6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿沼市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第4日 6月15日)

そういう中で、ちょっと30人というのは多いのですが、いくつか言いたいことがありまして、これはやっぱりこれから、AIとか、IoTですか、そういう技術が導入されてきて、業務システムを見直したときに、場合によっては、もう今いる人数の半分ぐらいで済んでしまうとなってしまったときに、ではどうするのかという話にもなってきてしまうわけですよ。  

那須塩原市議会 2018-06-04 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月04日−02号

これからはIoT(Internet of Things)、ビッグデータ、人工知能、ロボットセンサーの技術的ブレークスルーを活用する時代であり、経済産業社会システム全体が大きく変革されると内閣府が予想していることから、若者が第4次産業革命時代を生き抜き、主導できるよう、プログラミン教育を必修化して、ICTを活用した個別化学習を導入することを文部科学省が決定しました。  

小山市議会 2018-03-02 平成30年  予算審査常任委員会-03月02日−02号

こちらの小山産学官ネットワーク支援事業でございますが、産業界ということで市内の立地企業、高等教育機関ということで白鴎大学小山高専、関東能開大、行政機関ということで小山市、金融機関ということで足利銀行等が連携して、主な事業としては、産学官ネットワークフォーラムという形で、ことしは白鴎大学のほうでIoTをテーマに研修会を開いたところでございます。

野木町議会 2017-12-08 平成29年 12月 定例会(第7回)-12月08日−02号

きょうは本題じゃないんで、次の発言は私の意見として聞いていただければと思いますが、やっぱりクラウドファンディングだけじゃなくて、私が見ていますと、野木町の執行部としてIT、いわゆる行政におけるITとかIoT、それをどうやっていくかという人材育成から必要じゃないかなと私は感じ取りました。きょぅは本題じゃないんでそこだけでとどめますけれどもね。  

小山市議会 2017-06-07 平成29年  6月定例会(第2回)-06月07日−04号

さらに、本年度の事業方針を、連携強化、新商品開発支援、新技術の推進とし、AI、IoTなどの新技術研究と啓発活動を行うこととしております。 ○関良平議長 10番、植村議員。                   〔10番 植村 一議員登壇〕 ◆10番(植村一議員) ご答弁ありがとうございました。   再質問させていただきます。

鹿沼市議会 2016-09-26 平成28年第4回定例会(第5日 9月26日)

そして日本社会全体を見渡せば、少子化と高齢化による人口減少が労働力の供給不足を招き、経済全体の総量としての成長を制限し、グローバル化による競争激化においては、仕事が新興国に奪われ、今では当たり前に論じられるようになった先進国で開発されたロボットIOT、人工知能といったテクノロジーの進歩が仕事そのものを消滅させてしまう懸念を払拭できません。

  • 1