993件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

野木町議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月14日−05号

審査に先立ち、上原産業建設部長より、路線名、若林30、31号線については、土地改良事業により農道整備を行った道路です。  路線名、南赤塚79号線については、赤道と言われている道路でありますが、道路部分を拡幅するための認定をするものです。  路線名、南赤塚80号線については、民間開発により整備された道路を認定するものでございます。  

真岡市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月11日−議案質疑、一般質問−03号

農地の中で水田に関しては、多くの水田で基盤整備がされ、くいは畦畔の角などに設置され邪魔になりませんが、畑に関しては基盤整備が実施されていない畑が多く、面積の小さい畑や農道等が狭く、大型農業機械の乗り入れが困難など、低利用化及び荒廃化が問題となっております。また、農地の境界を示すくいやウツギが邪魔になり、よけて作業をしなければなりません。

矢板市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会(第352回)-09月27日−04号

農林水産業費での市単独農道整備事業及び林業振興事業に係る経費。  商工費での観光費に係る経費。  土木費での市道維持管理費、認定外道路整備事業、道路新設改良費、普通河川整備事業等に係る経費。  消防費での非常備消防活動費に係る経費。  教育費での小・中学校一般管理費、小・中学校施設大規模改修事業、体育施設整備事業等に係る経費。  以上を追加計上しました。  

高根沢町議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会(第389回)-09月18日−03号

都市整備課についてですが、補正の主な内容は、歳入については、交付決定に伴う国庫補助金、県補助金、県負担金の減額、歳出については、農道整備等に係る工事費の増額、職員給与関係、道路ストック事業に係る委託料及び工事費の減額、公園費については情報の森内のあずまやの老朽化による解体費、都市整備費については土地区画整理事業特別会計繰出金関係であるとの説明を受けました。  

矢板市議会 2018-09-07 平成30年  9月 定例会(第352回)-09月07日−01号

農林水産業費におきましては、市単独農道整備事業及び林業振興事業に係る経費を追加計上いたしました。  商工費におきましては、観光費に係る経費を追加計上いたしました。  土木費におきましては、市道維持管理費、認定外道路整備事業、道路新設改良費、普通河川整備事業等に係る経費を追加計上いたしました。  消防費におきましては、非常備消防活動費に係る経費を追加計上いたしました。  

宇都宮市議会 2018-06-20 平成30年建設常任委員会(第1日目 6月20日)

次に,整理番号7番から23番につきましては,清原南部土地改良区域内の農道の舗装整備が完了したことに伴い,廃止及び認定をするものであります。位置につきましては,議案資料11ページから12ページを御参照ください。  次に,整理番号24番から27番につきましては,民間の開発団地の道路の受け入れに伴い,新規認定をするものであります。位置につきましては,議案資料13ページから14ページを御参照ください。  

市貝町議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月07日−03号

農地集積が進む中、共同活動の困難化、農業地、水路、農道等の保全管理に対する担い手農家の負担増加も懸念されています。  本町には13の活動団体がございます。新たに幾つか立ち上げの計画をしているところもありますが、しかし、当町では当初より活動していた団体は今年度が最終年度となっております。今後継続していくのか、終了するのか決断の1年となっています。

那須塩原市議会 2018-06-05 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月05日−03号

圃場整備の目的は、圃場の大区画化、農道や用水路、排水路の整備等を総合的に実施し、農業生産性を向上させることであり、そうした目的を達成するために十分な農道の整備を行っているところでございます。  次に、(3)の圃場整備、道路整備における近隣市町との連携についてお答えをいたします。  

真岡市議会 2018-03-15 平成30年  2月 定例会(第1回)-03月15日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

真岡鐵道対策として、平成31年春に予定される芳賀赤十字病院の開院に合わせ、最寄り駅の北真岡駅南口改修工事が実施されることにより、鉄道利用者の利便性向上が図られること、土地区画整理事業については、引き続き組合施行の長田、亀山北、中郷・萩田地区の事業推進に取り組まれるとともに、道路整備については、道路新設改良事業及び農道整備事業が推進されるなど、市内全域にわたり道路交通網の整備が着実に進んでいること、子育

那珂川町議会 2018-03-14 平成30年第1回(3月)定例会-03月14日−05号

さらに、利用時の課題といたしまして、利用者が農道に車を停車し、作業を行うことがあり、他の農業従事者が農作業を行う際に支障が出てしまうことや、農園の駐車スペースが満車で、路上駐車が発生することもあるようでございます。したがいまして、市民農園における十分な駐車スペースの確保が課題でございます。以上でございます。 ○議長(高原隆則君) 原口議員。

益子町議会 2018-03-12 平成30年  3月 定例会(第157回)-03月12日−議案説明・質疑−05号

続きまして、6目農道整備事業費につきましては、昨年より4,643万1,000円増の6,295万5,000円でございます。予算資料は13ページとなります。増額理由としましては、農地耕作条件改善事業でございまして、益子西部地区内の農道整備事業で町の単独事業工事費、それと県営の事業負担金でございます。町単独事業のほうは、北益子地区の舗装工事1,349メートルでございます。

益子町議会 2018-03-08 平成30年  3月 定例会(第157回)-03月08日−議案説明・質疑−04号

多面的機能支払交付金につきましては事業の取り組み内容の変更によるもの、農地耕作条件改善事業につきましては平成29年度から取り組んでおります主に農道の整備事業でございます。新規事業といたしましては、畑地帯整備重点推進モデル事業、露地野菜生産供給スタートアップ支援事業でございます。

宇都宮市議会 2018-03-08 平成30年環境経済常任委員会(第1日目 3月 8日)

これは,農道や用排水路の補修用資材の購入に要する経費であります。  次に,19節負担金,補助及び交付金で6,500万円余を計上いたしました。これは,県が実施する県営経営体育成基盤整備事業に対する負担金や,土地改良区の施設管理に対する支援を行う国営造成施設管理体制整備促進事業補助金などが主なものであります。  次に,農道整備費についてでありますが,予算額は1億2,100万円余を計上いたしました。

益子町議会 2018-03-07 平成30年  3月 定例会(第157回)-03月07日−議案説明・質疑・討論・採決−−03号

6目農道整備事業費につきましては、32万円の増額計上でございます。11節需用費につきましては、事務用プリンターの修繕料でございます。26ページをお願いいたします。16節原材料費につきましては、農道修繕のための板、くい、敷き砂利等の代金でございます。   以上でございます。 ○議長(髙野美晴) 環境課長。

矢板市議会 2018-03-02 平成30年  3月 定例会(第350回)-03月02日−01号

矢板市の自然環境と調和した産業の振興、交通の利便性を生かした周辺地域との交流促進のための産業の振興等として、農林業においては、県単農道整備事業、有害獣駆除事業などのほか、新たに木材利用拡大事業において、矢板市産木材利用住宅の建築促進に係る経費を計上いたしました。  

高根沢町議会 2018-02-27 平成30年  3月 定例会(第385回)-02月27日−01号

ただ、調査をかけると申しましても、町道数が420本ございまして、農道と合わせますと500本以上の道路を管理しているところでありまして、それを全部当たるというのは非常に難しいものと考えられますので、発生した事案について適正に対応していきたいと考えております。  以上です。 ○議長(小林栄治君) 3番、渡邉俊君。

小山市議会 2018-02-16 平成30年  2月定例会(第1回)-02月16日−02号

農林水産業費の増加理由につきましては、施設園芸の生産性向上と施設の規模拡大を図るための強い農業づくり事業が1億8,000万円の増加、農道や圃場整備を行うための基盤整備促進事業が7,000万円の増加となっていることなどにより、農林水産業費全体で1億2,000万円増加したものでございます。