ツイート シェア
  1. 小松島市議会 2017-12-01
    平成29年12月定例会議(第1日目)〔資料〕


    取得元: 小松島市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-06-27
    2017年12月05日:平成29年12月定例会議(第1日目)〔資料〕 議案第86号           平成29年度小松島市一般会計補正予算(第4号)  平成29年度小松島市一般会計補正予算(第4号)は,次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ785,592千円を追加し,歳入歳出予算の  総額を歳入歳出それぞれ16,477,295千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金  額は,「第1表 歳入歳出予算補正」による。  (債務負担行為の補正) 第2条 債務負担行為の追加は,「第2表 債務負担行為補正」による。  (地方債の補正) 第3条 地方債の追加及び変更は,「第3表 地方債補正」による。   平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………                 第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                 (単位:千円)
    ┏━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓ ┃    款     │    項     │補正前の額 │ 補正額  │  計   ┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃10 地方交付税    │          │  3,123,348│   227,849│  3,351,197┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 地方交付税    │  3,123,348│   227,849│  3,351,197┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃12 分担金及び負担金 │          │   95,754│    1,609│   97,363┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 分  担  金  │    6,053│    1,609│    7,662┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃14 国庫支出金    │          │  2,956,692│   35,418│  2,992,110┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 国庫負担金    │  2,096,500│   33,376│  2,129,876┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │2 国庫補助金    │   850,126│    2,042│   852,168┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃15 県 支 出 金  │          │  1,147,947│   14,811│  1,162,758┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 県 負 担 金  │   719,891│   10,536│   730,427┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │2 県 補 助 金  │   340,556│    4,175│   344,731┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │3.県 委 託 金  │   87,500│     100│   87,600┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃16 財 産 収 入  │          │   41,702│     210│   41,912┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 財産運用収入   │    4,702│     210│    4,912┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃20 諸  収  入  │          │   146,738│    1,595│   148,333┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │4 雑     入  │   134,428│    1,595│   136,023┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃21 市     債  │          │  1,891,900│   504,100│  2,396,000┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 市     債  │  1,891,900│   504,100│  2,396,000┃ ┠──────────┴──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃     歳  入  合  計      │ 15,691,703│   785,592│ 16,477,295┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛  歳 出                                 (単位:千円) ┏━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓ ┃    款     │    項     │補正前の額 │ 補正額  │  計   ┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃1 議  会  費  │          │   196,027│    1,759│   197,786┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 議  会  費  │   196,027│    1,759│   197,786┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃2 総  務  費  │          │  1,498,804│   27,042│  1,525,846┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 総務管理費    │  1,192,946│   29,699│  1,222,645┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │2 徴  税  費  │   181,978│△   2,321│   179,657┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │3 戸籍住民基本台帳費│   68,930│     580│   69,510┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │4 選  挙  費  │   33,553│△    573│   32,980┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │5 統計調査費    │   10,222│     157│   10,379┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │6 監査委員費    │   11,175│△    500│   10,675┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃3 民  生  費  │          │  6,217,062│   147,132│  6,364,194┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 社会福祉費    │  2,057,292│   64,750│  2,122,042┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │2 老人福祉費    │   686,019│   15,897│   701,916┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │3 児童福祉費    │  2,089,909│   24,819│  2,114,728┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │4 生活保護費    │  1,289,257│   34,027│  1,323,284┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │6 人権対策費    │   91,795│    7,639│   99,434┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃4 衛  生  費  │          │  1,803,756│   57,744│  1,861,500┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 保健衛生費    │   745,277│   49,049│   794,326┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │2 清  掃  費  │  1,058,479│    8,695│  1,067,174┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃6 農林水産業費   │          │   486,265│    5,836│   492,101┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 農  業  費  │   455,582│    5,836│   461,418┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃7 商  工  費  │          │   87,874│△   1,789│   86,085┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 商  工  費  │   87,874│△   1,789│   86,085┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃8 土  木  費  │          │  1,957,650│    9,298│  1,966,948┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 土木管理費    │   41,036│△   3,016│   38,020┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │2 建築管理費    │   58,650│    1,378│   60,028┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │3 道路橋梁費    │   530,121│△   7,502│   522,619┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │5 砂  防  費  │    6,106│    6,434│   12,540┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │7 都市計画費    │   715,903│    2,884│   718,787┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨
    ┃          │8 住  宅  費  │   300,883│     571│   301,454┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │9 下 水 道 費  │   298,615│    8,549│   307,164┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃9 消  防  費  │          │   371,355│   16,012│   387,367┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 消  防  費  │   371,355│   16,012│   387,367┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃10 教  育  費  │          │  1,168,543│   85,952│  1,254,495┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 教育総務費    │   260,280│△  11,988│   248,292┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │2 小 学 校 費  │   186,602│    3,084│   189,686┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │3 中 学 校 費  │   44,890│   80,938│   125,828┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │4 幼 稚 園 費  │   117,751│△  12,118│   105,633┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │5 社会教育費    │   230,075│   33,365│   263,440┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │6 人権教育費    │   32,606│     70│   32,676┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │7 保健体育費    │   87,352│△   9,102│   78,250┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │8 学校給食費    │   208,987│    1,703│   210,690┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃12 公  債  費  │          │  1,883,255│   436,396│  2,319,651┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 公  債  費  │  1,883,255│   436,396│  2,319,651┃ ┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃13 諸 支 出 金  │          │   16,112│     210│   16,322┃ ┃          ├──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │2 基  金  費  │   13,112│     210│   13,322┃ ┠──────────┴──────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃     歳  出  合  計      │ 15,691,703│   785,592│ 16,477,295┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛                第2表 債務負担行為補正  1 追 加                              (単位:千円) ┏━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓ ┃    事    項    │    期    間    │   限 度 額   ┃ ┠──────────────┼──────────────┼───────────┨ ┃              │              │ 小松島市土地開発公 ┃ ┃              │              │社が先行取得し,市が同┃ ┃              │    平成30年度    │公社から取得する日峯 ┃ ┃  日峯大神子広域公園   │      ~       │大神子広域公園(脇谷地┃ ┃  (脇谷地区)整備事業  │    平成34年度    │区)整備事業用地購入資┃ ┃              │              │金総額690,400千┃ ┃              │              │円に対する元金,利子及┃ ┃              │              │び事務費相当額    ┃ ┠──────────────┼──────────────┼───────────┨ ┃北小松島公民館整備事業   │    平成30年度    │    32,302    ┃ ┠──────────────┼──────────────┼───────────┨ ┃旧立江中学校校舎解体ほか工事│    平成30年度    │    46,020    ┃ ┠──────────────┼──────────────┼───────────┨ ┃旧坂野中学校校舎解体ほか工事│    平成30年度    │    74,280    ┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛                  第3表 地方債補正  1 追 加                              (単位:千円) ┏━━━━━━━━━━┯━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓ ┃  起債の目的   │限度額 │起債の方法│  利   率  │  償還方法   ┃ ┠──────────┼────┼─────┼─────────┼─────────┨ ┃臨時財政対策債借換債│ 153,500│     │ 年利5%以内(た│ 借入先の融資条件┃ ┠──────────┼────┤     │だし,利率見直し方│に従うものとする。┃ ┃          │    │     │式で借り入れる政 │ただし,市財政の都┃ ┃          │    │普通貸借又│府資金及び地方公 │合により据置期間及┃ ┃          │    │証券発行│共団体金融機構資 │び償還期限を短縮し┃ ┃ 退職手当債借換債 │ 256,200│     │金について,利率の│若しくは繰上償還又┃ ┃          │    │     │見直しを行った後 │は低利に借換えする┃ ┃          │    │     │においては,当該見│ことができる。  ┃ ┃          │    │     │直し後の利率)  │         ┃ ┗━━━━━━━━━━┷━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛  2 変 更 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃                    │     限   度   額      ┃ ┃       起債の目的        ├──────┬──────┬──────┨ ┃                    │補正前の額 │ 補正額  │補正後の額 ┃ ┠────────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃河川等整備事業債            │   12,200│    1,400│   13,600┃ ┠────────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃自然災害防止事業債           │    3,000│    1,600│    4,600┃ ┠────────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃義務教育施設等整備事業債        │   130,700│   19,300│   150,000┃ ┠────────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃公共施設等除却事業債          │   29,600│   72,100│   101,700┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛ ─────────────────────────────────────────── 議案第87号        平成29年度小松島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)  平成29年度小松島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は,次に定めるところによ る。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,096千円を追加し,歳入歳出予算の総額  を歳入歳出それぞれ547,511千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金  額は,「第1表 歳入歳出予算補正」による。
      平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………                      第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                           (単位:千円) ┏━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓ ┃       款       │       項       │補正前の額 │ 補正額  │  計   ┃ ┠───────────────┼───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃3 繰  入  金       │               │   172,502│△   8,178│   164,324┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 一般会計繰入金       │   172,502│△   8,178│   164,324┃ ┠───────────────┼───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃5 繰  越  金       │               │      0│   10,274│   10,274┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 繰  越  金       │      0│   10,274│   10,274┃ ┠───────────────┴───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          歳  入  合  計           │   545,415│    2,096│   547,511┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛  歳 出                                           (単位:千円) ┏━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓ ┃       款       │       項       │補正前の額 │ 補正額  │  計   ┃ ┠───────────────┼───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃1 総  務  費       │               │   29,689│△   8,178│   21,511┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 総務管理費         │   29,353│△   8,178│   21,175┃ ┠───────────────┼───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃2 後期高齢者医療広域連合納付金│               │   511,620│   10,274│   521,894┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 後期高齢者医療広域連合納付金│   511,620│   10,274│   521,894┃ ┠───────────────┴───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          歳  出  合  計           │   545,415│    2,096│   547,511┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛ ─────────────────────────────────────────── 議案第88号        平成29年度小松島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)  平成29年度小松島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は,次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ128,606千円を追加し,歳入歳出予算の  総額を歳入歳出それぞれ5,888,760千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金  額は,「第1表 歳入歳出予算補正」による。   平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………                      第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                           (単位:千円) ┏━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓ ┃       款       │       項       │補正前の額 │ 補正額  │  計   ┃ ┠───────────────┼───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃3 国庫支出金         │               │  1,309,184│   39,143│  1,348,327┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 国庫負担金         │   859,232│   30,552│   889,784┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │2 国庫補助金         │   449,952│    8,591│   458,543┃ ┠───────────────┼───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃4 県 支 出 金       │               │   270,652│    8,591│   279,243┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │2 県 補 助 金       │   229,360│    8,591│   237,951┃ ┠───────────────┼───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃8 繰  入  金       │               │   316,016│   64,898│   380,914┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 繰  入  金       │   299,016│   64,898│   363,914┃ ┠───────────────┼───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃11 繰  越  金       │               │      0│   15,974│   15,974┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 繰  越  金       │      0│   15,974│   15,974┃ ┠───────────────┴───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          歳  入  合  計           │  5,760,154│   128,606│  5,888,760┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛  歳 出                                           (単位:千円) ┏━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓ ┃       款       │       項       │補正前の額 │ 補正額  │  計   ┃ ┠───────────────┼───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃1 総  務  費       │               │   79,671│△    229│   79,442┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 総務管理費         │   77,326│△    229│   77,097┃ ┠───────────────┼───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃2 保険給付費         │               │  3,321,205│   84,241│  3,405,446┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 一般療養諸費        │  2,764,000│   70,041│  2,834,041┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │4 一般高額療養費       │   401,800│   14,200│   416,000┃ ┠───────────────┼───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃3 後期高齢者支援金等     │               │   496,587│    8,431│   505,018┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 後期高齢者支援金等     │   496,587│    8,431│   505,018┃ ┠───────────────┼───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃4 前期高齢者納付金等     │               │    1,786│     19│    1,805┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 前期高齢者納付金等     │    1,786│     19│    1,805┃ ┠───────────────┼───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃6 介護納付金         │               │   188,348│    2,808│   191,156┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 介護納付金         │   188,348│    2,808│   191,156┃
    ┠───────────────┼───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃10 諸 支 出 金       │               │    4,140│   33,336│   37,476┃ ┃               ├───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 諸 支 出 金       │     40│   33,336│   33,376┃ ┠───────────────┴───────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          歳  出  合  計           │  5,760,154│   128,606│  5,888,760┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛ ─────────────────────────────────────────── 議案第89号         平成29年度小松島市介護保険特別会計補正予算(第1号)  平成29年度小松島市介護保険特別会計補正予算(第1号)は,次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ124,376千円を追加し,歳入歳出予算の  総額を歳入歳出それぞれ3,811,651千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金  額は,「第1表 歳入歳出予算補正」による。   平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………                       第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                             (単位:千円) ┏━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓ ┃       款       │        項        │補正前の額 │ 補正額  │  計   ┃ ┠───────────────┼─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃3 国庫支出金         │                 │   820,209│    3,826│   824,035┃ ┃               ├─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │2 国庫補助金           │   216,092│    3,826│   219,918┃ ┠───────────────┼─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃5 県 支 出 金       │                 │   524,660│     124│   524,784┃ ┃               ├─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │2 県 補 助 金         │   30,011│     124│   30,135┃ ┠───────────────┼─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃6 繰  入  金       │                 │   613,854│   14,961│   628,815┃ ┃               ├─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 繰  入  金         │   547,254│   14,961│   562,215┃ ┠───────────────┼─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃11 繰  越  金       │                 │      0│   105,465│   105,465┃ ┃               ├─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 繰  越  金         │      0│   105,465│   105,465┃ ┠───────────────┴─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          歳  入  合  計             │  3,687,275│   124,376│  3,811,651┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛  歳 出                                             (単位:千円) ┏━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓ ┃       款       │       項         │補正前の額 │ 補正額  │  計   ┃ ┠───────────────┼─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃1 総  務  費       │                 │   106,089│   18,263│   124,352┃ ┃               ├─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 総務管理費           │   70,421│   17,969│   88,390┃ ┃               ├─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │3 介護認定審査会費        │   35,042│     294│   35,336┃ ┠───────────────┼─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃2 保険給付費         │                 │  3,381,919│   82,000│  3,463,919┃ ┃               ├─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 介護サービス等諸費       │  2,965,293│   82,000│  3,047,293┃ ┠───────────────┼─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃3 地域支援事業費       │                 │   167,432│   14,286│   181,718┃ ┃               ├─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 介護予防・生活支援サービス事業費│   84,151│   13,000│   97,151┃ ┃               ├─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │3 包括的支援事業・任意事業費   │   49,916│     648│   50,564┃ ┃               ├─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │4 その他諸費           │     311│     638│     949┃ ┠───────────────┼─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃4 諸 支 出 金       │                 │   30,835│    9,827│   40,662┃ ┃               ├─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃               │1 償還金及び還付加算金      │   30,602│    9,827│   40,429┃ ┠───────────────┴─────────────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          歳  出  合  計             │  3,687,275│   124,376│  3,811,651┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛ ─────────────────────────────────────────── 議案第90号        平成29年度小松島市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)  平成29年度小松島市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は,次に定めるところによ る。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ8,549千円を追加し,歳入歳出予算の総  額を歳入歳出それぞれ598,977千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金  額は,「第1表 歳入歳出予算補正」による。   平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………           第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                (単位:千円) ┏━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓ ┃    款     │    項    │補正前の額 │ 補正額  │  計   ┃ ┠──────────┼─────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃2 繰  入  金  │         │   298,615│    8,549│   307,164┃ ┃          ├─────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 他会計繰入金  │   298,615│    8,549│   307,164┃ ┠──────────┴─────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃     歳  入  合  計     │   590,428│    8,549│   598,977┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛  歳 出                                (単位:千円) ┏━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓ ┃    款     │    項    │補正前の額 │ 補正額  │  計   ┃ ┠──────────┼─────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃1 下 水 道 費  │         │   357,047│    3,314│   360,361┃ ┃          ├─────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 建  設  費 │   357,047│    3,314│   360,361┃ ┠──────────┼─────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃2 公  債  費  │         │   233,368│    5,235│   238,603┃ ┃          ├─────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │1 公  債  費 │   233,368│    5,235│   238,603┃ ┠──────────┴─────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃     歳  出  合  計     │   590,428│    8,549│   598,977┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛ ─────────────────────────────────────────── 議案第91号   小松島市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について  小松島市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例(昭和45年小松島市条例第48号) の一部を別紙のように改正する。   平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………     小松島市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例 第1条 小松島市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例(昭和45年小松島市条例第  48号)の一部を次のように改正する。   第5条第2項第2号ア中「100分の170」を「100分の175」に改め,同号イ中「1  00分の136」を「100分の140」に改め,同号ウ中「100分の102」を「100  分の105」に改め,同号エ中「100分の51」を「100分の52.5」に改める。 第2条 小松島市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を次のように改正する。   第5条第2項第1号ア中「100分の155」を「100分の157.5」に改め,同号イ  中「100分の124」を「100分の126」に改め,同号ウ中「100分の93」を「1  00分の94.5」に改め,同号エ中「100分の46.5」を「100分の47.25」に  改め,同項第2号ア中「100分の175」を「100分の172.5」に改め,同号イ中「1  00分の140」を「100分の138」に改め,同号ウ中「100分の105」を「100  分の103.5」に改め,同号エ中「100分の52.5」を「100分の51.75」に改  める。     附 則  (施行期日等) 1 この条例は,公布の日から施行する。ただし,第2条の規定は,平成30年4月1日から施  行する。 2 第1条の規定による改正後の小松島市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例(以  下「条例」という。)の規定は,平成29年12月1日から適用する。  (期末手当の内払) 3 改正後の条例の規定を適用する場合においては,第1条の規定による改正前の条例の規定に  基づいて支給された期末手当は,改正後の条例の規定による期末手当の内払とみなす。 ─────────────────────────────────────────── 議案第92号      小松島市長,副市長及び教育長の給与条例の一部を改正する条例について  小松島市長,副市長及び教育長の給与条例(昭和50年小松島市条例第41号)の一部を別紙 のように改正する。   平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………        小松島市長,副市長及び教育長の給与条例の一部を改正する条例 第1条 小松島市長,副市長及び教育長の給与条例(昭和50年小松島市条例第41号)の一部  を次のように改正する。   第3条ただし書中「100分の170」を「100分の175」に改める。 第2条 小松島市長,副市長及び教育長の給与条例の一部を次のように改正する。   3条ただし書中「100分の155」を「100分の157.5」に,「100分の175」  を「100分の172.5」に改める。    附 則  (施行期日等) 1 この条例は,公布の日から施行する。ただし,第2条の規定は,平成30年4月1日から施  行する。 2 第1条の規定による改正後の小松島市長,副市長及び教育長の給与条例(以下「条例」とい  う。)の規定は,平成29年12月1日から適用する。  (期末手当の内払) 3 改正後の条例の規定を適用する場合においては,第1条の規定による改正前の条例の規定に  基づいて支給された期末手当は,改正後の条例の規定による期末手当の内払とみなす。 ─────────────────────────────────────────── 議案第93号 小松島市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について  小松島市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例(平成24年小松島市条例第 4号)の一部を別紙のように改正する。   平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………   小松島市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を改正する条例 第1条 小松島市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例(平成24年小松島市  条例第4号)の一部を次のように改正する。   第4条第1項中「            ┌────────────┐            │     372,000│            ├────────────┤            │     420,000│            └────────────┘                          」を          「            ┌────────────┐
               │     373,000│            ├────────────┤            │     421,000│            └────────────┘                          」に改める。   第5条第2項中「「100分の137.5」とあるのは「100分の162.5」」を「「10  0分の137.5」とあるのは「100分の167.5」」に改める。 第2条 小松島市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を次のように改  正する。   第5条第2項中「162.5」を「165」に,「167.5」を「165」に改める。    附 則  この条例は,公布の日から施行する。ただし,第2条の規定は,平成30年4月1日から施行 する。 ─────────────────────────────────────────── 議案第94号        小松島市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について  小松島市職員の給与に関する条例(昭和32年小松島市条例第20号)の一部を別紙のように 改正する。   平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………          小松島市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例 第1条 小松島市職員の給与に関する条例(昭和32年小松島市条例第20号)の一部を次のよ  うに改正する。   第21条第2項第1号中「100分の85」を「100分の95」に,「100分の105」  を「100分の115」に改め,同項第2号中「100分の40」を「100分の45」に,  「100分の50」を「100分の55」に改める。   別表第1を次のように改める。 別表第1(第3条関係)   行政職給料表 ┌───┬────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┐ │   │職務の級│ 1級 │ 2級 │ 3級 │ 4級 │ 5級 │ 6級 │ 7級 │ │職員の├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │区分 │ 号給 │給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│給料月額│ │   │    │   円│   円│   円│   円│   円│   円│   円│ ├───┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │再任用│   1 │ 142,600│ 192,700│ 228,900│ 262,000│ 288,000│ 318,500│ 362,300│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │職員以│   2 │ 143,700│ 194,500│ 230,500│ 263,900│ 290,200│ 320,700│ 364,900│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │外の職│   3 │ 144,900│ 196,300│ 232,000│ 265,700│ 292,500│ 323,000│ 367,400│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │員  │   4 │ 146,000│ 198,100│ 233,600│ 267,800│ 294,600│ 325,200│ 370,000│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │   5 │ 147,100│ 199,700│ 235,100│ 269,600│ 296,600│ 327,400│ 371,900│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │   6 │ 148,200│ 201,500│ 236,800│ 271,500│ 298,900│ 329,400│ 374,400│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │   7 │ 149,300│ 203,300│ 238,300│ 273,400│ 301,200│ 331,600│ 376,700│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │   8 │ 150,400│ 205,100│ 239,900│ 275,500│ 303,400│ 333,800│ 379,200│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │   9 │ 151,500│ 206,800│ 241,200│ 277,600│ 305,400│ 335,800│ 381,700│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  10 │ 152,900│ 208,600│ 242,700│ 279,600│ 307,700│ 338,000│ 384,400│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  11 │ 154,200│ 210,400│ 244,300│ 281,700│ 309,900│ 340,000│ 387,000│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  12 │ 155,500│ 212,200│ 245,700│ 283,700│ 312,200│ 342,200│ 389,700│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  13 │ 156,800│ 213,600│ 247,200│ 285,700│ 314,300│ 344,000│ 392,100│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  14 │ 158,300│ 215,400│ 248,700│ 287,800│ 316,400│ 346,000│ 394,400│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  15 │ 159,800│ 217,100│ 250,000│ 289,800│ 318,600│ 348,100│ 396,600│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  16 │ 161,400│ 218,900│ 251,400│ 291,800│ 320,700│ 350,100│ 399,000│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  17 │ 162,700│ 220,600│ 252,900│ 293,700│ 322,700│ 351,800│ 400,800│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  18 │ 164,200│ 222,300│ 254,600│ 295,700│ 324,700│ 353,800│ 402,800│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  19 │ 165,700│ 223,900│ 256,300│ 297,800│ 326,700│ 355,600│ 404,700│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  20 │ 167,200│ 225,500│ 258,100│ 299,800│ 328,700│ 357,500│ 406,500│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  21 │ 168,600│ 227,000│ 259,700│ 301,800│ 330,500│ 359,500│ 408,400│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  22 │ 171,300│ 228,700│ 261,500│ 303,900│ 332,600│ 361,400│ 410,200│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  23 │ 173,900│ 230,300│ 263,200│ 305,900│ 334,600│ 363,400│ 412,000│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  24 │ 176,500│ 231,900│ 264,900│ 308,000│ 336,700│ 365,300│ 413,900│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  25 │ 179,200│ 233,100│ 266,900│ 309,700│ 338,100│ 367,300│ 415,700│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  26 │ 180,900│ 234,600│ 268,800│ 311,800│ 340,000│ 369,200│ 417,200│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  27 │ 182,600│ 236,000│ 270,600│ 313,800│ 341,900│ 371,200│ 418,700│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  28 │ 184,300│ 237,300│ 272,400│ 315,800│ 343,800│ 373,200│ 420,300│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  29 │ 185,800│ 238,600│ 274,100│ 317,600│ 345,500│ 374,700│ 421,900│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  30 │ 187,600│ 239,800│ 276,000│ 319,600│ 347,400│ 376,500│ 423,200│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤
    │   │  31 │ 189,400│ 240,800│ 277,900│ 321,700│ 349,300│ 378,300│ 424,500│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  32 │ 191,100│ 242,000│ 279,600│ 323,800│ 351,100│ 379,900│ 425,700│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  33 │ 192,700│ 243,300│ 281,200│ 325,100│ 353,000│ 381,700│ 426,900│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  34 │ 194,200│ 244,500│ 283,100│ 327,100│ 354,800│ 383,100│ 428,200│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  35 │ 195,700│ 245,700│ 284,900│ 329,000│ 356,600│ 384,600│ 429,500│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  36 │ 197,200│ 247,000│ 286,800│ 331,100│ 358,300│ 386,200│ 430,700│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  37 │ 198,500│ 247,900│ 288,400│ 333,000│ 359,700│ 387,600│ 431,900│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  38 │ 199,800│ 249,300│ 290,100│ 334,900│ 361,000│ 388,800│ 432,700│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  39 │ 201,100│ 250,700│ 291,900│ 336,900│ 362,400│ 390,000│ 433,500│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  40 │ 202,400│ 252,200│ 293,700│ 338,800│ 363,800│ 391,100│ 434,300│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  41 │ 203,700│ 253,600│ 295,300│ 340,700│ 365,100│ 392,200│ 434,900│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  42 │ 205,000│ 255,000│ 297,000│ 342,600│ 366,000│ 393,400│ 435,600│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  43 │ 206,300│ 256,400│ 298,500│ 344,400│ 367,100│ 394,600│ 436,300│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  44 │ 207,600│ 257,700│ 300,100│ 346,300│ 368,200│ 395,700│ 437,000│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  45 │ 208,800│ 258,900│ 301,700│ 347,800│ 369,000│ 396,400│ 437,800│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  46 │ 210,100│ 260,200│ 303,400│ 349,200│ 369,900│ 397,100│ 438,600│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  47 │ 211,400│ 261,600│ 305,000│ 350,700│ 370,800│ 397,800│ 439,000│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  48 │ 212,700│ 262,900│ 306,700│ 352,200│ 371,700│ 398,500│ 439,700│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  49 │ 213,800│ 264,100│ 307,700│ 353,800│ 372,600│ 399,100│ 440,200│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  50 │ 214,900│ 265,200│ 309,200│ 354,600│ 373,400│ 399,700│ 440,600│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  51 │ 215,900│ 266,500│ 310,700│ 355,800│ 374,200│ 400,200│ 441,000│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  52 │ 217,000│ 267,800│ 312,300│ 356,800│ 375,000│ 400,600│ 441,400│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  53 │ 218,100│ 268,800│ 313,900│ 357,700│ 375,700│ 401,000│ 441,800│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  54 │ 219,100│ 269,900│ 315,500│ 358,800│ 376,400│ 401,300│ 442,200│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  55 │ 220,000│ 271,200│ 317,100│ 359,700│ 377,100│ 401,600│ 442,600│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  56 │ 221,000│ 272,500│ 318,600│ 360,800│ 377,800│ 401,900│ 442,900│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  57 │ 221,500│ 273,500│ 320,100│ 361,700│ 378,300│ 402,200│ 443,200│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  58 │ 222,400│ 274,500│ 321,300│ 362,400│ 378,900│ 402,500│ 443,600│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  59 │ 223,200│ 275,400│ 322,500│ 363,100│ 379,500│ 402,800│ 443,900│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  60 │ 224,100│ 276,500│ 323,700│ 363,800│ 380,200│ 403,100│ 444,200│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  61 │ 224,800│ 277,600│ 324,400│ 364,200│ 380,600│ 403,400│ 444,500│ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  62 │ 225,800│ 278,600│ 325,300│ 364,800│ 381,300│ 403,700│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  63 │ 226,600│ 279,500│ 326,100│ 365,500│ 381,900│ 404,000│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  64 │ 227,500│ 280,500│ 326,900│ 366,200│ 382,500│ 404,300│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  65 │ 228,200│ 281,100│ 327,800│ 366,500│ 382,900│ 404,600│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  66 │ 229,000│ 282,000│ 328,200│ 367,200│ 383,500│ 404,900│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  67 │ 229,900│ 282,700│ 328,900│ 367,900│ 384,100│ 405,200│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  68 │ 231,000│ 283,600│ 329,700│ 368,600│ 384,700│ 405,500│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  69 │ 231,700│ 284,600│ 330,500│ 368,900│ 385,100│ 405,700│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  70 │ 232,400│ 285,400│ 331,200│ 369,500│ 385,600│ 406,000│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  71 │ 233,000│ 286,200│ 331,900│ 370,200│ 386,100│ 406,300│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  72 │ 233,800│ 287,000│ 332,600│ 370,800│ 386,700│ 406,600│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  73 │ 234,600│ 287,800│ 333,100│ 371,100│ 387,000│ 406,800│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  74 │ 235,300│ 288,300│ 333,700│ 371,700│ 387,400│ 407,100│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  75 │ 236,000│ 288,700│ 334,200│ 372,400│ 387,800│ 407,400│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  76 │ 236,600│ 289,200│ 334,800│ 373,000│ 388,200│ 407,600│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  77 │ 237,300│ 289,300│ 335,100│ 373,400│ 388,500│ 407,800│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  78 │ 238,100│ 289,700│ 335,600│ 373,900│ 388,800│ 408,100│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  79 │ 238,900│ 289,900│ 336,000│ 374,500│ 389,100│ 408,400│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  80 │ 239,600│ 290,300│ 336,500│ 375,000│ 389,400│ 408,600│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤
    │   │  81 │ 240,200│ 290,500│ 336,900│ 375,500│ 389,600│ 408,800│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  82 │ 240,900│ 290,700│ 337,400│ 376,100│ 389,900│ 409,100│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  83 │ 241,600│ 291,100│ 337,900│ 376,600│ 390,200│ 409,400│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  84 │ 242,300│ 291,400│ 338,400│ 376,900│ 390,400│ 409,600│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  85 │ 242,900│ 291,700│ 338,700│ 377,300│ 390,600│ 409,800│    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  86 │ 243,600│ 292,000│ 339,100│ 377,800│ 390,900│    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  87 │ 244,300│ 292,300│ 339,600│ 378,200│ 391,200│    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  88 │ 245,000│ 292,700│ 340,000│ 378,600│ 391,400│    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  89 │ 245,600│ 293,000│ 340,300│ 379,000│ 391,600│    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  90 │ 246,100│ 293,400│ 340,700│ 379,500│ 391,900│    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  91 │ 246,400│ 293,700│ 341,200│ 379,900│ 392,200│    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  92 │ 246,800│ 294,100│ 341,600│ 380,300│ 392,400│    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  93 │ 247,100│ 294,200│ 341,800│ 380,600│ 392,600│    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  94 │    │ 294,400│ 342,200│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  95 │    │ 294,800│ 342,700│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  96 │    │ 295,200│ 343,100│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  97 │    │ 295,400│ 343,200│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  98 │    │ 295,700│ 343,700│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  99 │    │ 296,100│ 344,100│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  100 │    │ 296,500│ 344,400│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  101 │    │ 296,700│ 344,700│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  102 │    │ 297,000│ 345,100│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  103 │    │ 297,400│ 345,500│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  104 │    │ 297,700│ 345,900│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  105 │    │ 297,900│ 346,400│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  106 │    │ 298,200│ 346,800│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  107 │    │ 298,600│ 347,200│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  108 │    │ 298,900│ 347,600│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  109 │    │ 299,100│ 348,100│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  110 │    │ 299,500│ 348,500│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  111 │    │ 299,900│ 348,800│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  112 │    │ 300,200│ 349,100│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  113 │    │ 300,300│ 349,600│    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  114 │    │ 300,600│    │    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  115 │    │ 300,900│    │    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  116 │    │ 301,300│    │    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  117 │    │ 301,500│    │    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  118 │    │ 301,700│    │    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  119 │    │ 302,000│    │    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  120 │    │ 302,300│    │    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  121 │    │ 302,700│    │    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  122 │    │ 302,900│    │    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  123 │    │ 303,200│    │    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  124 │    │ 303,500│    │    │    │    │    │ │   ├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │   │  125 │    │ 303,800│    │    │    │    │    │ ├───┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤ │再任用│    │ 187,300│ 214,800│ 254,800│ 274,200│ 289,300│ 314,700│ 356,400│ │職員 │    │    │    │    │    │    │    │    │ └───┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┘ 第2条 小松島市職員の給与に関する条例の一部を次のように改正する。   第21条第2項第1号中「100分の95」を「100分の90」に,「100分の115」  を「100分の110」に改め,同項第2号中「100分の45」を「100分の42.5」  に,「100分の55」を「100分の52.5」に改める。    附 則  (施行期日等)
    1 この条例は,公布の日から施行する。ただし,第2条の規定は,平成30年4月1日から施  行する。 2 第1条の規定(小松島市職員の給与に関する条例(以下「条例」という。)第21条第2項の  改正規定を除く。)による改正後の条例の規定は平成29年4月1日から,第1条の規定(条例  第21条第2項の改正規定に限る。)による改正後の条例の規定は同年12月1日から適用する。  (給与の内払) 3 改正後の条例の規定を適用する場合においては,第1条の規定による改正前の条例の規定に  基づいて支給された給与(小松島市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例(平成2  6年小松島市条例第51号)附則第6項の規定に基づいて支給された給与を含む。)は,改正後  の条例の規定による給与の内払とみなす。 ─────────────────────────────────────────── 議案第95号           小松島市介護保険条例の一部を改正する条例について  小松島市介護保険条例(平成12年小松島市条例第24号)の一部を別紙のように改正する。   平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………             小松島市介護保険条例の一部を改正する条例  小松島市介護保険条例(平成12年小松島市条例第24号)の一部を次のように改正する。  第15条中「第1号被保険者」を「被保険者」に改める。  附則第8条第3項中「平成30年3月31日」を「平成29年12月31日」に改める。    附 則  この条例は,公布の日から施行する。 ─────────────────────────────────────────── 議案第96号           小松島市営住宅条例の一部を改正する条例について  小松島市営住宅条例(平成9年小松島市条例第14号)の一部を別紙のように改正する。   平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………             小松島市営住宅条例の一部を改正する条例  小松島市営住宅条例(平成9年小松島市条例第14号)の一部を次のように改正する。  第13条第1項中「第11条」を「第12条」に改める。  第15条第2項中「第8条」を「第7条」に改める。  第39条及び第40条中「第11条」を「第12条」に改める。    附 則  この条例は,公布の日から施行する。 ─────────────────────────────────────────── 議案第97号            徳島県市町村総合事務組合規約の変更について  地方自治法(昭和22年法律第67号)286条第1項及び第290条の規定により,徳島県 市町村総合事務組合規約を別紙のとおり変更することについて,議会の議決を求める。   平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………          徳島県市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約  徳島県市町村総合事務組合規約(昭和54年徳島県指令地方第5号)の一部を次のように改め る。  第3条第10号及び第14号中「消防吏員」を「消防職員」に改める。  別表第1及び別表第2中「、」を「,」に改める。  別表第2第3条第2号から第6号に関する事務の項中「海陽町」の次に「,松茂町,北島町, 藍住町」を加え,同表第3条第10号に関する事務の項及び第3                          「美馬市,那賀町 条第14号に関する事務の項中「板野東部消防組合」を                           板野東部消防組合」 に改め,同表第3条第15号から第18号に関する事務の項中「海陽町」の次に「,松茂町,北 島町,藍住町」を加える。   附 則  この規約は,平成30年4月1日から施行する。 ─────────────────────────────────────────── 議案第98号                  訴えの提起について  別紙,訴状記載の訴えを提起するにつき,地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第 1項第12号の規定により,議会の議決を求める。   平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 ………………………………………………………………………………………………………………… ┌──────┐ │ 収入印紙 │           訴   状 │ 25,000円 │ └──────┘                                 平成  年  月  日  徳島地方裁判所 御中                     原告指定代理人 芳賀 真                     同       舩越 達也                     同       藤本 裕之                     同       泉 由美子                     同       森 博史                     同       津川 慎一郎                     同       中村 健人        (送達場所)
           〒773-8501        徳島県小松島市横須町1番1号        原告 小松島市        同代表者市長 濱田 保徳        電話 0885-32-2123        FAX 0885-33-3253        〒655-        兵庫県神戸市        被告 A        〒773-        徳島県小松島市        被告 B        〒773-        徳島県小松島市        被告 C 貸金返還等請求事件 訴訟物の価額 金3,916,942円 貼用印紙額 金25,000円 第1 請求の趣旨   1 被告らは,原告に対し,連帯して金4,597,520円及びうち元金5,056円に対する平成5年8  月1日から,元金16,793円に対する平成5年9月1日から,元金16,821円に対する平成5年10月1日  から,元金16,849円に対する平成5年11月1日から,元金16,877円に対する平成5年12月1日から,  元金16,905円に対する平成6年1月1日から,元金16,933円に対する平成6年2月1日から,元金  16,961円に対する平成6年3月1日から,元金16,990円に対する平成6年4月1日から,元金17,018  円に対する平成6年5月1日から,元金17,046円に対する平成6年6月1日から,元金17,075円に対  する平成6年7月1日から,元金17,103円に対する平成6年8月1日から,元金17,132円に対する平  成6年9月1日から,元金17,160円に対する平成6年10月1日から,元金17,189円に対する平成6年  11月1日から,元金17,217円に対する平成6年12月1日から,元金17,246円に対する平成7年1月1  日から,元金17,275円に対する平成7年2月1日から,元金17,304円に対する平成7年3月1日から,  元金17,333円に対する平成7年4月1日から,元金17,361円に対する平成7年5月1日から,元金  17,390円に対する平成7年6月1日から,元金17,419円に対する平成7年7月1日から,元金17,448  円に対する平成7年8月1日から,元金17,477円に対する平成7年9月1日から,元金17,507円に対  する平成7年10月1日から,元金17,536円に対する平成7年11月1日から,元金17,565円に対する  平成7年12月1日から,元金17,594円に対する平成8年1月1日から,元金17,624円に対する平成8  年2月1日から,元金17,653円に対する平成8年3月1日から,元金17,682円に対する平成8年4月1  日から,元金17,712円に対する平成8年5月1日から,元金17,741円に対する平成8年6月1日から,  元金17,771円に対する平成8年7月1日から,元金17,801円に対する平成8年8月1日から,元金  17,830円に対する平成8年9月1日から,元金17,860円に対する平成8年10月1日から,元金17,890  円に対する平成8年11月1日から,元金17,920円に対する平成8年12月1日から,元金17,949円に  対する平成9年1月1日から,元金17,979円に対する平成9年2月1日から,元金18,009円に対する  平成9年3月1日から,元金18,039円に対する平成9年4月1日から,元金18,069円に対する平成9  年5月1日から,元金18,099円に対する平成9年6月1日から,元金18,130円に対する平成9年7月1  日から,元金18,160円に対する平成9年8月1日から,元金18,190円に対する平成9年9月1日から,  元金18,220円に対する平成9年10月1日から,元金18,251円に対する平成9年11月1日から,元金  18,281円に対する平成9年12月1日から,元金18,312円に対する平成10年1月1日から,元金18,342  円に対する平成10年2月1日から,元金18,373円に対する平成10年3月1日から,元金18,403円に  対する平成10年4月1日から,元金18,434円に対する平成10年5月1日から,元金18,465円に対す  る平成10年6月1日から,元金18,496円に対する平成10年7月1日から,元金18,526円に対する平  成10年8月1日から,元金18,557円に対する平成10年9月1日から,元金18,588円に対する平成10  年10月1日から,元金18,619円に対する平成10年11月1日から,元金18,650円に対する平成10年  12月1日から,元金18,681円に対する平成11年1月1日から,元金18,712円に対する平成11年2月1  日から,元金18,744円に対する平成11年3月1日から,元金18,775円に対する平成11年4月1日か  ら,元金18,806円に対する平成11年5月1日から,元金18,837円に対する平成11年6月1日から,  元金18,869円に対する平成11年7月1日から,元金18,900円に対する平成11年8月1日から,元金  18,932円に対する平成11年9月1日から,元金18,963円に対する平成11年10月1日から,元金  18,995円に対する平成11年11月1日から,元金19,027円に対する平成11年12月1日から,元金  19,058円に対する平成12年1月1日から,元金19,090円に対する平成12年2月1日から,元金19,122  円に対する平成12年3月1日から,元金19,154円に対する平成12年4月1日から,元金19,186円に  対する平成12年5月1日から,元金19,218円に対する平成12年6月1日から,元金19,250円に対す  る平成12年7月1日から,元金19,282円に対する平成12年8月1日から,元金19,314円に対する平  成12年9月1日から,元金19,346円に対する平成12年10月1日から,元金19,378円に対する平成12  年11月1日から,元金19,411円に対する平成12年12月1日から,元金19,443円に対する平成13年1  月1日から,元金19,475円に対する平成13年2月1日から,元金19,508円に対する平成13年3月1  日から,元金19,540円に対する平成13年4月1日から,元金19,573円に対する平成13年5月1日か  ら,元金19,606円に対する平成13年6月1日から,元金19,638円に対する平成13年7月1日から,  元金19,671円に対する平成13年8月1日から,元金19,704円に対する平成13年9月1日から,元金  19,737円に対する平成13年10月1日から,元金19,770円に対する平成13年11月1日から,元金  19,802円に対する平成13年12月1日から,元金19,835円に対する平成14年1月1日から,元金  19,869円に対する平成14年2月1日から,元金19,902円に対する平成14年3月1日から,元金19,935  円に対する平成14年4月1日から,元金19,968円に対する平成14年5月1日から,元金20,001円に  対する平成14年6月1日から,元金20,035円に対する平成14年7月1日から,元金20,068円に対す  る平成14年8月1日から,元金20,101円に対する平成14年9月1日から,元金20,135円に対する平  成14年10月1日から,元金20,169円に対する平成14年11月1日から,元金20,202円に対する平成  14年12月1日から,元金20,236円に対する平成15年1月1日から,元金20,270円に対する平成15  年2月1日から,元金20,303円に対する平成15年3月1日から,元金20,337円に対する平成15年4  月1日から,元金20,371円に対する平成15年5月1日から,元金20,405円に対する平成15年6月1  日から,元金20,439円に対する平成15年7月1日から,元金20,473円に対する平成15年8月1日か  ら,元金20,507円に対する平成15年9月1日から,元金20,541円に対する平成15年10月1日から,  元金20,576円に対する平成15年11月1日から,元金20,610円に対する平成15年12月1日から,元  金20,644円に対する平成16年1月1日から,元金20,679円に対する平成16年2月1日から,元金  20,713円に対する平成16年3月1日から,元金20,748円に対する平成16年4月1日から,元金20,782  円に対する平成16年5月1日から,元金20,817円に対する平成16年6月1日から,元金20,852円に  対する平成16年7月1日から,元金20,886円に対する平成16年8月1日から,元金20,921円に対す  る平成16年9月1日から,元金20,956円に対する平成16年10月1日から,元金20,991円に対する平  成16年11月1日から,元金21,026円に対する平成16年12月1日から,元金21,061円に対する平成  17年1月1日から,元金21,096円に対する平成17年2月1日から,元金21,131円に対する平成17年3  月1日から,元金21,166円に対する平成17年4月1日から,元金21,202円に対する平成17年5月1  日から,元金21,237円に対する平成17年6月1日から,元金21,272円に対する平成17年7月1日か  ら,元金21,308円に対する平成17年8月1日から,元金21,343円に対する平成17年9月1日から,  元金21,379円に対する平成17年10月1日から,元金21,415円に対する平成17年11月1日から,元  金21,450円に対する平成17年12月1日から,元金21,486円に対する平成18年1月1日から,元金  21,522円に対する平成18年2月1日から,元金21,558円に対する平成18年3月1日から,元金21,594  円に対する平成18年4月1日から,元金21,630円に対する平成18年5月1日から,元金21,666円に  対する平成18年6月1日から,元金21,702円に対する平成18年7月1日から,元金21,738円に対す  る平成18年8月1日から,元金21,774円に対する平成18年9月1日から,元金21,811円に対する平
     成18年10月1日から,元金21,847円に対する平成18年11月1日から,元金21,883円に対する平成  18年12月1日から,元金21,920円に対する平成19年1月1日から,元金21,956円に対する平成19  年2月1日から,元金21,993円に対する平成19年3月1日から,元金22,030円に対する平成19年4  月1日から,元金22,066円に対する平成19年5月1日から,元金22,103円に対する平成19年6月1  日から,元金22,140円に対する平成19年7月1日から,元金22,177円に対する平成19年8月1日か  ら,元金22,214円に対する平成19年9月1日から,元金22,251円に対する平成19年10月1日から,  元金22,288円に対する平成19年11月1日から,元金22,325円に対する平成19年12月1日から,元  金22,362円に対する平成20年1月1日から,元金22,399円に対する平成20年2月1日から,元金  22,437円に対する平成20年3月1日から,元金22,474円に対する平成20年4月1日から,元金22,512  円に対する平成20年5月1日から,元金22,549円に対する平成20年6月1日から,元金22,587円に  対する平成20年7月1日から,元金22,624円に対する平成20年8月1日から,元金22,662円に対す  る平成20年9月1日から,元金22,700円に対する平成20年10月1日から,元金22,738円に対する平  成20年11月1日から,元金22,776円に対する平成20年12月1日から,元金22,814円に対する平成  21年1月1日から,元金22,852円に対する平成21年2月1日から,元金22,890円に対する平成21年3  月1日から,元金22,928円に対する平成21年4月1日から,元金22,966円に対する平成21年5月1  日から,元金23,004円に対する平成21年6月1日から,元金23,043円に対する平成21年7月1日か  ら,元金23,081円に対する平成21年8月1日から,元金23,120円に対する平成21年9月1日から,  元金23,158円に対する平成21年10月1日から,元金23,197円に対する平成21年11月1日から,元  金23,235円に対する平成21年12月1日から,元金23,075円に対する平成21年12月5日から,それ  ぞれ支払い済みまで100円につき1日3銭の割合による金員を支払え。  2 訴訟費用は被告らの負担とする。  との判決並びに仮執行宣言を求める。 第2 請求の原因  1 原告は,被告 A(以下「主債務者」という。)に対し,次の約定で住宅新築資金を貸し付   けた(以下「本件貸付」という。)。   本件貸付(甲1号証)   (1) 貸付金額 5,500,000円   (2) 貸付日 昭和59年12月4日   (3) 利率 年2パーセント   (4) 償還方法 元利均等償還により,昭和60年1月4日を初回とし,以後平成21年12月4日まで    毎月末金23,312円ずつ,300回に分割して償還する。ただし,初回の償還金は23,312円とす    る。   (5) 違約金 償還期限の翌日から支払の日までの日数に応じ100円につき1日3銭の割合。  2 訴外旧連帯保証人 D(以下「旧保証人」という。) 及び 被告 C は,原告との間で,   本件貸付について昭和59年12月4日,前項に基づく貸金返還債務をそれぞれ主債務者と連帯し   て保証するとの合意をした(甲1号証,以下「本件連帯保証契約」という。)。  3 被告 B は,原告との間で,平成18年11月16日,本件連帯保証契約について,連帯保証人   変更契約により,旧保証人に変わり,本件貸付契約に基づく貸金返還債務を主債務者と連帯   して保証するとの合意をした(甲2号証)。  4 被告らは,本件貸付について,平成24年12月20日までに金2,396,080円を支払い,残元金が   3,916,942円,未払いの約定利息680,578円となった(甲3号証)。  5 被告らは,本件貸付について,平成5年7月分(一部入金)から平成21年12月分までの償還金   の支払いを怠った。 6 貸金の残額   本件貸付(甲3号証)   (1) 元金3,916,942円   (2) 利息680,578円   (3) 違約金 平成5年8月1日以降未払いの各償還期限の翌日以後,それぞれ支払済みまで100    円につき1日3銭の割合による金員  7 よって,原告は,被告らに対し,本件貸付契約及び連帯保証契約に基づき,請求の趣旨記載   の支払を求める。                    証拠方法 1 甲1号証  住宅新築資金等貸借契約書並びに抵当権設定契約書 2 甲2号証  連帯保証人変更契約証書 3 甲3号証  計算書                    付属書類 1 訴状副本 3通 2 甲号証(写し) 各4通 3 証拠説明書副本 4通(正本1通 副本3通) 4 代理人指定書 1通 ─────────────────────────────────────────── 議案第99号                  訴えの提起について  別紙,訴状記載の訴えを提起するにつき,地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第 1項第12号の規定により,議会の議決を求める。   平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 ………………………………………………………………………………………………………………… ┌──────┐ │ 収入印紙 │           訴   状 │ 11,000円 │ └──────┘                                 平成  年  月  日  徳島簡易裁判所 御中                    原告指定代理人 芳賀 真                    同       舩越 達也                    同       藤本 裕之                    同       泉 由美子                    同       森 博史                    同       津川 慎一郎                    同       中村 健人        (送達場所)        〒773-8501        徳島県小松島市横須町1番1号        原告 小松島市
           同代表者市長 濱田 保徳        電話 0885-32-2123        FAX 0885-33-3253        〒773-        徳島県小松島市        被告 A        〒773-        徳島県小松島市        被告 B 貸金返還請求事件 訴訟物の価額 金1,118,935円 貼用印紙額 金11,000円 第1 請求の趣旨  1 被告 A は,原告に対し,金993,000円及びうち元金14,104円に対する平成3年1月1日から,  元金14,222円に対する平成3年6月1日から,元金14,246円に対する平成3年7月1日から,元金  14,270円に対する平成3年8月1日から,元金14,294円に対する平成3年9月1日から,元金14,317  円に対する平成3年10月1日から,元金14,341円に対する平成3年11月1日から,元金14,365円  に対する平成3年12月1日から,元金14,389円に対する平成4年1月1日から,元金14,413円に対  する平成4年2月1日から,元金14,437円に対する平成4年3月1日から,元金14,461円に対する  平成4年4月1日から,元金14,485円に対する平成4年5月1日から,元金14,509円に対する平成4  年6月1日から,元金14,534円に対する平成4年7月1日から,元金14,558円に対する平成4年8  月1日から,元金14,582円に対する平成4年9月1日から,元金14,606円に対する平成4年10月1  日から,元金14,630円に対する平成4年11月1日から,元金14,654円に対する平成4年12月1日  から,元金14,679円に対する平成5年1月1日から,元金14,703円に対する平成5年2月1日から,  元金14,728円に対する平成5年3月1日から,元金14,753円に対する平成5年4月1日から,元金  14,778円に対する平成5年5月1日から,元金14,802円に対する平成5年6月1日から,元金14,826  円に対する平成5年7月1日から,元金14,851円に対する平成5年8月1日から,元金14,877円に  対する平成5年9月1日から,元金14,901円に対する平成5年10月1日から,元金14,926円に対す  る平成5年11月1日から,元金14,952円に対する平成5年12月1日から,元金14,976円に対する  平成6年1月1日から,元金15,001円に対する平成6年2月1日から,元金15,026円に対する平成6  年3月1日から,元金15,052円に対する平成6年4月1日から,元金15,076円に対する平成6年5  月1日から,元金15,101円に対する平成6年6月1日から,元金15,126円に対する平成6年7月1  日から,元金15,152円に対する平成6年8月1日から,元金15,177円に対する平成6年9月1日か  ら,元金15,202円に対する平成6年10月1日から,元金15,228円に対する平成6年11月1日から,  元金15,253円に対する平成6年12月1日から,元金15,278円に対する平成7年1月1日から,元金  15,304円に対する平成7年2月1日から,元金15,329円に対する平成7年3月1日から,元金15,354  円に対する平成7年4月1日から,元金15,381円に対する平成7年5月1日から,元金15,406円に  対する平成7年6月1日から,元金15,432円に対する平成7年7月1日から,元金15,457円に対す  る平成7年8月1日から,元金15,484円に対する平成7年9月1日から,元金15,509円に対する平  成7年10月1日から,元金15,534円に対する平成7年11月1日から,元金15,561円に対する平成7  年12月1日から,元金15,586円に対する平成8年1月1日から,元金15,613円に対する平成8年2  月1日から,元金15,638円に対する平成8年3月1日から,元金15,665円に対する平成8年4月1  日から,それぞれ支払い済みまで100円につき1日3銭の割合による金員を支払え。  2 被告 B は,原告に対し,金248,250円及びうち元金3,526円に対する平成3年1月1日から,  元金3,555円に対する平成3年6月1日から,元金3,561円に対する平成3年7月1日から,元金  3,567円に対する平成3年8月1日から,元金3,573円に対する平成3年9月1日から,元金3,579  円に対する平成3年10月1日から,元金3,585円に対する平成3年11月1日から,元金3,591円に  対する平成3年12月1日から,元金3,597円に対する平成4年1月1日から,元金3,603円に対する  平成4年2月1日から,元金3,609円に対する平成4年3月1日から,元金3,615円に対する平成4  年4月1日から,元金3,621円に対する平成4年5月1日から,元金3,627円に対する平成4年6月1  日から,元金3,633円に対する平成4年7月1日から,元金3,639円に対する平成4年8月1日から,  元金3,645円に対する平成4年9月1日から,元金3,651円に対する平成4年10月1日から,元金  3,657円に対する平成4年11月1日から,元金3,664円に対する平成4年12月1日から,元金3,670  円に対する平成5年1月1日から,元金3,676円に対する平成5年2月1日から,元金3,682円に対  する平成5年3月1日から,元金3,688円に対する平成5年4月1日から,元金3,694円に対する平  成5年5月1日から,元金3,700円に対する平成5年6月1日から,元金3,707円に対する平成5年7  月1日から,元金3,713円に対する平成5年8月1日から,元金3,719円に対する平成5年9月1日か  ら,元金3,725円に対する平成5年10月1日から,元金3,731円に対する平成5年11月1日から,  元金3,738円に対する平成5年12月1日から,元金3,744円に対する平成6年1月1日から,元金  3,750円に対する平成6年2月1日から,元金3,756円に対する平成6年3月1日から,元金3,763  円に対する平成6年4月1日から,元金3,769円に対する平成6年5月1日から,元金3,775円に対  する平成6年6月1日から,元金3,781円に対する平成6年7月1日から,元金3,788円に対する平  成6年8月1日から,元金3,794円に対する平成6年9月1日から,元金3,800円に対する平成6年10  月1日から,元金3,807円に対する平成6年11月1日から,元金3,813円に対する平成6年12月1  日から,元金3,819円に対する平成7年1月1日から,元金3,826円に対する平成7年2月1日から,  元金3,832円に対する平成7年3月1日から,元金3,838円に対する平成7年4月1日から,元金  3,845円に対する平成7年5月1日から,元金3,851円に対する平成7年6月1日から,元金3,858  円に対する平成7年7月1日から,元金3,864円に対する平成7年8月1日から,元金3,871円に対  する平成7年9月1日から,元金3,877円に対する平成7年10月1日から,元金3,883円に対する平  成7年11月1日から,元金3,890円に対する平成7年12月1日から,元金3,896円に対する平成8  年1月1日から,元金3,903円に対する平成8年2月1日から,元金3,909円に対する平成8年3月1  日から,元金3,916円に対する平成8年4月1日から,それぞれ支払い済みまで100円につき1日3  銭の割合による金員を支払え。  3 訴訟費用は被告らの負担とする。  との判決並びに仮執行宣言を求める。 第2 請求の原因  1 原告は,訴外亡 C(以下「主債務者」という。)に対し,次の約定で住宅新築資金を貸し   付けた(以下「本件貸付」という。)。   本件貸付(甲1号証)   (1) 貸付金額 4,500,000円   (2) 貸付日 昭和55年11月11日   (3) 利率 年2パーセント   (4) 償還方法 元利均等償還により,昭和55年12月11日を初回とし,以後平成10年11月11日    まで毎月末金24,825円ずつ,216回に分割して償還する。ただし,初回の償還金は24,825円    とする。   (5) 違約金 償還期限の翌日から支払の日までの日数に応じ100円につき1日3銭の割合。  2 主債務者は,平成6年9月15日, 死亡し,本件貸付に基づく債務について,相続によって,   主債務者の配偶者である被告 A が2分の1,主債務者の長男である訴外亡 D(以下「長   男」という。)が6分の1,主債務者の長女である訴外 E(以下「長女」という。)が6分の   1,主債務者の二女である被告 B が6分の1をそれぞれ分割し,承継した(甲2号証~甲8   号証)。  3 長男は,平成10年2月15日,死亡し,相続によって承継した前項の債務について,配偶者及   び子がおらず,長男の父である主債務者がすでに死亡しているため,長男の母である被告 A   が,相続によって,承継した(甲9号証,甲6号証,甲7号証,甲10号証)。  4 主債務者及び相続人らは,本件貸付について,平成21年6月17日までに金3,872,700円を支払
      い,残元金が1,342,722円,未払いの約定利息146,778円となった(甲11号証)。  5 長女は,平成29年7月26日,相続によって承継した第2項の債務の残金248,250円を支払い,   本件貸付に基づく債務について,残元金が1,118,935円,未払いの約定利息122,315円となっ   た(甲12号証)。  6 主債務者及び被告らは,本件貸付について,平成2年12月分,平成3年5月分から平成8年3月   分までの償還金残金の支払いを怠った。  7 貸金の残額   本件貸付   (1) 被告  A (相続によって承継した債務)(甲13号証)    ア 元金 895,148円    イ 利息 97,852円    ウ 違約金 平成3年1月1日以降未払いの各償還期限の翌日以後,それぞれ支払済みまで100      円につき1日3銭の割合による金員   (2) 被告  B (相続によって承継した債務)(甲14号証)    ア 元金 223,787円    イ 利息 24,463円    ウ 違約金 平成3年1月1日以降未払いの各償還期限の翌日以後,それぞれ支払済みまで100      円につき1日3銭の割合による金員  8 よって,原告は,被告らに対し,本件貸付契約に基づき,請求の趣旨記載の支払いを求める。                                          以上                    証拠方法 1 甲1号証  住宅新築資金等貸借契約書並びに抵当権設定契約書 2 甲2号証  相続関係図(主債務者死亡後) 3 甲3号証  除籍謄本(戸主     ) 4 甲4号証  改製原戸籍謄本(戸主    ) 5 甲5号証  除籍謄本(筆頭者    ) 6 甲6号証  改製原戸籍謄本(筆頭者    ) 7 甲7号証  改製原附票(筆頭者    ) 8 甲8号証  平成29年2月7日付相続放棄等の申述受理について         (被相続人    ) 9 甲9号証  相続関係図(長男死亡後) 10 甲10号証  平成29年2月7日付相続放棄等の申述受理について         (被相続人    ) 11 甲11号証  計算書 12 甲12号証  計算書(相続人1名弁済後) 13 甲13号証  計算書(分割債務 その1) 14 甲14号証  計算書(分割債務 その2)                    付属書類 1 訴状副本 2通 2 甲号証(写し) 各3通 3 証拠説明書副本 3通(正本1通 副本2通) 4 代理人指定書 1通 ─────────────────────────────────────────── 議案第100号                  財産の取得について  日峯大神子広域公園(脇谷地区)整備事業に必要な土地を取得するにつき,地方自治法(昭和 22年法律第67号)第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき財産の取得又は処分に関 する条例(昭和39年小松島市条例第2号)第2条の規定により,議会の議決を求める。   平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………  ┌─────────┬──────────────────────────┐  │         │                          │  │ 取得する財産  │ 土地(別表のとおり)               │  │         │(1) 所在地  小松島市中田町字山ノ神,脇谷    │  │         │(2) 面 積  24,902.65m2        │  │         │                          │  ├─────────┼──────────────────────────┤  │         │                          │  │         │ 828,474,372円並びに小松島市土地開発  │  │ 取 得 金 額 │ 公社が先行取得した日から小松島市が取得する日ま  │  │         │ での利子及び事務費相当額             │  │         │                          │  ├─────────┼──────────────────────────┤  │         │                          │  │         │ 小松島市横須町1番1号              │  │ 取得の相手方  │ 小松島市土地開発公社               │  │         │ 理事長 孫 田   勤              │  │         │                          │  ├─────────┼──────────────────────────┤  │         │                          │  │ 取 得 期 間 │ 平成29年度から                 │  │         │ 平成34年度まで(6年間)            │  │         │                          │  └─────────┴──────────────────────────┘  別表  ┌───────────────────┬──────────────┬──────┐  │                   │    細   目     │      │  │       所   在       ├───┬──────────┤  摘要  │  │                   │ 地目│  面   積   │      │  ├──────┬──────┬─────┼───┼──────────┼──────┤  │小松島市  │字山ノ神  │1番地1 │ 田 │ 1,052.11m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │中田町   │字脇谷   │2番地2 │雑種地│   975.32m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │2番地3 │雑種地│    16.96m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │3番地1 │雑種地│   706.94m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │3番地6 │雑種地│   667.55m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │3番地7 │雑種地│   129.63m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤
     │      │字脇谷   │4番地2 │雑種地│    83.67m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │28番地 │雑種地│   564.02m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │29番地 │雑種地│   267.36m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │31番地 │雑種地│   613.57m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │33番地 │雑種地│ 1,380.18m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │34番地 │雑種地│   264.03m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │36番地1│ 田 │ 1,369.24m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │36番地2│ 田 │   169.05m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │38番地1│雑種地│ 1,132.37m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │38番地2│雑種地│   147.73m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │39番地2│ 田 │   852.07m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │40番地 │ 田 │ 1,151.08m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │41番地1│雑種地│ 2,665.64m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │41番地2│雑種地│   190.84m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │42番地1│ 田 │ 1,158.21m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │42番地5│ 田 │   274.02m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │43番地3│ 田 │    24.08m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │44番地1│ 田 │   373.41m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │44番地2│ 田 │    24.33m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │45番地1│ 田 │ 1,037.43m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │45番地2│ 田 │    70.52m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │46番地1│雑種地│ 1,175.20m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │46番地2│雑種地│    52.40m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │47番地 │ 田 │ 1,625.17m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │48番地 │ 田 │ 1,607.56m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │49番地 │ 田 │ 1,883.76m2│      │  │      ├──────┼─────┼───┼──────────┼──────┤  │      │字脇谷   │50番地 │ 田 │ 1,197.20m2│      │  ├──────┴──────┴─────┴───┼──────────┼──────┤  │         合   計         │24,902.65m2│      │  └───────────────────────┴──────────┴──────┘ ─────────────────────────────────────────── 議案第101号                 市道路線の変更について  道路法(昭和27年法律第180号)第10条第2項の規定に基づき,市道路線を別紙のよう に変更する。   平成29年12月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………  路線名及び路線の区間 ┏━━━┯━━━━━━━┯━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━┯━━━━━━┓ ┃整 理│       │  │           起 点 │重要な │      ┃ ┃番 号│  路線名  │新旧│区 間            │経過地 │  備考  ┃ ┃   │       │  │           終 点 │    │      ┃ ┠───┼───────┼──┼───────────────┼────┼──────┨ ┃   │       │  │金磯町字土手町1番4の地先  │    │      ┃ ┃   │       │新 ├───────────────┤    │      ┃ ┃   │       │  │金磯町字弁天前46番4の地先 │    │      ┃ ┃3308 │ 金磯8号線 ├──┼───────────────┤    │      ┃ ┃   │       │  │金磯町字土手町1番3の地先  │    │      ┃ ┃   │       │旧 ├───────────────┤    │      ┃ ┃   │       │  │金磯町字土手町50番の地先  │    │      ┃ ┠───┼───────┼──┼───────────────┼────┼──────┨ ┃   │       │  │金磯町字土手町9番3の地先  │    │      ┃ ┃   │       │新 ├───────────────┤    │      ┃ ┃   │       │  │金磯町字土手町1番2の地先  │    │      ┃ ┃3309 │ 金磯9号線 ├──┼───────────────┤    │      ┃ ┃   │       │  │金磯町字土手町9番3の地先  │    │      ┃ ┃   │       │旧 ├───────────────┤    │      ┃ ┃   │       │  │金磯町字土手町9番2の地先  │    │      ┃ ┠───┼───────┼──┼───────────────┼────┼──────┨ ┃   │       │  │日開野町字崎田31番1の地先 │    │      ┃ ┃   │       │新 ├───────────────┤    │      ┃ ┃   │       │  │日開野町字川村塚71番地先  │    │      ┃ ┃3027 │ 日開野27号線├──┼───────────────┤    │      ┃ ┃   │       │  │日開野町字崎田31番1の地先 │    │      ┃ ┃   │       │旧 ├───────────────┤    │      ┃ ┃   │       │  │日開野町字川村塚64番1の地先│    │      ┃ ┗━━━━━━━━━━━┷━━┷━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━┷━━━━━━┛ ─────────────────────────────────────────── 報告第18号                 専決処分の報告について
     地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により,平成29年度小松島 市一般会計補正予算(第3号)を別紙のとおり専決処分したので,同条第2項の規定により報告 する。   平成29年12月5日報告                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………           平成29年度小松島市一般会計補正予算(第3号)  平成29年度小松島市一般会計補正予算(第3号)は,次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ18,906千円を追加し,歳入歳出予算の総  額を歳入歳出それぞれ15,691,703千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金  額は,「第1表 歳入歳出予算補正」による。   平成29年9月29日 専決第9号                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………                第1表 歳入歳出予算補正  歳 入                                (単位:千円) ┏━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓ ┃    款     │    項    │補正前の額 │ 補正額  │  計   ┃ ┠──────────┼─────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃15 県 支 出 金  │         │  1,129,041│   18,906│  1,147,947┃ ┃          ├─────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │3 県 委 託 金 │   68,594│   18,906│   87,500┃ ┠──────────┴─────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃     歳  入  合  計     │ 15,672,797│   18,906│ 15,691,703┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛  歳 出                                (単位:千円) ┏━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓ ┃    款     │    項    │補正前の額 │ 補正額  │  計   ┃ ┠──────────┼─────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃2 総  務  費  │         │  1,479,898│   18,906│  1,498,804┃ ┃          ├─────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃          │4 選  挙  費 │   14,647│   18,906│   33,553┃ ┠──────────┴─────────┼──────┼──────┼──────┨ ┃     歳  出  合  計     │ 15,672,797│   18,906│ 15,691,703┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛ ─────────────────────────────────────────── 報告第19号            専決処分の報告について(損害賠償額の決定)  地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により,別紙のとおり専決処 分したので,同条第2項の規定により報告する。   平成29年12月5日報告                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………                 損害賠償額の決定について  公用車運転中の事故に関し,市の義務に属する損害賠償額を次のとおり決定する。 損害賠償額    1,108,058円 相 手 方    小松島市日開野町在住の女性 事故発生年月日  平成29年3月14日 事故発生場所   小松島市神田瀬町12番3号地先 事故の概要  ごみ収集のため,本市環境衛生センター塵芥処理車両が小松島市神田瀬町12番3号地先の開 発道路を北に向かって走行していたところ,同開発道路と交差する市道を自転車で西側方面に走 行していた相手方の子と塵芥処理車両の後方左側部分が接触し,相手方の子が転倒したもの。   平成29年10月3日 専決第10号                               小松島市長 濱 田 保 徳 ─────────────────────────────────────────── 報告第20号            専決処分の報告について(損害賠償額の決定)  地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により,別紙のとおり専決処 分したので,同条第2項の規定により報告する。   平成29年12月5日報告                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………                 損害賠償額の決定について  公用車運転中の事故に関し,市の義務に属する損害賠償額を次のとおり決定する。 損害賠償額    63,676円 相 手 方    徳島市川内町在住の女性 事故発生年月日  平成29年10月16日 事故発生場所   小松島市日開野町字勝久25番地先横断歩道 事故の概要  前方を走行する相手方車両の左折時,その急ブレーキに対応できず,相手方車両後方部右側面 と,公用車前方部左側面が接触したもの。   平成29年11月6日 専決第11号
                                  小松島市長 濱 田 保 徳 ─────────────────────────────────────────── 報告第21号            専決処分の報告について(損害賠償額の決定)  地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により,別紙のとおり専決処 分したので,同条第2項の規定により報告する。   平成29年12月5日報告                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………                 損害賠償額の決定について  物損事故に関し,市の義務に属する損害賠償額を次のとおり決定する。 損害賠償額    3,780円 相 手 方    小松島市横須町在住の男性 事故発生年月日  平成29年10月28日 事故発生場所   小松島市日開野町字高須4番地の8地先 事故の概要  市道にアスファルトの欠損が生じており,同所を通過した相手方車両が衝撃により,ハンドル 位置にズレが生じたもの。   平成29年11月13日 専決第12号                               小松島市長 濱 田 保 徳 ─────────────────────────────────────────── Copyright (C) 2005 Komatsushima City Assembly, All Rights Reserved....