1175件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5日 6月21日)

   大  貫  武  男   24番   船  生  哲  夫 欠席議員(1名)   17番   横  尾  武  男 地方自治法第121条の規定による出席要求によって出席した者  市長       佐  藤     信   経済部長    杉  江  一  彦  副市長      福  田  義  一   環境部長    金  子  信  之  総務部長     糸  井     朗   都市建設部長

那須塩原市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−06号

この新庁舎建設に対しては、地元の事業者からも大きな期待が寄せられています。ぜひしっかり対応していただきたいと思っております。  (2)に入ります。  先ほど答弁の中で計画的に基金積み立てや資金の準備はしてきたと、そういう答弁がありました。  そこで、さらに伺っていきます。新庁舎建設については基金などを準備してきましたが、建設中は返済の期間財政が相当厳しくなることが考えられています。

那須塩原市議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号

マスコミからは批判されましたが、しかし、イベントのたびに観光課客が押し寄せまして、文化イベントを目指して若い世代が移住してきて保育所学校病院をつくりました。雇用が生まれ景気がよくなり、税収がふえたそうです。小さな町がフランスで一番住みたい町と言われるまでになったそうです。  その市長が先日来日して東京中野で講演会を開き、文化が人々の精神を解放し、新しいエネルギーを町にもたらしました。

鹿沼市議会 2018-12-06 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日)

また、この歩道については、御殿山病院から直線で整備されるため、庁舎利用者も道路歩行者も互いに利用しやすい自由通路としての機能を有するものと考えております」との回答でした。  ここの部分ですよね、この部分を言っております。  幅1.5メートルの歩道で、車椅子の利用者が交差できるのか、幅1.5メートルの「自由通路」を歩道と定義できるのか、伺います。  

鹿沼市議会 2018-09-07 平成30年第4回定例会(第4日 9月 7日)

ともあれ、庁舎の質疑というと、非常に気の重い、本来新しいものをつくるので、わくわく感を持って、いろいろ建設的なやりとりがされるのが本当は望ましいなと思っていますけれども、そういう意味では、いつも貴重な提言を含めた質問をいただいているということに感謝をしたいと思います。  以上で答弁を終わります。 ○大島久幸 議長  市田登議員

市貝町議会 2018-09-06 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月06日−03号

例えば聖路加病院の日野原先生のように、100歳を超えても第一線の医師として活躍できる。そういう方もどんどん出てきたわけです。ですから、人生100年という時代に入りつつあるわけです。  しかし、やはり人間通常ですと動物ですから、年齢とともに身体的な衰えというのも目立ちます。もちろん精神的にもそうなんですね。ですから、そこで介護とか、あるいは不幸にして認知症というふうな問題も出てくるわけです。

鹿沼市議会 2018-09-06 平成30年第4回定例会(第3日 9月 6日)

今回、1項目として、新庁舎建設なのですけれども、私の思いとしまして、この庁舎建設は、東北震災に始まり、その後、一昨年の熊本震災があって、急にまた、急ピッチに進んだ経過があると思います。  私は、この庁舎の建設に反対する立場ではありませんけれども、まずは先ほどお話が出ましたけれども、市長のほうから、まず優先順位をもってという話が出ました。  

市貝町議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月05日−02号

どうしてもデマンドタクシーといいますと、先ほど私、最初に一括答弁で申されたとおり、交通弱者の方が利用するというイメージが強かったのですが、町内の商店街をめぐるというようなのに利用していただけると、病院とか温泉だけではなく、若い方の利用もふえるのではないかと思いますので、ぜひ今後、そのようなふうになるといいと思いました。  

鹿沼市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第4日 6月15日)

鹿嶋敏都市建設部長。 ○鹿嶋 敏 都市建設部長  空き家対策についての質問の空家解体補助金についてお答えいたします。  まず、市民の反応についてでありますが、大島議員にもお答えいたしましたが、不良住宅や特定空家等の解体費用に対し、補助率は2分の1以内、上限50万円を補助する空家解体補助金制度を創設し、6月1日から受付を開始しております。  

小山市議会 2018-06-14 平成30年  6月定例会(第2回)-06月14日−05号

小川議長 答弁、武関建設水道部長。                   〔武関英男建設水道部長登壇〕 ◎武関英男建設水道部長 ただいまのご質問にお答え申し上げます。   主要地方小山環状線の粟宮工区は、小山消防交差点から南進し、2017年9月に開通した都市計画道路小山野木線に接続するまでの延長約1.1キロ、幅員16メーターの道路で、栃木土木事務所で整備を進めております。

小山市議会 2018-06-13 平成30年  6月定例会(第2回)-06月13日−04号

今後小山市においても新庁舎の建設や市立体育館の建設など、大型事業が控えている中で、経費節減と同時に、多様な財源確保に取り組むことが必要であると感じております。   そこで、小山市の事業においても、クラウドファンディングを活用した事業の展開ができないか、お伺いをいたします。 ○荒川美代子副議長 答弁、安部総合政策部長。                   

小山市議会 2018-06-12 平成30年  6月定例会(第2回)-06月12日−03号

市民病院へのアクセスにつきましては、小山市のコミュニティーバス市民の方々の生活の足としてご利用いただいておりまして、小山駅から市民病院線と小山駅東口新市民病院循環線が小山駅から、間々田駅から間々田東西線、その3路線がございます。市内各地からはデマンドバス路線バスをご利用いただいて、小山駅、間々田駅でこれらの3路線に乗り継ぎをすることにより、新小山市民病院へのアクセスが可能となっております。