211件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小山市議会 2020-02-21 02月21日-04号

寒川尼地頭職に任じられたと吾妻鏡に書いてありますし、地頭職は税の徴収や土地のことも任されておりましたから、土地所有を認めますよということで、先ほどの下文という公文書があります。この小山市史にどちらも載っております。私は寒川尼を否定するものではありません。活躍して立派な方だと思いますが、地頭職になったのはそれだけではなく、地位も高かったと言われております。男女共同参画の根本は男女平等です。

大田原市議会 2019-12-16 12月16日-05号

また、近代、現代の市史をつくろうとしたときに、重要になってくるのが公文書です。大田原市の文書取扱規程の中に、保存年限保存種別規定されていますが、条例規則、その他例規の原義文書と並び市史の資料となる重要文書もその中に入っています。それら永年保存文書を中心とした公文書はどのように管理されているのでしょうか。  そこで、(3)、公文永年保存文書)の管理状況についてお伺いいたします。

市貝町議会 2019-12-05 12月05日-03号

管理及び使用料に関する条例の一部改正について第9 議案第62号 市貝町ふれあい館設置管理及び使用料に関する条例の一部改正について第10 議案第63号 市貝町きら里館設置管理及び使用料に関する条例の一部改正について第11 議案第64号 市貝町民ホール設置管理及び使用料に関する条例の一部改正について第12 議案第65号 市貝農業者トレーニングセンター設置管理及び使用料に関する条例の一部改正

芳賀町議会 2019-09-05 09月05日-02号

公園部分管理につきましては、入居者が全体の5割になるまでは開発業者が行うこととなっておりましたので、この協議書に基づき、入居者が全体の5割を超えたことしの4月に公園部分管理が町となっております。 管理者になったことに伴い、町では関係課協議を行い、公園内に設置されていた遊具の安全点検を7月に実施をいたしました。

大田原市議会 2019-03-07 03月07日-03号

次に、(4)、種子廃止後の対応及び種子安定生産についてお答えいたします。主要農作物種子いわゆる種子は米、麦、大豆の優良な種子生産及び普及を都道府県に義務づけるものです。昨年4月1日に種子が廃止されたことにより、その法的根拠が失われ、都道府県取り組みが後退する、種子の価格が高騰するなどの不安の声が農家からあり、種子にかわる条例を制定している都道府県もございます。

那須町議会 2019-03-07 03月07日-01号

平成31年  3月 定例会(第2回)          平成31年第2回那須町議会定例会議事日程(第1号)          平成31年3月7日(木曜日) 午前10時開会日程第1       会議録署名議員指名日程第2       会期の決定日程第3 報告第1号 専決処分報告について日程第4 議案第1号 那須公文書管理に関する条例の制定について日程第5 議案第2号 那須すこやかこども基金条例

芳賀町議会 2019-03-06 03月06日-02号

農用地区域の設定を含むほ場整備事業計画決定に当たり、農地農業振興地域整備に関する法律、都市計画などの関連制度との関係についてあらかじめ県の担当部局と十分に調整する必要があります。現在県の担当部局と非農用地創設について協議を行っているところであり、非農用地創設を含む北部第2地区ほ場整備事業計画決定を待っているところであります。 以上で非農用地についての答弁といたします。 

栃木市議会 2019-02-26 02月26日-02号

しかし、現状におきましては元号表記が広く市民に定着していること、国や地方公共団体などの公的機関公文書においても元号表記が定着していること、条例規則を含む法令においても元号が用いられていることなどから、当面の間は元号を使用してまいりたいと考えております。 ○議長(大阿久岩人君) 千葉議員。               

大田原市議会 2018-12-04 12月04日-02号

内容としましては市民の公平な利用が確保されていること、公の施設の効用を最大限に発揮するとともに、効率的な管理ができること、大田原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例規定により、提出した事業計画書に沿った管理を安定して行う能力を有していること、それから個人情報の取り扱いを適正に行う体制が整備されていること、法令等規定を遵守し、適正な管理ができること、こういった点に基づいて評価をしているということでございます

塩谷町議会 2018-09-12 09月12日-02号

〔9番 橋本 巖君登壇〕 ◆9番(橋本巖君) 私は、通告書に基づきまして、1つ給食費無料化具体的方向性はあるのか、1つ、当町における先生の働き方の実態について、1つ防災無線の聞こえにくさ解消を急ぐべき、1つ森林経営管理所有者と町に何をもたらすのか、以上4項目質問いたします。 まず初めに、給食費無料化具体的方向性はあるのか。 

芳賀町議会 2018-09-06 09月06日-02号

総務企画部長総務課長併選挙管理委員会書記長古谷一良君) お答えをいたします。 小学校跡地の利活用につきましては、先日開催をいたしました地区座談会におきましても、幾つかの自治会からやはりそのようなご質問をいただいております。 なかなか有効な活用策が見出せないとうのが実情ですけれども、そのような中、国のほうでも話題になりましたけれども、公文書管理保存について話題になりました。

那須町議会 2018-09-03 09月03日-02号

◆15番(荒木三朗君) 非常に具体的と申しますか、業務立ち位置といいますか、そういうことについてちょっとお話をお聞きしたいと思いますが、船橋市とか、それから小山市の例をとりますと、受託者内役職明確化、今課長がお話しされたとおりでございますが、業務履行の場所の独立について、指示、その他管理をみずから行うこと、受託者が独立して業務を行うことの要件が満たない場合は、労働者派遣にも抵触するということを