運営者 Bitlet 姉妹サービス
251件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第5日目12月11日) また、近年は、少子・超高齢化等に加えて、国内外からの観光客の増加や、高度なIC技術の活用による自動運転技術の進歩、そして、国によるSociety5.0の推進など、交通を取り巻く環境が大きく変化をいたしております。  現在、誰もが移動しやすい公共交通ネットワークの構築に向け、本市の交通政策全体の方針となる宇都宮都市交通戦略の改定を進めていると伺っております。 もっと読む
2018-12-10 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第4日目12月10日) もし鉄道に高速道路のスマートインターチェンジのような交通ICカードを利用して、自動改札により乗降させる無人駅、スマートステーションを導入すれば、初期投資と運用経費を抑えることができるでしょう。  そこで伺います。   もっと読む
2018-12-07 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−06号 県の被害調査によりますと、震災直後の被害状況は、生乳の廃棄が約400、その被害額は約4,000万円となっております。  次に、(3)の本市の酪農家の危機管理体制における自家発電装置の現状などについてお答えをいたします。  市内4つの酪農協によりますと、これら組合に所属する農家264戸のうち、121戸において自家発電装置等を備えております。   もっと読む
2018-12-06 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第2日目12月 6日) また、トランジットセンターの整備など、ハード整備のみならず、ソフト面につきましては、公共交通の運賃負担の軽減を図ることが重要でありますことから、現在、乗り継ぎ割引や上限運賃制度などにつきましても、交通事業者とともに検討しているところであり、バス事業者が目指しております2021年春の路線バスへの交通ICカードの導入とあわせたサービスの展開が可能となるよう取り組んでまいります。   もっと読む
2018-12-05 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第2日12月 5日) では、次が、新学習指導要領に対応できるIC機器の選定及び整備についてであります。   もっと読む
2018-09-07 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第3日目 9月 7日) 3Dプリンター、VR、ドローン等の最先端科学機器につきましては、昨今の急激なIC技術の進展に伴い、教育分野における活用の有用性が広く認識されてきており、教育とテクノロジーを融合させた新しいイノベーションを起こす可能性が指摘されているところであります。   もっと読む
2018-09-06 鹿沼市議会 平成30年第4回定例会(第3日 9月 6日) その中で、その能力の育成を図るため、学校のIC環境を整備し、ICTを活用した学習活動を充実させることが明記され、小学校においてはプログラミング教育が必修化されました。   もっと読む
2018-09-06 野木町議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月06日−02号 初めに、(1)新学習指導要領の実施に向けたIC環境の整備と活用について伺います。  今回の改正の要点の筆頭に挙げられていることは、資質能力の育成を目指す、主体的、対話的で深い学びです。そのために言語活動や体験活動、ICT等を活用した学習活動の充実とともに、新たにプログラミング教育が必修となりました。 もっと読む
2018-06-18 宇都宮市議会 平成30年第2回定例会(第4日目 6月18日) 今後、IC人材難などの理由でICT化推進能力に乏しい中小企業の活性化に寄与するため、研修を含む支援策をどのように周知するか、市長の御見解を伺います。  産業振興策の2番目は、外国人観光客の受入態勢強化についてです。   もっと読む
2018-06-12 真岡市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月12日−議案質疑、一般質問−03号 鳥獣被害対策に使うIC機器は、わなを遠隔操作、監視する機器、鳥獣が入ると自動的に扉が閉まる機器、動態を把握するセンサーつきカメラなどがあります。捕獲にICTを使う30市町村を調査したところ、効果ありと答えたのは20自治体、効果なしと答えたのは5自治体だったのであります。そのほか大量の捕獲につながったなどの報告があったとのこと。 もっと読む
2018-06-11 大田原市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月11日−開会、議案等上程、説明、質疑、採決 さらにまちづくりにおいては小中一貫教育、ICTの活用、公共交通を初めとする生活インフラの整備充実、バイオマス産業都市の推進等々、また人づくりでは、市民がともに生きる共生社会、生涯活躍社会の実現、豊かな国際性と郷土愛持った人材の育成等々、また仕事づくりにおいては、商工農林とバランスのとれた産業、高い教育力と道徳、高度な医療と福祉など地域資源を生かした働く場の創出等々の目標が示され、効率的な行政運営、IC もっと読む
2018-06-07 高根沢町議会 平成30年  6月 定例会(第387回)-06月07日−02号 現在のIC技術は日々進歩し、ネット環境の普及も著しく、子どもから高齢者の方まで世代間を問わず利用されております。また、さまざまなアプリが開発され、日常生活にとっても便利なツールも多くあり、多くの方がそれぞれに合った利活用をしている現状であります。 もっと読む
2018-06-04 那須塩原市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月04日−02号 平成26年度の調査におきましては、本市の小中学校の合計は52.5%でございましたが、その後、IC機器の整備を進めた結果、平成29年度の調査におきましては73.3%というふうに上昇いたしました。   もっと読む
2018-06-01 真岡市議会 平成30年  6月定例会 一般質問-質疑・一般質問通告書 市   長4.鳥獣被害対策について①総務省の調べで、鳥獣捕獲に情報通信技術(IC)を活用している市町村のうち、捕獲での効果をあげているのは7割に上ることが分かった。見回りの負担軽減でも9割が効果があるとしている。現在、真岡市にICTを活用してイノシシ等の捕獲を行っている人はいるのか。 70市   長②今後ICTの活用を推進してはどうか。 もっと読む
2018-03-23 那珂川町議会 平成30年第1回(3月)定例会-03月23日−08号 ハード面におけるIC機器の整備とあわせて、専門的知識を持つICT支援員の配置にも引き続き予算が組まれており、さらに2020年度からプログラミング教育が必修化されます小学校段階においてのICT教育の充実にも波及しますことを願います。子どもたちが将来どのような職業につくとしても、求められる力、プログラミング的思考を育むことを目的とするICT教育のさらなる充実につながるものであると期待をいたします。 もっと読む
2018-03-08 宇都宮市議会 平成30年総務常任委員会(第1日目 3月 8日) これは,交通ICカードの導入などを支援するための公共交通利用環境整備事業費補助金や,バス路線へのノンステップバス及び地域内交通やタクシーへのユニバーサルデザイン車両の導入を促進するための人にやさしいバス等導入促進補助金が主なものであります。 ○情報政策課長(森賢一)  続きまして,47目情報管理費について御説明いたします。   もっと読む
2018-03-08 宇都宮市議会 平成30年環境経済常任委員会(第1日目 3月 8日) この経費は,中小企業の設備投資を支援する中小企業高度化設備設置補助金や,中小企業の経営力強化,生産性向上を図るため,ICT導入経費を助成するIC利活用促進補助金,後継者不足による廃業を防ぐための事業承継セミナー開催に係る負担金などが主なものであります。  次に,CSR推進費についてでありますが,予算額は320万円余を計上いたしました。 もっと読む
2018-03-08 那珂川町議会 平成30年第1回(3月)定例会-03月08日−04号 平成30年4月1日以降に自主返納した70歳以上の人を対象とし、1万円分のICカード乗車券ニモカもしくはタクシーチケットのどちらかを給付する1人1回限りの支給でございます。他の自治体の支援内容は、ICカード、タクシーチケット、コミュニティバス回数券などで、金額は5,000円から1万円の間が多く見られます。本町におきましては、町内の公共交通機関と地理的な環境を鑑み、1万円分としたものでございます。 もっと読む
2018-03-06 宇都宮市議会 平成30年第1回定例会(第4日目 3月 6日) このようなことから、当会派が予算化要望し、昨年6月議会で村田議員がマイクロ波によるCスキャナーを搭載した測定車を用いた道路の地下空洞調査の活用について一般質問を行った際には、試験的に市道2路線において調査を実施したところ、道路陥没を未然に防止する効果はあったと答弁をいただいたところであり、新年度予算におきましては、緊急輸送道路7路線の道路の地下空洞調査が新たに上程されたところであります。   もっと読む
2018-03-06 那須塩原市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−07号 ◆6番(森本彰伸議員) それでは続きまして、同じ予算執行計画書132ページ、10款1項4目学校運営支援費、小中学校IC事業費で6001事業ですね、IC機器整備対象校をお伺いいたします。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  教育部長。 ◎教育部長(稲見一志) パソコン教室のパソコンをタブレット型に更新をするという予定でございまして、30年度におきましては5校ございます。 もっと読む