471件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宇都宮市議会 2018-12-11 平成30年第5回定例会(第5日目12月11日)

人口減少時代を迎え、ますます市民の政治参画が求められる中で、LRT建設の是非を問う住民投票を行わなかったことは、重大な禍根を残す結果と今でも考えています。市民団体が行っている街頭でのシール投票では、いまだに反対意見が6割から7割という結果を見ればしかりです。LRT年賀はがきの発行に至っては、苦し紛れと言わざるを得ません。  

宇都宮市議会 2018-12-10 平成30年第5回定例会(第4日目12月10日)

生活に身近な大谷石ですが、私たちは、栃木県民として、また宇都宮市民として、どれだけ大谷石を理解し、紹介することができるのでしょうか。そう思ったのは、平成29年1月8日から3月5日、宇都宮美術館開館20周年と市制施行120周年を記念して、「石の街うつのみや〜大谷石をめぐる近代建築と地域文化〜」と題した宇都宮美術館の展覧会に参加し、驚きと感銘を受けたからであります。  

鹿沼市議会 2018-12-06 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日)

作曲は、栃木県名誉県民であるサックス奏者の渡辺貞夫氏によるものであり、作詞は一般公募により79点の応募作品の中から、大阪府在住の駒井瞭氏の作品を選定いたしました。  歌詞の著作権は、駒井氏から市に譲渡されておりますが、曲の著作権は、契約により渡辺氏が所有しております。  

市貝町議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月05日−02号

ところが、法的根拠も無視し、国民や県民の声を聞かず、日本原子力発電所株式会社は東海第2原発の稼働20年延長を原子力規制委員会に提出しています。  原発事故は、東日本大震災の教訓からも明らかのように、重大な人災であり、自然や人類にとっても解決が困難なもので、即廃炉が求められています。未来に責任の持てない原発は、即刻廃炉することが正しい選択と考えます。

那珂川町議会 2018-06-18 平成30年第2回(6月)定例会-06月18日−04号

そのときに、紙に書いたものを読むのではなくて自分の思いのたけを約5分間お話しして、簡単に終わらずに5分を目いっぱい使って、そして3分質問コーナーをつくって、その質問に対応して、そしてその発表者が5人なら5人、6人なら6人並んで皆さんに投票していただいて、その投票結果でチャンピオンを決めるとでも申しましょうか。でも、これは僕は非常に大切なことだと思います。

大田原市議会 2018-06-15 平成30年  6月定例会(第2回)-06月15日−一般質問

きょうは6月の15日ということで、新聞見ましたら栃木県民の日ということで、その中には郷土の理解と関心を深め、県民としての一体感と自治の意識をはぐくみ、より豊かな郷土を築き上げることを期する日として条例が定められました。ことしで本県誕生から145年になるそうでございます。県民の日といえば、昨年の6月の17日、同じように県民の日に合わせたということで、イベントがございました。

宇都宮市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第2日目 6月14日)

次に、車両デザインの意匠権利の保護についてでありますが、LRTの車両デザインにつきましては、芳賀・宇都宮らしさを表現したトータルデザインのコンセプトに基づき、車両デザイン3案を作成したところであり、どの案におきましても、まちの顔となるすぐれたデザインとなっており、市民・町民などの投票を経た上で選ばれるものは貴重な財産となるものと受けとめております。  

小山市議会 2018-06-12 平成30年  6月定例会(第2回)-06月12日−03号

もちろん投票率の低下は、小山市に限った話ではなく、各自治体とも投票率を上げるために苦慮しているのが実情でございます。平成15年12月に公職選挙法の一部を改正する法律が施行され、期日前投票制度が導入をされました。以降、期日前投票の認知度も徐々に上がってきていることから、期日前投票投票数はふえているものの、一方で投票率の上昇にまではつながっていないようであります。

市貝町議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月07日−03号

その反面、四町は独自のまちづくりをしているというような状況にございまして、小塙議員がおっしゃったように、アンケートなどを見ますと、芳賀郡の四町の組み合わせについて、町民の方もそれなりにこの組み合わせを選考しているというようなこともございますので、合併についての情報を町民の方に提供する際には、まず今、前回の調査から時間があきましたので、今後、意識調査をする機会がありまして、前回の選挙のときに投票で私の

壬生町議会 2018-06-05 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月05日−02号

ことし3月の壬生町議会議員選挙では、期日前投票者数は4,895人で、全投票者1万5,961人の30.67%の有権者が期日前投票を利用したという結果となっております。  また、期日前投票所を2カ所設置するようになって以降、3回の平均では、全体の35%ほどの有権者が期日前投票を行っておりまして、期日前投票そのものは着実に浸透しつつあり、投票機会の向上が図られていると考えております。  

佐野市議会 2018-03-09 平成30年  予算審査特別委員会-03月09日−議案質疑−02号

常時啓発事業費とのことですが、過去の選挙と比較しても昨今の投票率の低下は顕著だと思います。今回の予算で行う予定の啓発事業を具体的にお伺いしたいと思います。 ○委員長(山菅直己) 選挙管理委員会参事。 ◎選挙管理委員会参事(津布久高明) 委員ご質疑の選挙啓発費の使い道等でございます。予算として予定しておりますのが、まずこちらの予算書のほうで説明させていただきたいと存じます。   

足利市議会 2018-03-09 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−一般質問−02号

本事業への取り組みですが、小学校において、東京2020大会マスコット選定の投票に参加するなど、オリンピック・パラリンピック大会への興味、関心を高めています。さらに、先日、教育委員会として、全小中学校の東京2020教育プログラム事業登録への申請を行ったところでございます。   

益子町議会 2018-03-08 平成30年  3月 定例会(第157回)-03月08日−議案説明・質疑−04号

◎税務課長(冨賀瀬) 2節徴税費委託金につきましては、個人の県民税を町民税と合わせて賦課徴収していることから、徴収取り扱い費として県から交付されるものです。   以上です。 ○議長(髙野美晴) 企画課長。 ◎企画課長(日下田) 3節統計調査費委託金につきましては、住宅・土地統計調査のほか、2つの統計調査及び調査員確保対策等に係る委託金を計上をしております。   以上です。

宇都宮市議会 2018-03-08 平成30年総務常任委員会(第1日目 3月 8日)

これは,預貯金の利子に対する県民税利子割の5分の3が,個人県民税の納付額に応じて交付されるものであります。  次に,16款5項5目配当割交付金でありますが,2億3,400万円を計上いたしました。これは,株式の配当などに対する県民税配当割の5分の3が,個人県民税の納付額に応じて交付されるものであります。  次に,18款5項5目株式等譲渡所得割交付金でありますが,4億500万円を計上いたしました。

宇都宮市議会 2018-03-08 平成30年環境経済常任委員会(第1日目 3月 8日)

ただ,全部を県民が食べるわけではないということで,県内で消費する分と,あと県外に行く部分につきましては県が持つということで,割合でいいますと,全体17億円のうち,市町が約18%負担しまして,その市町が負担する部分につきましては,豚肉とか牛肉の消費ということで,200万人余の人口割で,各市町,均等にということで,宇都宮市は人口がやはり26%程度いますので,3年間で1億5,500万円余の補助金を出す予定

宇都宮市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第3日目 3月 5日)

歴代政権でも異常な改憲派の安倍晋三政権は、憲法第9条に自衛隊を書き込むことを狙って、ことしの国会で改憲案を発議、国民投票に持ち込み、2020年には施行しようとしています。  もしこれが実現すれば、戦力の不保持や交戦権の否認などの規定の空文化、死文化に道を開き、海外での武力行使が文字どおり無制限になります。まさに戦争する国そのものです。

市貝町議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月05日−02号

第2の質問は、選挙投票投票所の集約問題とその対応について質問します。  2018年1月13日議会全員協議会において、市貝町選挙管理委員会から投票区のあり方に関する意向調査票の提出についてと、投票区の現状と統廃合の見直し案について提示がありました。  そもそも投票所の投票区は、主権者たる主権者がみずからの意思を示す、投票区として十分保障されなければならない場所であります。

小山市議会 2018-02-21 平成30年  2月定例会(第1回)-02月21日−05号

初めに、選挙について、「期日前投票宣誓書」郵送の導入についてお伺いをいたします。2003年の公職選挙法の改正により導入された期日前投票制度は、導入される以前の改正前の不在者投票制度と比べると、大変投票しやすくなりました。期日前や当日に限らず、投票所は日常空間とは異なり、凜とした独特の雰囲気があります。

小山市議会 2018-02-14 平成30年  2月定例会(第1回)-02月14日−01号

次に、小山運動公園内本球場及び駐車場の整備状況についてでありますが、平成34年度「とちぎ国体」の軟式野球会場に決定したこと及び昨年、栃木県民球団栃木ゴールデンブレーブスの本拠地となったことから、現在、小山運動公園内本球場のLEDナイター照明やスコアボードLED化の工事を行っております。