13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿沼市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日 6月14日)

また、教科書・ノート・資料集・ファイルなどにつきましては、「学校に置いていってよいもの」を設定し、登下校時の荷物が多くならないように配慮しております。  中学校においては、安全面からも荷物は荷台に縛るように指導しており、自転車のハンドル操作などに支障を来さないようにしております。  

野木町議会 2012-12-06 平成24年 12月 定例会(第6回)-12月06日−02号

写真を撮ったりしておりますが、私もその中の1人でございますけれども、この間、地上デジタルテレビにみんな変わりまして、埼玉テレビが見られるようになったんですね。深谷市のことが特集でやっていまして、東京駅の駅舎で使った煉瓦は8割近くが深谷市、渋沢栄一出身の市なんですね。煉瓦の工場をつくろうと発案されたのは渋沢栄一と。

さくら市議会 2010-12-16 12月16日-02号

まず最初に、教育行政についてですが、まず、1番目といたしまして、学習支援としてデイジー教科書、つまり電子教科書についてでございます。 発達障害を抱えた児童・生徒や、その他文字を認識することに困難のある児童・生徒への支援ツールとして新たに開発されたのがマルチメディア、デイジー教科書です。文部科学省の調査では、読み書きが困難な児童・生徒は、通常学級在籍者の2.5%を占めるということでございます。

鹿沼市議会 2000-12-13 平成12年第5回定例会(第2日12月13日)

そこで、歴史教科書学びました。私今でこそ共産党員として活動しておりますが、歴史教科書を読んで共産党思想共感したなどということは全くございません。歴史教科書からは何らそのような思想的、イデオロギー的影響、そういう印象は全然持ちませんでした。皆さんのお子さんが使われている教科書、一読していただければわかるように、本当に当たり前の歴史的事実というものが簡潔に述べられている。

足利市議会 1981-03-06 03月06日-一般質問-02号

現在、携帯電話デジタルカメラなど小型家電に含まれるレアメタル貴金属は、多くを輸入に依存し、その大半はリサイクルされずにごみとして埋め立て処分されております。  そこで、このレアメタル等の回収を進めるため、使用済み小型電子機器等再資源化促進法、通称小型家電リサイクル法平成24年の8月に成立をいたしました。平成25年4月に施行となります。

足利市議会 1977-03-10 03月10日-一般質問-03号

今までICT教育の推進については、デジタル教科書導入、電子黒板導入、生徒全員にタブレット端末導入、メディアリテラシーなど質問させていただきました。実施していただいた施策もあれば、なかなか進まないものもあります。予算、現場での調整など、素人の私にははかり知れない状況だと推察されますが、実施している学校があるのも事実です。  

足利市議会 1973-03-07 03月07日-一般質問-03号

そうした中で、いわゆるタブレット型のパソコンがこれだけ普及している時代でありますから、もっと教育現場の中でそうしたものも導入できないだろうか、さらには電子教科書といったものが試行的にではございますけれども、各教科書出版会社から出されてきているところでもございますので、そういうものも生かしていくことができないだろうか。

足利市議会 1967-12-10 12月10日-一般質問-02号

いずれにしても、デジタル教科書とか電子黒板、そういった形の教育の必要性というのは当然出てくると思います。ただ、現在はデジタル教科書も有料であるという事情もございます。紙ベースの教科書でしたら無償配布になっているということもございます。

さくら市議会 1965-02-22 02月22日-02号

4番目、タブレットを使ったデジタル教科書の導入についてはどのように考えておりますか。 次、3番目、老老介護についてでございます。 高齢化の進展に伴い、ひとり暮らしの高齢者がふえたり、老老介護世帯がふえていると思います。老老介護介護するほうが倒れたり、孤立したり、相談せずに抱え込む傾向があると言われております。

小山市議会 1965-02-16 02月16日-02号

佐賀市では教育情報化推進計画を平成26年に策定し、全ての小中学校の普通学級特別支援学級電子黒板を配備しており、デジタル化が進む教材への対応や教員自作教材の活用などで、多くの実績を上げているようです。また、幾つかの学校はモデル校としてビデオ会議システムを導入済みで、国内や海外学校との交流を積極的に行っているとのことでした。

  • 1