129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

市貝町議会 2020-02-10 03月03日-01号

その狙いは、先ほども申し上げましたとおり、地域活性化ということが狙いですので、この道の駅が単なる商業施設ではないというところが一つポイントでございますけれども、そこら辺については、先ほども申し上げましたけれども、地域農業や農家の方が、その地域でしっかりと生計を成り立たせていけると、そしてその地域過疎化や、過疎化が進行して集落限界集落から、さらに店じまいの集落とか、荒れ野の集落とかにならないように

足利市議会 2019-12-09 12月09日-一般質問-02号

まさに限界集落として町内自治地区自治影響が及んでいるものというふうに考えるところであります。この現況に対してどのようにお考えか、お伺いいたします。 ○議長柳収一郎) 平山生活環境部長。   (平山 忍生活環境部長自席にて答弁) ◎生活環境部長平山忍) 議員御指摘のような自治会の格差の影響といたしまして、自治会によってはその運営が厳しくなっていると、そういったお声も聞いております。

大田原市議会 2019-09-05 09月05日-03号

農村での急速な高齢化の進行のもと、限界集落の出現、農村地域のすみ分けが求められるなど、新たな施策が必要です。展望と対策について伺います。  (3)、公共施設の補修、集約などについて。ハーモニーホール、ピアートホール、与一伝承館湯津上支所、ふれあいの丘など、大型公共施設メンテナンス費用の見通しについて伺います。公共施設集約なども課題になっております。展望施策について伺います。

日光市議会 2018-09-11 09月11日-一般質問-04号

◆24番(三好國章議員) 今市市街地では商店が店を閉め、駐車場がふえていき、どうにもならなくなる前に、市全体が過疎化赤字財政の難から、この施設に市民の貴重な税金の注入はやめて、船村記念館と付随した施設を解体して、今市市街地に、この場所にエレベーターつき高層市営住宅をつくり、限界集落と言われ、交通買い物医療、さまざまな弱者及び若い人たちが住める、買い物にも医療にも安心、心配なく子育てができるまちをつくるべきであると

市貝町議会 2018-05-02 06月05日-01号

過疎地域が54.2%、限界集落が35.5%で、全国平均15.5%に対して2倍以上になっています。そのような徳島市は、地方創生事業に力を入れ、仕事と人の好循環、それを支えるまちづくりを目指しています。仕事とは、雇用の確保や新事業創出で、人とは、産み育てやすい環境づくり人材育成であり、まちとは、持続可能な社会づくりを言います。

塩谷町議会 2018-03-13 03月13日-02号

その辺をどのように考えているのかということが1つと、一応、町長の答弁だと、全行政区設立を目標にしているんですけれども、今やっぱり、町の状況を見ると限界集落増加だとか、若者の流出を考えたときに、本当に全行政区を視野にした計画には私は無理があるのではないかと、このように考えているんですよ。その辺、あくまでも全行政区にこだわるのか。 

大田原市議会 2018-03-05 03月05日-05号

順次地域住民の要望に応えるため検討はしていくというようなことでございますけれども、市水道ビジョンの中ではやはり50年後、100年後という先を見据えたときに場合によっては限界集落状態になっているというような地域に50年後、100年後ってもう先を見据えた計画の中で、そういった地域に布設が可能であるのかなと思っておりますが、その50年後、100年後の強靱な水道事業という中ではどのように考えておるかお伺いをいたします

那須町議会 2018-03-05 03月05日-03号

人口減少高齢化社会、誰しも地域限界集落、社会生活経済事情等々、危機感を持っているところであります。他の自治体においても、若者のUターン、Iターンなど、定住化においてあらゆる同じような施策を展開しております。特徴のない施策は無駄であります。一方、若い世代は経費の縮減に努力しています。そんな中で、一人の努力ではなく、周りの人たちが真剣に取り組まなければならないことも見えてきます。

さくら市議会 2018-02-23 02月23日-02号

富が集中する東京のやからで限界集落、買い物難民、放置される空き家、耕作放棄地等々、暗い言葉で語られる地方が横たわっています。 さくら市も例外ではありません。若者は親元を離れて東京に就職したり、県内勤務であっても、利便性のある都市部に居住することで、高齢者の世帯が増加し、地域活動は維持するのも苦労していると聞き及びます。 

大田原市議会 2017-12-07 12月07日-03号

この結果、市町村数は3,232から1,730へと減少し、市町村合併を進めることで地域活性化するとされていましたが、人口減少増加、加速、中山間地域では限界集落、耕作放棄地荒廃山林周辺部地域の衰退が進み、同総務省資料に平成の合併推進も10年を経過し市町村合併が相当程度進捗したことから、市町村を取り巻く現下の状況を踏まえ、全国的な合併推進に一区切りつけることとし、2010年通常国会において国や都道府県

鹿沼市議会 2017-12-07 平成29年第4回定例会(第3日12月 7日)

これはだんだんだんだんこの10年先になれば、もう限界集落になってきてしまいます。こういうところに力を入れないで、どこに力を入れるのか。私はそれを、市長考えをお聞きしたい。よろしくお願いします。 ○谷中恵子 副議長  答弁を求めます。  佐藤信市長。 ○佐藤 信 市長  再質問にお答えいたします。  実態に即した非常に厳しい現実を含めて、いろいろ質問、そしてまた提言がございました。  

壬生町議会 2017-11-24 12月01日-01号

新聞で見たんですけれども、三依ですか、今、日光市になっているんですかね、限界集落というところで旅館の女将になって地域おこしという人がどうも協力隊員がやっているんだそうですけれども、任期が切れたら女将になるというか、そんな感じみたいだったんですが、どこかに絞る必要があるんだと思うですが、その辺の検討はどこがするんですか、町の。 ○議長鈴木理夫君) 総合政策課長

足利市議会 2017-09-11 09月11日-一般質問-04号

また、過疎地域限界集落であるという大きな問題を抱えてはおりますが、逆に豊かな自然環境歴史情緒に富んだ古民家が多く存在することから、都会の喧騒から離れてゆっくりと仕事をしてもらうことができることも一つアピールポイントとしているようです。本市も豊かな自然環境は十分に整っておりますし、加えて東京都心から近く、災害も少ない。

市貝町議会 2017-07-31 09月05日-01号

高齢社会到来とともに、過疎地域だけでなく都市の中にも限界集落が進んでいます。その中でも住民が生き生きと暮らし続けられる条件として、地域交通確保は欠かせません。地域交通政策づくりは、生活交通だけでなく地域福祉課題でもあり、教育、地域コミュニティーなど、住民地域で生きていく上で土台となる総合的な社会的政策づくりです。 

真岡市議会 2017-06-13 06月13日-03号

地域によっては、限界集落を余儀なくされ、特に農村地区疲弊が大きな社会問題となっております。超高齢社会人口減少化がその主な要因であり、農地農業用水路管理は言うまでもなく、耕作放棄地がふえ、雑草が生い茂る農村風景が顕著となっております。  こうした現状に鑑み、国レベル地方創生事業を打ち立て、抜本的な改善策を講じております。