36件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-06-05 市貝町議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月05日−01号 農村レストランにつきましては、他の道の駅との差別化は当然ですけれども、一流ホテルのシェフを呼んで、イタリアン料理とかフランス料理って食べたこと、フランス料理ってあるんですか、そういう料理を食べるんではなくて、市貝町の特産品、サシバが日本一子育てするこの地域で、無農薬、無化学肥料、そういうものやJETや養豚も今度始まりますんで、そういう当町にしかないものをメニューに加えながら、また郷土食なども加えながら もっと読む
2018-03-15 下野市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月15日−06号 続いて、2款1項14目自治振興費における国際交流事業について、委員から、「次期の国際交流員の予定について」質疑があり、執行部の答弁は、「国の制度であるJETプログラムを利用し、派遣申請をしている段階である」とのことでした。  続いて、2款3項1目戸籍住民基本台帳費について、委員から、「南河内窓口LAN配線・電話線移設及び南河内図書館現況復旧の工事請負費が計上されている。 もっと読む
2017-09-05 益子町議会 平成29年  9月 定例会(第154回)-09月05日−一般質問−01号 外国語教育に関して結構進んでいるところ、ご存じだと思いますけれども、ALTの派遣を推進してくれるJETプログラムというやつがあるらしくて、これって交付金で補填されるらしいのです。ALTを増員するのですけれども、このプログラムで入るとALT増員した分のどれぐらいを、まだちょっと調べが足りないのですが、これというのはどちらかで情報入っていらっしゃいますでしょうか。 ○議長(髙野美晴) 岡教育長。 もっと読む
2017-06-08 市貝町議会 平成29年  6月 定例会(第4回)-06月08日−03号 大手のJETファームとか、そういう大手なんかはすごく補助金の条件がいいと。結局弱い人たちには余り恩恵のないものが多いんです。ですから、できるだけ農業予算も、TPPとの絡みもあってふやしているわけですね。いわゆる国内自給率を衰退させない。そのためにあの手この手で今、ばらまき的に感じますけれども、やっている。  だから、その農業の計画性というものが日本の場合ほとんどないんですね。 もっと読む
2017-06-07 市貝町議会 平成29年  6月 定例会(第4回)-06月07日−02号 とりあえず、買い物難民のお話も出ましたけれども、この後関澤議員から道の駅のご質問もあるかと思うんですが、道の駅をさらに充実させるということで、買い物難民に対しては、これからJETから食肉の供給も考えられていまして、魚だけがないわけですけれども、魚については支配人が茨城の業者との話も進めていたようですが、終わってしまいましたが、肉も今度入ってまいりますので、非常に総合的な道の駅のような形になってきます もっと読む
2016-09-09 那須塩原市議会 平成28年  9月 定例会(第4回)-09月09日−06号 この市政報告書の中で、要はALTの契約の仕方というか、直接雇用それから派遣という形でJETのプログラム等を利用しているんだと思うんですが、実際に雇用する中で、ここに数字が出ているのは、直接雇用に関しては7名で、それから派遣ALTとして27名という数値が出ています。これは例えば3カ月でやめてしまったとか、半年でやめてしまったとか、そういう事例というのはあるんでしょうか。 もっと読む
2016-06-14 小山市議会 平成28年  教育経済常任委員会-06月14日−02号 もう一人がシンガポールからのJETプログラムの派遣となっております。  現在20名のALTを雇用して、市内38小中学校を訪問しております。ちなみに、今年度新規で雇用した者は6名で、その多く、5名がアメリカ合衆国、そしてカナダが1名となっています。   もっと読む
2016-06-09 那須塩原市議会 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月09日−04号 また、それ以外にこれまでも直接雇用をしてきたわけでありますので、いわゆる国が進めておりますJETを活用したという部分とは大きく違っております。先ほど議員おっしゃったとおり、質を高めていくという部分につきましては、正直申し上げまして、JETの場合には国から割り振られた人が来るということでございますので、そのスキルアップをどう図っていくかというのがなかなか計画的には進められないという部分がございます。 もっと読む
2016-03-04 小山市議会 平成28年  予算審査常任委員会-03月04日−02号 内訳は、オーストラリアケアンズからの国際交流員、通称CIRと申しておりますが、こちらが3名、それからJETプログラムによるシンガポールから招聘していますのが1人、それから小山市で直接雇用しておりますのが残りの人数でございます。14名です。  このうち中学校のほうにCIR3名、それからJETプログラム1名、そして直接雇用の人間ということで入れてございますが、4名ですね、8名です。 もっと読む
2015-03-16 佐野市議会 平成27年  予算審査特別委員会-03月16日−議案質疑−02号 以前は業務委託ですとかJETプログラムですか、そのような形で任用していたところですが、文部科学省からの通知によりまして請負契約では余り学校としてはなじまないというような話もありまして、学校教育課のほうで直接雇用というような形をとることにいたしました。 もっと読む
2015-03-06 小山市議会 平成27年  予算審査特別委員会-03月06日−02号 ◎中島利雄学校教育課長 途中ですので、もちろんオーストラリアのほうにできるのかどうかということも尋ねはしましたが、平成27年度から1名、CIRにかわってJETプログラムを使うということが、済みません。JETプログラムを使って平成27年から人を入れる予定になっておりましたので、そこのところはCIRのほうの補充はできませんでした。 ○小川亘委員長 大山議長。 もっと読む
2014-06-11 足利市議会 平成26年  6月 定例会(第2回)-06月11日−一般質問−03号 近年では英会話学校やJETのような委託業者からの採用が多くなってきています。しかし、私は姉妹都市スプリングフィールドからのALTの採用はそれなりの大きな意義があると考えています。姉妹都市からのALTの採用については経費が割高になると考えられますが、それについてはもう少し経費削減を考慮し、研究する必要があると思います。    もっと読む
2013-12-18 市貝町議会 平成25年 12月 定例会(第8回)-12月18日−02号 JETファームの監査役もやっているということでございますが、確かに経理事務所なりそういうものをやっていただくというのは当然ありがたいわけですけれども、実際忙しくて回らないというようなことはないのかどうか。いわゆる例月監査があるわけですけれども、そういう点も話し合われてここへ提案されたと思うので、それらの点についても含めて十分機能を果たしてもらいたいという意味で私が質問をしているわけです。 もっと読む
2013-12-04 益子町議会 平成25年 12月 定例会(第134回)-12月04日−一般質問・議案説明・質疑・討論・採決−03号 それから、雇用につきましては町に外国人が住んでいるので、直接採用、直接雇用と、そういうことを樋山議員のほうでおっしゃっているのかなと思いますが、益子町では10年ほど前までは、現在の派遣会社とは別にJETプログラムという自治体国際化協会という栃木県あるいはこれは日本全国でALTを派遣していただいていたJETプログラム、これを活用していました。 もっと読む
2012-12-05 市貝町議会 平成24年 12月 定例会(第8回)-12月05日−02号 また、総括質問の中でも話を入れましたが、全国規模の大きい町内のJETファームさん、刈生田にございますが、JETさんの生乳は、25頭ダブル・ミルキングパーラーで搾乳し、1日に約50トンを生産しています。生産した生乳は全部、酪農とちぎ農業協同組合に出荷され、関東生乳販連を経由して、各乳業メーカーをメーンに、タカナシ乳業さん、それから針谷乳業さんに販売しているそうです。 もっと読む
2011-09-22 壬生町議会 平成23年  9月 定例会(第3回)-09月22日−04号 まず一点目、外国語指導助手配置事業につきましては学校教育課所管となり、外国語教育や国際交流のため、政府や自治体、国際化協会が海外の若者を地域に派遣するJETプログラム、語学指導等を行う外国青年招致事業から、民間企業のハードコーポレーションに業務委託したことで問題はないか確認いたしました。   もっと読む
2011-09-12 下野市議会 平成23年  9月 定例会(第3回)-09月12日−04号 ついては、契約形態を見直し、JETプログラム活用、直接雇用、労働者派遣契約など、適切な対応をお願いするという趣旨であります。つまり、現状では全国で700近いと記憶していますが、700近い市町村が業務委託という形でALT配置をしているようですが、この業務委託契約はよろしくないという文部科学省の通知であります。   もっと読む
2010-03-08 佐野市議会 平成22年  予算審査特別委員会-03月08日−議案質疑−02号 それから、ALTの外国青年英語指導助手事業のところなのですけれども、181ページですか、それとあと中期基本計画のほうの18ページのところにも載っていたので、ちょっといろいろ比較してみたのですけれども、22年度は途中でJETプログラムの人がいなくなるということで、確かにJETプログラムの場合は旅費がこちら持ちで若干高くはなるのですけれども、国のほうからある程度援助があったので、実際にはそんなに丸々600 もっと読む
2010-03-05 佐野市議会 平成22年  予算審査特別委員会-03月05日−議案説明・質疑−01号 まず初めに、JETプログラムの外国青年英語指導助手指導事業費ですが、これにつきましては8月が入れかえになるということで、JETプログラムのほうのそこまでということでやめにします。1名減となります。そして、9月からの新しいところで民間のほうでということで、その2つ下にあります民間業者委託ということを今現在8名のところを9名にふやして、この予算でできるということでやっております。   以上です。 もっと読む
2009-09-14 佐野市議会 平成21年  決算審査特別委員会-09月14日−議案質疑−02号 それから、88ページのところなのですけれども、88ページのところにこれはJETプログラムがあるのですけれども、これは民間委託でやっているものは別として、JETプログラムと、あとランカスターのほう、特にJETプログラムなんかは国のあれですから、予算の中では一般財源からは出ているのですけれども、これ国のほうからの支援というのはどのぐらい実際来ているのでしょうか。 ○委員長(金子保利) 学校教育課長。 もっと読む
  • 1
  • 2