574件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

矢板市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第354回)-12月11日−03号

このチャレンジハウスの質問、意見交換会に出されたのは、矢板東高校から出されたわけですが、その生徒さんは、チャレンジハウスがいろいろやってくださっているということは、もう調べてご存じで、それを皆さんに周知することで、子どもたちの心の痛みをみんなに分けて、そしてみんなで解決していきたいという考えだったかと思います。  

真岡市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月27日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

痛みどめなど薬の保険外しや患者負担をふやさないことであります。また、1つは費用の心配なく安心して受診できるよう、窓口負担を軽減してほしいとの内容であります。   審査に当たりましては、提出者から陳情の内容の説明を求め、執行部関係課を含め質疑応答を行い、各委員から意見を求めた上で審査を進めたところであります。   

鹿沼市議会 2018-09-25 平成30年第4回定例会(第5日 9月25日)

公共施設の統廃合や施設削減は、どうしても暗く、市民にとっても痛みの伴う印象を与えます。  しかし、マイナスイメージにとらわれるのではなく、「公共施設等総合管理計画」をよりよい公共サービスを未来につないでいくための指針として、活用していくことが重要であります。  今年度の視察や研修を踏まえ、討論を行い、下記の提言に至りました。  提言1としまして、目指すべき資産経営の形を早期に明らかにすること。

那須町議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月18日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

行財政改革の痛みを率先して、この陳情書に対し、町議会として重く受けとめ、考慮すべきである。地域住民へ議会からの声が届いていないということで3件もの陳情が出ている。12議席程度に削減への陳情だが、この陳情についても町の財政状況が背景にある。町の現状を鑑み、行財政改革を率先して取り組むことへの期待である。

那須塩原市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−04号

人口の総数が激減し高齢者が激増する中で、今後、多くの痛みを伴う改革なくして社会保障制度を維持していくことはできないでしょう。そのような状況下にあって今後さらなる格差の深刻化が予想される中、行政にとっての最重要課題の一つは、社会的弱者に対するセーフティーネットをいかに維持・充実させていくかではないでしょうか。  

大田原市議会 2018-06-15 平成30年  6月定例会(第2回)-06月15日−一般質問

あわせて、市営バスが廃線になりますと、運行業者の皆様方が大変だという部分もあろうと思いましたし、その折に黒羽地区での小中、中学校はもうそのとき統合になっておりましたけれども、小学校の統廃合ということで、スクールバスが運用が開始されるということで、市営バスの廃線になった部分以上に運行業者の方々に対しての新しいサービス、事業というものは構築できたということで、それほど痛みはなかったかな。

大田原市議会 2018-06-13 平成30年  6月定例会(第2回)-06月13日−議案審議、委員会付託、一般質問

単なる味の好き嫌いというケースもあるでしょうが、感覚過敏などを持った子は、例えばフライの衣が針を刺すような痛みに感じる、また見た目が視覚的な力が強く、見た目をよりグロテスクに感じてしまうなど、単純な好き嫌いとは言えない場合もあります。偏食も成長とともに食べられるものがふえる人もあれば、一生治らない人もいます。

壬生町議会 2018-06-06 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月06日−03号

この中に、冒頭の通告でも申し上げましたけれども、大学病院をご自分が指定をする、一般的に119番をするときには、本人は意識がないとか、大きな痛みで脂汗をかいてうなされているような状況が119番のイメージがあるんですが、ご自分が、いや、かかりつけ独協だからあの先生のところに連れていってくれと言えるというのはちょっと私はにわかに信じがたいんです。

那須町議会 2018-06-05 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月05日−一般質問−03号

歳出の抑制、さらに削減は、常に痛みを伴うため、その取り組みを躊躇しがちであります。しかし、財政運営の改革を断行するためには避けて通れないというふうに思います。町執行部のより一層の奮起を期待して5つ目の質問を終わります。  次に、最後の6点目の質問項目です。来年度以降の財政の基本方針はという質問項目ではありますが、今年度の予算原案は、前町長の責任のもとに作成されたものです。

那珂川町議会 2018-03-16 平成30年第1回(3月)定例会-03月16日−07号

外出を控えている理由としては、足腰などの痛みや病気など、身体的な理由とは別に、経済的に出られないという理由が上位に上がっています。また、外出する際の移動手段についての設問では、自分で車を運転、徒歩に続いて3番目にバスが上がってきております。つまり移動手段の多くをバスに頼る高齢者が、経済的な理由で外出を控えている人が増加しているということが言えると思います。

佐野市議会 2018-03-02 平成30年  2月 定例会(第1回)-03月02日−一般質問−05号

トラックの前部はぐしゃぐしゃの状態、割れたフロントガラスから何とか車内に入り、頭と耳から出血している運転手の応急処置を行い、さらに運転手が胸と腹の痛みを訴えていたため、内臓を出血している危険性があると考え、輸血セットを使い点滴を行いました。そのため運転手は軽傷で済んだとのことでございます。

小山市議会 2018-02-21 平成30年  2月定例会(第1回)-02月21日−05号

新生児聴覚検査は専用の機器を使って、寝ている赤ちゃんの耳に音を流し、脳波や返ってくる音によって聴力を調べるもので、痛みはなく数分で終わるようです。検査時期は生後3日以内に行う初回検査と、そのときに要再検査となった赤ちゃんは、生後1週間以内に確認検査を行います。検査費用は医療機関によって差がありますが、1回5,000円程度かかるようで、費用面で検査を受けないと判断する母親も少なくないようです。

小山市議会 2018-02-16 平成30年  2月定例会(第1回)-02月16日−02号

この取り組みは市民の皆様の痛みを伴う事業であり、ご理解、ご協力をいただくためには時間を要すると思います。   そこで、来年度より計画の推進に当たり、市民への周知方法、どのようなことを予定しているのか、お伺いをいたします。 ○小川亘議長 答弁、小森谷総務部長。 ◎小森谷昌利総務部長 ただいまの再質問にお答え申し上げます。   

宇都宮市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第4日目12月11日)

検査は数分で終わり、痛みもなく、放射線ではなく超音波を使う検査ですので、お子さんにも安心して受けられますとのことです。  先ごろ、矢板市において、市民団体の取り組みで甲状腺エコー検査が行われました。この甲状腺エコー検査矢板・塩谷実行委員会は、2014年から関東子ども健康調査支援基金主催による甲状腺エコー検査を矢板市と塩谷町で行いました。

塩谷町議会 2017-12-06 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月06日−02号

痛みを伴う都道府県単位化にならないためにも、ぜひ努力していただきたいと思いますが、当然協議会には課長が出席しているかと思いますが、この協議が一番大事なものですから、ぜひそのようなことを考慮していただきたいと思いますので、課長、考え、お願いします。 ○議長(斎藤定男君) 住民課長。

佐野市議会 2017-09-15 平成29年  決算審査特別委員会-09月15日−議案質疑−02号

ある意味では心も体も痛みを伴うというような形の中で、どうしてもお子さんが欲しいという形で、こういう形でチャレンジしていただけるのだと思うのですが、これについて今後どのようにされていくのか、お伺いします。 ○委員長(篠原一世) 健康増進課長。 ◎健康増進課長(片柳利幸) 不妊治療費助成事業のPRにつきましては、現在ホームページ、広報紙、医療機関へのチラシ、ポスターで行っております。