23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

益子町議会 2018-12-06 12月06日-議案説明・質疑・討論・採決-03号

13節委託料につきましては、益子ホームとの境にある植木等剪定料でございます。  以上です。 ○議長髙野美晴) 環境課長。 ◎環境課長(仁平) 6目環境衛生費につきましては、26万9,000円の増額計上でございます。11節需用費につきましては、消耗品費として公用車2台分のスタッドレスタイヤ一式燃料費といたしまして環境課公用車3台分に係るものでございます。

真岡市議会 2017-12-11 12月11日-02号

5件目の公共交通行政に関する1点目といたしまして、真岡鐵道ホーム整備について伺います。国土交通省は、視覚障害者ホームから転落する事故対策として、線状の突起をつけてホーム中央の方向を知らせる点字ブロック設置を義務づけることを決め、2017年度にもバリアフリー基準に関する省令を改正するとしております。

真岡市議会 2016-12-08 12月08日-03号

先ごろ新聞を見ていたところ、視覚障がい者のホーム転落事故の見出しが目にとまりました。新聞によると東京都内で盲導犬を連れた男性がホームから転落、死亡したとの痛ましい事故がありました。国土交通省調査では、2009年から14年度にあった転落事故は417件で、近年増加傾向にあるとのことです。関係者は、健常者による声かけが重要と指摘しています。

小山市議会 2016-09-08 09月08日-05号

これまで、小山市では、思川ホーム段差解消についてJR東日本高崎支社要望を行っており、同支社からは、利用者数3,000人以上の駅から順次整備を進めていくとの回答をされていることから、利用者数約1,200人の同駅が整備されるまでには相当の期間を要するものと思われますが、高齢者や障がいのある方の利用ニーズを踏まえ、エレベーター設置についても新たに要望に加えてまいります。  

那須町議会 2014-09-08 09月08日-02号

黒田原ホーム段差解消について伺います。住民アンケート黒田原在住の方から黒田原ホーム車両の間に大きな段差があり、お年寄りや子供の通学路でもあり、危険との声がありました。私も国会議員と現地を調査、2011年6月議会で取り上げたところ、黒田原ホーム車両の35センチに上る段差解消については、JR東日本大宮支社要望書を出しているとの回答を得たわけでありますが、その後の対応について伺います。

佐野市議会 2014-06-11 06月11日-一般質問-04号

例えば市内外から多くの人を誘客するアウトレット、そして日常的に多くの人が利用する市内ホーム他市他県の駅やさまざまな施設に佐野市のPRを兼ねたバーチャルスーパーのような仕組みがあれば、その効果は大きな広がりを見せるものだと思います。  さこで、提案ですが、このテスコのようなバーチャルスーパーのようなICTを活用したシティプロモーションについてどのようにお考えになるでしょうか。  

那須塩原市議会 2010-02-26 03月05日-01号

協定変更につきましては、通路改修工事仮設工事において、既存のホーム上屋を利用することにより、通路全体につり足場設置を行わずに、必要に応じて枠組み足場を使用したことによる仮設数量変更や、当初は主に夜間作業で計画していたものを、施工順序の見直しによって昼間作業を拡大し、工事期間を短縮したことなどによって工事費のコストダウンが図られたため、協定の金額を7,610万円減額するものであります。 

那須塩原市議会 2009-09-25 09月25日-08号

黒磯ホームエレベーター設置をきっかけにして、今後、東西連絡橋駅広場駐車場など、黒磯駅周辺の総合的な整備が実現できることを期待いたします。 10款教育費では、黒磯小学校及び三島中学校教室等耐震改修太陽光発電施設設置西那須野中学校体育館耐震改修費などで25億182万円を追加しており、差し迫った喫緊の課題に対する迅速な対応を評価するものであります。 

那須塩原市議会 2009-08-28 09月04日-01号

款土木費は、黒磯ホームエレベーター設置する駅バリアフリー施設整備事業費柳塩野崎新田線改良及び市道の補修修繕費東那須野公園及び烏ケ森公園整備改修費道路除雪対策事業費などで3億7,450万7,000円を追加をいたします。 9款消防費は、塩原消防団第4分団第1部の消防車庫整備及び消防ポンプ車の更新、黒磯消防団第4分団第2部の消防車庫整備費など6,373万3,000円を追加をいたします。 

栃木市議会 2006-03-08 03月08日-03号

(1)の新宿から日光鬼怒川に至る特急の乗客に栃木市のアピールをどのようにしていく考えかについてでありますが、新宿からの直通運転が開始となる3月18日当日は、東武栃木ホームにおきまして、到着する上り下り特急列車に対しまして、蔵の街とちぎ、そして小江戸とちぎのPRをするイベントを観光協会と一体となり実施するため、駅事業者協議するなど、現在検討を行っているところでございます。

小山市議会 2004-06-08 06月08日-03号

なお、平成14年度に設置いたしました思川ホーム屋根につきましては、思川駅の利用者、特に毎日の通学に利用していただいております小山西高等学校の生徒の皆さんには大変喜んでいただいております。  犬塚、粟宮、羽川駅の新駅設置についてでありますが、組合施行土地区画整理事業施行中であり、優先順位緊急性も高い犬塚駅から設置についての調査検討を進めております。

小山市議会 2003-12-03 12月03日-02号

次に、新駅の実現と思川北口開設では、思川ホーム屋根新設を初め思川北口整備推進事業犬塚設置に向けた調査JRとの協議など、1,860万円の予算化を図りました。  次に、道路網整備では、国土交通省小山総合交通体系調査事業各種道路建設隣接市町間連携道路計画策定調査羽川地区みち再生事業調査など、7億5,980万円の予算化を図りました。  

小山市議会 2002-09-05 09月05日-01号

次に、JR両毛線思川ホーム旅客上家設置工事の着工について、ご報告申し上げます。  思川ホームにはこれまで上家がなく、大変ご不便をおかけしておりましたが、平成13年7月から東日本旅客鉄道株式会社上家設置について協議をしてまいりました。  6月13日に、工事費東日本旅客鉄道株式会社小山市が2分の1ずつ負担して、上家設置する協定を締結し、8月1日から工事に着工しております。  

  • 1
  • 2