24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鹿沼市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第4日12月 6日)

そして、新たにスタートさせる営業戦略本部においては、市民の皆様と一体となって、さらに県内外鹿沼ファン全国イチゴ市民皆さんの力をお借りしながら、積極的かつ地道な取り組みによって、「注目され」、「選ばれる」自治体を目指してまいりたいと考えております。  以上で答弁を終わります。 ○増渕靖弘 議長  佐藤誠議員。 ○13番 佐藤 誠 議員  ありがとうございました。  

鹿沼市議会 2019-12-05 令和元年第6回定例会(第3日12月 5日)

その際は、市内に限らず、市外から鹿沼を応援してくださる「鹿沼ファンからの参加支援や提案をいただくなど、鹿沼まちづくりにかかわる人が増え、「つながり」を感じて、巻き込んでいけるような仕組みづくりについて、検討してまいります。  以上で答弁を終わります。 ○増渕靖弘 議長  藤田義昭議員。 ○3番 藤田義昭 議員  それでは、いくつか再質問させていただきます。  

鹿沼市議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第2日 6月12日)

鹿沼市が当事業を実施する目的、コンセプトというご質問だと思いますけれども、この事業目的というのは、観光客とはまたちょっと違う、鹿沼市と強い関係性を持つ地域外人材ですね、そういった方々に鹿沼市のいいものとか、また鹿沼市のいいところ、こういったものを発信していただける熱心なファンの、鹿沼ファンの創出・拡大を目指すものであります。  以上で答弁を終わります。 ○大島久幸 議長  鈴木敏雄議員

鹿沼市議会 2018-03-07 平成30年第1回定例会(第2日 3月 7日)

それからそこに、鹿沼ファンということで、活動している団体がありますけれども、そういったところにどんな意味合いを含めた情報を発信されているのかを伺いたいと思います。 ○関口正一 議長  答弁を求めます。  佐藤信市長。 ○佐藤 信 市長  再質問にお答えします。  いろいろご指摘いただきました。

鹿沼市議会 2017-12-06 平成29年第4回定例会(第2日12月 6日)

また、まつり参加できるイベントを継続するなど、来場者満足度を高めながら、鹿沼ファンを増やし、まつり担い手確保につなげていきたいと考えております。  更に、ユネスコ登録の熱が冷めないうちに、まつりを契機としたPR推進市内飲食店などの事業者にご協力いただき、まつり期間以外の本市への誘客に努めてまいります。  次に、市における栃木デスティネーションキャンペーン取り組みについてお答えします。  

鹿沼市議会 2016-12-07 平成28年第5回定例会(第2日12月 7日)

そして、4つ目鹿沼ファンについて、ぜひ鹿沼市の魅力を感じて、鹿沼市のファンになってくださいということで進めている事業だと思うのですけれども、ではその登録状況はどのようなのかをお伺いをいたします。  次に、最後に5つ目行政視察案内ということで出ているのですけれども、私たちも行政視察に行くと、そのまちのいいところ、おいしいもの、お土産、いろいろ宣伝をしていただきます。

鹿沼市議会 2015-12-07 平成27年第7回定例会(第2日12月 7日)

JR鹿沼駅東側の整備」や「冠水危険箇所整備」等の都市基盤整備、加えて「生活交通維持確保」や「老朽空き家適正管理」等の生活環境整備、「鹿沼版地域おこし協力隊」や「空き家バンク活用」による定住促進などを位置づけ、更に「鹿沼今宮神社祭屋台行事」のユネスコ無形文化遺産登録に向けた「彫刻屋台まち鹿沼」の情報発信、かぬまブランドの代表であるイチゴにスポットを当てたPRなど、“鹿沼のチカラ”をPRし、鹿沼ファン

鹿沼市議会 2015-07-29 平成27年第4回定例会(第2日 7月29日)

そういった友好都市との連携、「かぬまふるさと大使」や「鹿沼ファン協力も得るなど、様々な角度から効果的なPR活動を展開してまいります。  今年度からは、「鹿沼営業戦略室」を移住・定住に関する情報ワンストップ窓口として、これらの多彩な対策を文字どおり、戦略的に推進することといたしました。  

鹿沼市議会 2015-03-06 平成27年第2回定例会(第4日 3月 6日)

そのほかに全国の方に「鹿沼ファンになっていただくという制度がございます。この「鹿沼ファンに今多分500名以上の方が登録されているかと思いますけれども、これは鹿沼市に来た方で、今後も鹿沼市の情報を知りたいという人に住所を教えておいていただいて、年間に何回か観光情報イベント情報などをお送りする。あるいは鹿沼市でこんないいものができましたよというようなことを定期的にお知らせする。

鹿沼市議会 2015-02-23 平成27年第2回定例会(第1日 2月23日)

更に「奥の細道サミット」の開催や、現代アート西北部地域魅力を発信する「人と野山の美術館事業」などにより、新たな魅力の創造と“鹿沼ファンの拡充に努めます。  鹿沼魅力と実力のアピールが交流人口の増加、更に定住人口につながっていくように、人口対策本市イメージアップのため新たな担当を設けたいと考えております。  

鹿沼市議会 2014-02-24 平成26年第1回定例会(第1日 2月24日)

また、「まち駅ネットワークかぬま」の活動支援をし、観光案内ネットワークを強化するとともに、かぬまのイメージ魅力あるものとして定着するよう総合的・戦略的にPRするほか、「鹿沼ファン拡大観光人材育成友好都市との連携強化を図ってまいります。また、「ニューツーリズム企画事業」では、旅行会社ツアー商品の獲得など交流人口拡大のための施策展開を図ってまいります。  

鹿沼市議会 2013-12-12 平成25年第4回定例会(第4日12月12日)

スポーツイベントなどで鹿沼市に初めて来た人も、そのときのおもてなしによって「鹿沼ファンに登録していただく場合も少なくありません。  イベント会場でのPRは、観光目的を持っていない人、そのイベントだけに参加して帰る人にも、改めて鹿沼市を訪れたいと思ってもらえるようにすることが重要かと思います。  

鹿沼市議会 2012-09-12 平成24年第3回定例会(第2日 9月12日)

特に、旬の情報を発信するホームページやブログなど、新しい情報ツール活用鹿沼ファンへのダイレクトメールなどは今後さらに充実してまいります。  観光イベントは、まず市民が理解し、参加し、誇りを持って一人一人が自慢できることが重要であると思いますので、市民皆さんへのPRも強化したいと考えております。  

鹿沼市議会 2012-03-08 平成24年第1回定例会(第4日 3月 8日)

また、観光アシスタント報道機関訪問テレビ出演栃木東京事務所が行う記者会見への参加などのキャンペーン活動、さらに鹿沼ファンリピーター客へのダイレクトメールなども行ってきております。市民向けには、広報、ホームページケーブルテレビなどが主な媒体となっております。本年度は、花木センターホームページ英語版韓国語版中国語版をつくり、海外へのPRにも努めております。  

鹿沼市議会 2012-03-06 平成24年第1回定例会(第2日 3月 6日)

首都圏へのPRは、足立区、墨田区、台東区、春日部市などの東武沿線都市へのPR鹿沼ファンへのダイレクトメールなどで行っております。22年度からはまちの駅“新・鹿沼宿”のオープンに連動して、旅行会社などへのPR活動も行っております。5月に開業する東京スカイツリーでは、本市物産販売のほか、「鹿沼の日」を設けてイベントを開催するなど積極的に情報を発信してまいります。

鹿沼市議会 2011-08-02 平成23年第4回定例会(第3日 8月 2日)

次に、誘客PRにつきましては、パンフレットやマスメディアの活用のほか、特にホームページ充実が効果的であり、リアルタイムでの旬の情報を提供するとともに、鹿沼ファンなど個人へのダイレクトメールも実施しております。また、安らぎの栃木路を初めとする各種キャンペーン首都圏有効都市などで行われるイベントでのPRも積極的に行っております。  

  • 1
  • 2