三好市議会 > 2007-12-03 >
12月03日-01号
12月03日-01号

ツイート シェア
  1. 三好市議会 2007-12-03
    12月03日-01号


    取得元: 三好市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-24
    平成19年12月定例会        平成19年三好市議会12月定例会会議記録(第1号)             平成19年12月3日(月曜日)〇議事日程   午前10時06分開会  日程第1 会議録署名議員の指名  日程第2 会期の決定  日程第3 諸般の報告  日程第4 市長の行政報告及び提案理由の説明  日程第5 議案第68号 三好市重度心身障害者等に対する医療費の助成に関する条例の一部改正について       議案第69号 政治倫理の確立のための三好市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例について       議案第70号 三好市森林総合利用施設祖谷渓キャンプ村の設置及び管理に関する条例の一部改正について       議案第71号 三好市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について       議案第72号 土地改良事業の計画の変更の概要について       議案第73号 三好市総合計画の策定について       議案第74号 みよし環境衛生組合の解散について       議案第75号 みよし環境衛生組合の解散に伴う財産処分について       議案第76号 みよし広域連合の規約の変更について       議案第77号 平成19年度三好市一般会計補正予算(第6号)       議案第78号 平成19年度三好市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)       議案第79号 平成19年度三好市水道事業会計補正予算(第1号)       議案第80号 平成19年度三好市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)       議案第81号 平成19年度三好市国民健康保険市立三野病院特別会計補正予算(第1号)        ──────────────────────〇本日の付議事件  上記議事日程と同じ        ──────────────────────〇出席議員(36名)   1番  宮 成 政 信 君         2番  近 藤 忠 明 君   3番  中   耕 司 君         4番  土 井 忠 行 君   5番  柿 岡 敏 弘 君         6番  並 岡 和 久 君   7番  天 羽   強 君         8番  千 葉 清 春 君   9番  美 浪 盛 晴 君        10番  平 田 政 廣 君  11番  木 下 善 之 君        12番  山 下 順 治 君  14番  大 浦 忠 司 君        15番  篠 原 孝 行 君  16番  西 谷   清 君        17番  瀬 川   守 君  18番  谷 口 正 文 君        19番  平 岡 進 治 君  20番  高 橋 照 久 君        21番  立 川 一 広 君  22番  仁 尾 健 治 君        23番  三 木 和 弘 君  24番  矢 川 隆 雄 君        25番  国 久 正 明 君  26番  名 頃   元 君        27番  藤 本 総一郎 君  28番  西 内 一 敏 君        30番  宮 西   智 君  31番  伊 丹 征 治 君        32番  山 子 凱 雄 君  33番  近 藤 安 美 君        34番  大 黒 愼一郎 君  35番  西 岡 正 義 君        36番  宮 内 明 治 君  37番  中 岡 幸 敬 君        38番  渡 邊 福 夫 君        ──────────────────────〇欠席議員(0名)        ──────────────────────〇地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名  市長      俵   徹太郎 君    副市長     武 川 修 士 君  収入役     大 溝 公 二 君    教育長     倉 本 渟 一 君  総務部長    渡 邉   充 君    企画財政部長  合 田 秀 實 君  建設部長    西 岡 善 則 君    産業観光部長  高 畑 敏 行 君  環境福祉部長  新 居 一 義 君    福祉事務所長  中 内 栄 一 君  環境福祉部次長 新 居 政 昭 君    教育次長    蔦   泰 見 君  井川総合支所長 大 西 主 男 君    山城総合支所長 尾 本 広 明 君  東祖谷総合支所長和 田 正 雄 君    西祖谷総合支所長平 石 安 雄 君  総務課長    南   泰 輔 君    財政課長    来 見 和 幸 君  まちづくり推進課長            三野病院事務長 内 田 睦旨朗 君          工 藤 昌 美 君  水道課長    上 野   勉 君    三野総合支所市民課長                               宮 本 久 子 君        ──────────────────────〇事務局職員  事務局長    栗 下 廣 志 君    事務局次長   藤 本   昇 君  事務局係長   梶 芳 和 栄 君        ──────────────────────            午前10時06分 開会 ○議長(中岡幸敬君)  皆様おはようございます。 12月定例会への御参集大変御苦労さまです。 ただいまの出席議員は36名であります。定足数を満たしておりますので、ただいまから平成19年三好市議会12月定例会を開会いたします。 これより本日の会議を開きます。 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程第1号のとおりでございます。 これより日程に入ります。        ────────────────────── △日程第1 会議録署名議員の指名 ○議長(中岡幸敬君)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、32番山子凱雄議員、33番近藤安美議員を指名いたします。        ────────────────────── △日程第2 会期の決定 ○議長(中岡幸敬君)  日程第2、会期の決定を議題といたします。 お諮りします。 本定例会の会期は、本日から12月21日までの19日間にしたいと思います。これに御異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中岡幸敬君)  御異議なしと認めます。本定例会の会期は、本日から12月21日までの19日間に決定いたしました。        ────────────────────── △日程第3 諸般の報告 ○議長(中岡幸敬君)  日程第3、諸般の報告を行います。 初めに、市監査委員より平成19年7月、8月、9月分の例月出納検査の結果について、議長あてに報告が提出されております。その関係書類を事務局で保管しておりますので、御高覧ください。 次に、去る10月2日から4日まで総務企画委員会が、10月22日から24日まで産業建設委員会が、10月25日から26日まで文教厚生委員会が、11月12日から14日まで議会運営委員会がそれぞれ行政視察を行っており、多大な成果を上げた旨の報告をいただいております。また、10月19日に徳島西部4市議会議員事務局職員研修会が阿波市で開催され、18名の議員が出席し、徳島県知事より県行政全般についての講演を受けました。 以上で諸般の報告を終わります。        ────────────────────── △日程第4 市長の行政報告及び提案理由の説明 ○議長(中岡幸敬君)  日程第4、市長の行政報告及び提案理由の説明を求めます。 俵市長。 ◎市長(俵徹太郎君)  おはようございます。 ことしもはや師走を迎え、何かと慌ただしい感じとなりました。議員皆様におかれましては、市勢発展のため御活躍をされておられますことに深く敬意を表しますとともに、本日市議会12月定例会を招集いたしましたところ御出席を賜り、厚くお礼を申し上げます。 さて、提出議案の御説明に先立ちまして、諸般の御報告を申し上げます。 まずは、かねてより市民の皆様に応募をいただきました新生三好市の花、木、鳥についてでございますが、9月30日締め切りの応募総数は451件でございました。その後、11月7日に各界代表の16名の選定委員によって、市民の皆様からの応募結果を踏まえ、市民に親しまれ、地域の特性とイメージ、また三好市を象徴するにふさわしいものを慎重に選定を行っていただきました。花はサギソウ、木はモミジ、そして鳥はメジロとした提言を選定委員会よりいただきました。ここに議員各位、市民の皆様方に御報告を申し上げ、今後におきましては、いろんな機会をとらえまして関心や親しみを持っていただくことで自然愛、郷土愛をはぐくみ、笑顔あふれる未来と今後の文化や観光の発展にも役立つことを期待するものでございます。 次に、10月1日から5日にかけて「ようこそ!ジャパン」徳島三好市オーストラリア・エージェント・メディア招致事業を国土交通省、四国運輸局と三好市の共催で実施をいたしました。この招致事業は、世界に開かれた観光大国を目指し、国土交通省が外国人旅行者の訪日促進キャンペーン事業として行っている、ビジット・ジャパン・キャンペーンの地方連携事業を活用して開催したものでございまして、外国の旅行代理店、いわゆるエージェントと新聞、雑誌等のメディアの方々に市内滞在型の視察ツアーに参加をいただき、市内の観光地を知っていただき、自国で日本の三好市にこんなすばらしい観光地があるということを御紹介をしていただき国外ツアーに取り入れていただいたり、外国人観光客の増大につなげるというものでございます。初日の1日には、サンリバー大歩危でオーストラリアのエージェントとメディアの方々を囲み歓迎レセプションを行い、東洋文化研究会で三好市との御縁も深いアレックス・カーさんの「大歩危、祖谷の魅力」と題した講演や地域の観光関係者や物産関係者が三好市の魅力を紹介するプレゼンテーションを行い、三好市の魅力を情報発信することができました。今後もこのような事業を含めまして、さまざまな形で三好市の魅力を国内外に情報発信し、たくさんの観光客に当地を訪れていただき、さらに魅力ある観光地となるよう努力してまいります。 次に、秋に開催をされました催事でございますが、第22回国民文化祭徳島2007では、さまざまな催しが開催をされました。民謡・民舞の祭典、吉野川文化探訪フェスティバル、平家まつり、妖怪まつりなど、市内各地で三好市交流イベントが開催をされ、延べ約1万2,000人の御参加をいただき、全国からお越しいただいた方々との交流を深め、三好市の文化を発信することができました。また、本市の先人たちの御功績をたたえ、御活躍を忍んで、さまざまな行事も成功裏に開催することができました。阿波でこ版画の谷口董美さん、和製ピカソの異名を持つ山下菊二さんの兄弟作品展、国の重要無形文化財人形浄瑠璃文楽の保持者でございます、日本固有の古典芸能の継承者である吉田勘緑さんをお招きしての人形浄瑠璃公演、名誉市民で文壇で御活躍をされ、「桂春団治」の作者であります富士正晴全国同人雑誌賞、同じく高校野球で多くの国民の感動を呼び覚まし、池田の名を全国にとどろかせた蔦文也さんを忍んだ記念事業など、飛躍する三好市にとって大きな誇りであります先人の御功績をたたえるとともに、市民がますますお元気で発展されることを期して有意義に開催することができました。事業の開催に当たりましては、多くの関係皆様方に御尽力いただけましたことに厚くお礼を申し上げます。 次に、11月10日には、国土交通省徳島河川国道事務所と徳島新聞社の主催によります防災・減災情報フォーラムが開催され、パネラーとして参加をいたしました。防災情報の共有とその活用についてをテーマに話し合い、被害を最小限にとどめるための情報発信の大切さを再認識したところでございます。また、池田総合体育館では、国土交通省出前講座をお願いし、災害に強いまちづくりのためにその意識高揚と実践的取り組みのための防災講演会を開催をいたしました。 「災害は、古い昔から繰り返されており、その過去の経験を生かし、地域それぞれに合った減災対策が必要である。」とのお話でございました。行政といたしましても、今後とも防災、減災の努力をしてまいります。 次に、10月24日には福岡県で全国過疎問題シンポジウム、11月14日にはサンリバー大歩危で四国4県過疎市町村長等意見交換会で、過疎地域が抱える切実な問題、中山間地域を初めとする過疎地域の持つ役割の重要性などに取り組んでまいりました。 22日には、徳島県過疎研究会がございまして、過疎法失効後の新たな対策について、徳島からの提言としての中間報告書骨子案を協議してまいりました。過疎地域の意義、位置づけ、現状と残された課題、新法に向けた基本的な考え方、施策の方向性が記されており、新法に向けた基本的考え方には一国二制度的な仕組みづくり、都道府県の役割強化、地域指定要件の見直しなどを盛り込まれました。 また、11月29日には、全国過疎地域自立促進連盟理事会及び全国大会に出席をし、新法の制定の必要性を全国の過疎関係者と協議、決議し、その結果を中央省庁の関係各方面に要望してまいりました。過疎地域にとって大きな影響を持ちます過疎地域自立促進特別措置法が平成21年度末に失効するに当たり、新しい過疎法の制定等に向けましてのさまざまなところで議論をされておりますが、過疎地域である三好市にとって新法の制定は不可欠のものであり、今後も積極的に中央へ向けて地方の思いを訴えてまいりたいと考えております。三好市の中山間地域が抱える問題の解消は、三好市の今後を左右すると言っても過言ではないと考えておりますので、議員皆様におかれましても過疎地域の振興について御尽力、御高配賜りますようよろしくお願いを申し上げます。 次に、11月22日は井川スキー場腕山がオープンをいたしました。本年も万全な整備を整えまして、南国のスキー場としては最長の開場期間をもって多くの方々の御来場を心よりお待ちをしているところでございます。 最後に、新年度の予算編成に向けてでございますが、現在の国の動向を見ますと、税源移譲や道路特定財源の取り扱いなど、さまざまな問題がございました。税制改革においては、総務省、財務省の考え方に相違があるなど、まだまだ流動的でございます。しかしながら、地方交付税が減ることもあっても、ふえることは考えにくく、依然厳しい財政状況に変わりはございません。市の財政状況を見ますと、財政規模に対する起債残高が多く、支出における公債費比率が非常に高い状況にございまして、支出の削減を引き続き行う必要がありまして、人件費を初めとする義務的経費につきましても、さらなる削減を模索しなければならないと考えております。 また、先日開会いたしました徳島県議会での知事所信表明で明らかになりましたとおり、徳島県財政が非常に厳しく、県単独事業を初め、県の負担も伴う事業の大幅な削減が予想されますことなど、大きな課題となっておりまして、事業の緊急度や重要度など、必要性を今まで以上に精査し、新年度予算の編成作業を進めてまいりたいと考えておりますので、御理解、御協力をお願いを申し上げます。 それでは、本日御提案いたしております議案につきまして、その対応を御説明申し上げます。 議案第68号から議案第71号につきましては、条例の一部を改正するものでございまして、議案第68号は、三好市重度心身障害者等に対する医療費の助成に関する条例の一部改正についてでございまして、平成20年度から老人医療制度が後期高齢者医療制度に移行することに伴う改正及び保険医療機関等に支払うべき額の審査及び支払事務について、これまで国民健康保険団体連合会に限られておましたが、これに社会保険診療報酬支払基金が追加されましたことに伴う条例改正でございます。 議案第69号は、政治倫理の確立のための三好市長の資産等の公開に関する条例の一部改正についてでございまして、条例中の文言の訂正が主でございます。 議案第70号は、三好市森林総合利用施設祖谷渓キャンプ村の設置及び管理に関する条例の一部改正についてでございまして、平成20年度から当該施設の使用料収入について指定管理者に収受させるなど、指定管理者制度本来の姿である経営姿勢と努力を求めていくためのものでございます。 議案第71号は、三好市職員の育児休業等に関する条例の一部改正についてでございまして、育児休業等に関する法律の改正に伴うものでございます。 議案第72号は、土地改良事業の計画の変更概要について、土地改良法第96条の3第1項の規定により議会の議決を求めるものでございます。西祖谷山村土日浦地区において実施中の基盤整備事業、農道の変更でございます。 議案第73号は、三好市総合計画の策定について、地方自治法第2条第4項の規定により議会の議決を求めるものでございます。 次に、議案第74号から第76号につきましては、三好市環境衛生組合を解散し、みよし広域連合にその財産及び事務を継承させることに伴うものでございまして、地方自治法の規定により議会の議決を求め、みよし広域連合の規約を変更するものでございます。 次に、議案第77号は平成19年度三好市一般会計補正予算(第6号)でございまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ2,223万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ249億9,263万7,000円とするものでございます。 主なものといたしましては、全体の人件費で育児休暇、病気休暇のための減額など、2,755万円を減額するものを初め、総務費では一般管理費で退職手当特別負担金の6,361万7,000円などを追加するものでございます。 衛生費では、上水道施設費で簡易水道事業特別会計への繰出金で821万4,000円を追加するものなどでございます。 農林水産業費では、井川地区の駒倉知行線及び西祖谷地区の重末有瀬線の県単林道事業費738万円、三野町川又地区の県単治山事業費592万3,000円などを追加するものでございます。 商工費では、観光施設管理費でいやしの温泉郷厨房改修工事費478万円、観光施設整備費で784万円などを追加するものでございます。 教育費では、学校管理費の池田小学校スロープ設置工事で322万円、生涯学習振興費の四国第九コンサート実行委員会補助金で200万円などの追加でございます。 災害復旧費では、公共土木施設現年災害復旧費の補助災害分で9,616万5,000円を減額するものなどでございます。 公債費につきましては、繰上償還でございまして、より有利な起債に借りかえるものでございます。 次に、議案第78号は平成19年度三好市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)でございまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ事業勘定において歳入歳出それぞれ2億4,200万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ43億3,579万円とし、直営診療施設勘定におきまして歳入歳出それぞれ2,878万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億6,663万9,000円とするものでございます。 主なものといたしましては、事業勘定において療養諸費並びに高額医療費で、一般及び退職被保険者等療養費で2億4,020万円と直営診療施設勘定において医療費で2,010万円の追加などでございます。 次に、議案第79号の平成19年度三好市水道事業会計補正予算(第1号)につきましては予算の組み替えによるものでございまして、予算総額の増減はございません。 次に、議案第80号は平成19年度三好市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)でございまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ7,544万7,000円を追加し、歳入歳出予算総額をそれぞれ7億690万2,000円とするものでございます。 主なものといたしましては、簡易水道費で下名地区林道工事に伴う補償費などで780万円を追加し、簡易水道改良事業費配水管布設分担金条例適用工事費などで405万3,000円を追加するもので、公債費につきましては繰上償還するものでございまして、より有利な起債に借りかえるものでございます。 次に、議案第81号は平成19年度三好市国民健康保険市立三野病院特別会計補正予算(第1号)でございまして、企業債の繰上償還にかかわるもので、自己資金によるものでございます。 以上、議案の大要につきまして御説明申し上げましたが、それぞれ詳細につきましては担当部長等より御説明を申し上げますので、十分御審議くださいまして、原案どおり御賛同賜りますようお願いを申し上げます。 なお、今議会に三好市職員の給与に関する条例の一部改正と平成19年度施行三好市地域情報通信基盤整備推進交付金事業東祖谷・西祖谷地区等ケーブルテレビ整備工事の変更請負契約について追加提案させていただく予定といたしておりますので、よろしくお願いをいたします。 ○議長(中岡幸敬君)  以上で市長の行政報告及び提案理由の説明が終わりました。        ────────────────────── △日程第5 議案第68号 三好市重度心身障害者等に対する医療費の助成に関する条例の一部改正について      議案第69号 政治倫理の確立のための三好市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例について      議案第70号 三好市森林総合利用施設祖谷渓キャンプ村の設置及び管理に関する条例の一部改正について      議案第71号 三好市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について      議案第72号 土地改良事業の計画の変更の概要について      議案第73号 三好市総合計画の策定について      議案第74号 みよし環境衛生組合の解散について      議案第75号 みよし環境衛生組合の解散に伴う財産処分について      議案第76号 みよし広域連合の規約の変更について      議案第77号 平成19年度三好市一般会計補正予算(第6号)      議案第78号 平成19年度三好市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)      議案第79号 平成19年度三好市水道事業会計補正予算(第1号)      議案第80号 平成19年度三好市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)      議案第81号 平成19年度三好市国民健康保険市立三野病院特別会計補正予算(第1号) ○議長(中岡幸敬君)  日程第5、議案第68号 三好市重度心身障害者等に対する医療費の助成に関する条例の一部改正についてから議案第81号 平成19年度三好市国民健康保険市立三野病院特別会計補正予算(第1号)までの計14議案を一括議題といたします。 一般会計補正予算の説明は、説明の都合上、ページ番号を飛ばして説明する場合もございますから御了承ください。 それでは、各関係部課長から順次補足説明を求めます。 環境福祉部長。 ◎環境福祉部長(新居一義君)  おはようございます。 それでは、議案第68号につきまして御説明をさせていただきます。 1ページをお開きをいただきたいと思います。 議案第68号は、三好市重度心身障害者等に対する医療費の助成に関する条例の一部改正でございます。本日、市長から提出するものでございます。 三好市重度心身障害者等に対する医療費の助成に関する条例(平成18年三好市条例第132号)の一部を次のように改正するというものでございます。 第2条第1項第1号及び第2号を次のように改めるというものでございまして、お手元に新旧の対照表等をつけておりますので、ごらんをいただきたいと思います。 (1)別表第1に定める要件を具備する重度心身障害者、これは65歳以上75歳未満の者であって、高齢者の医療の確保に関する法律でございます。 (2)別表第2に定める要件を具備する重度心身障害者、これも同じくでございます。これは、老人保健法が後期高齢者医療制度に変わるための変更でございまして、一部改正でございます。 第2条第2項第2号を次のように改めるということで、(2)に高齢者の医療の確保に関する法律に規定する療養の給付、保険外併用療養費、療養費及び訪問介護療養費。第3条第1項中「老人保健法」を「高齢者の医療の確保に関する法律」に改めるというものでございます。 次のページをお願いします。2ページでございます。 第3条第4項中「第1項第1号」の下に「、第2号(高齢者の医療の確保に関する法律第50条各号のいずれかに該当する者に限る。)」というものを加えるということでございます。 第4条中「国民健康保険団体連合会」の下に「又は社会保険診療報酬支払基金」ということを加えるというものでございます。 附則といたしまして、この条例は平成20年4月1日から施行する、ただし第4条につきましては改正規定は同年2月1日から施行するというものでございます。 以上でございます。 ○議長(中岡幸敬君)  総務部長。 ◎総務部長(渡邉充君)  3ページをお願いいたします。 議案第69号 政治倫理の確立のための三好市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。 政治倫理の確立のための三好市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例を次のとおり定めるものでございまして、お手元に参考資料を配付させていただいていると思います。参考資料その1をお願いいたします。 今回の条例改正につきましては、3つの改正点がございます。 まず1つには、第2条第1項第4号につきましては、郵便貯金法の廃止により郵便貯金に関する部分を削除するものでございます。 2つ目には、同項第5号を削ることにつきましては、有価証券の範囲を拡大し、金融商品取引法第2条第2項第1号に「信託の受益権」が追加され、有価証券に含まれることとなったために信託の受益権である部分を削除するものでございます。 3つ目には、第2条第1項第6号について、2つ目と関係しますが、「証券取引法」が「金融商品取引法」に改名されたため、文言を変更するものでございます。 議案書3ページへ戻っていただきたいと思います。 附則といたしまして、1、施行期日ですが、この条例は公布の日から施行する。 2としまして経過措置として、この条例による改正後の第2条第1項第4号の規定の適用については、平成19年10月1日以前に有していた郵便貯金及び旧郵便貯金は預金とみなすというものでございます。 以上です。よろしくお願いいたします。 ○議長(中岡幸敬君)  産業観光部長。 ◎産業観光部長(高畑敏行君)  それでは、議案第70号の三好市森林総合利用施設祖谷渓キャンプ村の設置及び管理に関する条例の一部改正についてについて説明させていただきます。 三好市森林総合利用施設祖谷渓キャンプ村の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を次のとおり定めるものでございます。 今回の条例の主な改正点につきましては、祖谷渓キャンプ村の指定管理の基本協定で指定管理期間が平成18年4月1日から平成20年3月31日までの2カ年で、三好西部森林組合と締結をしておりましたが、本年度末をもって指定管理期間が完了となります。新たに指定管理者を選定するに当たり、現条例におきましては使用料及び施設管理料は三好市の収入としておりましたが、改正後は使用料及び施設管理料を指定管理者の収入として収受させることができると改正するもので、これに関連する条例の一部改正でございます。 それでは、お手元の新旧対照表で説明をさせていただきます。 新旧対照表のアンダーライン部分が今回の改正点でございます。 まず、第5条の2項に「第10条の規定により指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者という。以下同じ。)に祖谷渓キャンプ村の管理を行わせる場合において、祖谷渓キャンプ村の休業日について、当該指定管理者が特に必要があると認めるときは、市長の承認を得て、前項に規定する休業日を変更することができる。」というものを新たに加えるものでございます。 続きまして、第8条の5項におきましては、「市長は、第10条の規定により指定管理者に祖谷渓キャンプ村の管理を行わせる場合において適当と認めるときは、地方自治法第244条の2第8項の規定に基づき、別表に定める使用料及び施設管理料を指定管理者の収入として収受させることができる。」というものを新たに加えるものでございます。 続きまして、第10条の第1項中の現行条例の中に、「(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者を言う。以下同じ)」を削りまして、第3条を次のように改めるものでございます。3項として、「第1項の規定により指定管理者に管理を行わせる場合にあっては、第6条、第7条及び第8条の第3項の規定中「市長」とあるものは「指定管理者」として、これらの規定を適用する。」というふうに改めるものでございます。 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行するとなっております。 以上、よろしくお願いいたします。
    ○議長(中岡幸敬君)  総務部長。 ◎総務部長(渡邉充君)  5ページをお願いいたします。 議案第71号 三好市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。 三好市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例を次のとおり定めるということで、この議案につきましてもお手元に参考資料を配付させていただいております。 参考資料その2をお願いいたします。 この条例の改正につきましては、地方公務員の育児休業等に関する法律の改正施行を受け、条例改正を行うものでございまして、内容的には子育て両立支援策の強化として、再度の育児休暇をすることができる特別の事情の追加、育児休業をした職員の職務復帰後における号給の調整に関する規定の改正及び部分休業の承認要件の緩和でございます。 第1条では、法律が条例に委任しております条番号等の追加であり、第2条は文言の改正であります。第3条は、文言の改正と再度の育児休業をすることができる特別の事情として、負傷等により子が養育することができなくなった職員が育児休業の承認を取り消された後、当該負傷等から回復した場合及び両親が交互に子を養育する場合に育児休業した職員の配偶者が規則で定める方法により当該子を当該職員に引き続いて養育した場合を規定しております。これにつきましては、夫婦で交代で育児をするんだといったことをきちんと計画書を出して承認された場合ということでございます。 次に、第5条の2及び第5条の3につきましては、文言及び見出しの改正を行い、それぞれ第5条、第6条及び第7条とするものであります。 第6条では、条番号を「第8条」としまして、育児休業した職員は職務に復帰した場合の給与の調整方法の改正でありまして、これまでは休業期間の2分の1の期間勤務したものとみなしておりましたが、改正後は附則第2項及び第3項の規定により、平成19年8月1日以降については全期間勤務していたものとみなすというふうに改正されております。 第7条は、文言を改正し、「第9条」とするもので、第8条については、同条を第10条とし、見出し及び文言を修正し、部分休業の承認要件を緩和する改正となっております。 第9条以下の改正は、見出しの追加及び条番号の改正のみでありまして、議案書7ページへ戻っていただきたいと思います。 附則といたしまして、1、施行期日、この条例は平成20年1月1日から施行する。 2つ目に、育児休業をした職員の職務復帰後における号給の調整に関する経過措置ということで、先ほど説明いたしましたように、19年8月1日を施行日ということで、8月1日が基準日となります。以後に、職務復帰した場合における号給の調整について適用し、それ以前に復帰した場合は、なお従前の例によるということでございます。 3つ目には、最後の方になりますが、当該期間のうち平成19年8月1日以前の期間については2分の1とすると。これは、2号と関連しておりまして、8月1日を基準日として、それ以前に復帰した者につきましては、なお従前の例によるという経過措置でございます。 なお、お手元に新旧対照表等を配付させていただいておりますので、御参照いただきたいと存じます。 以上でございます。よろしくお願いいたします。 ○議長(中岡幸敬君)  産業観光部長。 ◎産業観光部長(高畑敏行君)  それでは、8ページをお願いいたします。 議案第72号 土地改良事業の計画の変更の概要について。 次の地区に係る、基盤整備促進事業の概要を変更するため、土地改良法(昭和24年法律第195号)第96条の3第1項の規定により議会の議決を求めるものでございます。 まず、記といたしまして、1、施工地区でございますが、施工地区は三好市西祖谷山村土日浦地区でございます。 事業種目につきましては、基盤整備促進事業、農道の一般でございます。 事業計画の変更の概要についてですが、別紙のとおりということで、お手元に参考資料が届いておると思うんですが、参考資料で説明をさせていただきます。 まず、この当地区につきましては、当初計画では計画区間は林道谷間豊永線から土日浦集落までと、事業量の延長につきましては1,860メーターで、事業費につきましては5億3,000万円、事業の工期につきましては平成9年から平成19年度の10カ年計画で実施を行ってまいりましたが、平成19年度末の完了予定で、延長が1,363メーター、事業費では4億3,240万円の実績となり、計画どおりの事業費が確保できなかったために、残りの延長が497メーターになりました。そのために、事業工期内の完成が不可能となっために、事業工期を平成23年度までの4年間延長するとともに、事業費につきましても一般工法の変更等により6,640万円の増額となり、全体で5億9,640万円とするものでございます。 以上、よろしくお願いをいたします。 ○議長(中岡幸敬君)  ここで休憩をいたします。再開は11時再開といたします。            午前10時49分 休憩            午前11時03分 再開 ○議長(中岡幸敬君)  休憩前に引き続き会議を開きます。 提案理由の説明を続けます。 企画財政部長。 ◎企画財政部長(合田秀實君)  議案書9ページをお願いいたします。 議案第73号 三好市総合計画の策定について御説明いたします。 三好市総合計画(平成20年度から平成29年度)を別紙のとおり策定するので、地方自治法第2条第4項の規定により議会の議決を求めるものでございます。 お手元には、三好市総合計画基本構想(案)と、その構想に伴います基本計画(案)を添付しておりますが、本議会におきまして三好市総合計画基本構想(案)についての議決をお願いするものでございます。 三好市総合計画策定につきましては、昨年平成18年9月28日に三好市長から三好市総合計画策定審議会に対し第1次三好市総合計画策定の諮問をいたしました。でき上がりました素案に対し、平成19年9月から10月の1カ月間、パブリックコメントを実施し、市民の皆様から御意見をいただいたところでございます。また、9月議会、11月臨時議会におきまして、議会への中間報告をさせていただいたところでございます。このような経過を踏み、11月19日、三好市総合計画策定審議会から三好市長に答申がなされました。 三好市総合計画基本構想(案)の1ページをお願いいたします。 1ページから4ページには、計画策定の趣旨、計画の役割、計画の期間等を記載しております。基本構想の計画期間は4ページに記載しておりますように、平成20年度を初年度とし、平成29年度までの10カ年でございます。 5ページから10ページには「三好市の特性」、11ページから13ページには「踏まえるべき時代の潮流」、14ページから17ページには「三好市の特質と基本課題」を記載しております。 19ページをお願いします。 まちづくりの基本方針を記載しております。まちづくりの基本理念は、「自然が生き活き、人が輝く交流の郷 三好市」、「~あふれる笑顔と未来(あした)のために~」とし、これに基づく4つの基本目標を定めております。 21ページに記載しております、「(1)定住と交流を育むまちを目指して、(2)豊かで生き活き、安心・安全なまちを目指して、(3)地域性を活かし魅力ある煌めくまちを目指して、(4)住民参画を基本とした協働のまちを目指して」の4つの基本目標を各分野の基本的な方向性として施策を展開してまいります。 23ページには、三好市の人口目標を記載しております。国勢調査の結果に基づく推計では、平成29年度の三好市の人口は2万7,300人程度と推測されますが、さまざまな政策努力、本計画の積極的な推進により、平成29年度の総人口の目標を3万人に設定します。 26ページには、基本目標を達成するための施策の体系を記載しております。 後、27ページから40ページにかけまして、施策の大綱としての事業項目を記載しております。 以上が三好市総合計画基本構想(案)でございます。 別添の三好市基本計画(案)におきましては、施策の大綱について、現状と課題を明らかにし、計画期間内に実施すべき必要な事項について総体的、体系的に示しています。また、事業概要と実施年度を主要事業として掲載しています。計画の期間は基本構想と同じく10カ年ですが、社会・経済情勢等の急激な変化に的確に柔軟に対応できるよう中間年で見直しを図ることとしております。 なお、本計画を構成します実施計画の作成を3月までに作成します。 実施計画は、基本計画に示した主要施策に基づき、過疎計画、辺地計画等を考慮し、具体的に実施する事業を定めるものであり、事業の優先順位や具体的な事業内容、財源等を明らかにするものです。実施計画の作成及び期間は3カ年を計画期間とし別途作成し、毎年見直しを行いながら総合計画の管理を行います。 以上でございます。よろしくお願いいたします。 ○議長(中岡幸敬君)  総務部長。 ◎総務部長(渡邉充君)  10ページをお願いいたします。 議案第74号 みよし環境衛生組合の解散についてでございます。 地方自治法第288条の規定により、平成20年3月31日限り、みよし環境衛生組合を解散することにつきまして、同法第290条の規定により議会の議決を求めるものでございます。 次のページをお願いいたします。 議案第75号 みよし環境衛生組合の解散に伴う財産処分について。 地方自治法第289条の規定により、みよし環境衛生組合の解散に伴う財産処分を別紙協議書のとおり定めることにつきまして、同法第290条の規定により議会の議決を求めるものでございます。 次のページをお願いいたします。 財産処分に関する協議書でございます。 みよし広域連合に継承する財産は次のとおりとするということで、1、土地につきましては6件で、すべて宅地でございますが、合計7,471.36平方メートルとなっております。 2つ目に、建物でございますが、管理棟、し尿処理施設、車庫・倉庫等でございます。 3の庁用備品につきましては、別紙に掲げられておりますので、ページ14ページから17ページまでを御参照いただきたいと思います。 4つ目には、現金、平成19年度決算における残預金の一切でございます。 5つ目には、借入金の一切ということで、次のページ13ページお願いいたします。 借入金につきましては、未償還元金として合計2億3,846万2,430円となっております。 以上でございます。よろしくお願いいたします。 続きまして、議案第76号、18ページをお願いいたします。 これにつきましては、先ほど冒頭に訂正させていただいた差しかえ資料をごらんになっていただきたいと思います。 議案第76号 みよし広域連合の規約の変更についてでございます。 地方自治法第291条の3第1項の規定により、みよし広域連合の規約を次のとおり変更するものでございまして、みよし環境衛生組合のすべての財産を引き継ぐことと一部それに関連して規約の改正を行うものでございます。 第4条第1項中「第8号」を次のように改めるということで、「第8号、し尿の衛生的処理、施設の設置、管理及び運営に関する事務」、別表1、第17条関係中「みよし地区情報通信ネットワーク施設整備に関する経費」、これを削除して「環境衛生費」に改めるものでございます。 附則といたしまして、1、この規約は平成20年4月1日から施行する。 2、広域連合は平成20年3月31日限り解散するみよし環境衛生組合の財産及び事務を継承する。 以上でございます。よろしくお願いいたします。 ○議長(中岡幸敬君)  企画財政部長。 ◎企画財政部長(合田秀實君)  19ページをお願いいたします。 議案第77号 平成19年度三好市一般会計補正予算(第6号)について御説明いたします。 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,223万2,000円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ249億9,263万7,000円とするものです。 2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び金額並びに補正後の金額は、第1表歳入歳出予算補正によります。 第2条、地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、第2表繰越明許費によります。 第3条、債務負担行為の追加は第3表債務負担行為表によります。 第4条、地方債の変更は第4表地方債補正によります。 今回の補正の主なものは、退職手当特別負担金、県単林道事業、県単治山事業、いやしの温泉郷厨房改修工事松尾川温泉整備事業、公共土木施設現年災害復旧事業です。また、人件費につきましては、新法有利より昇給のための増額と育休後病休のための減額により全体で人件費といたしまして2,755万円の減額補正であります。 以降、人件費に係る目の詳細説明は、省略させていただきます。 42ページをお願いします。 歳出から説明いたします。 2款1項1目一般管理費は6,555万1,000円を追加するもので、内容は退職手当等特別負担金6,361万7,000円と人件費の増額です。財源は総務費負担金432万円と一般財源でございます。 3目財産管理費は79万4,000円の追加で、内容は出合郵便局の雨漏りと西祖谷総合支所トイレの修繕料でございます。財源は一般財源です。 5目情報システム費は72万4,000円を追加するもので、児童扶養手当制度改正システム導入委託料でございます。財源は、老人福祉費国庫補助金432万1,000円の増額と一般財源の減額となっております。 8目企画費は241万4,000円を追加するもので、内容は大和川地区ケーブルテレビ整備補助金です。財源は、地域振興基金繰入金でございます。 43ページをお願いします。 2項2目賦課徴収費は26万円追加するもので、内容は納期前納付報奨金で、財源は一般財源でございます。 3項1目戸籍住民基本台帳費は936万1,000円の減額で、内容は人件費と節の組み替えでございます。財源は一般財源です。 ちょっと飛びまして、47ページをお願いします。 3款2項3目保育所費は640万5,000円の減額で、内容は私立保育所への一時保育促進事業補助金54万円と人件費の減額です。財源は一般財源でございます。 48ページをお願いします。 3項1目老人福祉総務費は585万8,000円を追加するもので、内容は人件費と郵便料で、財源は一般財源です。 2目老人ホーム費は138万9,000円の減額で、内容は人件費と工事請負費の減額と賃金、需用費の増額です。財源は一般財源でございます。 次に、50ページをお願いします。 4款1項2目予防費は、節の組み替えでございます。 3目乳幼児医療費は14万6,000円の追加で、内容は各種手数料、財源は一般財源でございます。 51ページをお願いします。 下の方でございますけれども、4款3項1目上水道施設費は861万4,000円を追加するもので、内容は簡易水道事業特別会計への繰出金と飲料水施設設置補助金です。財源は一般財源でございます。 52ページをお願いします。中ほどでございます。 5款1項2目農業総務費は19万3,000円の減額で、内容は人件費の減額と旅費、通信運搬費等の増額です。財源は、農業費県補助金が10万2,000円の増額と一般財源の減額となっております。 53ページ。 7目県単土地改良事業費は、新たに150万5,000円の追加でございまして、内容は三野地区池ノ内用排水路整備工事の請負費等で、財源は農業費県補助金45万円と一般財源でございます。 9目基盤整備促進事業費は、節の組み替えでございます。 10目とくしま強い農林水産業づくり事業費は469万6,000円の追加で、内容は西州津地区用排水路工事請負費、測量設計委託料、山城渓谷の旬生産組合、西祖谷西岡上茶業組合への補助金等と地域農業負担金でございます。財源は、農業費県補助金が187万5,000円と一般財源でございます。 54ページをお願いします。 2項1目林業総務費は87万6,000円の追加で、内容は有害鳥獣捕獲奨励金と人件費でございます。財源は一般財源でございます。 2目林業振興費は15万円の追加で、内容は森林組合のビジネスプランに対する補助金でございます。財源は一般財源でございます。 17目県単林業事業費は738万円を追加するもので、内容は井川地区駒倉知行線、西祖谷地区重末有瀬線の工事請負費です。財源は林業費県補助金332万1,000円、林業債400万円と一般財源でございます。 19目県単治山事業費は592万3,000円の追加で、内容は三野川又地区の工事請負費です。財源は林業費県補助金が296万1,000円、林業債290万円と一般財源でございます。 次に、55ページをお願いします。中ほどでございます。 6款1項3目観光振興費は221万5,000円の追加で、内容は雪合戦四国大会会場整備と雪運搬等に要する経費でございます。財源は一般財源でございます。 4目観光施設管理費は628万2,000円の追加で、内容はいやしの温泉郷厨房改修工事とボイラー温度監視計設置工事の請負費と負担金でございます。財源は一般財源でございます。 56ページをお願いします。 5目観光施設整備費は784万円の追加で、内容は松尾川温泉整備事業の工事請負費と測量設計委託料でございます。財源は、観光債が780万円と一般財源4万円でございます。 57ページをお願いします。 7款1項1目土木総務費は82万1,000円の追加で、内容は普通旅費と人件費です。財源は一般財源でございます。 次に、58ページをお願いします。 7款3項4目県単急傾斜地崩壊対策費は533万円の追加で、内容は善徳大久保地区の工事請負費等でございます。財源は河川費県補助金265万円、河川債210万円、土木費分担金53万円と一般財源となっております。 次、60ページをお願いします。 8款1項2目非常備消防費は68万7,000円の追加で、内容は消防団報酬と普通旅費でございます。財源は一般財源でございます。 61ページお願いします。 9款2項1目学校管理費は326万2,000円の追加で、内容は池田小学校スロープ設置工事に係る経費で、財源は一般財源でございます。 2目教育振興費は25万1,000円の追加で、需用費等でございます。財源は小学校費県補助金25万円と一般財源です。 次に、62ページをお願いします。 9款3項1目学校管理費は8万9,000円の追加で、内容は、財源がちょっと変わっておりまして、土地建物貸付収入4,000円と一般財源でございます。 2目教育振興費は80万2,000円の追加で、内容は教材備品購入費で、財源は中学校費県補助金80万円と一般財源でございます。 次に、63ページお願いします。 9款4項2目教育振興費は4万円の追加で、内容は幼稚園就園奨励補助金です。財源は幼稚園費国庫補助金6,000円の減額と一般財源の増額となっております。 9款5項3目、一番下のとこでございます、生涯学習振興費は206万5,000円の追加で、内容は、次のページにわたっております、四国第九コンサート実行委員会への補助金と人件費でございます。財源は一般財源でございます。 その下の方ですけれども、9款6項2目学校給食費は378万6,000円の減額で、給食用パン僻地特別輸送事業補助金の増額と人件費の減額です。財源は一般財源です。 66ページをお願いします。 10款1項1目農業用施設災害復旧費と、その2目林業用施設災害復旧費につきましては、節の組み替えでございます。 2項1目公共土木施設現年災害復旧費は9,196万5,000円を減額するもので、内容は施越事業の関係で、工事請負費等の減額と車両購入費の増額でございます。財源は公共土木施設災害国庫負担金が7,907万5,000円、公共土木施設災害復旧費事業債が3,950万円の減額と一般財源が2,661万円の増額となっております。 次、68ページをお願いします。 11款1項1目元金は1,231万2,000円の追加で、内容は繰上償還金でございます。財源は、公的資金繰上償還借款債1,220万円と一般財源でございます。 以上、歳出合計補正額2,223万2,000円を追加し、249億9,263万7,000円とするものでございます。財源は、国県支出金が6,235万1,000円、地方債が1,050万円の減額で、その他財源726万8,000円、一般財源8,781万5,000円の増額であります。 33ページをお願いします。 次に、歳入について御説明いたします。 特定財源につきましては歳出の説明でいたしましたので、一般財源のみ説明させていただきます。 10款1項1目地方交付税は5,294万2,000円の追加で、普通交付税でございます。 39ページをお願いします。 19款1項1目繰越金は3,487万3,000円を追加するものでございます。 27ページを。 第2表繰越明許費で、4款1項保健衛生費で、火葬場整備事業でございます。金額は1億9,850万円でございます。 次に、28ページをお願いします。 第3表債務負担行為でございます。 三好市営バス業務委託事業は、平成20年度限度額を6,200万円とするものでございます。また、三好市スクールバス業務委託事業は、期間を平成20年度といたしまして、限度額を4,000万円とするものでございます。 次、29ページ、第4表地方債の補正でございます。 県単林道整備事業債ほか4件、合計で補正の限度額2,270万円の減額で、限度額を32億3,710万円とするものです。 起債の方法、利率、償還の方法は、右記載のとおりでございます。 以上でございます。よろしくお願いします。 ○議長(中岡幸敬君)  環境福祉部長。 ◎環境福祉部長(新居一義君)  続きまして、議案第78号 平成19年度三好市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について御説明を申し上げます。 平成19年度三好市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによるということでございます。 第1条につきましては、歳入歳出予算の総額に事業勘定において歳入歳出それぞれ2億4,200万円を追加して、歳入歳出の総額をそれぞれ43億3,579万円とするものでございます。 直営診療施設の勘定においては、歳入歳出それぞれ2,878万円を追加して、歳入歳出それぞれ2億6,663万9,000円とするというものでございまして、第2号事業勘定及び直営診療施設勘定歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は第1表の歳入歳出予算補正によるというものでございます。 それでは、80ページをお開きを願いたいと思います。 歳出から説明をさせていただきます。 80ページの歳出でございます。これは、1款1項1目一般管理費でございまして、515万6,000円の補正でございます。内容は、運営委託料と14の使用料及び賃借料1万6,000円で、財源は国県支出金が200万円、一般財源が315万6,000円でございます。 次のページを行きます。 保険給付費でございますが、1目一般被保険者療養給付費でございます。これは、補正額1億円でございます。内容は、一般被保険者の給付費1億円でございまして、財源は国県が5,730万円、その他療養給付費等の交付金でございまして4,270万円でございます。 2目の退職被保険者等療養給付費でございますが、これも同じく補正額1億円でございます。これも負担金で、1億円で組んでおります。これは、療養給付費等の交付金で1億円で、財源が1億円でございます。 3目の一般被保険者療養費でございまして、補正額は100万円でございます。これは、負担金が100万円、一般療養費でございまして、これは国県の支出金ということで100万円でございます。 5目の支払審査手数料、これは補正額が20万円でございまして、これは19節の負担金でございます。これは、財源は一般財源でございます。 続きまして、高額療養費でございます。 1目一般保険者高額療養費でございまして、これは補正額が3,500万円でございます。これは、負担金で3,500万円でございまして、財源は国県が2,002万2,000円と、その他が1,497万8,000円でございます。 次、2目の退職被保険者等高額療養費でございます。補正額が400万円でございまして、負担金でございます。これは、財源は高額療養費の交付金でございます。 続きまして、次のページでございます。82ページでございます。 老人保健の拠出金でございまして、1目老人保健費拠出金でございまして、補正額が5万9,000円でございまして、これも19節負担金でございます。これは一般財源でございます。 次のページ83ページでございます。 これは予備費でございまして、1目予備費、これは減額補正でございます。減額341万5,000円でございまして、99節の予備費でございまして341万5,000円でございます。 補正の総額が2億4,200万円でございまして、国県が8,032万2,000円、その他の交付金等が1億6,167万8,000円でございます。 それでは、歳入につきまして御説明しますので、76ページまで返ってください。76ページの歳入でございます。 3款国庫支出金の1目の療養給付費負担金でございますが、補正額が5,656万2,000円でございまして、療養給付費負担金の現年分と過年度分合わせまして5,656万2,000円でございます。 続きまして、国庫支出金でございまして、1目財政調整交付金でございます。補正額1,424万円でございまして、細節は1目普通調整交付金と特別調整交付金合わせまして1,424万円でなるものでございます。 続きまして、77ページをお願いをいたします。 これは県支出金でございまして、1目の財政調整交付金、補正額が952万円でございまして、これは調整交付金として支出をいたします952万円でございます。 続きまして、次のページ78ページをお願いします。 これは、5款の療養給付費等交付金でございます。 1目の療養給付費等交付金でございまして、補正額1億400万円でございます。これは、細節療養交付金等の現年分ということで1億400万円の補正でございます。 次のページ79ページでございます。 これは、6款共同事業交付金、中で目の高額医療共同事業交付金、補正額が500万円でございます。これが共同事業の交付金として500万円でございます。 6款共同事業交付金ということで、1目保険財政共同安定化事業の交付金でございます。補正額が5,267万8,000円でございまして、細節も同じでございます。 歳入合計は、補正額が2億4,200万円でございます。 続きまして、直診会計について御説明を申し上げたいと思います。 直診会計の歳出をお願いをいたしまして、90ページでございます。 これは、1款総務費でございます。1目一般管理費でございまして、補正額868万円ということで、すべて一般財源で対応するということでございまして、1の報酬で276万円、給料で204万1,000円、これは診療報酬等につきましては東祖谷分のお医者さんの分の276万円でございまして、給料につきましては、西祖谷、東祖谷、両方の診療施設の給料でございます。職員手当66万1,000円、共済費53万3,000円、役務費4万8,000円、委託料263万7,000円になっております。これ委託料につきましては、西祖谷の分の代替、かわりの先生の医師の委託料分でございます。 続きまして、91ページの2款医業費でございます。1目医業費でございます。これは2,010万円でございまして、すべて一般財源でございます。これは需用費1,950万円、これは医薬の材料費、これは西祖谷分でございます。13の委託料60万円、これも血液検査等の委託料でございまして、西祖谷分の委託料でございます。 それで、歳入の方をお願いいたします。 88ページでございます。 1款の診療収入でございます。1目の国保診療収入が、補正額1,984万円でございます。 2目の社会保険診療収入ということで194万円でございます。 3目の一部負担金ということで42万円を計上しております。 4目のその他診療収入でございますが、42万2,000円を計上しております。 計で2,262万2,000円でございます。 次のページ89ページでございますが、5款の繰越金でございます。1目の繰越金、補正額615万8,000円でございまして、これはすべて繰越金ということでございます。合計が615万8,000円、歳入合計2,878万円でございます。 以上でございます。よろしく御審議をいただきたいと思います。 ○議長(中岡幸敬君)  水道課長。 ◎水道課長(上野勉君)  議案書92ページをお願いいたします。 議案第79号 平成19年度三好市水道事業会計補正予算(第1号)の説明でございます。 第1条、平成19年度三好市水道事業会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによります。 第2条、平成19年度三好市水道事業会計予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正するものでございます。 収入及び支出ともに合計予定額の補正はございません。水道事業費用におきます営業費用の振りかえでございます。 次のページをお願いいたします。 収益的支出の補正内訳でございます。 第1款営業費用、1目原水及び浄水費で83万3,000円の増額、3目総掛かり費で、同額の83万3,000円の減額をお願いするものでございます。内訳といたしましては、ポンプの修繕費で83万3,000円の増額、給料・手当の増額が66万7,000円、委託料で150万円の減額で、詳細につきましては節に記載のとおりでございます。 引き続きまして、94ページ、平成19年度三好市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)の説明でございます。 議案第80号 平成19年度三好市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによります。 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,544万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7億690万2,000円とするもので、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳出予算の金額は、第1表歳入歳出予算補正によります。 歳出から説明させていただきますので、105ページをお願いいたします。 1款1項1目簡易水道費で780万円の増額をお願いするものでございます。 補正の主なものといたしましては11節需用費で、大利川崎簡易水道水処理施設の修繕料69万3,000円の増額、それから15節工事請負費は232万2,000円の増額、内訳は山城町下名簡易水道水源の濁り対策事業費補助契約変更による204万9,000円の増額、それから山城町西宇国道32号線改良工事に伴う移転工事の補償金27万3,000円でございます。27節公課費で、支払消費税が簡易課税から本課税に変更されたということで460万円の増額をお願いするものでございます。 1款2項1目簡易水道改良事業費は405万3,000円の増額をお願いし、補正後の1款合計3億8,431万4,000円とするものでございます。内容は、15節工事請負費で505万6,000円の増額をお願いするもので、主なものは山城町北部簡易水道拡張事業が103万3,000円の増額、それから池田町大利地区の配水管布設分担金条例を適用して施行する工事で405万3,000円でございます。その他につきましては、節に記載のとおりでございます。 続きまして、歳入の説明に入らせていただきます。 99ページにお戻り願います。 1款1項1目水道使用料で、現年、過年度分を合わせまして311万円の減額をお願いするものでございます。 100ページ、2款1項1目繰入金は、一般会計繰入金で821万4,000円をお願いするものでございます。 101ページをお願いします。 3款1項1目繰越金は、前年度繰越金で246万8,000円の増額をお願いするものでございます。 次のページ、4款1項1目簡易水道費負担金は、配水管布設分担金条例によります加入者工事負担金205万3,000円をお願いし、補正後の合計額は880万円でございます。 103ページをお願いします。 6款1項1目補償金は、県補償金が204万9,000円、国補償金が27万3,000円で、合計232万2,000円をお願いするものでございます。 104ページ、8款1項1目簡易水道建設事業債は、繰上償還借換債で6,350万円の増額をお願いし、補正後の合計額を1億8,830万円とするものでございます。 済いません。107ページに返っていただきます。 公債費で6,359万4,000円の補正をお願いするもので、主なものは、地方債、簡易水道建設事業債が6,350万円、それから一般財源9万4,000円でございます。 歳出合計が7,544万7,000円でございます。 済いません、飛ばしましたけども、以上が簡易水道事業の第2号の補正でございます。よろしくお願いします。 ○議長(中岡幸敬君)  三野病院事務長。 ◎三野病院事務長(内田睦旨朗君)  続きまして、議案第81号 平成19年度三好市国民健康保険市立三野病院特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。 今回、市立三野病院特別会計補正予算第4条に定めまして資本的収入及び支出の予定額を補正するものでございます。 まず、収入の部では、補正額はございません。 支出の部では、第2項企業債償還金で207万6,000円を追加し、3,457万6,000円とするものでございます。追加の理由といたしましては、このたび総務省の方から通知がありまして、地方債の返還につきまして高金利で年利が5%以上のものにつきましては、今回補償金なしで繰上償還を認めると、そういった臨時特例措置によるものでございます。 なお、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額1,393万5,000円は過年度分損益勘定留保資金1,005万2,000円と過年度分消費税及び地方消費税資本的支出調整額388万3,000円で補てんするものでございます。 以上、説明させていただきました。よろしくお願いいたします。 ○議長(中岡幸敬君)  以上で14議案の提案理由の補足説明が終わりました。 これで、本日の日程は全部終了をいたしました。 次回は、12月5日に議案についての総括質疑と委員会付託を行います。御協力よろしくお願いいたします。 なお、一般質問通告書は12月7日正午で締め切りますので、議長まで提出をお願いいたします。 なお、委員会に付託することになっております案件についての質疑は、大綱的な質疑となっておりますので、御了承ください。 本日はこれにて散会いたします。 御苦労さんでございました。            午前11時53分 散会...