141件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

市貝町議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−02号

内閣府の調査では、子供自殺が夏休み後半と夏休み明けに突出して多く、学校は絶対に行かなければならないという固定観念が、いかに子供を追い詰めてきたかがわかります。  不登校は、我が国の教育界の大きな課題となって久しい。不登校とは、文部科学省定義によれば、身体的病気経済的事情など以外の理由で、年間30日以上休むことであるとあります。

壬生町議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月13日−02号

今年度、2回目の研修会では、小児科医として医学的な見地から子供不登校いじめ引きこもり、虐待及び養育上の問題の解決や改善に数多くの実績を持つ獨協医科大学名誉教授の杉田憲一先生を講師にお招きし、ご講演をいただきました。医学的見地に基づき、発達障がい、愛着障がいやその陰に潜むネグレクトや心理的あるいは肉体的虐待についての専門的な研修を実施いたしております。  

鹿沼市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日 6月14日)

開催の内容についてでありますが、総合教育会議は、私と教育委員会で構成する会議であり、教育大綱の策定のほか、地域の実情に応じた教育の振興を図るため重点的に講ずべき施策や、いじめ事故等による児童生徒の生命や身体への被害に対する緊急措置などについて、協議・調整する場とされております。  

那須塩原市議会 2018-06-04 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月04日−02号

その結果、子どもの犯罪いじめ不登校、ひきこもり、自殺児童虐待、そして子どもの貧困などが深刻な社会問題になっています。  厚生労働省が発表した2016年の人口動態統計の年間推計によると、2016年の出生数は約98万1,000人であり、1947年の統計開始以来、初めて年間の出生数が100万人を下回りました。

那須塩原市議会 2018-02-28 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月28日−04号

次に、(5)のいじめ対策についてお答えをいたします。  いじめは、どの集団にも、どの学校にも、どの児童生徒にも起こり得る可能性がある、最も身近で深刻な人権侵害であるという考えのもと、本市では、平成27年3月に策定をいたしました「那須塩原市いじめ防止基本方針」及び、各学校が定めました「学校いじめ防止基本方針」に基づき対策を進めているところであります。  

那須塩原市議会 2018-02-27 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月27日−03号

学校におけるいじめについては、昨今、いじめを受けていた少年自殺に至る重大な事案が発生するなど、少年保護非行防止の両面から憂慮すべき問題であります。  また、高齢者の心理を巧みに操る振り込め詐欺等の特殊詐欺が大きな社会問題となっていることから、以下についてお伺いいたします。  (1)防犯意識の高揚についてお伺いいたします。  (2)防犯体制の充実についてお伺いいたします。  

市貝町議会 2017-12-19 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月19日−02号

栃木県は本年度策定する命を支える栃木県自殺対策計画、これは仮称であります、この計画は、2018年から28年度の計画でありますが、この計画に、人口10万人当たりの自殺者数、自殺死亡率を22年度までに14.6人まで引き下げる数値目標を掲げています。本県は2016年の自殺死亡率は18.9人で、全国ワースト9位になります。

那須塩原市議会 2017-12-04 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月04日−06号

次に、いじめの現状についてですが、同調査における小学校認知件数は73件、中学校は12件であり、平成27年度と比較すると小学校認知件数は増加し、中学校認知件数は減少いたしました。小中学校合計では、平成27年度の91件から、平成28年度は84件に減少をいたしました。  いじめの課題としましては、各学校において正確にいじめ認知し、対応することが挙げられます。

鹿沼市議会 2017-09-08 平成29年第3回定例会(第4日 9月 8日)

最近のニュースの中で、中高生の自殺問題が大きくクローズアップされています。年間300人とも言われるかけがえのない若者の命が奪われていることに憤りを感じているのは私だけではないと思います。  ちなみに昨年は320人、そのうち3分の2が高校生、3分の2が男子生徒だそうでございます。毎月1日1人犠牲になっている計算になるかと思います。  

市貝町議会 2017-09-06 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月06日−02号

それで、人間教育、特に今はいじめとかいろいろ学校でも問題が起こっています。そういったものに対処する意味において、学校における人間教育、人格教育にどのように取り組んでいくのかについても伺っておきたいと思います。  それと、いろんな問題もありますが、やはり孤立しては物事は先には進みません。

那須塩原市議会 2017-03-06 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月06日−06号

そういった中においてはコミュニケーション力という部分に英語コミュニケーション力というものは、ある部分ではいじめ防止につながっているのかなと思いますけれども、この点についてはどう捉えているのか、お伺いしたいと思います。 ○議長中村芳隆議員) 答弁を求めます。  教育長

野木町議会 2016-06-08 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月08日−02号

ところが2011年に発生した大津市いじめ自殺事件では、教育委員会制度疲労が露呈し、適切に対応できませんでした。この反省を踏まえ、このたびの制度改正に至ったというのが事の真相ではなかろうかと思います。  要は、教育現場責任は、教育委員長にあるのかあるいは教育長にあるのか、はたまた地方自治体の長が負うべきなのか、曖昧だった点が事件をより深刻化させたと記します。  

小山市議会 2016-02-24 平成28年  2月定例会(第1回)-02月24日−05号

こうした状況の中、子供たちが料金トラブルや性犯罪に巻き込まれたり、SNS、ソーシャルネットワーキングサービスでのやりとりに端を発するいじめが問題になっています。反面、日常生活に欠かせない道具という人も多いと思います。   まずは、小山市の情報モラル教育の状況についてお伺いをいたします。 ○関良平議長 答弁、酒井教育長。                   

市貝町議会 2015-12-04 平成27年 12月 定例会(第6回)-12月04日−03号

だから、普通であれば、大人や一般社会が考えた場合には、そういう普通はいじめとか自殺とかというのは考えられないわけです。  ところが、現実に起きているわけですから、それを私たちが主観的に捉えるというよりも客観的に捉えるということのほうが、正しく真理を認識できると私は思うわけです。  

栃木市議会 2015-12-04 平成27年 12月定例会(第5回)-12月04日−一般質問・質疑、委員会付託

先ほどアンケート調査のお話をしましたけれども、父兄の方のアンケート調査では、やはり一番多いのがいじめ不登校がないような学校、あるいは基礎教育をしっかりとする学校ということがありますので、まずは子供たちの集団づくり、仲よく楽しくということを一つにしまして、また競争教育ということでは学業指導、こちらのほうも重点的にやって、特色を出したいと思っています。   

小山市議会 2015-12-02 平成27年 12月定例会(第5回)-12月02日−04号

1、小山いじめ防止基本方針について。いじめ防止対策推進法に基づき、小山市におきましても、ことし5月、いじめ防止基本方針が策定されました。その内容からは、いじめを絶対に許さないという強い決意が感じられ、組織編成やいじめの防止、発見、対処等、大人の立場から大人の責任として対処すべき事柄が列挙されていました。

小山市議会 2015-11-30 平成27年 12月定例会(第5回)-11月30日−02号

                          ││   │    │        │ (2) 感震ブレーカー等設置推進補助事業導入について     ││   │    │        │2.保健福祉行政について                  ││ 6 │ 16 │ 小林英恵   │ (1) 生活保護制度について                 ││   │    │        │ (2) 自殺予防対策

那須塩原市議会 2015-09-14 平成27年  9月 定例会(第4回)-09月14日−05号

簿冊につきましては、市政報告書、予算執行状況報告109ページ、3款民生費1項1目社会福祉総務費、地域自殺対策緊急強化事業150事業、報償費、報償金についてです。  1、こころの相談カウンセラー謝礼の詳細並びに成果について。  2、カウンセリングを受けた人数について。  3、ゲートキーパー養成講座の内容並びに成果についてお伺いいたします。 ○議長中村芳隆議員) 答弁を求めます。  保健福祉部長