議案を一括議題といたします。 議案書その1、23ページからです。 なお、議案第22号 2021(令和3)年度三好市一般会計予算の補足説明では、関係部課長がその所管について一括して補足説明を行いますので、ページが前後いたしますが御了承ください。 それでは、順次補足説明を求めます。 総務部長。 ◎総務部長(東口栄二君)  議案書その1、23ページから25ページをお願いいたします。 議案第1号 三好市手数料条例の一部を改正する条例について御説明いたします。 三好市手数料条例の一部を改正する条例を次のとおり定めます。 改正の理由につきましては、行政不服審査法第38条及び同法第81条第3項の規定において準用する同法第78条の規定に基づき、審理員による審理手続及び執行機関の附属機関、三好市では三好市行政不服審査会がこれに当たりますが、この附属機関による調査審議の手続において、審査請求人または参加人は提出書類等の写しの交付を求めることが可能となっていることから、これらの写しの交付に係る手数料及び減免について、並びに森林法の規定による林地台帳に記載された事項及び森林の土地に関する地図の公表に係る閲覧及び情報提供の手数料について、それぞれ定めるものでございます。 改正の内容につきましては、手数料の免除を規定する第5条第8号において、市長のほかに審理員及び行政不服審査法第81条に基づき置かれる機関を追加、また24ページ、別表第2表第2条関係において、手数料を徴収する種類及び金額を追加するものでございます。 附則といたしまして、この条例は令和3年4月1日から施行するものでございます。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  産業観光部長。 ◎産業観光部長(松本俊明君)  私からは議案第2号、議案第3号、議案第4号について順に説明をさせていただきます。 議案書その1、26、27ページをお願いいたします。 議案第2号 三好市多目的集会施設条例の一部を改正する条例について。 三好市多目的集会施設条例の一部を改正する条例を次のとおり定める。 改正の前後表を御確認ください。 別表第1のうち柴川部落集会所につきましては、三好市公共施設再配置計画に基づき、地元自治会より譲受けの意向があった同施設について譲渡を進めるため、本条例から削除するものです。 次に、老朽化等により活用していない日浦地区林業生産活動拠点施設、国政菌床椎茸培養施設、国政菌床椎茸栽培施設の3施設につきましては用途廃止するため、本条例から削除するものでございます。 附則として、この条例は令和3年4月1日から施行するとしております。 次に、28ページをお願いいたします。 議案第3号 三好市構造改善センター等共同利用施設条例の一部を改正する条例について。 三好市構造改善センター等共同利用施設条例の一部を改正する条例を次のとおり定める。 改正の前後表を御確認ください。 別表第1、馬場構造改善センターにつきまして、令和3年4月1日から公民館分館三好市馬場分館に用途変更するため、三好市構造改善センター等共同利用施設条例から削除するものでございます。 附則として、この条例は令和3年4月1日から施行するとしております。 続いて、29ページをお願いいたします。 議案第4号 三好市地域交流センター条例の廃止について。 三好市地域交流センター条例を廃止する条例を次のとおり定める。 三好市地域交流センターにつきましては、三好市公民館条例においても三好市下野呂内分館として設置を規定しております。今後、三好市公民館条例において施設の管理を行うため、三好市地域交流センター条例を廃止するものでございます。 附則として、この条例は令和3年4月1日から施行するとしております。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  福祉事務所長。 ◎福祉事務所長(滝川重夫君)  議案書30ページをお願いいたします。 議案第5号について説明させていただきます。 三好市放課後児童クラブの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について。2021年2月25日提出。 この条例の一部を改正につきましては、平成30年4月1日から井内小学校が休校になったことから、井内放課後児童クラブも同じく休止状態となっております。このようなことから、今回井内放課後児童クラブを廃止するため、条例から削除するものでございます。 附則といたしまして、この条例は令和3年4月1日から施行するものでございます。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  会議の途中ですが、ここで11時まで休憩をいたします。            午前10時46分 休憩            午前11時00分 再開 ○議長(多田敬君)  休憩前に引き続き会議を開きます。 教育次長。 ◎教育次長(近藤一樹君)  私のほうからは議案第6号から議案第13号まで御説明申し上げます。 議案書その1、31ページをお願いいたします。 議案第6号 三好市学校給食の実施及び学校給食費等の管理に関する条例の制定についてを御説明申し上げます。 三好市は、2020年4月1日から市内の全ての幼稚園、小学校、中学校の学校給食費が無償となりました。学校給食費の現在の無償化の方法ですが、学校給食法の規定に基づいた学校給食費と保護者が負担する学校給食費との差額を一般会計に繰出金として計上し、特別会計に繰り入れるとともに、保護者が負担すべき学校給食費を小学校費、中学校費、幼稚園費にそれぞれ補助金として計上し、三好市学校給食費補助金交付要綱により市が全額を補助することにより無償化を図っています。 新規に制定する条例の第3条第1項及び第2項を御覧ください。 これは、保護者が負担すべき学校給食費の額を定めるものです。学校給食法に定める保護者が負担すべき経費の範囲内で、市長が規則でその額を定めることとしております。 32ページをお開きください。 第7条第1項において、第3条第1項の規定にかかわらず、保護者が三好市の住民基本台帳に記録され、かつ児童・生徒または園児と生計を一にしている者である場合は、三好市の住民基本台帳に記録されている児童等に係る学校給食費を徴収しないと規定しています。 条例が施行されますと、第7条の規定を満たす保護者が負担すべき学校給食費は条例の規定をもって無料となりますので、現在の繰出金、補助金に係る手続や事務が不要となり、保護者、学校、行政全てにおいて大幅にその負担を減少させることができます。 第5条はアレルギー対応による除去食などに対応するための減額規定を、第7条第2項及び第3項では特別の事情により住所を三好市以外に移さなければならない場合などへの対応について規定を設けております。 本条例は、令和3年4月1日より施行することとしております。 続きまして、33ページをお願いいたします。 議案第7号 三好市特別会計設置条例の一部を改正する条例についてを御説明申し上げます。 学校給食事業は合併以来特別会計として区分してきましたが、今回、条例による学校給食費の無償化に合わせ、学校給食事業の会計を一般会計へ移行するための改正です。さきに説明いたしました三好市学校給食の実施及び学校給食費等の管理に関する条例が施行されますと、学校給食事業の歳入は一般財源が中心になることや会計処理の簡素化を図るため、同条例を改正し、第1条第7号の三好市給食事業特別会計を削るものでございます。 続きまして、34ページをお願いいたします。 議案第8号 三好市立幼稚園保育料等徴収条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。 幼稚園の教育課程に係る幼稚園保育料は、同条例第2条第1項の規定により無料であります。また、同条第2項から第5条までに規定する幼稚園の教育課程に係る教育時間以外の時間帯において行う預かり保育に対しては、預かり保育料を徴収することとなっています。 第4条の改正は、これらの規定を設け、徴収の対象を預かり保育料に規定するものでございます。 第5条は、幼稚園保育料と預かり保育料について、規則に委任するものであることから、幼稚園の保育料を幼稚園の保育料等に定めるものでございます。 続きまして、35ページをお願いいたします。 議案第9号 三好市ふるさと留学条例を廃止する条例についてを御説明申し上げます。 この条例は、旧西祖谷山村において心豊かな児童・生徒の育成を図るため、山村留学制度を実施し、村の活性化と教育の振興を図る目的として平成17年4月1日に施行された西祖谷山ふるさと留学条例に端を発しております。現条例は、平成18年3月1日、その内容を三好市に引き継ぎ、三好市ふるさと留学条例として施行されたものです。 条例の委任を受けた三好市ふるさと留学条例施行規則には、留学期間は原則1年、募集については募集要領で定める。原則として寄宿舎及び受入れ民家等で共同生活を送りながら、学校教育、体験活動、地域交流等を行うなどのほか、留学経費の保護者負担、運営経費の市の負担について規定しています。 制定以降、十分な取組ができておらず、留学生受入れの実績はありません。また、条例の第2条には、児童・生徒が一定の経費を負担するといった規定があることなどから、本条例により留学生を募集するには多くの課題があるものと判断し、本条例を廃止するものです。 しかし、三好市は少子化対策、市の活性化対策が必要であるという状況には変わりはありませんので、今後広くその対策について考え、必要があればこうした条例の制定も提案していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。 なお、本条例は公布の日から施行するものでございます。 続きまして、36ページをお願いします。 議案第10号 三好市公民館条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。 農業施設である馬場構造改善センターを馬場分館にするための条例の一部改正でございます。 これまで、馬場分館は旧馬場小学校内に設置されており、その所在地は馬場小学校の地番と条例上されております。現在は、馬場構造改善センターにおいて分館活動が行われています。 今般、農業施設である馬場構造改善センターを馬場分館として位置づけるため、三好市構造改善センター等共同利用施設条例から馬場構造改善センターを削除し、三好市公民館条例を一部改正、ウマバ464番地からウマバ458番地へ地番変更するものでございます。 なお、三好市構造改善センター等共同利用施設条例の一部改正は農林政策課より提出されてございます。 附則といたしまして、この条例は令和3年4月1日から施行するものでございます。 37ページをお願いいたします。 議案第11号 三好市社会体育施設条例の一部を改正する条例についてを御説明申し上げます。 既存の社会体育施設から老朽化の著しい三好市井川体育館を削除するものでございます。三好市井川体育館は令和3年度に取り壊し予定となっております。 この三好市井川体育館については、施設老朽化のため平成28年度より施設貸出しを行っておらず、令和3年度において近隣施設井内小学校プール、井内幼稚園、井内放課後児童クラブ、旧消防署とともに取り壊しを行う予定となっております。 改正後は、別表第1、第2条関係、別表第2、第4条関係、別表第3、第11条関係より三好市井川体育館を削除しております。 附則といたしまして、この条例は令和3年4月1日から施行するものでございます。 39ページをお願いいたします。 議案第12号 大歩危小歩危名勝地調査検討委員会設置条例の廃止についてを御説明申し上げます。 当委員会は、大歩危小歩危名勝地として学術等総合調査を行うため、平成28年度に検討委員会が設置され、現地調査、測量結果及び学術的価値を取りまとめるなど総合調査を行い、結果、平成30年2月、天然記念物及び名勝として大歩危の範囲拡大及び小歩危の追加指定が行われ、名称も大歩危小歩危と変更されました。このことにより、当該条例の設置目的が達成されたため、条例の廃止を行うものでございます。 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。 議案書40ページをお願いします。 議案第13号 三好市文化財多目的施設の設置及び管理に関する条例の制定について御説明申し上げます。 国登録文化財である旧山下家別邸の保存修理工事が完了し、4月から公開を開始する予定でございます。文化財施設を利用し、地域の文化の向上と地域住民の連帯意識の向上に寄与するため、三好市文化財多目的施設の設置及び管理に関する条例を制定するものでございます。 それでは、主な条文について御説明を申し上げます。 第2条は名称及び位置でございます。旧山下家別邸でございまして、位置は表のとおりでございます。 第3条は使用の許可でございます。 第4条は使用権の譲渡等の禁止、第5条は使用の制限でございます。 41ページをお願いします。 第6条は使用許可の取消しでございまして、文化財、多目的施設の管理運営上特に必要があるときは使用を停止し、または許可を取り消すことができます。 第7条は使用料でございまして、別表に定めてあります交流スペース1時間220円、厨房1時間440円としております。 第8条は使用料の減免、第9条は使用料の還付でございます。 第10条は原状の回復の義務でございまして、使用者は施設使用が終わったときは速やかに原状回復し、搬入した物品を撤去していただくこと、第6条の規定で許可の取消処分を受けたときも同様とするものでございます。 第11条は損害賠償の義務でございます。使用者の故意または過失により施設を損傷しまたは滅失したときは、それによって生じた損害を賠償しなければならないもので、市長が特別な理由があると認めたときはこの限りではないものといたします。 第12条は管理、第13条は委任でございます。 附則といたしまして、この条例は令和3年4月1日から施行するものでございます。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  教育次長、冒頭12号までと言うたんで、すんませんが13号までに訂正をお願いできますか。 ◎教育次長(近藤一樹君)  すみません、訂正をお願いします。冒頭で議案第12号と申したんですけど、議案第13号まででございます。訂正をお願いします。 ○議長(多田敬君)  総務部長。 ◎総務部長(東口栄二君)  議案書42ページをお願いいたします。 議案第14号 建物の無償譲渡について御説明いたします。 次の建物を無償で譲渡することについて、地方自治法第96条第1項第6号の規定により議会の議決を求めるものでございます。 本議案は、2011年、平成23年4月より休校となりました山城町大和小学校の教員宿舎につきまして、公共施設再配置計画の基本方針に基づき、未活用の同施設を土地所有者に譲渡するものでございます。 施設名は旧大和小学校教員宿舎。位置、構造、延べ床面積、譲渡の相手方につきましては記載のとおりでございます。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  企画財政部長。 ◎企画財政部長(木邨忠利君)  私からは議案第15号から議案第17号までについて御説明をさせていただきます。 議案書43ページをお願いいたします。 議案第15号 建物の無償譲渡について。 次の建物を無償で譲渡することについて、地方自治法第96条第1項第6号の規定により議会の議決を求めるものでございます。 本議案は公共施設再配置計画に基づく集会施設譲渡方針により、地元自治会に譲渡するものでございます。 施設名は柴川部落集会所、位置、構造、延べ床面積、譲渡の相手方については記載のとおりでございます。 続きまして、議案書44ページをお願いします。 議案第16号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について。 三好市辺地に係る公共的施設の総合整備計画を別紙のとおり変更したいので、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第8項において準用する同条第1項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。 この辺地総合計画につきましては、平成28年度から5か年計画で策定をしております。今回整備を進める辺地地区内において4路線の事業費の変更を行うものでございます。 それでは、変更箇所につきまして御説明をさせていただきます。 議案書45ページをお願いいたします。 各辺地の計画において、太枠で表示されている部分が変更となった箇所でございます。 三野町田野々辺地におきまして、市道馬瓶線の事業費の変更でございます。 46ページ、西祖谷山村、善徳・田ノ内辺地におきまして、市道一宇小祖谷線の事業費の変更でございます。 47ページをお願いいたします。 東祖谷下瀬・中上辺地におきまして、市道奥ノ井線の事業費の変更でございます。 次のページをお願いいたします。 和田辺地におきまして、市道小島佐野線の事業費の変更でございます。 各路線の事業費、財源内訳は記載のとおりでございます。 続きまして、議案書49ページをお願いいたします。 議案第17号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について。 三好市辺地に係る公共的施設の総合整備計画を策定したいので、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第1項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。 内容につきましては、現計画は平成28年度から令和2年度までの5か年の計画期間でございました。計画期間終了のため、新たに各辺地につきまして令和3年度から5か年の計画を策定するものでございます。 議案書の50ページから66ページにかけて、各辺地につきましての総合整備計画を記載しておりますが、この計画は辺地地域の要件を満たしており、令和3年度から5か年で事業整備の予定がある辺地地区につきましては、三野町で2地区、井川町で1地区、山城町で4地区、西祖谷山村で4地区、東祖谷で6地区、合計17辺地の総合整備計画となっております。前回の計画と比較をして、主な変更点につきましては、井川町の大久保・下久保辺地、駒倉・野住・下影辺地、西祖谷山村の徳善辺地、西岡辺地、重末辺地について、現段階では事業整備の予定がございませんので、今回の計画には提案をしておりません。各路線等の事業費、財源内訳は記載のとおりでございます。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  建設部長。 ◎建設部長(滝本康昌君)  それでは、私からは議案第18号から議案第19号までの2議案につきまして御説明申し上げます。 議案書その1、67ページをお願いいたします。 初めに、議案第18号 市道の認定についてでございます。 道路法第8条第2項の規定により、市道の路線を次のように認定することについて議会の議決を求めるものでございます。 道路建設事業等による道路として、荒神線分岐2号支線ほか2路線及び徳島県より管理引継ぎされる道路、京田大申線ほか、1路線を新たに市道認定するものでございます。なお、認定5路線の内訳につきましては、記載のとおりでございます。 次に、議案書68ページをお願いいたします。 議案第19号 市道の変更についてでございます。 道路法第10条第3項の規定により、市道の路線を次のように変更することについて、議会の議決を求めるものでございます。 認定市道におきまして、道路改良等に伴い、起終点の地先が変更となる御幸線分岐1号支線ほか、5路線を変更するものでございます。 なお、新旧対照表につきましては、記載のとおりでございます。 以上、よろしくお願いをいたします。 ○議長(多田敬君)  企画財政部長。 ◎企画財政部長(木邨忠利君)  議案書の69ページをお願いいたします。 議案第20号 2020(令和2)年度三好市一般会計補正予算(第11号)について御説明をいたします。 2020(令和2)年度三好市一般会計補正予算(第11号)は、次に定めるところによる。 歳入歳出予算の補正。第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億7,568万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ306億9,325万3,000円とする。 第2項、歳入歳出補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表歳入歳出予算補正による。 繰越明許費の補正。第2条、繰越明許費の追加及び変更は、第2表繰越明許費補正による。 地方債の補正。第3条、地方債の追加及び変更は、第3表地方債補正による。 それでは、補正予算の主な内容について、歳出から御説明をいたします。 89ページをお願いいたします。 2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費は2,466万3,000円を追加するもので、内容は総合事務組合退職手当等特別負担金で、財源は一般財源でございます。 8目企画費は56万1,000円の追加で、内容はサンライズビル跡地整備基本計画策定支援業務委託料で、財源は一般財源でございます。 90ページへお願いいたします。 3款民生費、2項児童福祉費、3目保育所費は500万円の追加で、内容は各保育所等での新型コロナウイルス感染予防対策としてマスク、消毒液等の購入費用で、財源は県費250万円、残りは一般財源でございます。 3項老人福祉費、1目老人福祉総務費は500万円を追加するもので、内容は山間地介護保険特別支援事業補助金で、財源は全額過疎地域自立促進特別事業債でございます。 次のページへお願いします。 5款農林水産業費、1項農業費、3目農業振興費は94万1,000円の追加で、内容は農業次世代人材投資資金交付金で、財源は全額県費でございます。 6目地籍調査費は1億6,345万円を追加するもので、内容は国の第3次補正による山城49地区、後山地区、久保2地区の調査に係る費用で、財源は地籍調査事業県負担金1億2,126万円、残りは一般財源でございます。 2項林業費、6目市有林管理費は859万1,000円の追加でございます。内容は分収林地元配分金453万9,000円、市有林保全基金積立金405万2,000円、財源は全額分収林売払収入でございます。 92ページへお願いします。 7款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費は70万円の追加で、東祖谷小島地区急傾斜地崩壊対策事業負担金で、財源内訳は地方債60万円に下段の3項河川費7目災害防止対策事業費で事務費に係る20万円を合わせて80万円、財源振替で一般財源を10万円減額するものでございます。 2項道路橋梁費、11目社会資本整備総合交付金事業費は5,320万円の追加で、西祖谷山村善徳重末線の落石防止対策工事費で、財源は国費3,059万円、社会資本整備総合交付金事業債2,140万円、残りは一般財源でございます。 3項河川費、2目河川維持費は事業の一部が緊急自然災害防止対策事業債の対象となったため、1,400万円の財源振替でございます。 7目災害防止対策事業費は1,000万円の追加で、池田町佐野有安谷護岸工事の測量設計委託料及び工事費で、財源は県費500万円、災害防止対策事業債500万円でございます。 93ページをお願いいたします。 8款消防費、1項消防費、3目消防施設費は1,282万2,000円の減額で、池田町消防団第6分団詰所新築工事費の12月補正予算計上分を一部減額するものでございます。 94ページへお願いいたします。 9款教育費、2項小学校費、1目学校管理費は1,160万円の追加で、内容は各小学校での新型コロナウイルス感染予防対策としてマスク、消毒液等の購入費用で、財源は国費580万円、残りは一般財源です。 3項中学校費、1目学校管理費は480万円の追加で、内容は同じく各中学校でのマスク、消毒液等の購入費用で、財源は国費240万円、残りは一般財源でございます。 以上が歳出でございます。 次に、歳入について、一般財源のみ御説明をさせていただきます。 84ページをお願いいたします。 11款地方交付税、1項地方交付税は普通交付税6,115万1,000円を追加するものでございます。 77ページをお願いいたします。 第2表、繰越明許費補正。2款総務費から78ページの10款災害復旧費まで40事業、合計金額28億5,843万9,000円を追加し、79ページの2款総務費の支所整備事業、8款消防費、池田町消防団第6分団詰所新築工事の2事業の合計金額を、補正前2億7,331万5,000円を補正後2億7,258万9,000円に変更するものでございます。 80ページをお願いいたします。 第3表地方債補正。過疎地域自立促進特別事業債から消防施設整備事業債までの限度額に3,340万円を補正し、限度額の合計を51億2,130万円とするものでございます。起債の方法、利率、償還の方法につきましては右記載のとおりでございます。 以上、よろしくお願いをいたします。 ○議長(多田敬君)  水道課長。 ◎水道課長(木下敬二君)  議案書95ページをお願いいたします。 議案第21号 2020(令和2)年度三好市水道事業会計補正予算(第3号)でございます。 第1条、2020(令和2)年度三好市水道事業会計補正予算(第3号)は次に定めるところによります。 第2条、2020(令和2)年度三好市水道事業会計予算第4条に定めた資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正するものです。 下の段、支出の第1款資本的支出は、第4項返還金67万2,000円を増額し、補正後の予定額を5億3,573万7,000円とするものでございます。 資本的収入が資本的支出に対して不足する額1億3,445万8,000円は、過年度分損益勘定留保資金1億1,538万3,000円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,907万5,000円で補填するものといたします。 資本的支出補正の内訳でございます。 96ページをお願いいたします。 国庫補助金返還金で、厚生労働省交付金に対応する仕入れに係る消費税相当額の返還金67万2,000円の増額をお願いするものでございます。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  企画財政部長。 ◎企画財政部長(木邨忠利君)  議案書その2、1ページをお願いいたします。 議案第22号 2021(令和3)年度三好市一般会計予算について御説明をさせていただきます。 2021(令和3)年度三好市一般会計の予算は、次に定めるところによる。 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ243億9,815万2,000円と定める。 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表歳入歳出予算による。 債務負担行為。第2条、地方自治法第214条の規定により債務を負担することができる事項、期間及び限度額は、第2表債務負担行為による。 地方債。第3条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、第3表地方債による。 一時借入金。第4条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は30億円と定める。 歳出予算の流用。第5条、地方自治法第220条第2項ただし書の規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用する場合は次のとおりと定める。 1、各項に計上した給料、職員手当及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。 全体の予算概要につきましては、市長より御説明をさせていただきましたので、各担当部長より当初予算の歳出の概要を順次説明させていただきます。また、一般会計歳出の説明が終了した後、歳入区分、債務負担行為及び地方債について御説明をさせていただきます。 まず、企画財政部で所管しております歳出の項目について御説明いたします。 議案書68ページから69ページをお願いいたします。 2款総務費、1項総務管理費、8目企画費は1,910万6,000円の計上で、前年度比540万円の減です。主な事業としては、69ページの業務委託料として、公共施設再配置計画に伴う個別施設計画策定支援業務、財務書類作成支援業務等で778万4,000円の計上です。 70ページにかけまして、9目バス対策費は1億6,949万6,000円の計上で、前年度比1,268万7,000円の減となっております。70ページの市営バスの運行業務委託料7,683万7,000円、地方バス路線運行補助金7,239万1,000円などでございまして、減の主な要因は、バス2台の購入費の減などとなっております。 議案書71ページをお願いいたします。 18目過疎対策費は3,870万円の計上で、前年度比17万5,000円の増となっております。主な事業としては、集落の維持活性化に係る集落支援包括事業の補助金3,400万円、譲渡集会施設の補助金470万円を計上しております。 74ページにかけまして、22目地域振興費は4億3,811万9,000円の計上で、前年度比1億8,930万3,000円の増となっております。主なものといたしましては、集落支援員、地域おこし協力隊及び移住コーディネーターの報酬、期末手当合わせて5,476万4,000円、73ページの14節工事請負費で主なものは、山城町大野地域多目的施設グラウンド改修工事費857万4,000円、地域への人材循環促進住宅等工事費1億7,000万円などでございます。18節補助金の主なものといたしましては、移住者支援補助金1,595万円、74ページの特定地域づくり事業協同組合補助金1,687万円、高等学校生徒下宿等費用助成事業補助金577万2,000円、生涯活躍のまちづくり事業3,596万円、そのほか24節のふるさと応援基金積立金4,000万円などの計上でございます。 議案書75ページから76ページをお願いいたします。 2項徴税費、1目税務総務費は1億4,803万4,000円の計上で、前年度比79万6,000円の減となっております。主なものとしましては、税務課職員の人件費及び事務経費の計上でございます。 76ページ、77ページの2目賦課徴収費は5,046万1,000円の計上で、前年度比60万7,000円の減となっております。主なものといたしましては、収納関係事務費のほか、業務委託料として地図情報評価システム更新業務、土地評価見直し業務及び土地価格下落修正鑑定業務委託料などで1,537万2,000円を計上しております。 議案書82ページをお願いいたします。 5項統計調査費、2目指定統計調査費は230万円の計上で、前年度比1,871万2,000円の減となっております。今年度は経済センサスの調査費を計上しており、減の主な要因は国勢調査費等の減によるものでございます。 大きく飛びまして192ページへお願いいたします。 11款公債費につきまして、1目元金は35億5,410万9,000円の計上で、前年度比2億3,843万円の減、2目利子につきましては1億1,703万8,000円の計上で、前年度比2,296万4,000円の減となっております。後年度の財政負担の軽減を図るため、本年度におきましても2億3,032万円の民間資金の繰上償還金を計上しております。 議案書193ページでございます。 13款予備費は前年度と同額の2,000万円の計上でございます。 企画財政部が所管しております歳出の説明は以上でございます。よろしくお願いをいたします。 ○議長(多田敬君)  総務部長。 ◎総務部長(東口栄二君)  私のほうから総務部関連の予算につきまして御説明させていただきます。 議案書58ページから59ページをお願いいたします。 1款議会費、1項議会費、1目議会費は2億88万円の計上で、前年度比較315万円の増額となっております。増額となった主な要因は、補選後の議員報酬1名分の増額などで、主な予算は人件費でございます。 続いて、60ページから63ページをお願いいたします。 2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費は12億7,383万5,000円の計上で、前年度比較1,708万8,000円の増額となっております。増額の主な要因は、本庁舎及び各支所等で行っている検温業務に係る会計年度任用職員給料等の計上によるもので、主な予算は人件費でございます。 同じく63ページから64ページ、2款総務費、1項総務管理費、2目文書広報費は1,140万3,000円の計上で、前年度比較6万7,000円の減額となっております。主な予算は広報誌等に関するもので、広報誌発刊に伴う印刷製本費及び配達等業務委託料でございます。 続いて、64ページから66ページをお願いいたします。 2款総務費、1項総務管理費、3目財産管理費は1億8,698万9,000円の計上で、前年度比較651万7,000円の増額となっております。増額の要因は、井川町野住集会所ほか3施設の解体設計に伴う業務委託料の計上によるもので、主な予算は消耗品費、燃料費、本庁舎、分庁舎及び各支所の光熱費など需用費5,840万5,000円、先ほど御説明いたしました設計委託料を含む各種委託料4,243万4,000円、コピー機使用料、リース料など使用料及び賃借料4,102万4,000円などでございます。 同じく66ページ、2款総務費、1項総務管理費、4目交通安全対策費は450万5,000円の計上で、前年度比較224万5,000円の増額となっております。増額の理由は、三好地区交通安全教育推進協議会負担金の計上によるものでございます。 同じく66ページから68ページをお願いいたします。 2款総務費、1項総務管理費、5目情報システム費は1億7,209万円の計上で、前年度比較2,335万5,000円の減額となっております。減額の要因は、戸籍情報システム及び庶務管理システム改修が完了したことに伴う減額で、主な予算はシステム保守業務等委託料1億401万円、使用料及び賃借料4,072万5,000円などでございます。 同じく68ページ、2款総務費、1項総務管理費、6目自治振興費は3,456万4,000円の計上で、前年度比較88万6,000円の減額となっております。減額の要因は世帯数の減少によるもので、主な予算は自治会長報償金及び自治会運営交付金でございます。 続いて、70ページをお願いいたします。 2款総務費、1項総務管理費、10目諸費は1,387万6,000円の計上で、前年度比較151万4,000円の減額となっております。主な予算は防犯灯設置補助金270万円、地域活力交付金500万円などでございます。 続いて、71ページをお願いいたします。 2款総務費、1項総務管理費、19目ケーブルテレビ事業費は8,618万1,000円の計上で、前年度比較94万4,000円の減額となっております。主な予算は需用費、消耗品費において音声告知端末代金1,474万円、地中管路内光ケーブル敷設工事及び2018年7月豪雨災害で仮復旧となっている箇所について別ルートで張り替え工事を行うための工事請負費2,958万7,000円、ケーブルテレビ基金積立金として2,709万8,000円などでございます。 続いて、74ページから75ページをお願いいたします。 2款総務費、1項総務管理費、24目施設整備費は21億4,301万3,000円の計上で、前年度比較4億2,911万3,000円の増額となっております。増額の要因及び主な予算は新庁舎整備事業、支所整備事業によるもので、本庁舎整備関係予算は業務設計、工事監理など各委託料、工事請負費、浄化槽工事負担金、物件補償費等、合計15億7,428万6,000円の計上でございます。支所整備事業につきましては、西祖谷支所整備関係予算として、事務所移転作業委託料、保健センター解体工事及び外構駐車場整備工事等で8,382万5,000円、東祖谷支所整備関係予算として耐震補強ほか改修工事及び監理委託料で1億6,819万9,000円、山城支所整備関係予算は新庁舎増改築工事監理及び現庁舎解体設計業務等委託料、新庁舎増改築工事請負費、用地購入費及び物件移転補償費など3億1,452万5,000円など合計5億6,763万8,000円の計上でございます。 続いて、77ページから78ページをお願いいたします。 2款総務費、3項戸籍住民基本台帳費、1目戸籍住民基本台帳費は1億5,754万6,000円の計上で、前年度比較3,972万7,000円の増額となっております。増額の要因は、個人番号送付に係る通信運搬費及び通知カード、個人番号カード関連事務委任交付金の計上によるもので、主な予算は人件費、通信運搬費等役務費及び交付金等でございます。 続いて、79ページをお願いいたします。 2款総務費、4項選挙費、1目選挙管理委員会費は862万9,000円の計上で、前年度比較5万9,000円の減額でございます。主な予算は選挙管理委員会委員の報酬及び担当職員の人件費でございます。 同じく79ページ、2款総務費、4項選挙費、2目選挙啓発費は9万円の計上で、明るい選挙計画に係る予算でございます。 続いて、80ページから81ページをお願いいたします。 2款総務費、4項選挙費、7目衆議院議員選挙費は3,564万5,000円の計上で、今年10月21日に任期満了となります衆議院議員選挙に係る予算でございます。 同じく81ページから82ページをお願いいたします。 2款総務費、4項選挙費、14目市長選挙、市議会議員補欠選挙費は4,010万7,000円の計上で、今年7月23日任期満了の三好市市長選挙及び欠員となっております三好市市議会議員補欠選挙に係る予算でございます。 続いて、83ページをお願いいたします。 2款総務費、6項監査委員費、1目監査委員費は1,914万4,000円の計上で、主なものといたしましては監査委員の報酬及び担当職員の人件費でございます。 続いて、少し飛びますが156ページをお願いいたします。 8款消防費、1項消防費、1目常備消防費は5億1,024万円の計上で、前年度比較7,799万2,000円の減額となっております。全ての予算がみよし広域連合に対する負担金で、主な予算は人件費でございます。 同じく156ページ、8款消防費、1項消防費、2目非常備消防費は1億227万2,000円の計上で、前年度比較143万9,000円の減額となっております。主な予算は消防団報酬、消防用ホース購入等消耗品費及び消防補償等組合負担金などの計上となっております。 また、昨年中止となりました第32回徳島県消防操法大会及び延期となりました第26回全国女性消防団員活性化と徳島大会が、令和3年度に開催が予定されており、それらに係る経費も計上しております。 続いて、157ページから158ページをお願いいたします。 8款消防費、1項消防費、3目消防施設費は8,137万3,000円の計上で、前年度比較4,684万1,000円の減額となっております。減額の要因は、工事請負費及び車両購入費の減によるもので、主な予算は防火水槽修繕等需用費1,968万5,000円、旧三野町第22分団詰所及び池田町第6分団詰所の解体に伴う設計委託料等各種委託料に1,103万2,000円、防火水槽新設工事と工事請負費に1,590万円、消防ポンプ車1台の車両購入費2,766万1,000円等の計上でございます。 同じく158ページから159ページをお願いいたします。 8款消防費、1項消防費、4目防災費は3,677万2,000円の計上で、前年度比較728万3,000円の増額となっております。増額の要因は、防災行政無線整備発注支援業務委託料及び西祖谷支所震度計再移設工事請負費の計上によるもので、主な予算は委託料、工事請負費のほか、会計年度任用職員報酬、修繕料等需用費、各種負担金等でございます。 同じく159ページから160ページをお願いいたします。 8款消防費、1項消防費、5目災害対策費は2,450万2,000円の計上で、前年度比較184万7,000円の増額となっております。増額の要因は、災害時においてより的確な初動態勢の確保及び災害対応の強化を図るための災害対策支援サービス業務委託料の計上によるもので、主な予算は人件費、災害用備蓄品更新等消耗品費、主要避難所停電対策のための発電機、LED照明、コードリールなど備品購入費でございます。 私からは以上となります。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  会議の途中ですが、ここで13時まで休憩いたします。            午前11時56分 休憩            午後1時00分 再開 ○議長(多田敬君)  休憩前に引き続き会議を開きます。 ここで近藤教育次長から先ほどの議案説明に関して発言の訂正の申出がありますので、これを許可します。 教育次長。 ◎教育次長(近藤一樹君)  先ほど議案書の中で、議案第13号で第1条の損害賠償の義務でございます。説明の中で、使用者の故意または過失により施設を損傷しまたは滅失したときと条例に書いております。私が消失と発言をいたしました。訂正をいたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  ただいまの近藤教育次長発言の訂正については会議規則第65条の規定により、議長においてこれを許可します。 福祉事務所長。 ◎福祉事務所長(滝川重夫君)  私のほうからは3款民生費について説明させていただきます。 議案書その2、84ページから85ページをお願いいたします。 3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費6億501万7,000円の計上で、前年度より144万5,000円の増額となっております。この予算は、職員の人件費及び三好市社会福祉協議会運営補助金、国民健康保険特別会計への繰出金が主な予算となっております。増額の要因といたしましては、5年単位で策定している地域福祉計画の次期計画の策定事業に関するものが主な要因となっております。 続きまして、85ページ下段から86ページをお願いします。 2目国民年金事務費1,093万4,000円の計上で、前年度より811万2,000円の減額となっております。減額の要因といたしましては、正規職員1名減によるものでございます。 86ページ中段から87ページをお願いします。 3目人権推進費1,159万3,000円の計上で、前年度より697万7,000円の減でございます。主な減額の要因といたしましては、一般職員1名減によるものでございます。 続きまして、87ページ下段から90ページをお願いいたします。 4目障害者福祉費14億7,378万3,000円の計上で、前年度より557万3,000円の減額となっております。内容は、障害者に対して各種サービスを受けた場合に補助金及び支援給付金を支給し、障害者の支援を行うことが主な予算となっております。減額の主な要因といたしましては、2020年度は障害福祉計画策定時期となっており、それに伴う委員報酬、委託料等の予算を計上しておりましたが、2021年度は計画策定関係の予算が不要となったため、その分が減額となっております。 続きまして、90ページ中段をお願いいたします。 5目後期高齢者医療費7億2,188万6,000円の計上で、前年度より1,694万7,000円の減額となっております。この予算は、後期高齢者医療療養給付費負担金及び後期高齢者医療特別会計への繰出金が主な予算となっております。減額の要因といたしましては、後期高齢者の医療費の減少に伴い、市負担額が減少したものでございます。 90ページ下段から91ページをお願いします。 7目生活困窮者自立支援費1,835万5,000円の計上で、前年度より446万7,000円の増額となっております。生活困窮者及び生活困窮になりそうな人たちを早期に発見し、生活保護に至らないように支援を展開する事業となっております。今回増額となりましたのは、生活困窮者自立支援事業に就労準備支援事業が必須事業として新設されたことに伴うものでございます。 91ページ下段から94ページをお願いいたします。 2項児童福祉費、1目児童福祉総務費1億397万2,000円の計上で、前年度より798万7,000円の増額となっております。主な事業の内容は、育児用品購入費補助金及び乳児家庭保育支援給付金など乳児、幼児の子育て支援対策が主な事業となります。増額の要因といたしましては、人件費増額が主な要因でございます。 94ページ中段をお願いいたします。 2目児童措置費3億3,753万5,000円の計上で、前年度より1,951万6,000円の減額となっております。内容といたしましては、児童手当及び児童扶養手当の支給が主な事業でございます。減額の主な要因といたしましては、児童手当、児童扶養手当の受給者の減によるものでございます。 94ページ下段から98ページをお願いいたします。 3目保育所費9億7,990万4,000円の計上で、前年度より741万1,000円の減額となっております。この予算は、市内の公立保育所や認定こども園及び民営の認可保育所の運営事業費を主に計上しております。減額の要因といたしましては、児童数の減少による運営委託料の減、また3歳以上の児童保護者の負担軽減を図るため、給食費補助申請制度を見直したことが主な要因でございます。 98ページをお願いいたします。 4目放課後児童クラブ費1億1,142万4,000円の計上で、前年度より209万7,000円の減額となっております。内容といたしましては、放課後児童クラブを各クラブの運営委員会に委託し、児童の健全な育成を支援することを目的とした委託料が主な予算となっております。今回減額となりましたのは、放課後児童クラブ運営経費の業務委託料の減少によることが主な要因でございます。 98ページ下段から99ページをお願いいたします。 5目母子福祉費1,705万1,000円の計上で、前年度より530万8,000円の減額となっております。内容は、母子家庭の自立支援を目的とした事業で、母子生活支援施設負担金が主な予算となっております。減額の要因といたしましては、母子生活支援施設の利用者の減少によることが要因となっております。 99ページ中段から102ページをお願いいたします。 3項老人福祉費、1目老人福祉総務費14億4,941万3,000円の計上で、前年度より1億9,476万2,000円の増額となっております。今回増額となりましたのは、山城障害者デイサービスセンター移転工事に伴う工事請負費が主な要因でございます。 102ページ中段から105ページをお願いいたします。 2目老人ホーム費2億2,025万8,000円の計上で、前年度より498万3,000円の増額でございます。内容といたしましては、養護老人ホームの管理運営費が主な予算となっております。増額の要因といたしましては、若宮荘の人件費の増が主な要因でございます。 105ページ中段から107ページをお願いいたします。 5目地域支援事業費1億5,657万6,000円の計上で、前年度より631万9,000円の増額となっております。内容は、地域包括支援センターが中心となり、各地域において包括ケアシステムの構築に向けての支援、認知症支援、介護予防事業等を展開する予算となっております。増額の要因といたしましては、介護保険事業で使用するシステム導入委託料が主な要因でございます。 107ページ中段、6目高齢者保健事業費について、昨年度と同額の50万円を計上しております。内容といたしましては、高齢者が虚弱にならないように運動、栄養、社会参加などの実践及び支援を行う事業となっております。 107ページ下段から108ページをお願いいたします。 4項生活保護費、1目生活保護総務費8,806万4,000円の計上で、前年度より30万4,000円の減額となっております。 108ページ下段から109ページをお願いいたします。 2目扶助費8億9,630万2,000円の計上で、昨年度と同額計上となっております。生活保護受給者に対しての生活扶助及び医療費などの予算となります。 109ページ中段をお願いいたします。 5項災害救助費、1目災害救助費は1,228万円の計上で、前年度より12万9,000円の増額でございます。罹災者に対しての災害見舞金、弔慰金及び資金貸付金が主な予算となっております。 最後に、110ページをお願いいたします。 3款民生費合計で72億1,484万7,000円の計上となっております。 以上で3款の民生費の説明となります。よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  環境福祉部長。 ◎環境福祉部長(田中一幸君)  続きまして、4款衛生費について説明させていただきます。 議案書その2、111ページから112ページをお願いいたします。 4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費は2億3,176万7,000円の計上で、前年度と比較し2,998万円の増額でございます。主な要因は、三野病院事業会計繰出金の増額によるものでございます。 112ページの下段から113ページをお願いいたします。 2目予防費は6,879万4,000円の計上で、前年度と比較し120万8,000円の増額でございます。主な事業といたしましては、インフルエンザなどの定期接種の予算となります。 113ページ下段から114ページをお願いいたします。 4目母子保健費は2,421万3,000円の計上で、前年度と比較し46万7,000円の減額でございます。新たな事業として子育て世代包括支援センターに関する運営費を計上させていただいております。 114ページ下段から115ページをお願いいたします。 5目健康増進事業費は2,799万円の計上で、前年度と比較し180万1,000円の減額でございます。主な要因は各種健診委託料減額によるものでございます。 115ページ中段から116ページをお願いいたします。 6目環境衛生費は7,629万円の計上で、前年度と比較し3,611万1,000円の増額でございます。主な要因は、祖谷火葬場ほか2棟の解体に伴う調査及び設計委託料の計上によります。 116ページ中段から117ページをお願いいたします。 7目保健センター管理費1億5,709万8,000円の計上で、前年度と比較し2,196万7,000円の増額でございます。主な要因は、井川町母子保健センター解体に伴う調査及び設計委託料の計上によるものでございます。 117ページ下段から118ページをお願いいたします。 8目保健事業費は118万9,000円の計上で、前年度と比較し4万円の減額でございます。 9目公害対策費は172万円の計上で、前年度と比較し293万1,000円の減額でございます。主な要因は、地球温暖化対策実行計画策定業務の委託が終了したものでございます。 118ページ下段から119ページをお願いいたします。 10目子どもはぐくみ医療費は6,627万8,000円の計上で、前年度と比較し63万4,000円の減額でございます。主な事業といたしましては、18歳以下の医療費個人負担分の助成でございます。 119ページから121ページをお願いいたします。 2項清掃費、1目清掃総務費は7億4,832万7,000円の計上で、前年度と比較し1億734万円の増額でございます。主な要因は、広域連合負担金増によるものでございます。 121ページ中段をお願いいたします。 2目し尿処理費は1億3,259万9,000円の計上で、前年度と比較し3億4,807万6,000円の減額でございます。主な要因は、し尿処理施設改修完了に伴うみよし広域連合負担金の減額によるものでございます。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  水道課長。 ◎水道課長(木下敬二君)  議案書121ページ下段から122ページをお願いいたします。 4款3項1目上水道施設費について御説明させていただきます。 上水道施設費は2億7,135万6,000円の計上で、内訳といたしましては3節職員手当等から15節原材料費までが各簡易給水施設の維持管理費でございます。18節負担金、補助及び交付金は、飲料水施設設置補助金で2,000万円でございます。27節繰出金2億4,776万9,000円は、一般会計から水道事業会計に繰り出すものでございます。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  産業観光部長。 ◎産業観光部長(松本俊明君)  続きまして、5款のうち産業観光部に関する予算及び6款につきまして説明をさせていただきます。 議案書129ページから145ページをお願いいたします。 123ページ、5款農林水産業費、1項農業費、1目農業委員会費は3,449万4,000円で、前年度に比べ232万3,000円の減額となっております。これは前年度と比較し、職員の退職、採用、配置の増減、人事異動等があったことにより減額となるものです。なお、農地利用の最適化に向けた活動についての報酬及び会計年度任用職員報酬についても計上をさせていただいております。 124ページをお願いいたします。 中段、2目農業総務費は6,276万7,000円であり、前年度に比べ1,512万7,000円の減額であります。これは職員の退職、採用、配置の増減、人事異動に伴う人件費の減額によるものでございます。 続きまして、126ページをお願いいたします。 中段、3目農業振興費については7,319万4,000円で、前年度に比べ159万9,000円の増額となっております。有害鳥獣捕獲奨励金について、ニホンザルの捕獲奨励金単価の増額を行う、また新規就農に対する交付金について対象者が増えたことによる増額によるものでございます。その他、恒常的経費については見直しをしております。 127ページをお願いいたします。 中段、4目農業施設管理費は2,310万2,000円であり、前年度に比べ376万6,000円の増額であります。これは老朽化した農業用施設の解体経費について計上したことによる増額でございます。 128ページをお願いします。 中段、5目畜産振興費は50万円、前年度と同額を計上、事業内容も同様でございます。 130ページをお願いします。 中段、12目中山間地等直接支払事業費は2,576万2,000円で、前年度に比べ112万1,000円の減額となっています。これは協定集落及び協定農地の減少によるもので、今年度は参加集落39集落、協定面積、田25.4ヘクタール、畑147.5ヘクタール、計172.9ヘクタールに対し交付を予定しております。 次に、同ページ、15目徳島米政策推進事業費は420万円で、前年度に比べ31万3,000円の増額です。その要因は、会計年度任用職員人件費の増額によるものでございます。 131ページをお願いします。 中段、19目多面的機能支払事業費は638万4,000円で、前年度に比べ3万2,000円の減となっております。市内に協定集落、協定面積、田68.9ヘクタール、畑2ヘクタール、合計70.9ヘクタールについて、農地の多面的機能を維持する交付金として628万4,000円を予定するものでございます。 続きまして、132ページ、2項林業費について説明をさせていただきます。 1目林業総務費は6,509万5,000円、前年度に比べ2,052万5,000円の減額となっております。これは職員の退職、採用、配置の増減、人事異動に伴う人件費の減額によるものでございます。 133ページをお願いいたします。 中段、2目林業振興費は4,703万7,000円で、前年度に比べ348万円の増額であります。森林環境譲与税を活用し、豊かな森林資源を地域のまちづくりへとつなげ、森林経営管理制度に基づく森林整備の促進と木に触れる木育事業などの啓発事業を実施してまいります。主な予算としまして、経営管理意向調査システム構築のための業務費、地域が実施する里山における森林の管理適正化を促進する事業補助金、普及啓発事業としてウッドスタート誕生祝い品事業、木育キャラバン、円卓会議の実施経費等について計上させていただいております。 134ページをお願いいたします。 下段、4目林業施設管理費は1,564万1,000円で、前年度に比べ1,421万2,000円の増となっています。老朽化した林業施設の解体経費及び林業センターの駐車場の一部として借り上げている土地を購入するための予算を計上したことにより増額となっております。その他林業施設の維持管理に必要な経費を計上しております。 135ページをお願いいたします。 中段、6目市有林管理費は529万4,000円で、前年度に比べ103万3,000円の減額であります。市有林損害保険料について、本年度の契約更新予定面積が前年度と比べ減少したことにより減額となっております。その他、市有林管理に必要な下刈り等の業務費について計上させていただいております。 続いて、8目森林整備地域活動支援事業費は401万円で、前年度に比べ166万円の減額となっております。森林経営計画の作成促進としての経営委託型交付金と森林境界の明確化に対する交付金として計上するものです。本年度経営委託型70ヘクタール、森林境界明確化30ヘクタールを予定しております。 以上、5款のうち産業観光部に関する予算の説明とさせていただきます。 続きまして、6款商工費でございます。 137ページをお願いいたします。 6款商工費、1項商工費について説明をさせていただきます。 1目商工総務費は1億3,092万円で、前年度に比べ1,882万8,000円の増となっております。これは職員の退職、採用、配置の増減、人事異動による人件費の増額であります。 次に、同ページ中段、2目商工振興費は7,067万7,000円で、前年度に比べ832万2,000円の増となっております。増額の要因といたしまして、企業立地奨励金の支出見込みによる増額と、三好市中小企業振興基本条例に基づく市内中小企業者等に対し支援するため、三好市中小企業等総合支援事業補助金を創設したことによる増額、またコロナウイルスの影響を受けた中小企業等の支援相談窓口を継続するための会計年度任用職員人件費の計上が主な要因でございます。その他、恒常的経費について見直した上で、企業立地促進事業費では、企業誘致サポート事業やサテライトオフィス誘致ウェブサイトの更新業務費等を計上しております。 商工振興事業費については、新卒者、UIJターン者の市内就職促進のための補助金、三好市商店街等活性化支援事業補助金、移住支援事業補助金について、今年度の実績及び支出見込みにより減額をしているところでございます。その他、特徴的な事業といたしまして、三好市創業セミナー実施経費、市内小・中学校への起業家派遣と職業意識醸成のために実施する三好市創業機運醸成事業商工団体補助金については、運営支援のための補助金、また市内の空き店舗を活用して創業等を行う事業者への支援について計上をしております。また、中小企業者向けの融資制度に関わる金融対策事業費補助金及び市内小規模事業者の経営改善資金融資に関わる利子補給補助金についても予算計上しております。消費者行政活性化事業費には、国費を活用して東みよし町と共同で設置している三好消費生活センターの運営経費を計上しております。 続きまして、139ページをお願いいたします。 中段、3目観光振興費は2億9,129万2,000円であります。前年度に比べ8,951万3,000円の増額であります。増加の主な要因は、本年度新たに持続可能な観光地域づくりモデル市町村形成事業を実施することによるものでございます。また、ウォータースポーツ推進事業として、三好市ポータルメディア構築及び運営事業費を計上し、情報の政策を一元的に管理し、SNS等を活用し国内外に積極的に情報発信を行うというものでございます。 観光振興予算としましては、観光入り込みの拡大を目指し、引き続き観光情報の発信に努めるとともに、にし阿波観光圏空の里DMO事業にぎわいづくり推進事業、ジオパーク推進事業などを実施してまいりたいと思います。 142ページをお願いいたします。 中段、4目観光施設管理費は2億9,054万7,000円で、前年度に比べ5,577万3,000円の増額です。増額の主な要因は、奥祖谷二重かずら橋男橋の架け替え工事、観光施設の修繕工事、温泉施設の空調機更新工事等を行う予定しているためでございます。観光施設管理費には、道の駅祖谷のかずら橋、奥祖谷二重かずら橋、竜宮崖公園管理、指定管理施設及びその他観光施設のために必要な予算を計上させていただいております。 次に、144ページをお願いいたします。 中段、6目地域産業振興費は840万9,000円で、前年度に比べ155万4,000円の増額であります。恒常的経費の支出予算科目の見直し等により増額となるものでございます。その他、観光物産情報提供施設の維持管理に必要な経費について計上をしております。 以上、6款商工費の合計は7億9,184万5,000円であり、前年度に比べ1億7,405万円の増額でございます。 以上、産業観光部に関する予算の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  建設部長。 ◎建設部長(滝本康昌君)  引き続き私からは建設部に関連する予算、5款、7款及び10款について御説明をさせていただきます。 議案書その2、128ページをお願いいたします。 まず、5款農林水産業費、1項農業費についてでございます。 6目地籍調査費は2億2,467万6,000円を計上するもので、本年度は前期行程3地区の4.81平方キロメートル、後期行程6地区の7.75平方キロメートルを予定しております。前年度に比べ2,381万円の減額となり、その主な要因といたしましては、調査面積の減に伴う委託料の減額によるものでございます。 続いて、130ページ上段、9目基盤整備促進事業費は3,005万4,000円を計上し、前年度に比べ1万円の減額となっております。予定する事業は、水利施設等保全高度化事業として、農業用排水路4地区5か所の整備事業費でございます。 続いて、130ページ下段から131ページ上段にかけまして、18目経営事業費でございますが、今年度は7,200万円で、前年度より660万円の減額となっております。徳島県において実施をしております農道整備、用水路、集落道整備、ため池整備、防災・減災対策事業に伴う市の負担金として計上しております。総事業費といたしましては4億円で、負担率は事業により10%から20%となっております。 続きまして、同ページ下段、20目農道管理費は2,082万5,000円で、昨年度に比べ127万2,000円の増額であります。農道等に関わる維持管理費として工事請負費及び維持補修原材料費、橋梁点検委託料の予算について計上しております。 次に、2項林道費でございます。 134ページをお願いいたします。 同ページ中段、3目林道管理費につきましては4,633万1,000円で、前年度より564万5,000円の増額となっております。林道等の維持管理に必要な工事請負費及び維持補修、また原材料費等を精査し、必要な予算について計上をしております。 次に、135ページ下段、16目道整備交付金事業費は9,597万円で、前年度より5,839万2,000円の減額となっております。その主な要因といたしましては、工事請負費の減額によるもので、今年度につきましては、地域再生計画に基づき林道4路線の開設、改良工事を予定しております。 続いて、135ページ下段から136ページ上段にかけまして、22目県営林道事業費でございますが、1,338万円で、前年度比648万円の増額でございます。徳島県において実施をしております林道2路線6工区の開設工事に伴う負担金、立木補償費であり、総事業費3億8,900万円で負担金等が事業費に伴い増額となっております。なお、負担率につきましては2%でございます。 続いて、同ページ中段、23目緊急危険箇所対策事業費は2,500万円の計上で、前年度に比べ1,500万円の減額となっております。その主な要因といたしましては、工事請負費の減額によるもので、今年度におきましては市内6か所の対策工事を予定しております。 続きまして、31目森林基盤整備事業費は2,900万円の計上で、今年度におきましては農林水産業の基盤整備による防災・減災対策と林道の機能向上を早急に図るため、林道2路線の橋梁修繕、舗装工事を計画しております。前年度比2,900万円の増額となっており、その主な要因といたしましては、山村強靱化林道整備事業の新規計上に伴う工事費の増額によるものでございます。 なお、市単独林道事業費につきましては、廃止目でございます。 続きまして、146ページをお願いいたします。 7款土木費について御説明をいたします。 146ページから148ページ上段、1項土木管理費、土木総務費は、一般管理費のほか道路維持管理法定外公共物の修繕工事など3億4,849万9,000円を計上するもので、前年度比436万9,000円の増額となっております。主な要因といたしましては、人件費関係の増額、また市道維持管理に必要な経費の増額によるものでございます。 次に、148ページ中段から149ページ上段にかけまして、2項道路橋梁費1目道路橋梁維持費は、1億5,571万5,000円の計上で、前年度比1,977万円の減額となっております。これは、人件費関係の減額が主な要因でございます。 続きまして、149ページ中段、3目道整備交付金事業費は1億9,505万7,000円を計上するもので、前年度比1億3,951万8,000円の減額となっております。主な要因といたしましては、工事請負費の減額によるもので、今年度におきましては、市道5路線の道路改良工事と橋梁下部工事を予定しております。 次に、149ページ下段から150ページ上段にかけまして、4目道整備事業費は2億5,785万3,000円の計上で、市道46路線の道路改良工事及び舗装工事を予定しております。前年度比3,068万5,000円の減額となり、これは主に14節工事請負費の減額によるものでございます。 続きまして、150ページ中段、7目交通安全施設整備事業費でございますが、昨年と同額の656万円を計上し、交通安全対策として市道のガードレール、カーブミラー等の設置を予定しております。 続きまして、同ページ中段から151ページ上段にかけまして、11目社会資本整備総合交付金事業費でございますが、5億1,061万8,000円の計上で、市道4路線の改良工事、2路線の落石対策や橋梁修繕、撤去工事及び橋梁の点検業務やトンネルの修繕工事等に伴う設計業務を予定しております。また、池田地区都市再生整備計画事業による町並みの道路整備として市道改良、舗装、拡張工事の9路線を予定しており、前年度比1億1,311万2,000円の減額となっております。その主な要因といたしましては、主に14節工事請負費の減額によるものでございます。 次に、151ページ中段、3項河川費でございます。 1目河川総務費は73万円で、これは四国河川協議会などへの各協議会の負担金の計上でございます。 続きまして、2目河川維持費は430万円で、河川関係の維持修繕を行い、機能を維持するための経費を計上しております。前年度比1,200万円の減額となっておりますが、その主な要因といたしましては、維持修繕工事請負費の減額によるものでございます。 5目緊急危険箇所対策事業費は1億円を計上し、市民の安全・安心の確保に向け、水害や土砂災害、インフラの老朽化対策として17か所程度の対策を予定しております。前年度比1億円の減額となっておりますが、その主な要因といたしましては、工事請負費の減額によるものでございます。 続きまして、同ページ下段、6目急傾斜地崩壊対策事業費は、昨年と同額の1,500万円を計上するもので、緊急に対策を必要とする箇所4地区程度の対策を予定しております。 次に、152ページ、4項都市計画費でございます。 1目都市計画総務費は40万2,000円で、都市計画マスタープランに基づいた管理業務経費を計上しております。前年度比109万円の減額となっており、その主な要因といたしましては、徳島県都市計画マスタープランの作成が完了したことによる負担金の減額によるものでございます。 続きまして、同ページ中段から153ページ上段にかけまして、2目公園管理費でございますが1,672万円で、通常の基礎的維持管理費のほか、栄町バスターミナル及び池田へそっこ公園のトイレ等の修繕、また丸山公園休憩所等の経年劣化による修繕経費を計上しております。前年度比39万円の減となっており、その要因といたしましては、12節委託料の減額によるものでございます。 次に、住宅費についてでございます。 153ページ中段から154ページにかけまして、5項住宅費、1目住宅管理費は2億1,086万8,000円の計上で、これは主に市営住宅の維持管理費や耐震診断及び耐震改修に係る委託料や補助金、また老朽危険空き家の除却補助に関わる経費でありまして、前年度比4,925万5,000円の減額となっており、その主な要因といたしましては、市営住宅解体完了に伴う工事請負費の減額によるものでございます。 続きまして、154ページ下段から155ページ上段、2目住宅整備費でございますが6,247万5,000円で、今年度におきましては三野町芝生第二中央団地(仮称)外構工事と市営住宅の防水工事を計上するものでございます。前年度に比べ3億1,045万6,000円の減額となっており、その主な要因といたしましては三野町芝生公営住宅新築工事が完了することに伴う14節工事請負費の減額によるものでございます。 以上、7款土木費の合計18億8,479万7,000円で、対前年度比7億7,201万2,000円の減額となっております。 続きまして、款がかなり飛びます。190ページをお願いいたします。 災害関連の予算でございます。 10款災害復旧費、1項農林水産業施設災害復旧費、1目農業用施設災害復旧費は710万円で、これは災害が発生した場合早期に対応するため、災害復旧工事の基礎的経費を計上するものでございます。 2目林業用施設災害復旧費は2億6,366万7,000円の計上で、前年度比5億3,323万4,000円の減額でございます。主な要因といたしましては、平成30年度に発生した7月豪雨災害による林道災害復旧事業が一定完了したことによるものでございます。今年度におきましては、平成30年7月豪雨災害に起因する地滑り災害2か所の災害復旧事業費と、自然災害が発生した場合早期に対応するための基礎的経費を計上をするものでございます。 続いて、190ページ下段から191ページにかけまして、2項公共土木施設災害復旧費、1目公共土木施設現年災害復旧費は、災害が発生した場合早期に対応を可能とするための基礎的経費で、今年度におきましては1,760万円を計上するものでございます。前年度比1,320万円の減額となっておりますが、14節工事請負費の減額が主な要因でございます。 続きまして、2目公共土木施設過年災害復旧費は、令和2年に発生した7月梅雨前線豪雨災害のうち、市道2か所の災害復旧費として工事請負費5,300万円の予算計上を行うものでございます。前年度比2億6,300万円の減額となっておりますが、その主な要因といたしましては、平成30年度に発生した7月豪雨による市道災害復旧事業が一定完了したことによるものでございます。 以上、10款災害復旧費の合計3億4,136万7,000円で、対前年度比8億944万2,000円の減額となっております。なお、各主要事業、工事等の詳細につきましては、建設部の予算資料を御参照いただければと思います。 以上、よろしくお願いをいたします。 ○議長(多田敬君)  会議の途中ですが、ここで14時10分まで休憩します。            午後1時52分 休憩            午後2時10分 再開 ○議長(多田敬君)  休憩前に引き続き会議を開きます。 教育次長。 ◎教育次長(近藤一樹君)  私のほうからは9款教育費について御説明申し上げます。 議案書その2、161ページ上段をお願いいたします。 9款教育費、1項教育総務費、1目教育委員会費は本年度153万1,000円の計上で、前年と同額でございます。教育委員さんに対する報酬等でございます。 2目事務局費、161ページ中段から164ページでございます。本年度3億9,570万円の計上で、前年度に比べ1億8,084万6,000円の増額となってございます。増額の主な要因は、老朽化による学校情報システムの更新、GIGAスクール構想におけるヘルプデスクの活用事業、ICT支援員の配置事業などの委託料や貸出用Wi-Fiモバイルルーター使用料支援事業によるものでございます。 続いて、164ページ下段、3目教員宿舎管理費は本年度249万6,000円で、前年度とほぼ同額となっております。 165ページから166ページ上段をお願いいたします。 2項小学校費、1目学校管理費は本年度1億9,031万5,000円の計上で、前年度に比べて4,536万7,000円の減額となっております。減額の主な要因は、芝生小学校校舎改修工事及び三縄小学校のり面保護工事終了によるものでございます。 166ページ下段から168ページ上段、2項小学校費、2目教育振興費は本年度2,963万7,000円の計上で、前年度より3,674万9,000円の減額となっております。主な要因は、給食費の経費負担方法の見直しによるものでございます。 続いて、168ページ下段から169ページ、3項中学校費、1目学校管理費は本年度9,135万8,000円の計上で、前年度に比べて33万7,000円の増額となっています。大きく変動のあった項目はございませんが、光熱水費など増額するものが減額するものを上回ったことによるものでございます。 続いて、170ページから171ページ上段をお願いします。 3項中学校費、2目教育振興費は1億3,824万8,000円の計上で、前年度に比べて2,224万2,000円の減額となってございます。減額の主な要因は、給食費の経費負担方法の見直しによるものでございます。 続きまして、171ページ下段から172ページ上段をお願いいたします。 3項中学校費適応指導教室運営費は241万7,000円計上で、前年度に比べ2万円の増額となっております。主な要因は、リーフレットの作成のため、印刷製本費を新たに計上しております。 続きまして、172ページ下段から174ページ上段、4項幼稚園費、1目幼稚園費は1億1,883万4,000円の計上でございます。池田幼稚園の遊具の更新及び空調設備の移設工事のため、工事請負費を新たに320万円計上しておりますが、人件費、需用費、備品購入費ほか減額が上回り、前年度に比べて384万1,000円の減額となっております。 続きまして、174ページ、4項幼稚園費、2目教育振興費は8万1,000円の計上で、前年度に対し351万5,000円の減額でございます。主な要因は、給食費の経費負担方法の見直しによるものでございます。 続いて、174ページ下段から176ページ上段、5項社会教育費、1目社会教育総務費は7,824万4,000円の計上で、前年度に比べ377万6,000円の減額でございます。主な要因は、ふるさと交流センター高圧キュービクル高圧機械取替工事の終了による減額でございます。 176ページ下段、2目公民館費は4,552万9,000円の計上で、前年度に比べて219万2,000円の減額となっています。減額の主な要因は、池南分館の屋根修繕工事の終了による減額でございます。 177ページをお願いいたします。 下段、3目生涯学習振興費は1,409万6,000円の計上で、前年度に比べ52万1,000円の減額となっております。コロナウイルス感染症による市外講師派遣の減額による講師謝礼の減額によるものでございます。 178ページをお願いいたします。 下段4目図書館費は5,529万2,000円の計上で、前年度に比べて136万3,000円の増額となってございます。主な要因は、図書館業務委託料の増額によるものでございます。 続きまして、179ページ下段、5目人権教育推進費は418万8,000円の計上で、前年度と比べて1万3,000円の微増となっております。 続いて、180ページをお願いいたします。 6目文化財保護費は1億823万2,000円の計上で、前年度に比べて24万円の減額となっております。 続いて、182ページ下段、7目外国語教育推進事業費2,727万2,000円の計上でございます。2021年度新たに採用するALT6人の来日に係る経費が必要であり、前年度比331万4,000円の増額となっております。 続いて、183ページ、9目歴史的風致保存事業費は176万7,000円の計上で、前年度に比べて4,364万5,000円の減額となっております。減額の主な要因は、旧山下家別邸改修工事の完了による減額でございます。 続きまして、183ページ下段、6項保健体育費、1目保健体育総務費は2,203万9,000円の計上で、前年度に比べて484万9,000円の減額となっております。減額の主な要因は、東京2020オリンピック聖火リレー徳島県実行委員会負担金の減額によるものでございます。 185ページ下段から187ページ上段まで、2目学校給食費は3億1,968万8,000円の計上でございます。2021年度から給食事業特別会計の廃止に伴い、一般会計において原材料費を1億51万4,000円計上することに加え、2022年度の学校給食施設統廃合の準備経費として、芝生小学校及び三野中学校給食配膳室の設計委託料及び工事請負費、給食用品の購入、施設の修繕など4,859万円を計上しております。前年度に比べ1億3,083万9,000円の増額となっております。 187ページ下段をお願いいたします。 3目体育施設管理費は8,497万6,000円の計上で、前年度に比べ2,841万7,000円の減額となってございます。減額の主な要因は、井川柔剣道設計監理業務及び改修工事の減額によるものでございます。 188ページをお願いいたします。 4目体育施設整備費は、仮称井川運動公園測量設計業務、井川体育館等解体工事設測量設計業務委託料の減額に伴う目の廃止による減額となってございます。 以上、9款教育費は17億3,194万円の予算計上でございます。前年度に比べて6,459万9,000円の増額となっております。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  企画財政部長。 ◎企画財政部長(木邨忠利君)  議案書の21ページ、22ページをお願いいたします。 歳出の御説明が終わりましたので、私からは一般会計予算の歳入、債務負担行為及び地方債について御説明をさせていただきます。 まず、歳入について款ごとに御説明をいたします。 1款市税は、22ページ下段の1款合計といたしまして23億2,432万3,000円の計上で、前年度比1億1,786万6,000円の減となっております。主な減の要因といたしましては、新型コロナウイルス感染症の影響による減収を見込んで計上いたしております。 23ページをお願いいたします。 2款地方譲与税は、前年度同額の3億700万円を計上しております。 24ページ、3款利子割交付金は229万円の計上で、前年度比27万1,000円の増となっております。 25ページ、4款配当割交付金は1,645万2,000円の計上で、前年度比28万1,000円の減となっております。 26ページ、5款株式等譲渡所得割交付金は1,740万2,000円の計上で、前年度比783万9,000円の増となっております。 27ページ、6款法人事業税交付金は1,123万9,000円の計上で、前年度比40万7,000円の増となっております。 28ページ、7款地方消費税交付金は5億4,513万7,000円の計上で、前年度比77万2,000円の減となっております。 29ページでございます。 8款ゴルフ場利用税は610万円の計上で、前年度比190万円の減となっております。 30ページ、9款環境性能割交付金は1,709万3,000円の計上で、前年度比437万8,000円の減となっております。 31ページ、10款地方特例交付金は、前年と同額の400万円を計上しております。 32ページ、11款地方交付税は90億6,453万円の計上で、普通交付税が前年度より2,803万1,000円の増、特別交付税は前年度と同額となっております。 33ページ、12款交通安全対策特別交付金は、前年度と同額の284万8,000円の計上でございます。 34ページから35ページにかけて、13款分担金及び負担金は、35ページ、13款合計で2億5,940万8,000円の計上で、前年度比3,119万7,000円の減となっております。主な内容といたしましては、保育所児童保育料、みよし広域連合負担金及び老人ホーム入所者負担金などでございます。 36ページから39ページにかけまして、14款使用料及び手数料でございます。39ページ、14款合計で3億5,568万円の計上で、前年度比1億892万7,000円の減となっております。主な内容は、祖谷のかずら橋など観光使用料、市営住宅使用料、残土処理場使用料、戸籍関係証明交付手数料などでございます。減の主な要因は、新型コロナウイルス感染症の影響による観光使用料で8,356万4,000円の減、また残土処理場使用料で1,120万円の減などによるものでございます。 40ページから42ページにかけまして、15款国庫支出金は、42ページ、合計で23億6,734万1,000円の計上で、前年度比4億8,144万3,000円の減となっております。減の主な要因は、過年度発生公共土木施設災害復旧費負担金等の減によるものでございます。 43ページ下段から48ページにかけまして、16款県支出金は、48ページ、合計で13億8,148万8,000円の計上で、前年度比4億5,260万5,000円の減となっております。減の主な要因といたしましては、地籍調査事業県負担金及び林業施設災害復旧費県補助金等の減によるものでございます。 49ページをお願いいたします。 17款財産収入は2,596万5,000円の計上で、前年度比103万8,000円の増となっております。 50ページ、18款寄附金は4,010万円の計上で、前年度比1,000万円の増となっております。増の要因といたしましては、ふるさと応援基金寄附金の増によるものでございます。 51ページをお願いいたします。 19款繰入金は26億1,324万5,000円の計上で、前年度比1億1,646万円の増となっております。増の主な要因は、新庁舎整備事業に要する財源としてまちづくり基金として繰り入れたものによるものでございます。 52ページをお願いいたします。 20款繰越金は前年と同額の3億5,000万円の計上でございます。 53ページから54ページにかけまして、21款諸収入は、54ページ、合計で1億4,391万1,000円の計上で、前年度比4,600万8,000円の減となっております。 55ページから56ページにかけまして、22款市債は、56ページ、合計で45億4,260万円の計上で、前年度比5,690万円の減となっております。主な要因は、55ページ、3目衛生債で上水道改良事業出資債1,220万円の減、56ページ、7目土木債で市道道整備交付金事業債7,340万円の減、10目災害復旧債で現年発生林業施設災害復旧事業債1億5,150万円の皆減などによるものでございます。 一方、増加したものとしましては、55ページ、1目総務債で新庁舎建設事業債9億4,900万円、2目民生債で老人福祉施設整備事業債2億2,150万円の増となっております。 57ページをお願いします。 歳入合計で243億9,815万2,000円で、前年度比11億3,823万1,000円、率にして4.5%減となっております。 続きまして、議案書9ページにお戻りください。 第2表債務負担行為でございます。 ケーブルテレビ三好施設指定管理料から三好市池田総合体育館指定管理料までの5件について、真鍋屋の期間が2021年度から2023年度、山城支所増改築工事の期間が2021年度から2022年度、ほか3件につきましては2021年度から2025年度、限度額につきましては記載のとおりでございます。 また、新庁舎等整備事業の期間の変更でございまして、変更前の2016年度から2022年度を、変更後、2016年度から2023年度に変更、限度額については変更ございません。 10ページをお願いいたします。 債務負担行為調書でございます。 13ページにかけまして、継続分13件、新規分5件、計18件の調書となっております。 14ページをお願いします。 第3表地方債でございます。 起債の目的といたしまして、臨時財政対策債から16ページ最後の過年発生林業施設災害復旧事業債まで合計42件で、限度額の合計は45億4,260万円、起債の方法、利率、償還の方法につきましては右記載のとおりでございます。 次に、17ページをお願いいたします。 地方債現在高調書でございます。 2020年度末の現在高見込額は324億1,643万7,000円となっており、2021年度中の新たな起債の借入れ及び元金償還により、2021年度末見込額では357億102万8,000円でございます。 最後に、194ページ以降におきまして給与費明細書を記載しておりますので、御参照ください。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  環境福祉部長。 ◎環境福祉部長(田中一幸君)  議案書その3、1ページをお願いいたします。 議案第23号 2021(令和3)年度三好市国民健康保険特別会計予算について説明させていただきます。 2021(令和3)年度三好市国民健康保険特別会計予算は次に定めるところによります。 第1条、歳入歳出予算歳入歳出予算の総額は、事業勘定において歳入歳出それぞれ33億1,719万4,000円、直営診療施設勘定において歳入歳出それぞれ2億4,912万5,000円と定めます。 第2項、事業勘定及び直営診療施設勘定歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は第1表歳入歳出予算によります。 第2条、地方債。地方自治法第230条第1項の規定により起こすことのできる地方債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、第2条地方債による。 第3条、一時借入金。地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、1億円と定めます。 第4条、歳出予算の流用。地方自治法第220条第2項ただし書の規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおり定めます。 第1号、各項に計上した給料、職員手当及び共済費に係る予算額に過不足が生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用としております。 それでは、事業勘定の歳出から説明させていただきます。 16ページから17ページをお願いいたします。 項ごとの合計額で説明させていただきます。 1款総務費、1項総務管理費は6,345万8,000円の計上で、前年度と比較し142万3,000円の減額でございます。主な要因は、オンライン資格管理等実施に伴うシステム改修が終了したことによる減額でございます。 2項徴税費は337万3,000円の計上で、前年度と比較し9万1,000円の減額でございます。 3項運営協議会費は61万4,000円の計上で、前年度と比較して7,000円の減額でございます。 18ページをお願いいたします。 4項医療費適正化対策特別事業費は951万6,000円の計上で、前年度と比較し23万6,000円の増額でございます。 19ページをお願いいたします。 2款保険給付費、1項療養諸費は20億6,694万6,000円の計上で、前年度と比較し5,473万9,000円の減額でございます。減額の主な要因といたしましては、被保険者減少に伴う市負担額の減少によるものです。 19ページ下段から20ページをお願いいたします。 2項高額療養費は3億6,605万円の計上で、前年度と比較して1,605万円の減額でございます。減額の主な要因といたしましては、被保険者の減少によるものでございます。 20ページ中段をお願いいたします。 3項移送費は前年度と同額の10万円の計上でございます。 20ページ下段から21ページをお願いいたします。 4項出産育児一時金は420万3,000円の計上でございます。前年度と比較し126万円の減額でございます。 5項葬祭諸費は、前年度と同額の300万円の計上でございます。 6項傷病手当は106万2,000円の計上で、新型コロナウイルス感染者が感染により休業した場合に支給する手当でございます。 22ページをお願いいたします。 3款国民健康保険事業費給付金は、納付金として県へ納めるものでございます。 1項医療給付費分は5億4,887万6,000円の計上で、前年度と比べまして35万9,000円の減額でございます。 2項後期高齢者支援金等分は1億2,977万9,000円の計上で、前年度と比べまして530万9,000円の減額でございます。 22ページ下段から23ページをお願いいたします。 3項介護給付金分は4,223万2,000円の計上で、前年度と比べまして15万8,000円の減額でございます。 24ページをお願いいたします。 4款保健事業費、1項保健事業費は771万4,000円の計上で、前年度と比較し60万6,000円の減額でございます。 24ページ下段から25ページをお願いいたします。 2項特定健康診査等事業費は1,977万2,000円の計上で、前年度と比較し22万9,000円の増額でございます。 26ページをお願いいたします。 5款1項基金積立金は20万円の計上でございます。 27ページをお願いいたします。 7款諸支出金、1項償還金及び還付加算金は395万円の計上でございます。 3項繰出金は、直診勘定への繰出金3,598万9,000円の計上で、前年度と比較し596万5,000円の増額でございます。 28ページをお願いいたします。 8款1項予備費は1,000万円の計上でございます。 続きまして、歳入について説明させていただきます。 8ページにお返りください。 歳入につきましては、一般財源のうち主なものについて説明させていただきます。 1款1項国民健康保険税は3億9,227万3,000円の計上で、前年度と比較し2,800万3,000円の減額でございます。要因といたしまして、被保険者の減によるものでございます。 少し飛びますが、13ページをお願いいたします。 6款繰入金、1項一般会計繰入金で2億5,167万6,000円の計上で、前年度と比較し1,106万3,000円の減額でございます。 14ページをお願いいたします。 7款1項繰越金は8,099万6,000円の計上で、前年度と比較し1,952万2,000円の増額でございます。 続きまして、直営診療施設勘定について、歳出から説明させていただきます。 50ページから52ページをお願いいたします。 1款総務費、1項総務管理費は1億8,921万3,000円の計上で、前年度と比較し166万7,000円の減額でございます。 53ページをお願いいたします。 2項研究研修費は前年度と同額の112万円の計上でございます。 54ページをお願いいたします。 2款1項医業費は5,166万1,000円の計上で、前年度と比較し904万4,000円の増額でございます。主な要因は、東祖谷歯科診療所のデンタルチェア購入費計上による増額でございます。 55ページをお願いいたします。 3款1項公債費は363万1,000円の計上で、前年度と比較し594万円の減額でございます。主な要因は、西祖谷診療所過疎対策事業の償還終了による減額でございます。 56ページをお願いいたします。 4款1項予備費は、前年度と同額の350万円の計上でございます。 続きまして、歳入について説明させていただきます。 43ページにお返りください。 歳入のうち主なものについて説明させていただきます。 1款1項診療収入は8,930万2,000円の計上で、前年度と比較し956万8,000円の減額でございます。 45ページをお願いいたします。 4款1項繰入金は1億4,729万円の計上で、前年度と比較して378万6,000円の増額でございます。事業勘定からの繰入金の増額によるものでございます。 46ページをお願いいたします。 5款1項繰越金は1,000円の計上でございます。 47ページをお願いいたします。 6款諸収入のうち1項受託事業収入につきましては398万5,000円の計上で、前年度と比較して227万6,000円の増、2項雑入につきましては47万5,000円の計上で、前年度と比較して257万3,000円の減でございます。 以上、国民健康保険特別会計予算について説明させていただきました。 続きまして、議案書その3の65ページをお願いいたします。 議案第24号 2021(令和3)年度三好市後期高齢者医療特別会計予算について説明いたします。 2021(令和3)年度三好市後期高齢者医療特別会計予算は次に定めるところによります。 第1条、歳入歳出予算歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ5億845万6,000円と定めます。 2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表歳入歳出予算によります。 第2条、一時借入金。地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、5,000万円と定めます。 それでは、歳出から説明いたします。 74ページをお願いいたします。 項ごとの合計額で説明させていただきます。 1款総務費、1項総務管理費は384万9,000円の計上で、前年度と比較し45万9,000円の増額でございます。 2項徴収費は183万5,000円の計上で、前年度と比較し2万2,000円の増額でございます。 75ページをお願いいたします。 2款1項後期高齢者医療広域連合納付金は5億142万2,000円の計上で、前年度と比較し349万6,000円の増額でございます。 76ページをお願いいたします。 3款諸支出金、1項償還金及び還付加算金は前年度と同額の135万円の計上でございます。 続きまして、歳入について説明いたします。 70ページをお願いいたします。 歳入のうち、主なものについてのみ説明させていただきます。 1款1項後期高齢者医療保険料は3億1,436万6,000円の計上で、前年度と比較し111万3,000円の減額でございます。 72ページをお願いいたします。 5款繰入金、1項一般会計繰入金は1億9,238万6,000円の計上で、前年度と比較し476万6,000円の減額でございます。 73ページをお願いいたします。 7款諸収入、2項償還金及び還付加算金は、前年度と同額の135万円の計上でございます。 以上、後期高齢者特別会計について説明させていただきました。 御審議の上、御承認いただきますようよろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  産業観光部長。 ◎産業観光部長(松本俊明君)  議案書77ページをお願いいたします。 議案第25号 2021(令和3)年度三好市農業集落排水事業特別会計予算について説明をいたします。 本予算には、池田町西州津地区において供用している農業集落排水処理施設の維持管理に必要な予算を計上しております。加入戸数は2020年4月1日現在144戸、加入者数は流入人口を含み1,110人、平均処理水量は日量181立方メートルとなっております。 それでは、特別会計予算について説明をさせていただきます。 2021(令和3)年度三好市農業集落排水事業特別会計予算は、次に定めるところによる。 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ3,440万4,000円と定める。 2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表歳入歳出予算による。 地方債。第2条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことのできる地方債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、第2表地方債による。 一時借入金。第3条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、2,000万円と定める。 それでは、歳出より御説明いたします。 90ページをお願いいたします。 1款農業集落排水事業総務費、1項総務管理費、1目一般管理費は1,334万4,000円で、前年度に比べ14万円の減額であります。恒常的経費について見直しを行い、西州津地区農業集落排水施設の管理に必要な経費について計上をしております。 91ページをお願いします。 2項農業集落排水事業費、1目農業集落排水事業費は1,001万円の計上で、前年度に比べ1,442万9,000円の減額であります。平成29年度より国保事業を活用、実施しています老朽化した配水管の布設替え管路更新工事として155メートルを予定し、必要な実施設計業務委託料と管路更新工事請負費を計上しております。 92ページをお願いします。 2款公債費、1項公債費、1目元金及び2目利子合わせまして1,105万円、前年度に比べ1万2,000円の減額となっております。 以上、歳出合計3,440万4,000円、前年度に比べ1,458万1,000円の減額となっております。 80ページにお戻りください。 第2表地方債。起債の目的、農業集落排水事業債、限度額500万円。起債の方法、利率、償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。 81ページをお願いします。 地方債の現在高について、2020(令和2)年度末現在高見込額合計は1億2,907万2,000円となっております。 続きまして、歳入について説明をさせていただきます。84ページをお願いいたします。 1款1項1目農業集落排水事業受益者分担金25万円、これは一般住宅の加入者分担金の計上でございます。 85ページをお願いします。 2款1項1目農業集落排水処理施設使用料1,621万円、前年度に比べ5万9,000円の増額となっております。処理施設使用料として、153戸分の数として計上をさせていただいております。 86ページをお願いいたします。 3款1項1目農林水産業費県補助金612万5,000円、前年度に比べ806万7,000円の減額となっており、主に農山漁村地域整備交付金について、予定事業量が減少したため減額となっております。 87ページをお願いします。 4款1項1目繰入金680万9,000円、前年度に比べ34万4,000円の減額、一般会計よりの繰入金として計上をしております。 88ページをお願いいたします。 5款1項1目繰越金1万円、前年度に比べ2万9,000円の減額、前年度よりの繰越金として計上しております。 89ページをお願いします。 7款1項1目農業集落排水事業債500万円、前年度に比べ620万円の減額です。 以上、歳入合計3,440万4,000円、前年度に比べ1,458万1,000円の減額となっております。 以上、2021(令和3)年度三好市農業集落排水事業特別会計予算の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  会議の途中ですが、ここで15時10分まで休憩します。            午後2時56分 休憩            午後3時10分 再開 ○議長(多田敬君)  休憩前に引き続き会議を開きます。 田中環境福祉部長から、先ほどの議案説明に関して発言の訂正の申出がありますので、これを許可します。 環境福祉部長。 ◎環境福祉部長(田中一幸君)  失礼します。 議案書その3の国民健康保険特別会計予算の中で、歳入歳出予算第1条の中の直営診療施設勘定において、歳入歳出それぞれ2億4,912万5,000円と言うべきところを2億4,912万8,000円と申し上げましたので、8,000円を5,000円に訂正をさせていただきます。大変失礼しました。 ○議長(多田敬君)  ただいまの田中環境福祉部長発言の訂正については、会議規則第65条の規定により議長においてこれを許可します。 環境福祉部長。 ◎環境福祉部長(田中一幸君)  議案書その3、93ページをお願いいたします。 議案第26号 2021(令和3)年度三好市浄化槽事業特別会計予算について説明いたします。 2021(令和3)年度三好市浄化槽事業特別会計予算は次に定めるところによります。 第1条、歳入歳出予算歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ3億7,679万6,000円と定めます。 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表歳入歳出予算によります。 第2条、地方債。地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、第2表地方債によります。 第3条、一時借入金。地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は5,000万円と定めます。 それでは、歳出から説明をいたします。 107ページをお願いいたします。 項ごとの合計額で説明させていただきます。 1款総務費、1項総務管理費は前年度と同額の51万7,000円の計上でございます。 108ページをお願いいたします。 2款施設費、1項施設整備費は2億6,958万2,000円の計上で、前年度と比較し3,568万2,000円の増額でございます。主な要因は、公有財産購入費の増によるものでございます。 2項施設管理費は8,491万8,000円の計上で、前年度と比較し514万円の増額でございます。 110ページをお願いいたします。 3款1項公債費は2,077万9,000円の計上で、前年度と比較し322万1,000円の増額でございます。 111ページをお願いいたします。 4款1項予備費は、前年度と同額の100万円の計上でございます。 続きまして、歳入について説明させていただきます。 100ページをお願いいたします。 1款分担金及び負担金、1項負担金は2,255万8,000円の計上で、前年度と比較し132万1,000円の減額でございます。 101ページをお願いいたします。 2款使用料及び手数料、1項使用料は7,274万円の計上で、前年度と比較し453万6,000円の増額でございます。 102ページをお願いいたします。 3款国庫支出金、1項国庫補助金1億880万5,000円の計上で、前年度と比較し3,470万5,000円の増額でございます。主な要因は、年度間調整による増でございます。 103ページをお願いいたします。 4款県支出金、1項県補助金は1,473万8,000円の計上で、前年度と比較し306万9,000円の減額でございます。要因は、50人槽未満の計画数の減によるものです。 104ページをお願いいたします。 5款繰入金、1項一般会計繰入金4,795万5,000円の計上で、前年度と比較し619万2,000円の増額でございます。要因といたしましては、大型浄化槽の増加に伴うものでございます。 105ページをお願いいたします。 6款1項繰越金は、前年度と同額の100万円の計上でございます。 106ページをお願いいたします。 8款1項市債は1億900万円の計上で、前年度と比較し300万円の増額となっております。 続きまして、96ページにお返りください。 第2表地方債でございます。 起債の目的は下水道建設事業債で、限度額を1億900万円とし、起債の方法、利率、償還の方法につきましては右記載のとおりでございます。 なお、地方債現在高調書につきましては、97ページに掲載のとおりでございます。 以上、御審議の上、御承認いただきますようよろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  企画財政部長。 ◎企画財政部長(木邨忠利君)  議案書の115ページをお願いいたします。 議案第27号 2021(令和3)年度三好市土地取得事業特別会計予算について御説明申し上げます。 2021(令和3)年度三好市土地取得事業特別会計予算は、次に定めるところによる。 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ50万円と定める。 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表歳入歳出予算による。 120ページをお願いいたします。 本会計は三好市土地開発基金の運用益を処理するもので、歳入では1款1項1目基金運用収入に土地開発基金運用収入として50万円の計上でございます。 121ページにおきまして、歳出、1款1項1目土地開発基金費に一般会計への繰出金として50万円の計上でございます。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  総務部長。 ◎総務部長(東口栄二君)  議案書122ページをお願いいたします。 議案第28号 2021(令和3)年度三好市井内財産区特別会計予算について御説明いたします。 2021(令和3)年度三好市井内財産区特別会計予算は、次に定めるところによります。 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ378万円と定めます。 2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表歳入歳出予算によります。 まず、歳出から御説明いたします。 議案書130ページをお願いいたします。 1款管理会費、1項管理会費、1目管理会費は前年度と同額の47万9,000円で、主な予算は管理会委員報酬、会長交際費などでございます。 131ページをお願いいたします。 2款財産管理費、1項財産管理費、1目維持管理費は前年度と同額の30万円で、支障木伐採業務委託料でございます。 132ページをお願いいたします。 3款寄附金、1項寄附金、1目寄附金は前年度と同額の1,000円。 133ページ、4款予備費、1項予備費、1目予備費は前年度と同額の300万円の計上でございます。 次に、歳入でございます。 議案書123ページへお戻りください。 1款財産収入は、前年度比較1,000円減額の3万1,000円でございます。 続いて、2款繰越金は、前年度比較1,000円増額の374万8,000円の計上でございます。 続いて、3款諸収入は、前年度と同額の1,000円の計上となっております。 なお、節、区分及び説明につきましては、127ページから129ページ記載のとおりでございます。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  水道課長。 ◎水道課長(木下敬二君)  議案書136ページをお願いいたします。 議案第29号、議案第30号続けて説明させていただきます。 議案第29号 2021(令和3)年度三好市簡易水道事業特別会計当初予算について。 2021(令和3)年度三好市簡易水道事業特別会計予算は、次に定めるところによります。 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ197万7,000円と定めます。 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表歳入歳出予算によります。 第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は100万円と定めます。 歳出から説明させていただきます。 144ページをお願いいたします。 1款1項1目簡易水道費の当初予定額は197万7,000円でございます。歳出の詳細につきましては、10節需用費から22節償還金、利子及び割引料までの内訳により支出予定でございます。 続きまして、歳入予算を説明させていただきます。 141ページに戻ってください。 1款1項事業収入は、1目水道使用料29万7,000円、2目手数料が8,000円で合計30万5,000円でございます。 次のページ、3款1項1目繰越金は165万円でございます。 143ページをお願いいたします。 4款1項1目簡易水道費負担金は、加入者負担金で2万2,000円でございます。 以上、歳入合計につきましても歳出同様197万7,000円とするものでございます。 以上が2021(令和3)年度三好市簡易水道事業特別会計当初予算の説明でございます。 続きまして、水道事業会計当初予算の説明をさせていただきます。 145ページをお願いいたします。 議案第30号 2021(令和3)年度三好市水道事業会計予算。 第1条、2021(令和3)年度三好市水道事業会計予算は、次に定めるところによります。 第2条、業務の予定量は、(1)給水戸数9,750戸、(2)年間総給水量240万立方メートル、(3)1日平均給水量6,575立方メートル、(4)主要な建設改良事業は配水管布設替え事業で8,802万7,000円の予定でございます。 第3条、収益的収入及び支出の予定額は、水道事業収益が6億1,267万6,000円、水道事業費用が7億4,619万5,000円でございます。 次のページをお願いいたします。 第4条、資本的収入及び支出の予定額は、資本的収入が3億5,329万1,000円、資本的支出が5億355万1,000円の予定でございます。資本的収入額が資本的支出に対し不足する額1億5,026万円は、過年度分損益勘定留保金1億3,420万1,000円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,605万9,000円で補填させていただきます。 第5条、地方自治法230条第1項の規定により起こすことのできる地方債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、以下の記載のとおりでございます。 第6条、一時借入金の限度額は、5,000万円と定めます。 次のページをお願いいたします。 第7条、議会の議決がなければ流用することのできない経費は、職員給与費の1億2,650万9,000円でございます。 第8条、一般会計から企業会計への補助する金額は2億4,776万9,000円でございます。 第9条、棚卸資産の購入限度額は1,200万円でございます。 以下、148ページに重要な会計方針に係る事項に関する注記、149ページに予定貸借対照表に関する注記を記載しております。 152ページをお願いいたします。 収益的支出の内訳でございます。 1款水道事業費用、1項営業費用の予定額は6億7,026万3,000円で、1目原水及び浄水費は1億7,143万円で、内訳は節に記載のとおりでございます。 次のページをお願いいたします。 2目配水及び給水費3,631万6,000円で、内訳は153ページから154ページの節に記載のとおりでございます。 3目総係費1億6,298万8,000円で、内訳は節に記載のとおりでございます。 156ページをお願いいたします。 5目減価償却費は2億8,862万3,000円でございます。 次のページをお願いいたします。 6目資産減耗費は1,090万6,000円でございます。 2項営業外費用の予定額は7,482万2,000円で、1目支払い利息は6,620万円、支払い消費税は862万2,000円でございます。 3項特別損失の4目過年度損益修正損は11万円。 4項1目予備費の予定は100万円でございます。 支出の詳細につきましては、節の内訳の記載のとおりでございます。 150ページに戻ってください。 収益的収入の内訳でございます。 1款水道事業収益、1項営業収益の予定額は5億2,263万円で、1目給水収益が5億1,948万8,000円、2目加入金収益143万円、3目受託工事収益13万2,000円、4目その他営業収益158万円でございます。 2項営業外収益の予定額は9,004万5,000円で、1目受取利息は5万1,000円、2目他会計補助金が3,947万8,000円、次のページの3目長期前受金戻入が5,046万円、4目雑収入5万6,000円でございます。 3項1目特別利益は1,000円でございます。 159ページをお願いいたします。 資本的支出の内訳でございます。 1款1項建設改良費の予定額は1億5,774万5,000円で、2目配水管布設事業費が市道ウエノ水木西井川線配水管布設工事ほか6工事で8,802万7,000円、3目上水道拡張事業費が変更認可申請348万7,000円、4目浄水施設改良事業費が大利・川崎地区配水池築造工事ほか3工事6,474万6,000円、次のページをお願いいたします、8目システム改良事業費の委託料が148万5,000円、2項1目企業債償還金が3億2,690万円、3項1目固定資産購入費が1,890万6,000円で、支出の詳細は節の内訳に記載のとおりでございます。 2021年度の主な建設改良事業箇所につきましては、配付の予算概要説明書のとおりでございます。 続きまして、資本的収入の説明をさせていただきます。 158ページに戻ってください。 資本的収入の内訳でございます。 1款資本的収入、1項1目他会計補助金は2億829万1,000円、2項1目企業債は1億3,740万円、4項1目国庫補助金は760万円で、収入の詳細は節の内訳の記載のとおりでございます。 162ページをお願いいたします。 1款1項1目棚卸資産購入限度額は1,200万円でございます。 以上が2021年度三好市水道事業会計予算歳入歳出の内訳でございます。 以下、163ページから180ページまで当初予算資料として、2021年度会計予定キャッシュフロー計算書、給与費明細書、2020年度事業予定損益計算書、貸借対照表、2021年度予定貸借対照表等を記載していますので、御確認くださいませ。 以上、2021年度三好市水道事業会計予算でございます。よろしくお願いいたします。 ○議長(多田敬君)  三野病院事務長。 ◎三野病院事務長(平尾壮作君)  議案書その3、181ページを御覧ください。 議案第31号 2021(令和3)年度三好市国民健康保険市立三野病院特別会計予算について御説明いたします。 第1条、2021(令和3)年度三好市国民健康保険市立三野病院特別会計予算は、次に定めるところによります。 第2条、業務の予定量は次のとおりとする。病床数は一般病床60床、患者数は入院1万7,520名、外来2万1,296名とし、1日平均では入院48名、外来88名を見込んでいます。主要な建設改良事業は、有形固定資産購入費として1,168万1,000円を計上しており、主なものは超音波画像診断装置購入費となっております。 第3条、収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。 第1款病院事業収益9億6,152万円を計上しています。 182ページを御覧ください。 第1款病院事業費用は10億4,470万5,000円を計上しています。 第4条、資本的収入及び支出の予定額は、次のとおり定める。 資本的収入は4,100万4,000円、資本的支出は7,517万6,000円を計上しています。なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額3,417万2,000円は、過年度分損益勘定留保資金3,311万円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額106万2,000円で補填するものといたします。 183ページを御覧ください。 第5条、一時借入金の限度額は5,000万円と定めるものです。 第6条、議会の議決を経なければ流用することができない経費は、職員給与費及び公債費といたします。 第7条、一般会計からこの会計へ補助を受ける金額は2,290万円といたします。 第8条、棚卸資産購入限度額は1億6,368万円と定めます。 184ページを御覧ください。 1、重要な会計方針に係る事項に関する注記、続いて185ページ、2、予定貸借対照表に関する注記、3、リース契約により使用する固定資産に関する注記、それぞれ内容は記載のとおりでございます。 次に、2021年度当初予算事項別明細書収益的収入及び支出の内訳でございます。 まず、支出から説明をさせていただきます。 188ページを御覧ください。 1款1項医業費用は、前年度比786万7,000円減の10億460万3,000円を計上しています。内訳といたしまして、1目給与費5億1,506万5,000円、2目材料費1億5,110万9,000円、次のページ行きまして、3目経費2億5,655万9,000円、次のページお願いします、1つ飛びまして191ページお願いします。4目減価償却費8,008万3,000円、5目資産減耗費90万円、192ページをお願いいたします、6目研究研修費88万7,000円。 続きまして、2項医業外費用は、前年比293万8,000円減の3,799万2,000円を計上しております。内訳といたしまして、1目支払利息及び企業債取扱諸費1,545万円、3目消費税及び地方消費税1,794万2,000円、5目長期前払い消費税償却460万円。 3項特別損失は前年度と同額の201万円を計上しております。内訳といたしましては4目過年度損益修正損200万円、次のページ193ページをお願いいたします。5目その他特別損失1万円。 4項予備費は前年度と同額の10万円を計上しております。 186ページにお戻りください。 収入の内訳です。 1款1項医業収益は、前年比979万1,000円増の8億1,078万7,000円を計上しております。内訳といたしまして、1目入院収益4億9,494万円、2目外来収益2億5,022万8,000円、3目その他医業収益6,561万9,000円。 2項医業外収益は、前年比1,643万6,000円増の1億4,358万円を計上しています。内訳といたしまして、他会計繰入金8,766万3,000円、187ページをお願いいたします。4目患者外給食収益46万2,000円、5目長期前受金戻入5,073万3,000円、7目その他医業外収益475万2,000円。 3項特別利益は、前年比225万5,000円減の715万3,000円を計上しております。内訳といたしましては、2目過年度損益修正益150万円、3目長期前受金戻入565万3,000円でございます。 195ページを御覧ください。 資本的収入及び支出のうちの支出の内訳です。 1款1項建設改良費は、前年比2,685万4,000円減の1,168万1,000円を計上しております。内訳といたしましては、1目有形固定資産購入費1,168万1,000円となっています。 2項1目企業債償還金は、前年比1,389万6,000円増の6,349万5,000円を計上しております。 194ページをお願いいたします。 資本的収入の内訳です。 2項1目他会計負担金は、前年比1,310万9,000円増の4,100万4,000円を計上しております。 196ページを御覧ください。 貯蔵品、1款1項1目棚卸資産購入限度額は、薬品及び診療材料購入限度額として前年比260万4,000円増の1億6,368万円を計上しております。 197ページからは三好市病院事業予定キャッシュフロー計算書等の資料を添付してございます。 以上、2021(令和3)年度三好市国民健康保険市立三野病院特別会計予算について御説明をさせていただきました。御審議いただき御承認賜りますようよろしくお願いをいたします。 ○議長(多田敬君)  以上で議案第1号 三好市手数料条例の一部を改正する条例についてから議案第31号 2021(令和3)年度三好市国民健康保険市立三野病院特別会計予算までの計31議案についての補足説明が終わりました。 これで本日の日程は全て終了いたしました。 次回は3月4日に一般質問を行います。 なお、一般質問通告書は明日2月26日の正午で、また議案質疑通告書は3月2日の正午で締め切りますので、議長まで提出をお願いいたします。 本日はこれにて散会いたします。大変御苦労さまでした。            午後3時42分 散会...