8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

宇都宮市議会 2018-12-10 平成30年第5回定例会(第4日目12月10日)

3点目は、本市のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みについて伺います。  SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択され、2030年までに目標を達成するために国内政策として取り組むよう、国連加盟国193カ国に求めた持続可能な開発目標のことで、17の目標、160の達成基準、230の指標から成る国際目標です。  

宇都宮市議会 2018-09-07 平成30年第4回定例会(第3日目 9月 7日)

これまでの取り組みの再構築、新たな仕組みの導入が打ち出されており、現場からの豊富なリアルデータによる課題の見える化と革新的技術の活用による課題解決によってSociety5.0を実現し、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に寄与するとされています。  そこで伺います。  

矢板市議会 2018-06-04 平成30年  6月 定例会(第351回)-06月04日−02号

日本の食品ロスは毎年621万トン、このうち120万トンが外食産業から発生しており、その一方では貧困状態にある子どもは7人に1人、世界でも栄養不足の人々が大勢おり、国連の持続可能な開発目標(SDGs)で食料廃棄の半減が定められるなど、食品ロス削減は、世界的な課題となっております。  矢板市においても、外食産業の飲食店と利用者双方の意識向上を図るため、さらなる具体策を講じていく必要があります。  

那須塩原市議会 2018-02-28 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月28日−04号

「誰一人取り残さない」を理念に国連加盟国192カ国の総意により採択された2030年までの達成を目指す持続可能な開発目標、SDGs。そこに掲げられた17の目標は、1番から順に「貧困をなくそう」、「飢餓をゼロに」、「すべての人に健康と福祉を」、「質の高い教育をみんなに」となっており、子どもの貧困と機会格差の解消に絡む項目が4番までを占めています。

小山市議会 2017-02-17 平成29年  2月定例会(第1回)-02月17日−02号

5.水害地区の被災者住宅復旧支援について  ││   │ │       │       │ (1) 対象世帯の申込進捗について      ││   │ │       │       │ (2) 残された課題について         │├───┼─┼───────┼───────┼──────────────────────┤│   │ │       │       │1.持続可能な開発目標(SDGs

小山市議会 2017-02-01 平成29年  2月定例会 一般質問通告一覧表-一般質問通告一覧表

について   ① 内部監査について   ② 行政の責任について   ③ 転居者の負担軽減について 4.地域コミュニティーについて  (1) 立木地区外国人居住について   ① 外国人居住者の安全について   ② 地域住民との懇親について 5.水害地区の被災者住宅復旧支援について  (1) 対象世帯の申込進捗について  (2) 残された課題について8公明党議員会荒 川 美代子1.持続可能な開発目標(SDGs

  • 1