889件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第5日 3月18日)

年度鹿沼市介護保険特別会計補正予算(第3号)について  議案第15号 市道路線の認定について  議案第16号 市道路線の廃止について  議案第17号 市道路線の変更について  議案第18号 鹿沼市職員勤務時間休日及び休暇に関する条例の一部改正について  議案第19号 鹿沼市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正について  議案第20号 基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部改正について  議案第21号 鹿沼市学校給食共同調理場条例

鹿沼市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第1日 2月25日)

年度鹿沼市介護保険特別会計補正予算(第3号)について  議案第15号 市道路線の認定について  議案第16号 市道路線の廃止について  議案第17号 市道路線の変更について  議案第18号 鹿沼市職員勤務時間休日及び休暇に関する条例の一部改正について  議案第19号 鹿沼市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正について  議案第20号 基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部改正について  議案第21号 鹿沼市学校給食共同調理場条例

鹿沼市議会 2018-12-06 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日)

今回の工事では、耐震補強のほか、それに併せ、老朽化した給排水管や照明器具等の更新、トイレの洋式化、給食用昇降リフトの設置など、今後校舎として使い続けていくため、また児童が過ごしやすい環境を整えるために必要な改修を行っております。  本年7月、工事に着手し、現在南棟の天井や壁を解体し、耐震補強工事を実施している段階であり、建設当時に施工した天井裏の小屋組みが見えている状態であります。  

壬生町議会 2018-09-20 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月20日−04号

人数につきましては、入学準備金から修学旅行費、また給食費など、対象となるものが異なってきますが、総体的に見ますと、学用品購入費や学校給食関係ということで、小学校で約92名。次に中学校ですが、同じように入学準備金から項目で10項目ありますが、一番大きい枠として、学用品購入費関係で70名となっております」との説明を受けました。  

壬生町議会 2018-09-14 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月14日−03号

まず一つ目、学校給食を無償にして、地元産食材の利用率をさらに高めるという課題について質問いたします。  義務教育の中で、保護者の負担が重いのが給食費です。このため、全国で学校給食を無償にしている自治体が広がっています。そんな中、我が壬生町は昨年度まで1人当たり月額500円補助していたものを今年度から廃止しました。まさに保護者や町民の願い、また全国の流れと逆行する残念な状況となっています。  

鹿沼市議会 2018-09-06 平成30年第4回定例会(第3日 9月 6日)

平成29年度の50万円以上の契約状況によりますと、給食の賄い材料費やワクチン等の特殊要因を除く物品調達の件数は174件であり、そのうち市内事業者の件数は125件で、割合にいたしますと71.8%でありました。  今後も物品購入や公共事業の資材購入等において、市内業者の優先発注による、地元経済の活性化に努めてまいります。  次に、新産業団地についてお答えをいたします。  

鹿沼市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第2日 6月13日)

首長選挙のごとに、給食費の無償化の問題が争点になるような地方自治、これは本当に私は悲しい現実だと思っています。  少子化対策は、国が本腰で対策を講じる、まさに日本国の国難であると、私は思っています。  そういう中にあっても、各地方自治体においては、市民の要望に応える政策を着々と進めていかなくてはならないのが現実であります。  

下野市議会 2018-06-11 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月11日−03号

次に、学校給食無料化について質問いたします。  今、日本全国の自治体では、小学校中学校給食費を無料化にする自治体が非常に多くなっております。それは、この給食はあくまでも教科書の中でなくて、食育によって生徒のコミュニケーション、そういったものを見直すために、学校での給食費を無料にしている自治体がふえております。また、この4月からも、各自治体で無料化にする自治体が非常に多くなっております。

那須塩原市議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月07日−04号

私も調べてみましたら、例えば小中学校建設に関しても70件、それから公営住宅なんかはもう85件、それから給食センターも61件、廃棄物処理施設なんかも40件、さまざまやはりPFIでもう既に行われているという状況があるわけです。  じゃ、那須塩原市はといった場合に、先ほど冒頭で述べましたけれども、那須塩原市公共施設等総合管理計画の中で明確にうたっているわけですね。

那須町議会 2018-06-04 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月04日−一般質問−02号

まず、学校給食費無償化の取り組みについてであります。教育の無償化は国でも授業料について議論されているところでありますが、給食費に関しまして、大田原市では平成24年度から、約3億円の歳出学校給食費の完全無償化をしております。当町の平成29年度決算から保護者の負担額は小中学校合わせて総額7,588万5,000円、1,540人が対象となり、1人当たり月四、5千円の負担が軽減されることとなります。

鹿沼市議会 2018-06-04 平成30年第2回定例会(第1日 6月 4日)

報告第11号 債権放棄の報告につきましては、消滅時効が完成した土地建物賃貸料、市営住宅使用料、水道料金及び学校給食費について、債権を放棄したので、報告するものであります。  報告第12号及び報告第13号は、「公益財団法人鹿沼市農業公社」及び「公益財団法人鹿沼市花木センター公社」の平成29事業年度における事業及び決算に関する書類を法の定めるところにより提出するものであります。  

那須町議会 2018-06-01 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月01日−議案説明、質疑、討論、採決−01号

特に給食費の完全無料化と小中学校トイレの洋式化につきましては、優先施策にして位置づけております。  以上、所信の一端を申し延べさせていただきましたが、本町の元気アップと夢ある未来を実現するには、私一人の力では不可能であります。町民が一体となり、同じ方向を向いたときにこそ相乗効果が発揮され、すばらしいまちづくりが実現できるものと確信しております。

市貝町議会 2018-03-22 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月22日−05号

また、各地域における地場産業の特性と、よさを再検証するとともに、地域経済雇用対策、後継者難などの解決を進めながら、循環型社会を推進しながら、地域経済を守り育てるためにも、学校給食を初め、地域における地産地消の具体的計画を立案し、立ち上げ進めるべきではないでしょうか。  さらに、農林や農産物の生産、販売は、福島原発事故による放射能汚染風評被害によって深刻な事態に置かれています。

那須塩原市議会 2018-03-16 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月16日−08号

号 那須塩原市国民健康保険条例の一部改正について      議案第28号 那須塩原市手数料条例の一部改正について      議案第29号 那須塩原市奨学資金貸与基金条例の一部改正について      議案第30号 那須塩原市国民健康保険財政調整基金条例の一部改正について      議案第31号 那須塩原市国民健康保険高額療養資金貸付基金条例の一部改正について      議案第32号 那須塩原市学校給食共同調理場設置条例