4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿沼市議会 2011-06-07 平成23年第3回定例会(第2日 6月 7日)

震災後によく聞かれ、また我々もうっかり使っていた「想定外」という言葉は、自分たちの勝手な想定にすぎず、自然界の森羅万象を我々人間が思い上がって、上から目線で自然を見ていたのだと気づかされたような気がいたします。隣の県から避難してくる人がいるということも想定外だったかもしれませんが、これからはあらゆる場面をしっかりと想定していく必要があります。  

真岡市議会 2009-12-07 平成21年 12月 定例会(第6回)-12月07日−議案質疑、一般質問−02号

古来の信仰では、神は自然の森羅万象に宿ると考えられていました。しかし、今日では伝統的でにぎやかなイベントという印象が強く見られるようになりました。   7月に入ると、真岡市の各地でも夏祭りの準備に取りかかりますが、中学生を中心にした子供みこしも地域の神社に集まって準備を始めます。7月、中学校では期末テスト、3年生最後の各種目の郡市大会、各種目の県大会等、生徒にとって7月は真剣勝負の月なのです。

那須塩原市議会 2006-12-18 平成18年 12月 定例会(第4回)-12月18日−07号

言いかえれば、科学者は、この宇宙空間にある天地自然の森羅万象が与えたなぞを解き明かし、答えを導き出すということが真理を希求するということであり、世界は、新たな真理の発見に対してノーベル賞を贈り、また拍手を送っているのです。  これを小中学生の科目に置きかえれば、算数や理科がその真理を希求する入り口だということを、どこの教師が児童生徒に教えているのでしょうか。

  • 1