203件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

真岡市議会 2018-12-03 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月03日−議案説明−01号

C11形SLについては、運行開始から21年が経過し、減価償却期間が終了していること、経常的費用や維持経費については沿線2市4町で負担していることなどの理由から、無償譲渡することが適当であると判断したものであります。   次に、議案第91号 平成30年度真岡市一般会計補正予算についてであります。別冊1となっております補正予算書の1ページをごらんください。

真岡市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会 一般質問-質疑・一般質問通告書

関係部長3.交通網の強化について①東武鉄道は、同じ栃木県内で運行する二台のSLを大きくPR、宣伝しているが、真岡市の三大観光資源である「いちご」、「SL」、「真岡木綿」への影響は、どのように考えているのか。 46市   長②いちごタクシーとコットベリー号をより安定的に運行するための個人企業・商店などの団体を会員とする公共運行サポーター制度の現状は、どうなっているのか。

那須塩原市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月13日−05号

教育長大宮司敏夫) JSLカリキュラムということでございますが、このJSLというのは、Japanese as a second languageというものの頭を取ってJSL、簡単に日本語でいえば、第2言語としての日本語ということで、当然、その子には母語がありますので、その母語以外に日本語というものをマスターしていただくというようなこと、これをどちらかいうと、勉強を進めながら、なおかつ日本語も同時

真岡市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月11日−議案質疑、一般質問−03号

平成6年3月に24年ぶりにC12形の運行が開始されて以来、24年間にわたって真岡市の観光を支えてきたSLですが、ことし大きな転換期を迎えています。一方、東武鉄道が運行するSL大樹は先月運行開始1周年を迎えました。そこで、1点目として県内2路線でのSL運行となって1年、その影響についてお伺いいたします。   

矢板市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第352回)-09月11日−03号

ことしの「駅からハイキング」は軽トラ市や矢板高校生のミニSL運行、花苗販売、吹奏楽演奏などや矢板東中高生による書道パフォーマンスなどで大いに盛り上がりました。  高校生や商工会などと連携し、4月オープン予定の(仮称)とちぎフットボールセンターも訪れる「学生駅からハイキング」を設定してはいかがでしょうか。 ○議長和田安司) 1番、高瀬由子議員質問に対し、答弁を求めます。  

真岡市議会 2018-09-01 平成30年  9月定例会 一般質問-質疑・一般質問通告書

教 育 長3.観光行政について①運行開始1年を迎える東武鉄道SLについて、その影響と差別化について(SL運転体験)伺う。 90関係部長②デスティネーションキャンペーンの成果とそれを受けて、アフターデスティネーションキャンペーンをどのように活用していくのか。関係部長4.キャラクターの活用について①真岡市のPRのため、もおかぴょん・春崎野乃花のLINEスタンプを作成してはどうか。 

真岡市議会 2018-06-12 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月12日−議案質疑、一般質問−03号

デスティネーションキャンペーン期間中における本市の具体的な取り組みと反響、観光客の入込数につきましては、4月8日日曜日にSLキューロク館において、イチゴ、SL、真岡木綿の3大観光資源を活用した真岡デスティネーションキャンペーンオープニングイベントを開催し、来場者の方が参加できるイチゴで乾杯、動態整備が完了したD51形SLの初運行及び真岡木綿の機織り体験や子供向けのイベントを実施し、会場は約8,000

真岡市議会 2018-06-11 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月11日−議案質疑、一般質問−02号

本市の魅力とは、生産量日本一のイチゴ、真岡鐵道のSLの運行、伝統工芸を今に伝える真岡木綿という観光資源の柱があり、歴史的には鎌倉時代に親鸞聖人が創建した高田山専修寺、日光開山の祖、勝道上人の生誕地である仏生寺、江戸後期に農村復興した二宮尊徳などの偉人がおり、歴史遺産があります。

市貝町議会 2018-06-05 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月05日−01号

多田羅駅に近いし、真岡鐵道を使い、また、SLの乗客を茂木町まで行かないで、ゆっくり市貝で休んでほしいものであります。  まず、いちかいというツツジ文字がありますけれども、周囲の樹木が大きくなり、見えにくくなってきております。樹木を伐採したり、また、サシバの里いちかい夏まつりのときには、ライトアップして市貝町をアピールしたらいかがなものかと考えますが、町の考えをお聞かせください。

足利市議会 2018-03-13 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月13日−一般質問−04号

なお、栃木デスティネーションキャンペーンに合わせ、両毛線のSL運行も決まったようでありまして、大変期待しているところです。こうした流れがまち全体の活力につながるよう、当局のさらなる御努力を期待するものであります。   次に、産業振興についてお伺いいたします。従来の産業振興政策は、人口の増加や経済の成長といった日本社会の情勢に応じて、地域が抱えている産業の課題解決を中心に行われてきました。

足利市議会 2018-03-09 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−一般質問−02号

また、5月にはSLが、小山、足利間を往復するというふうなことも聞いております。   それと、私の住む小俣で木村半兵衛さんという郷土の偉人がいるのですけれども、この方が開業いたしました両毛鉄道、今の両毛線でありますが、1888年、130年前の5月に小山から足利まで開業いたしました。また、その年の11月に桐生まで延伸されて、その間にあります小俣駅も、そのときに開業されたと聞いております。

真岡市議会 2018-03-01 平成30年  2月 定例会(第1回)-03月01日−議案質疑、一般質問−03号

まず最初に、地域公共交通についてのうち、1番目としてSLについてお伺いいたします。SLについてのうち、SLのイベントにつきましては七海議員からも通告されておりますが、代表して私から質問をさせていただきます。   本市は、いちごの街、SLの走るまち、そして伝統生きるまちとしてさまざまな面からPRやイベントを開催してきました。

真岡市議会 2018-02-28 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月28日−議案質疑、一般質問−02号

次の真岡鐵道を核とした広域観光についての質問は、明日の池上議員質問いたしますので、重複しますので、私としては今後「SLの走るまち もおか」としてさらなる活性化を期待することを要望いたします。   最後の質問、4件目の質問は、障害者福祉計画等についてです。平成30年に改正、施行される障害者総合支援法は、誰もが住みなれた地域での生活を実現するために、障がいがある方に対して総合的な支援を行う法律です。

真岡市議会 2017-12-04 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月04日−議案説明−01号

議案第94号は、真岡市SLの走るまち拠点施設SLキューロク館の指定管理者に真岡市台町2474番地1、真岡鐵道株式会社を指定するものであります。   なお、これらの施設指定管理者の指定期間平成30年4月1日から平成35年3月31日までの5年間とするものであります。   次に、議案第95号 平成29年度真岡市一般会計補正予算についてであります。

真岡市議会 2017-09-26 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月26日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

また、「SLの走るまち 真岡」のイメージを広く発信していくため、SLキューロク館に加え、静岡県静岡市から譲り受けたD51型SLの整備をするなど、地域資源を活用したさらなる振興対策を期待するものであります。   次に、「市民の知恵と夢で拓くみんなのまちづくり」について申し上げます。