運営者 Bitlet 姉妹サービス
733件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第5日目12月11日) つまり、行政が地域地域にそういう拠点、子育て支援の拠点を設けるという意味ではね、この子育て世代包括支援センターも大変大事だというふうに思いますけれども、これを、例えば地域化ということで、中学校区ごとに配置をするような方向性もあるのかどうかだけ、ちょっと教えてください。 ○子ども部長(塙雅彦) 再質問にお答えいたします。   もっと読む
2018-12-07 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第4日12月 7日) まず、現在の診療体制についてでありますが、内科・小児科につきましては、鹿沼地区休日夜間急患診療所にて、昼間は日曜日・国民の祝日、12月31日から1月3日の午前10時から午後5時まで、年間約70日を実施しております。  夜間は、月・水・金・日曜日・国民の祝日、1月2日・3日の午後7時から午後10時まで、年間約213日実施しております。   もっと読む
2018-12-06 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第2日目12月 6日) 大津市においては、平成23年に、いじめを受けた中学2年生がみずから命を絶たれる痛ましい事件が起きたことで、条例の制定や市民部局にいじめ対策推進室を設置し、教育委員会と密接に連携するなど、子どもを取り巻く環境はいじめや不登校、貧困、児童虐待などと連動していることを改めて感じたところであります。   もっと読む
2018-12-06 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号 特に夜間はもう全然利用できません。それから、田空のエリアについてですけれども、道の駅のエリアと、それから博物館のエリアと田空のエリアがあると思うんですが、その辺の区別をお伺いします。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  西那須野支所長。 ◎西那須野支所長(後藤修) 那須野が原博物館のエリアのお話かと思います。   もっと読む
2018-12-04 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月04日−01号 特に小学生、中学生などの低年齢化の時代におきましては、保護者とともに児童が一緒に情報モラル教育のいろいろな研修であるとか講話であるとか、そういったことを区切りまして、その中で特に便利なんだけれども、必要以上の情報が簡単に手に入ってしまう、そういったデメリットもあるものですからそういったものも含めて、特に年代に応じて、場合によっては、フィルタリングとかそういった形をうまく活用しながら情報とつき合っていく もっと読む
2018-09-20 那珂川町議会 平成30年第3回(9月)定例会-09月20日−03号 今回ご質問の内河地区におきましては、福岡県が許可した林地開発現場からの土砂流出により災害が発生していたことから、特に重点的な巡回を行っておりましたが、7月6日夜間の豪雨に伴い山間部から流れてきた流木が水路の取水口にひっかかり、そこに土砂が滞積してしまったことにより、オーバーフローした土砂まじりの土が町道や水路、水田に流入したものでございます。以上でございます。 ○議長(高原隆則君) 原口議員。 もっと読む
2018-09-11 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第5日目 9月11日) まず、調査の結果についてでありますが、各教科の主な状況といたしましては、昨年に引き続き、本市児童生徒の平均正答率が全て全国平均を上回っており、中でも、国語と算数では、小学6年生の応用力を問う問題が全国平均と比べて2ポイント程度高く、また、3年ぶりに調査が行われた理科では、小学6年生、中学3年生ともに知識を問う問題が全国平均を3ポイント以上上回り、良好な結果となりました。   もっと読む
2018-09-10 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第4日目 9月10日) 最後に、公立夜間中学について伺います。  文部科学省は、各都道府県に少なくとも1校の公立夜間中学の設置を自治体に求めていく方針を打ち出しています。しかしながら、公立夜間中学は、現在、全国8都府県25市区に31校があるのみで、本県を含め北関東以北には1校も設置されていない状況があります。   もっと読む
2018-09-05 鹿沼市議会 平成30年第4回定例会(第2日 9月 5日) そもそもは、児童生徒の身を守るという危機管理の一環として整備されてきたのだと思いますが、それは子供たちだけでなく、夜間開放事業を利用している市民の方たちにも安全安心を提供することになります。  しかし、どうもいざというときに取りに行きづらい場所に置かれているので、緊急事態に対応できるのかが心配だという声が利用者から聞こえてきました。   もっと読む
2018-06-18 那珂川町議会 平成30年第2回(6月)定例会-06月18日−04号 ◆4番(吉野博君) それでは、小学生の自転車利用の義務づけ、また自転車通学を許可している中学生に対しての義務づけは何なのかをお尋ねをいたします。 ○議長(高原隆則君) 三浦教育部長。 ◎教育部長(三浦宏志君) お答えいたします。 もっと読む
2018-06-13 小山市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月13日−04号 次に、学習支援策では、平成29年度新規事業として、中学卒業の親、児童が、高等学校卒業程度認定試験合格のため講座を受講した方への助成を開始しました。   次に、就業支援策では、資格を取得し、就労による経済的自立を支援するため、看護師や保育士などを目指している方7人に、高等職業訓練促進給付金を支給し、介護福祉士や医療事務の資格を目指している方4人に、自立支援教育訓練給付金を支給いたしました。    もっと読む
2018-06-07 高根沢町議会 平成30年  6月 定例会(第387回)-06月07日−02号 防犯灯は夜間、不特定多数の人が通行する生活道路で、暗くて通行に支障がある場合や、防犯上不安のある場所に設置する照明灯です。昭和30年代ごろ、まだまだ夜間、夜の町は暗く、女性や子どもたちが安心して歩ける状態ではなく、政府は犯罪防止、公共の安全を図る目的で、昭和36年に防犯灯等整備対策要綱を閣議決定し、明るいまちづくり運動として防犯灯が盛んに設置されたようになったそうです。   もっと読む
2018-06-04 那須塩原市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月04日−02号 (7)夜間中学校の設立とフレックス制の定時制高校設立について。  (8)教員採用の障害者枠の推進について。  (9)すぐれた能力を伸ばす教育について。  (10)専門職の配置拡大について(作業療法士、言語聴覚士、スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー)。  以上です。よろしくお願いします。 ○議長(君島一郎議員) 8番、星宏子議員の質問に対し、答弁を求めます。  市長。 もっと読む
2018-05-10 宇都宮市議会 平成30年文教消防水道常任委員会(第1日目 5月10日) また,夜間中学校で学んでいる人は小学校も休みがち,夜間中学校で勉強についていけるのかなというふうに不安に思っている方がやはり多いらしいので,そういうところで個別にというか,習熟度別のクラス編成とか,生徒たちの状況に合わせた指導を行っているというところで,いろいろ勉強になるかなと思いまして,提案させていただきました。  以上です。 ○委員長(工藤稔行)  ありがとうございます。   もっと読む
2018-03-15 益子町議会 平成30年  3月 定例会(第157回)-03月15日−議案質疑・討論・採決−07号 積もるというか、雪だまりができてしまうということで、その雪を除雪したものが時としていびつな雪だるまみたいになって、それが中学生などの通学の妨げというのですか、どうしても道路側にはみ出してしまうということで、これに対する除雪はしました、ただそのよけた雪をそのままにして解けるまで待つのか、できれば30年度にはそういうものに対してきっちり除雪というのですか、雪を取って雪捨て場みたいなものをつくって対応する もっと読む
2018-03-08 益子町議会 平成30年  3月 定例会(第157回)-03月08日−議案説明・質疑−04号 13節の委託料でございますが、通常の保守業務のほかに今回新たに子ども子育て支援拠点施設を設置いたしますので、そちらの警備業務、夜間業務等の委託料が含まれております。また、子ども子育て支援事業計画のニーズ調査を予定しておりますので、そちらの分も計上されております。38ページをお願いします。 もっと読む
2018-03-08 宇都宮市議会 平成30年環境経済常任委員会(第1日目 3月 8日) これは,1歳6カ月を迎えた子どものいる世帯に宇都宮産米と啓発パンフレットを配布する,うつのみやはじめてごはん事業や,新小学1年生及び新中学1年生とその保護者に対して,宇都宮産米と啓発パンフレットを配布する,げんきにごはん事業に要する経費などが主なものであります。   もっと読む
2018-03-06 市貝町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月06日−03号 また、最も多感な時期である中学1年生を対象に、助産師や保健師等が出向き思春期教育を実施し、他者に対する思いやりや心の育成、命の尊さなどを学んでいただいております。   もっと読む
2018-03-02 小山市議会 平成30年  予算審査常任委員会-03月02日−02号 それから、2点目、3点目の項目につきましては、物的な支援というようなことでございまして、まず電話取付用留守番装置につきましては、学校現場に対します休日、夜間等の勤務時間外の電話に対応するための電話の自動応答装置を全校に設置するというものでございます。   もっと読む
2018-03-02 大田原市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月02日−一般質問 中学生におきましては、交通安全の意味と交通ルールの遵守、マナーの重要性を理解させ、自転車を利用することの責任感を芽生えさせることを課題としています。また、昨年末に那須ブラーゼンの協力をいただき、脱補助輪教室、女性限定ロードバイク安全講座、ロードバイクビギナー講座、ロードバイクトレーニング講座の4つの自転車教室を開催いたしました。 もっと読む