510件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第1日 2月25日)

産業の振興については、4年後の予約分譲開始に向け、新産業団地の整備を引き続き推進するほか、雇用の創出のため、新たな国の制度を活用し、移住を前提とした東京圏からの就業者・起業者に対する支援を行います。  また、外国人材の受入拡大により、特に「ものづくりのまちかぬま」におけるマンパワーの確保が期待できることから、関係者と情報を共有しながら、受入環境の支援を検討してまいります。  

塩谷町議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月11日−03号

全体的なお話としますと、非常に私のほうから言いづらい部分もあるんですが、隊員4名が皆さん二十四、五歳ぐらいの若い隊員で、3年間活動する予定で来たところはあるんですが、その後の、例えば地域おこし協力隊ですと地元へ残って起業をするとか、こういう活動に進むと、そういう部分が本人のほうとしてはなかなか描きづらいと。

宇都宮市議会 2018-12-06 平成30年第5回定例会(第2日目12月 6日)

このような中、私は、新たな産業を生み出し、さらには、雇用も生み出す力を持つ起業家をより多く創出することは、地域経済の活性化につながるものであると認識しており、起業家の創出や成長支援に積極的に取り組むことが大変重要であると考えております。  

真岡市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月27日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

また、若い経営者が中心市街地に出店する手助けとなるまちなか新設出店にぎわい創出支援事業やチャレンジショップ支援事業などを推進し、新たな起業家の支援、育成に努められております。   最後となりますが、まちの活力再生・魅力創出プロジェクトについてであります。

矢板市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会(第352回)-09月10日−02号

さらに、新たな支援といたしましては、クラウドファンディング型のふるさと納税の仕組みであるふるさと起業家支援プロジェクトを活用し、NPO法人たかはら那須スポーツクラブによるフットボールセンターの整備に対し、市がふるさと納税を募り補助することで、整備財源においても支援できるよう取り組むことといたしました。 ○議長(和田安司) 4番、関由紀夫議員。 ◆4番(関由紀夫) 再質問させていただきます。  

鹿沼市議会 2018-09-06 平成30年第4回定例会(第3日 9月 6日)

だけれども、この鹿沼市の中で、一生懸命事業をして、そこで市民税を払って、従業員を雇ってということになれば、そこだけの、安い高いだけの経済効果ではなく、その人が住んで、そこで起業するということの経済効果というのも視野に入れた場合に、やはりここでは、ただ物品の高い、安いだけの判断材料ではなくて、やはり企業を優先して、そこの企業がどうしても無理ですよといった場合に外に出す。  

那須町議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−一般質問−02号

新しい事業の創出、創業や起業を支援することも視野に入れて、大学など高等教育研究機関との連携を図る考えはないか、お尋ねします。 ○議長(松中キミエ君) 観光商工課長。 ◎観光商工課長(板垣正樹君) 大学との連携というお話ですが、先日プレミアムフライデーにあわせて宵の市、黒田原で行われています宵の市ですが、文京学院大学さんのほうと黒田原の地元の皆さんが協力しながらまちづくりを行っています。

宇都宮市議会 2018-06-18 平成30年第2回定例会(第4日目 6月18日)

特に建設業においては、後継者不在率は68.4%に上り、また、高度経済成長下での1960年代から70年代に最も多く設立され、そのころ20代から30代で起業した社長は現在70歳代から80歳代になっており、後継者不在問題の対応が急がれているのが実情だと考えます。  

那珂川町議会 2018-06-18 平成30年第2回(6月)定例会-06月18日−04号

本町の高齢者向けの就労支援においても、地域課題の解決にも、このような新しい事業モデルの創出や起業を含む多様な就労形態や雇用機会の拡大などについて研究を進めてはいかがでしょうか。お考えをお尋ねいたします。 ○議長(高原隆則君) 中村健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(中村一道君) お答えいたします。

大田原市議会 2018-06-15 平成30年  6月定例会(第2回)-06月15日−一般質問

ある意味定住は先ほど部長がおっしゃいましたように人生の大きなチャレンジですから、万全、順風満帆が約束されるわけではありませんが、もし本市で最初の一歩を踏み出す、考えいらっしゃる方がいらっしゃったら、その背中を押す力として、本市でも就業、就職支援、新規起業支援、そして新規就農支援等々、もう既に尽力はしていただいているわけですけれども、ぜひ本市の方針の一つに衣・食・職・住と4つを方針としていただけないかなというのが

大田原市議会 2018-06-14 平成30年  6月定例会(第2回)-06月14日−一般質問

私は非常に感銘したのは、下半身がなく、ベッドの上で起業をやって成功した方のニュースでしたか、ドキュメントでしたか、それを見せていただきました。アイサインで今のコンピューターに自分の目の動かし方を見て、自分で言葉を発信し、今の社会の中で生きていくことに自分自身が価値がある、そして自分の仕事を通して多くの方々に喜びを与えている。

小山市議会 2018-06-13 平成30年  6月定例会(第2回)-06月13日−04号

クラウドファンディングは、新事業などのアイデアを形にしたいが、活動資金が足りないというような起業者や中小企業等が、インターネットを通じて、みずからのプロジェクトを公開し、広く一般の方々から活動資金の提供を受けて、プロジェクトを実現する仕組みとして普及してきており、自治体における活用事例も見受けられるところでございます。   

鹿沼市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第2日 6月13日)

この鹿沼版隊員とは、起業・創業・継業などにより生計を自ら維持しながら、その「業」を通じて地域協力活動を行い、市はその「業」のスタートを応援するものであります。  平成28年度からは地域おこし協力隊員1名を市の非常勤特別職として採用し、平成29年度には鹿沼版隊員を1名委嘱いたしました。  今年度も1名の鹿沼版隊員の委嘱を予定しております。  

小山市議会 2018-06-11 平成30年  6月定例会(第2回)-06月11日−02号

  ① クラウドファンディングを活用しての事 ││   │人│      │  │       │                       ││ 9 │ │   無  │ 9│大 木 英 憲│   業展開について             ││   │質│      │  │       │                       ││   │ │      │  │       │  ② 起業

那須塩原市議会 2018-06-05 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月05日−03号

本市においても、現在、本市の農業の魅力と発掘と発信、そして意欲的に起業や定住を目指す若者を募集をしたところであります。地域おこし協力隊の活躍を通した新規就農者の確保、耕作放棄地の解消、活用にも取り組んでまいりたいと考えております。  最後に、(5)の観光農園や市民農園などの活用についてお答えいたします。  

小山市議会 2018-06-01 平成30年  6月定例会 一般質問通告一覧表-一般質問通告一覧表

について   ① ひとり親家庭への支援について   ② 超高齢社会対策について9無9大 木 英 憲1.小山市の中核都市形成について  (1) 小山市の未来像について   ① 定住自立圏の進捗状況について   ② 県南中核都市への構想について 2.クラウドファンディングについて  (1) クラウドファンディングの活用について   ① クラウドファンディングを活用しての事    業展開について   ② 起業

宇都宮市議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会(第6日目 3月23日)

この議案につきましては、「起業家の育成支援について、市がベンチャー企業の育成事業を始めてから、実際に立ち上がった企業と現在も事業を継続している企業の数はどの程度あるのか」との質疑に対し、「これまでに本市の起業家育成支援施設に入居して起業・創業したのは32社で、そのうち75%に当たる24社が現在も存続しており、全国的に見ても非常に高い状況である。

真岡市議会 2018-03-15 平成30年  2月 定例会(第1回)-03月15日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

若者が魅力を感じ、ファミリー世帯が住みやすいと思うまちの実現に向け、市内事業所等に就業したUIJターン者に対し助成することで、新たな人材の確保や地元就労の拡大に取り組まれるとともに、創業支援、特に女性起業家の支援、育成に努められております。   

益子町議会 2018-03-15 平成30年  3月 定例会(第157回)-03月15日−議案質疑・討論・採決−07号

当然確保と観光入り込み数とか起業家数を目標値を定めて、1万1,000人中国山地の山の中、自分らが行ったときは2月だったので、物すごく雪深いところで、そういう場所なのですが、それでどういう実績を上げたかというと定住者の確保、目標値が200名を目標にしました、5年間でです。結果240名の定住者を確保しました。