40件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鹿沼市議会 2019-12-19 令和元年第6回定例会(第5日12月19日)

関係条          例の整備に関する条例の制定について  議案第 99号 基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部改正について  議案第100号 鹿沼市手数料条例の一部改正について  議案第101号 鹿沼市体育条例の一部改正について  議案第102号 鹿沼市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準          を定める条例の一部改正について  議案第103号 鹿沼市ペット

鹿沼市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第4日12月 6日)

関係条          例の整備に関する条例の制定について  議案第 99号 基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部改正について  議案第100号 鹿沼市手数料条例の一部改正について  議案第101号 鹿沼市体育条例の一部改正について  議案第102号 鹿沼市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準          を定める条例の一部改正について  議案第103号 鹿沼市ペット

鹿沼市議会 2019-12-05 令和元年第6回定例会(第3日12月 5日)

次に、ペットの同行避難の現状でありますが、今回の台風においては、14のコミュニティセンターの避難所開設のうち、9カ所でペットの同行避難がありました。  主に、犬や猫を連れて避難されており、持参したケージ等で、会議室や倉庫の中など、避難者の居住空間以外で保護されております。  また、ケージがない場合には、車の中で保護されていたケースもありました。  

鹿沼市議会 2019-12-04 令和元年第6回定例会(第2日12月 4日)

関係条          例の整備に関する条例の制定について  議案第 99号 基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部改正について  議案第100号 鹿沼市手数料条例の一部改正について  議案第101号 鹿沼市体育条例の一部改正について  議案第102号 鹿沼市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準          を定める条例の一部改正について  議案第103号 鹿沼市ペット

鹿沼市議会 2019-11-20 令和元年第6回定例会(第1日11月20日)

関係条          例の整備に関する条例の制定について  議案第 99号 基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部改正について  議案第100号 鹿沼市手数料条例の一部改正について  議案第101号 鹿沼市体育条例の一部改正について  議案第102号 鹿沼市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準          を定める条例の一部改正について  議案第103号 鹿沼市ペット

鹿沼市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第3日 6月13日)

昨日だったか、島田議員質問にも避難所に盲導犬だったり、ペットの話が出ていましたけれども、そういった避難所の中の運営の仕方も防災士がかかわっていかなくてはならない部分も出てくるということで、昨日市長の答弁の中にも、「盲導犬のほうについては、何ら問題ないよ、ほかのペット等はちょっと分けなくてはならないけれどもね」というふうな答弁もあったわけですけれども、非常にそういったことも含めて、防災士の役割というのは

市貝町議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月18日−01号

それと、そのこととあわせては大変申しわけないと思いますけれども、今、結構ペット、室内犬とか猫みたいな、そうしたペットなどもやはりそうした避難するときには考えておくべきだろうと思います。その2つについて、ちょっと町の考え方をお聞かせください。 ○議長(小泉栄一)   水沼健康福祉課長。 ◎健康福祉課長(水沼加代子)   ただいまの質問にご説明させていただきます。  

野木町議会 2017-12-08 平成29年 12月 定例会(第7回)-12月08日−02号

次に、2点目のペットの取り扱いについて質問します。  核家族化と高齢化が進み、今や「遠くの親戚より近くのペット」と言われるほど人々の生活の中にペットが寄り添い、安心感を与えています。ペットとは、もうただの犬、猫ではなく家族の一員であり、心の支えであり、自分の子供のような何物にもかえがたいいとおしい存在なのです。  

野木町議会 2017-09-12 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月12日−03号

次に、世間では野良猫にかまれた女性が感染し死亡した、また、猫からマダニ感染症がうつるなど話題が沸騰しているさなかでありますが、1点だけ、時間の関係がありますので、ペット避難について伺います。  7月、全国的に珍しいペット同行の防災訓練を実施した京都市に政務調査に行ってまいりました。担当課長から説明を受け、まさに目からうろこでありました。

野木町議会 2016-12-07 平成28年 12月 定例会(第8回)-12月07日−03号

特に、最近では猿も目撃され、ペットが野生化し、アライグマ東南アジアにもともとは生息するネコ科のハクビシンなどもあちらこちらで目撃されております。また、空中から来る体長4センチぐらいになるスズメバチも非常に怖い存在です。  3件目です。2020年、東京で開かれるオリンピックの追加種目になったスポーツクライミングについてです。  

鹿沼市議会 2015-12-08 平成27年第7回定例会(第3日12月 8日)

まず市の現状認識及び今後の対策についてでありますが、飼い主のいない犬・猫のふん尿等に対する苦情等の現状は、飼い主のいない犬・猫に限定した苦情・相談の集計は行っておりませんが、市に寄せられたペットに関する平成26年度の相談件数は24件で、そのうち犬に関するものが18件、猫に関するものが6件でありました。  

市貝町議会 2015-12-03 平成27年 12月 定例会(第6回)-12月03日−02号

初めに、ペットの繁殖規制及び飼育者のマナーについてお尋ねいたします。  最近のペットブームに乗じてペットを飼う方が非常に多くなっています。犬の散歩をする人をよく見かけます。ペット家族の一員としてたっぷり愛情を注ぎ、マナーよく育てている方もたくさんおります。しかし、中には残念ながらかわいさに引かれ飼ったが、面倒を見るのが大変、手に余り、飼育を放棄してしまうケースも多くなっていることも事実です。  

鹿沼市議会 2015-07-30 平成27年第4回定例会(第3日 7月30日)

第4項目、ペットのふん害の対策についてお伺いをいたします。  「鹿沼市ペットの管理及びペット愛護等施設の設置に関する条例」の飼い主の責任効果について。  鹿沼市のペットのふん害に対する取り組みについて。  ペットのふん害に対する飼い主への指導及び勧告の強化と足利市のように命令に違反した者には罰金に処するようすべきと考えるが、所見をお伺いいたします。 ○大貫武男 議長  答弁を求めます。  

鹿沼市議会 2013-03-06 平成25年第1回定例会(第2日 3月 6日)

また、ペット死体は、家族環境クリーンセンターに直接持ち込んでいただきますと無料で引き取り、持ち込めない場合は有料で回収しております。  平成23年度の持ち込み実績は、犬155体、猫161体、ウサギ・鳥・タヌキ・イノシシシカなど32体で、合計348体でありました。  今後もこれまで同様、迅速な収集を行ってまいります。  以上で答弁を終わります。 ○議長(冨久田耕平君) 大貫武男君。

  • 1
  • 2