154件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日光市議会 2021-06-14 06月14日-一般質問-04号

3番目、「SDGs推進について」、当市取組についてお伺いいたします。誰一人取り残さない持続可能な未来をつくるため、国連SDGsを掲げたのが2015年9月です。2018年3月に本市の取組について一般質問をいたしました、それから3年がたった今、当市の現在の取組についてお伺いいたします。 ○生井一郎議長 答弁を願います。  近藤 好企画総務部長

那珂川町議会 2021-06-11 06月11日-03号

見直しのポイントといたしましては、持続可能な開発目標SDGs視点等の盛り込みの検討をはじめ、環境を取り巻く社会情勢の変化への対応や、主な取組成果指標見直し等を行ったものでございます。また、見直し時には、大学の教授等、外部の委員を含めて組織します那珂川市環境審議会において審議をいただいたところでございます。以上でございます。 ○議長高原隆則君) 吉野議員

那須町議会 2021-06-08 06月08日-03号

SDGs理念町民一人ひとりが意識して改革をしていかなければ、理念を定めた意味がありません。行動に移すことが大事であります。 ⑤の質問です。防災・減災取組を促進するためには、地域のつながりが重要になる。移住者地域コミュニティーへ参加しやすくするための町の取組をお聞きいたします。 ○議長池澤昇秋君) 総務課長

塩谷町議会 2021-06-07 06月07日-02号

これを策定するに当たってはSDGsで、この3番、誰もが健康と福祉を提供しましょうというこの理念に基づいてつくっているわけですが、どうしてその園児の健康というのが入っていないのかお尋ねします。 ○議長冨田達雄君) 保健福祉課長。 ◎保健福祉課長磯京子君) もちろん、保育をするに当たりましてのいろんな条件がございますけれども、園児の健康が真っ先に一番重要なものだとは私も考えております。

那須町議会 2021-06-07 06月07日-02号

地域循環共生圏の副題は、「日本初の脱炭素化SDGs構想」となっており、地球温暖化対策にも関連するものであるため、取り上げたいと思います。 ①の質問に入ります。チーム設立から約2年がたっていますが、チーム創設後の具体的な活動について説明を願います。 ○議長池澤昇秋君) 企画財政課長。 ◎企画財政課長池沢秀勝君) それでは、お答えいたします。 

那須塩原市議会 2021-03-18 03月18日-08号

こうした死亡に至る事例は、当事者個人の努力では解決することができない、貧困など社会的につくり出された早過ぎる死は、セーフティーネットからこぼれ落ちている実態を国が責任を持って明らかにし、至急なくさなければならないもので、国連SDGsの精神からも見逃せません。 反対する第2の理由は、5款財政調整基金の問題です。基金利子積立金25万4,000円の計上もあります。

下野市議会 2021-03-18 03月18日-07号

続いて、他の委員から、「各項目SDGs目標に対して、貢献度を検証する場はどこで設けるのか」との質疑があり、執行部答弁は、「各種施策を確実に実行・推進していくことが重要であり、施策推進SDGs目標につながっていくと考える」とのことでした。 本案については、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 

壬生町議会 2021-03-17 03月17日-03号

地方歳出重点項目として、次世代型行政サービス電子行政)、公共施設等適正管理推進事業のうち、集約化複合化長寿命化、転用、立地適正化ユニバーサルデザイン化事業等地方創生において自治体各種計画SDGsを反映し、策定、改定する推進事業等が挙げられています。いずれも地方債による財政措置が講じられるようですが、対応を伺い、1件目の最後といたします。 ○議長赤羽根信行君) 総務部長。     

足利市議会 2021-03-12 03月12日-一般質問-04号

交通問題について、SDGsを確認しますと、目標11、住み続けられるまちづくりをの中に、ターゲットの一つとして2030年までに女性や子供、障がいのある人、お年寄りなど弱い立場にある人々が必要としていることを特によく考え、公共交通手段を広げるなどして全ての人が安い値段で安全に持続可能な交通手段を使えるようにするとあります。  そこで、市長に再質問いたします。

真岡市議会 2021-03-02 03月02日-03号

国連の持続可能な開発目標であるSDGsは、ジェンダー平等の実現を掲げており、性的少数者への差別や不平等をなくすことは、国際的な潮流であり、共生社会人権尊重に対する自治体の姿勢を示すものとして、制度を捉える必要があります。誰一人取り残さない社会実現に向け、導入をお考えいただきたいと思います。  3件目の質問は、女子生徒の制服へのスラックスの導入についてでございます。

那須塩原市議会 2021-03-02 03月02日-03号

企画部長小出浩美) 今後の取組ということでございますけれども、令和3年度につきましては、令和2年度に中止になった事業を実施させていただきたいというところでございまして、また新たな取組としまして、令和2年度からSDGsを取り込んだ事業というものも募集しておりまして、そういった新たな業務も進めてまいりたいということでございます。 ○議長吉成伸一議員) 10番、佐藤一則議員

真岡市議会 2021-03-01 03月01日-02号

SDGs理念である誰一人取り残さないを実現するには、自殺者をなくすということが大きな課題になっています。誰も孤立させない地域コミュニケーションづくりが重要かつ大切なのではないかというふうに思います。ここでお伺いいたします。現在、自ら命を絶たないようどのような対策支援活動をしているのでしょうか。また、それでも真岡市の自殺死亡者数の経過はどのようになっているでしょうか。  

那須塩原市議会 2021-03-01 03月01日-02号

今日、質問させていただいたデジタル・ガバメント、あとコロナ禍セーフティーネット、それとあと、この産業支援、このいずれも、いわゆるSDGsですよね。これの基本理念である誰一人置き去りにしないと、そういうことを念頭にこういった事業は今後推進していただくことを強く要望して私の質問を終わりたいと思います。 ありがとうございました。

佐野市議会 2021-02-26 02月26日-一般質問-04号

なお、民間での活動となりますが、飛駒地区におきましては、NPO法人を中心とした団体でございます地域SDGs推進ネットワークにおきまして、地域の方との意見交換等が行われ、小さな拠点をテーマとした地域活性化プランづくりも進められているところでございます。  以上でございます。 ○議長春山敏明) 久保議員。 ◆15番(久保貴洋) 進捗状況については、よく分かりました。

佐野市議会 2021-02-24 02月24日-議案質疑・委員会付託-02号

次に、「美しい自然、環境と調和するまちづくり」で、ポストコロナに向け注力すべき点、期待される効果、まちの将来像はとのお尋ねでございますが、持続可能な開発目標、いわゆるSDGsに基づく地域社会を目指し、コロナ禍にあっても3Rを推進することが重要であると考えております。また、コロナ禍だからこそ、自宅で過ごす時間が増えますことから、「COOL CHOICE」を推進するチャンスでもございます。