743件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

足利市議会 2021-03-10 03月10日-一般質問-02号

ICTの進展と普及により、子供たちを取り巻く情報通信環境は目まぐるしく変化しており、誰もが時間や場所の制限なく、いつでもどこでも情報を受けたり、発信したりして、世界中の人ともつながることができるようになりました。その反面、インターネット上での心ない書き込みなどによって傷つき、尊い命を自ら絶ってしまうという痛ましいことも起きております。

壬生町議会 2021-03-03 03月03日-02号

その中に少子高齢化に伴う人口減少関係自然災害への対応、あるいはICTの積極的な活用、あとはこの庁舎跡地活用方法等課題対応する予算定住促進、あるいは新たな企業進出のための環境整備、こういった事業もございますので、その辺をバランスを取りながら予算を編成したというような認識でございます。 ○議長赤羽根信行君) 小牧議員

那珂川町議会 2021-03-01 03月01日-05号

全体的には市民税法人税などの税収が減収となる中で、学校におけるICT教育環境やスクールソーシャルワーカーの増員などの教育関連予算、また妊婦歯科健診や骨粗鬆症重症化予防などの健康づくりに向けた予算計上など、評価できるものとなっています。厳しい財政状況の中で市民生活をより充実させるための予算編成となっていることを評価し、議案第26号令和3年度那珂川市一般会計予算について賛成するものであります。

佐野市議会 2021-02-26 02月26日-一般質問-04号

教育長津布久貞夫) GIGAスクール構想による学校でのICT活用メリットでございますが、今までの授業では実現できなかったことが簡単にできるようになる、これが一番のメリットと考えております。例えばですが、国語の時間に1人1台の端末を利用すれば、朗読を録音したものにBGMや背景を挿入することにより、登場人物の気持ちを表現したプレゼンテーションを作ることができます。

足利市議会 2021-02-26 02月26日-議案提案説明-01号

これらに加えて、令和4年に開催されるいちご一会とちぎ国体・いちご一会とちぎ大会啓発事業リハーサル大会の開催、デジタル化による行政サービス向上事務作業効率化を図るためのICT推進事業、さらにはスマートウェルネスシティの推進により、市民誰もが健康で安心して生活できるまちづくりを目指します。  

佐野市議会 2021-02-25 02月25日-一般質問-03号

インキュベーション施設等を取り巻く現状といたしましては、新型コロナウイルス感染症影響により、ICT等を活用した新しい働き方への取組が急速に進んでいることから、本市にとってもこの状況を追い風と捉え、新たにテレワークのできるオフィスやコワーキングスペース等環境整備運営を行う事業者向けに新しい働き方環境整備費補助金も創設させていただきました。  

壬生町議会 2021-02-25 03月02日-01号

学校関係では、1人1台の端末を用いて学習するGIGAスクール構想をさらに推進するために、ICT支援員を配置し、児童生徒端末活用して、自身が掲げた学習課題を解決する支援をいたします。また、低年齢層からネイティブな英語に触れる機会を数多く持てるALT活用授業に取り入れる外国語活動支援して、国際理解教育を図ってまいります。 

那珂川町議会 2021-02-16 02月16日-03号

次に、健やかで生きる力を持った子どもが育つまちをつくるについて、ICT教育推進していくことにより、協働的学び推進していくとしていますが、協働的学び推進していくためには、教員学級経営能力ICT活用能力などのスキルアップが求められています。そのためには、教員へのICT活用指導力に対するさらなる支援と、学校業務負担軽減が必要であると思われますが、いかがお考えでしょうか。

足利市議会 2020-12-22 12月22日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

これは、新型コロナウイルス感染症影響による9月入学に対して日本教育学会が提言を出したものですが、その中において、小学校中学校高校におけるおよそ10万人の教職員増ICT支援員学習指導員小学校中学校高校に約13万人配置した場合の必要な予算を約1兆円と試算しています。

鹿沼市議会 2020-12-11 令和 2年第6回定例会(第5日12月11日)

本市といたしましても、国の方針に基づき、学習指導要領で求められている情報活用能力等資質能力の育成のために、1人1台のタブレット校内LAN等の「ハード面整備」に加えて、「ソフト面整備」、「指導体制充実」、この三位一体の取り組みを進めて、ICT活用した学習活動充実を図ってまいりたいと考えております。  

足利市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

コロナ禍において、学校ICT化の取組が急速に進んでいます。本市においても令和2年3月中旬までに市立小中学校の全児童生徒タブレット端末が1人1台導入され、学校の校舎だけでなく市内の公共施設にもWi―Fi環境整備される見込みで、タブレット端末を利用した授業オンライン環境を利用した取組が今後増えていくと考えられます。  

那珂川町議会 2020-12-11 12月11日-03号

本市もICTに力を入れ、全校児童生徒に1人1台のタブレットを貸与できることとなっており、そこで考えなくてはならないのは、本市が児童生徒に貸与するタブレットオンラインゲームやSNSができないようにセキュリティーがしっかりかかっているもので、そのような使い方ができないものではあるが、電源の入れ方、操作方法児童生徒が習得できることを予知しなくてはなりません。