92件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

真岡市議会 2020-12-08 12月08日-03号

本市では、離農規模縮小による不要となったパイプハウスなどの施設農業施設バンクを利活用し、必要とする農業者へあっせんしております。また、市が認定した新規就農者へ貸し付けた場合には所有者に対して奨励金を交付しております。今後も芳賀農業振興事務所や真岡市農業公社、はが野農業協同組合などの関係機関連携をしながら情報収集事業の周知を行い、空き農業施設有効利用に取り組んでまいります。  

那須町議会 2019-12-02 12月02日-02号

したがって、日本の農業が当面する最大の課題は、農産物価格抑制あるいは下げることということです。我が国の自動車産業のように、国の内外を問わず価格競争力のある農産物生産システムを構築することこそ、産業としての農業が生き残る道であるというふうに、これは町の農業も例外ではなく、それが生き残る道であると私も考えております。 

那須塩原市議会 2019-09-11 09月11日-04号

(4)高齢者離農による不作付地現状と対策について。 (5)地域において、農地を貸したい人と借りたい人のマッチングにかかわる仕組みづくりなど、担い手農地集積に向けた現状と今後の取り組みについて。 (6)担い手耕畜連携取り組みについて。 (7)市としての独自の担い手育成取り組みについて。 1回目の質問といたします。よろしくお願いします。

那須町議会 2019-06-04 06月04日-03号

議会での議論やパブコメを経て、町長抑制区域指定権が不十分な形ながらも盛り込まれました。町長抑制区域指定権については、県内ではこれまでに先行して条例を策定した複数の市がありますが、この複数の市の条例には既に盛り込まれていたものです。この町長抑制区域指定権を盛り込んだ狙いを改めてお聞きしたいと思います。 ○議長薄井博光君) 環境課長

栃木市議会 2018-12-05 12月05日-03号

今後の公共施設建設に係る大型事業などにより、市債増加も予想されますが、事業費を精査するとともに、借り入れをする際も交付税措置のある借り入れメニューを積極的に活用していくほか、過去に借り入れをした利率の高いものについては、繰り上げ償還も検討するなど次世代に過度な負担を残さないように、できる限り市債抑制してまいります。  

那須塩原市議会 2018-09-11 09月11日-03号

新規就農者に高いハードルがある一方で、離農者は年々増加しています。多くの農家の家計は苦しくもうからないため、農業をやめて別の道で生計を立てる人がふえているのです。親が農家であっても農業を継がずに公務員になったり、一般企業に就職する人は昔からたくさんいます。農業をする親も、農業はもうからないし、身体的にも厳しいから子供に継いでほしくないと考える人が一定数いるようです。 

小山市議会 2018-09-07 09月07日-04号

農家高齢化による離農農地集積の進展によって、土地改良組合員にも土地持ち非農家増加が見込まれる中、施設維持管理や更新を適切に行っていくためには、耕作者の意見が適切に反映される業務運営を確立することが必要となっています。また、組合員職員数減少によって、業務執行体制が脆弱化しており、適正な業務運営を確保しつつ、より一層の事務の効率化改善を図ることも必要になっております。

栃木市議会 2018-06-14 06月14日-04号

農地を守りながら農業を続けることをしてきましたが、農業政策など土地流動化社会現象が変わり、時代とともに農業従事者減少離農家になっております。自分が大丈夫なうちは続けると頑張ってきた農家の方々は多くいます。しかし、農業不安定感、不安定さというのですか、そういうものが多い中では後継者も少ない状況ではないでしょうか。

さくら市議会 2018-02-26 02月26日-03号

現在さくら市におきましては、早乙女にあります農業生産法人、こちらにおいて離農者が農地を守るために離農者所有農地を請け負いまして、農産物生産をするとともに、障害を持つ方の雇用も積極的に行っていただいている状況でございます。こうした取り組みも広い意味での農福連携ではないのかなというふうには考えているところでございます。 

さくら市議会 2018-02-23 02月23日-02号

合併後につきましては、職員の全体数を抑制する流れの中でございまして、専門職確保につきましては限定的になっていたという面がございます。 次に、2点目の中途採用についてですが、合併以降、民間経験者採用を視野に、受験資格年齢要件、これを段階的に引き上げてございまして、平成28年度以降は32歳としているところでございます。

市貝町議会 2017-12-19 12月19日-02号

今後は、町公共施設等総合管理計画施設長寿命化推進のもと、改修に係る費用の抑制平準化及び財政負担の軽減を図りながら取り組んでいきたいと考えております。 次に、第4点目の少年スポーツ振興のために壮行会の実施をについて申し上げます。 本町の小・中学生は、近年、文化・スポーツ部門においてすばらしい活躍と実績を残しています。 

那須塩原市議会 2017-11-29 11月29日-03号

検証結果でございますが、こちらにつきましては、那須塩原市内利用者、すなわち市民の皆さんの利用といったものが最も多いといったことからいたしまして、人口の流出抑制というものが図られているというふうに考えておりまして、このことから、定住促進に結びついているといったことで我々としては評価をさせていただいております。