運営者 Bitlet 姉妹サービス
503件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-25 鹿沼市議会 平成30年第4回定例会(第5日 9月25日) 公共施設の統廃合や施設削減は、どうしても暗く、市民にとっても痛みの伴う印象を与えます。  しかし、マイナスイメージにとらわれるのではなく、「公共施設等総合管理計画」をよりよい公共サービスを未来につないでいくための指針として、活用していくことが重要であります。  今年度の視察や研修を踏まえ、討論を行い、下記の提言に至りました。  提言1としまして、目指すべき資産経営の形を早期に明らかにすること。 もっと読む
2018-09-18 那須町議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月18日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号 行財政改革の痛みを率先して、この陳情書に対し、町議会として重く受けとめ、考慮すべきである。地域住民へ議会からの声が届いていないということで3件もの陳情が出ている。12議席程度に削減への陳情だが、この陳情についても町の財政状況が背景にある。町の現状を鑑み、行財政改革を率先して取り組むことへの期待である。 もっと読む
2018-06-15 大田原市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月15日−一般質問 あわせて、市営バスが廃線になりますと、運行業者の皆様方が大変だという部分もあろうと思いましたし、その折に黒羽地区での小中、中学校はもうそのとき統合になっておりましたけれども、小学校の統廃合ということで、スクールバスが運用が開始されるということで、市営バスの廃線になった部分以上に運行業者の方々に対しての新しいサービス、事業というものは構築できたということで、それほど痛みはなかったかな。 もっと読む
2018-06-13 大田原市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月13日−議案審議、委員会付託、一般質問 単なる味の好き嫌いというケースもあるでしょうが、感覚過敏などを持った子は、例えばフライの衣が針を刺すような痛みに感じる、また見た目が視覚的な力が強く、見た目をよりグロテスクに感じてしまうなど、単純な好き嫌いとは言えない場合もあります。偏食も成長とともに食べられるものがふえる人もあれば、一生治らない人もいます。 もっと読む
2018-06-05 那須町議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月05日−一般質問−03号 歳出の抑制、さらに削減は、常に痛みを伴うため、その取り組みを躊躇しがちであります。しかし、財政運営の改革を断行するためには避けて通れないというふうに思います。町執行部のより一層の奮起を期待して5つ目の質問を終わります。  次に、最後の6点目の質問項目です。来年度以降の財政の基本方針はという質問項目ではありますが、今年度の予算原案は、前町長の責任のもとに作成されたものです。 もっと読む
2018-03-16 那珂川町議会 平成30年第1回(3月)定例会-03月16日−07号 外出を控えている理由としては、足腰などの痛みや病気など、身体的な理由とは別に、経済的に出られないという理由が上位に上がっています。また、外出する際の移動手段についての設問では、自分で車を運転、徒歩に続いて3番目にバスが上がってきております。つまり移動手段の多くをバスに頼る高齢者が、経済的な理由で外出を控えている人が増加しているということが言えると思います。 もっと読む
2018-02-21 小山市議会 平成30年  2月定例会(第1回)-02月21日−05号 新生児聴覚検査は専用の機器を使って、寝ている赤ちゃんの耳に音を流し、脳波や返ってくる音によって聴力を調べるもので、痛みはなく数分で終わるようです。検査時期は生後3日以内に行う初回検査と、そのときに要再検査となった赤ちゃんは、生後1週間以内に確認検査を行います。検査費用は医療機関によって差がありますが、1回5,000円程度かかるようで、費用面で検査を受けないと判断する母親も少なくないようです。 もっと読む
2018-02-16 小山市議会 平成30年  2月定例会(第1回)-02月16日−02号 この取り組みは市民の皆様の痛みを伴う事業であり、ご理解、ご協力をいただくためには時間を要すると思います。   そこで、来年度より計画の推進に当たり、市民への周知方法、どのようなことを予定しているのか、お伺いをいたします。 ○小川亘議長 答弁、小森谷総務部長。 ◎小森谷昌利総務部長 ただいまの再質問にお答え申し上げます。    もっと読む
2017-12-11 宇都宮市議会 平成29年第4回定例会(第4日目12月11日) 検査は数分で終わり、痛みもなく、放射線ではなく超音波を使う検査ですので、お子さんにも安心して受けられますとのことです。  先ごろ、矢板市において、市民団体の取り組みで甲状腺エコー検査が行われました。この甲状腺エコー検査矢板・塩谷実行委員会は、2014年から関東子ども健康調査支援基金主催による甲状腺エコー検査を矢板市と塩谷町で行いました。 もっと読む
2017-12-01 那須町議会 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月01日−一般質問−02号 公共施設は、町民の生活と深くかかわっており、公共施設の削減は町民に痛みを伴うものであります。公共施設の再編に当たっては、透明性、公正性を確保し、町民の皆さんの理解と協力を得て一緒に考えていく必要があります。そのためにも、既に議員に開示されている公共施設再編計画対象施設一覧を町民の皆さんに早く公開する必要があります。 もっと読む
2017-09-12 真岡市議会 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月12日−議案質疑、一般質問−03号 ワクチンを接種するまでは勉強やスポーツに励み、日々健康的に過ごしていたのに、突然痛みや倦怠感に襲われ、自力では立ち上がることもできない状況になったというお話もありました。このように重篤な副反応があらわれている事案が多発しているのにもかかわらず、厚生労働省は接種をやめる選択をしませんが、真岡市における子宮頸がんワクチンにかかわる情報提供について現況をお伺いいたします。    もっと読む
2017-09-11 足利市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−04号 また、逆にいじめた子供に対しての指導でございますけれども、これはやはりまず本人に、いじめられている子の苦しみ、心の痛みについて粘り強く、じっと諭すこと、これが大切だろうと思います。そして、いじめた行為に対しては根気強く毅然として、どんな理由があっても許されないのだということをわからせることが大切であります。 もっと読む
2017-09-08 小山市議会 平成29年  9月定例会(第3回)-09月08日−04号 話を聞いた子供たちは、実際の話を聞いて、つらかった、中にはうれしかった等、さまざまな受けとめ方をしているようですが、自分たちの立場に置きかえ、友達同士痛みがわかる、それによっていじめが減ってきたという効果も聞いております。そのほかにもいろいろな職種の方の講話、講習があると思うのですが、現在の実態はどうなっているのでしょうか。 もっと読む
2017-09-08 大田原市議会 平成29年  9月定例会(第3回)-09月08日−一般質問 今も県内一高い介護保険料ですが、高齢者の痛みには鈍感な大田原市と言われますよ。1万9,150人全員で血の出るような思いで納める保険料総額が13億円ちょっとです。それに対し、介護保険会計では繰越金と基金とで合計5億6,000万円以上の余剰金を持って、悠々介護保険の会計運営をしています。本当にこれでいいのですか。二、三割くらい保険料の引き下げが可能ではないかと思っております。    もっと読む
2017-09-07 大田原市議会 平成29年  9月定例会(第3回)-09月07日−一般質問 残念なことに、私、足の痛みで参加できなかったのですけれども、南国市の地産地消の取り組みがありまして、いろいろ調べてみたところ、シェフを招いた調理実習というのがありまして、高松市でレストランを経営しているシェフたち11人が集まって、小学校6年生130人と一緒にフランス料理に挑戦したというのがありました。 もっと読む
2017-09-06 高根沢町議会 平成29年  9月 定例会(第382回)-09月06日−02号 ◎都市整備課長(鈴木晴久君) 古い道路につきましては、380回のこの定例会で齋藤武男議員からもご質問がありましたが、そのときに、現状、道路維持管理指数ということで、路面性状検査によりまして維持管理の路線を決めているということでお答えしたところでありますが、実際、道路延長に対しての非常に痛みの激しい部分の割合が数値化したものでして、路線延長が長いと、痛みがひどくてもなかなか修繕にまで回らないというのが もっと読む
2017-09-04 那須町議会 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月04日−一般質問−02号 ただ、そういうことになりますと、町民の皆様方に大変痛みを伴うということになりまして、そういったことは町民の皆様方とよく協議をしながら、きちっと理解を得た上で進めていかなければならないということでございます。   もっと読む
2017-06-22 那須塩原市議会 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月22日−06号 納税者の痛税感--税金を払う痛みですね--を緩和するために、納税した人を含む全ての層を受益者にすることはポイントだといいます。  北欧ではなぜ高い水準の福祉が充実しているかというと、税金が高くても国民一人一人がそれに見合った福祉が得られるから納税の抵抗が少ない、納得して納税を行うのではないでしょうか。   もっと読む
2017-06-19 足利市議会 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月19日−一般質問−03号 また、統廃合の問題でも、市長や行政だけが傷を負うのではなく、議会も一緒になって痛みを共有し、将来の足利市のためには市民に不便をかけることもあろうかと思いますが、御理解してもらえるよう、おのおのの立場で手分けして説いていくことが大切だと思います。そのためにも、スピーディーな議会対応、情報提供をよろしくお願いいたしまして、次の質問に移ります。    もっと読む
2017-06-16 宇都宮市議会 平成29年第2回定例会(第3日目 6月16日) 母はリウマチのため膝と股関節に痛みがありましたので、ひとりで散歩に行くことはほとんどありませんでした。茶の間のソファからトイレまでの間、椅子を置き、途中腰をおろしながらトイレに行っておりました。先ほどの膝の痛い女性にとって、300メートルはとても遠い距離に感じるのだろうと思います。  高齢社会が進んでいると言われますが、地域でも独居老人家庭や老々介護世帯がふえています。 もっと読む