4184件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那須塩原市議会 2021-06-25 06月25日-08号

本案は、那須塩原防災情報伝達機器整備工事の契約の締結について、地方自治法第96条第1項第5号の規定により議会の議決を求めるものでございます。 工事内容は、那須塩原防災情報伝達機器整備基本構想に基づき、280MHz周波数帯を利用した同報無線システムとして、正副配信局5局、送信局2局、屋外拡声子局22局及びモーターサイレン9局を整備するものであります。 

足利市議会 2021-06-18 06月18日-一般質問-04号

初めに、防災対策の今後の方針についてお尋ねいたします。まず初めに、西宮林野火災についてです。令和3年2月21日に発生した西宮林野火災から、早いもので約3か月経過しました。火災発生の当日、私は偶然緑橋を渡っている際に西宮町から煙が上がっているのを目にしていました。2月に入ってから足利市近郊で山林火災が頻発していたため、大きな火災にならないといいがと思いながら見ていたことを記憶しています。

那珂川町議会 2021-06-18 06月18日-05号

提言内容については、クラブハウスやスポーツ団体合宿利用事業者と継続して検討をする、それからアクセス道路については実施に向けて作業中である、それからスポーツ施設については提言内容を盛り込んで検討を行っている、それから防災拠点整備については安全安心課連携して検討をしているとの報告を受けましたが、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が度々出され、事業スケジュールが遅れ遅れになっていることが予想されるので

下野市議会 2021-06-18 06月18日-05号

一方、「電線類地下埋設を進めることは、防災性の向上など市にとってメリットがある。市全体で計画すべきことであるので趣旨採択としたい」との陳情趣旨採択を求める意見が出されました。 初めに、陳情趣旨採択とすることについて採決した結果、賛成少数により否決となりました。 次に、陳情について採決した結果、反対全員により不採択とすべきものと決定いたしました。 

足利市議会 2021-06-17 06月17日-一般質問-03号

したがいまして、自主防災会を構成する自治会の皆様による防災活動促進は、本市地域防災力向上にとって、必要不可欠であると認識しているところです。  自治会館を中心とした防災体制の強化が必要との御意見につきましては、そのような取組市内各地に広げることができれば、本市地域防災力が格段に向上すると期待できるものであり、とりわけ災害時における避難所対策として有効であると考えております。  

足利市議会 2021-06-16 06月16日-一般質問-02号

税情報住民情報社会保障情報内部管理系システム情報提供系システム、さらに図書館、上下水道、消防防災、教育システム上は完成されていると思います。例えば税金の請求は、間違いなく送られてきます。ところが、各自治体間のシステム連携ができていないために、引っ越したときにスムーズに情報移行ができないことがあります。

日光市議会 2021-06-14 06月14日-一般質問-04号

日光消防団サポート事業は、消防団員の減少が進む中で、団員確保のための日光市内飲食店小売店などの各事業所のご協力を得て、地域防災の中核として活躍する消防団員を応援し、消防団員やその家族を対象に各店舗によるサービスを提供していただく事業でございます。消防団員確保の拡充を図り、あわせて地域内消費促進による商工業者活性化も期待をする事業です。

日光市議会 2021-06-11 06月11日-一般質問-03号

また、防災備蓄計画に基づき、避難所等における生活に最低限必要な食料生理用品を含む生活必需品を備蓄しており、更新する際には処分する物資の有効活用を図ることとしております。生理用品をはじめ多くの備蓄品は定期的に更新する必要があることから、更新の際には、生理用品に限らず、食料や他の生活必需品等についても有効活用検討してまいります。  以上でございます。 ○小久保光雄議長 福田悦子議員

那珂川町議会 2021-06-11 06月11日-03号

本市においても、各行政区で自主防災組織が確立され、令和2年3月には那珂川市総合防災マップを作成して各戸に配布することで、自分の命は自分で守る、自分たち地域自分たちで守るという自助、共助の意識づけを図り、各行政区から防災士を養成する等の試み、防災に関して積極的に取り組んでいると実感しております。以上のことを踏まえ、本市における防災に関する取組について、次の3点を質問させていただきます。

那須塩原市議会 2021-06-11 06月11日-04号

◎市長(渡辺美知太郎) 初めに、(4)の防災士の質問から、私から答弁します。 3月9日に、地元紙の1面に「県の防災士3,601人」という記事が載っていました。那須塩原市は栃木県で2番目に防災士の数が多いんですね。これはなぜか。これは平成25年度から地域防災リーダーを増やそうということで、防災士を増やす事業を始めたからであります。星議員もこの事業防災士の資格を取っていただいております。 

那須町議会 2021-06-07 06月07日-02号

しかし、地域では自治会地域づくり委員会地区社協公民館学校運営協議会生活支援体制整備協議体第2層、あるいは自主防災組織など、数々の活動がありますが、様々な活動がばらばらに行われております。その結果として、縦割り活動が交錯し、実際に活動するのは役員だけと、活性化された活動につながっておりません。

下野市議会 2021-06-07 06月07日-03号

市民防災意識が高まっている昨今、市民の理解を得ながら市域全体の、特に、市街地の無電柱化については計画的に推進すべきと考えます。無電柱化に向けた基本的な考えと取組方策を明確にしてください。 質問のその2は、教育保育施設整備についてです。 薬師寺保育園は、現在民営化されて3年目を迎えておりまして、社会福祉法人が運営しています。

さくら市議会 2021-06-04 06月04日-02号

私は、さくら市が向き合う最重要課題といたしまして、スクールバス車両の多目的使用やお丸山の再生活用氏家駅前魅力創出防災減災対策、桜の郷づくりの推進、総合計画後期基本計画地域公共交通網形成計画の策定などを掲げておりました。また、会計年度任用職員制度、この制度への移行におきましての給与体系再構築も求められており、その全てについては、同じ部局の中で完結できず、複数の部局連携が必要でありました。

栃木市議会 2021-06-04 06月04日-05号

市の財政が逼迫する中、昨年3月に示されました大型事業見直し案では、文化会館統合事業、藤岡・大平・西方総合支所複合化事業伝建地区拠点整備事業防災事業学校給食センター整備事業など9つの事業などが挙げられました。今年3月の予算特別委員会では、自民明政の方の代表質疑もありました。事業見直しが行われてから約1年ちょっとがたっております。