1519件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小山市議会 2031-09-27 09月27日-06号

また、別の委員から、幼児教育保育無償を踏まえ、今後保育に係る需要施設で預かることができる人数をどのように見込んでいく考えなのかを問う質疑があり、執行部から、昨年実施した子ども・子育て支援ニーズ調査や、ここ数年の地域ごと保育需要の伸びや状況を踏まえ、整備計画に反映させ、今後幼稚園認定こども園への移行や保育園新設などによる定員増も計画しているため、受け皿の整備保育士の確保も実施しながら

小山市議会 2022-11-27 11月27日-01号

次に、幼児教育保育無償についてでありますが、少子対策一環として、子育て家庭経済的負担軽減を図るため、幼稚園保育園(所)・認定こども園等を利用する3歳から5歳の全てのお子さん及び住民税非課税世帯のゼロ歳から2歳のお子さんについて、食材料費通園送迎費等を除いた利用料無償するもので、10月1日からスタートいたしました。  

小山市議会 2021-06-07 06月07日-04号

そのため海外からの旅行客が簡単に買い物やサービスの決済ができるように、キャッシュレス社会を目指した取り組みが政府主導で行われております。また、世界各国キャッシュレス決済比率を比較すると、韓国の約9割を筆頭に、キャッシュレスが進展している国々では、4割から6割台であるのに対し、我が国では約2割にとどまっているのが現状となっております。  

那珂川町議会 2021-06-06 06月06日-01号

軽自動車税の見直しは、環境性能割の導入を契機に、軽自動車税種別割に係るグリーン特例の適用対象電気自動車等に限定するもので、令和3年4月1日以後に初回車両番号指定を受けた車両から適用されます。また、消費税引き上げに伴う需要変動の平準対策として、令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に取得した軽自動車自家用乗用車につきまして、環境性能割の税率を軽減するものでございます。

真岡市議会 2020-12-07 12月07日-02号

実施できた主な施策としては、ICTを活用した学習環境整備として、市内の全小中学校にタブレットや65インチの電子黒板を設置したほか、若い世代子育て支援として、病児、病後児保育充実を図るため、民間委託による病児保育施設開設幼児教育保育無償に伴う副食費の補助対象の拡大、芳賀赤十字病院との連携強化による真岡市休日夜間急患診療所開設、また高齢社会を見据えた地域公共交通としてのいちごバスの運行

栃木市議会 2020-12-03 12月03日-02号

これまで質問させていただいた大型中小河川治水対策浸水想定区域の明確のための河川水位検知装置新設、定期的な河川浚渫工事など減災をするための復興事業を進めていくことが明確となりました。改良復旧復興対策には多くの費用と多くの期間が費やされます。しかし、栃木市としては水害対策に特した対応を今後最優先で進めていかなければなりません。

栃木市議会 2020-09-30 09月30日-06号

また、財産の貸し付け状況を質したのに対し、平成27年の開局から現在まで無償で貸し付けている状況であり、本年10月末をもって貸付期間が終了となることから、さらに5年間延長いたしたいというものであるとの答弁がありました。  また、県内の整備状況を質したのに対し、本市のほかに宇都宮市、小山市が既に開局し、下野市と真岡市については今後開局が予定されている。

真岡市議会 2020-09-17 09月17日-03号

2つ目は、子育て支援事業の一つであるこども医療費無料は中学3年生までとなっておりますが、高校3年生までの無償拡充に対して前向きな姿勢が見られない点であります。  衛生費において、可燃ごみ有料、つまり指定ごみ袋有料を続けている点であります。エコステーションが建設された前は無料であり、市民負担はありませんでした。市民は、税金を納めていますので、無料するよう求めておきます。  

益子町議会 2020-09-08 09月08日-議案説明・質疑-04号

10月からの保育料無償により、保育料のほうで約3,000万ほど減収しております。それ以外の差額はちょっと分かりかねますが、おおむね保育料の減額によるものでございます。  以上です。 ○議長星野壽男) 11番、髙橋議員。 ◆11番(髙橋家光) そうしますと、ほとんどが保育料と。ほかに例えば公共下水道とか集落営農分担金負担金は変わっていないと思うので、それだとその要因かなとは思います。

益子町議会 2020-09-07 09月07日-議案説明・質疑・討論・採決-03号

あわせまして、その後につきましては、今後の検討課題でもあるのですが、カメラをそのまま据えつけて、無償で頂けるものであればダミーのカメラとして使うようなことも検討してはいるのですが、それはちょっと厳しいようで、今後検討することになっております。  以上でございます。 ○議長星野壽男) 13番、長岡議員