4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

高根沢町議会 2018-02-28 平成30年  3月 定例会(第385回)-02月28日−02号

一方、栃木県においては、平成28年9月にとちぎFCV(燃料電池自動車)普及促進研究会)を設立したところです。この研究会は、国や県、水素供給事業者、自動車メーカーなどで構成されており、これまでに4回の研究会を重ね、委員からは乗用車以外のFCバスやFCフォークリフト等の記載も重要、目標年度、目標値の設定については十分な検討が必要等と活発な議論がなされているとのことです。  

佐野市議会 2017-09-15 平成29年  決算審査特別委員会-09月15日−議案質疑−02号

◎環境政策課長(川俣浩) ただいまのご質疑の中の水素というふうなことは、よく言われるFCVですか、水素を燃料とした自動車のことかと考えますけれども、そちらにつきましてもCO2削減には大変有効なものであるとは考えております。今後この補助制度の中でそういったものを対象にしていくという点については検討させていただきたいと考えております。   以上です。 ○委員長(篠原一世) 川嶋委員。

宇都宮市議会 2014-12-04 平成26年第6回定例会(第2日目12月 4日)

3点目に、モビリティの環境負荷低減対策についてお伺いいたしますが、ネットワーク型コンパクトシティ形成ビジョンを策定しているこの時期を踏まえれば、LRTやバスネットワーク、EV・PHV等の電気自動車や次世代の燃料電池自動車FCVなどの普及促進、さらには、レンタサイクルや自転車のまちとの連動など、多様なモビリティの連携による環境負荷低減対策を充実させていくべきと考えますが、市の考えをお伺いいたします。

  • 1