5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿沼市議会 2017-06-14 平成29年第2回定例会(第2日 6月14日)

さて、当主直虎の後、歴史に台頭するのは、幕末の大老を務めた、そして開国を提唱したかの「桜田門外の変」で非業の死を遂げた井伊直弼であります。現在の井伊家は、第18代目当主の井伊直岳さんという方が現存されておりまして、元彦根市の市の職員さんであります。そして初めての婿養子さんであります。  

鹿沼市議会 2017-03-13 平成29年第1回定例会(第5日 3月13日)

どちらもこの国を開国してよくしようと、富国強兵をしようと、文明開化をしようと、そういう思いはどんな立場であれ、一緒だったはずです。そんな歴史の話からまずは暦の話、一般質問の1つ目、イベントカレンダーについてお話をしましょう。  1点目、カレンダーの曜日の配列の変更を提言いたします。  インターネット上で始まった鹿沼市のイベントカレンダーを見ますと、日曜日始まりでした。

鹿沼市議会 2016-03-11 平成28年第1回定例会(第5日 3月11日)

人口減少がもう止められないのだと言いますけれども、でも歴史を勉強すると、やっぱり開国して、明治維新でというときは、どんどん人口を増やそうとやっていたのですね。産めよ増やせよと、でもあるときからちょっと増えすぎてしまって大変かなと、そういう社会的なマインドが、いい悪いではないですよ、満州、やっぱりどんどん、やっぱり日本領土を獲得していこうという根底にあったのかなと思います。

那須町議会 1961-03-11 03月11日-01号

このような中、平成23年度は「平成開国元年」を掲げるTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)や、各国とのEPA(経済連係協定交渉など、グローバルな決断と国内経済成長の両立政策が求められる年でもございます。 特に農業が盛んな本町にとりましては、これらの交渉結果によっては地域経済に大きな打撃を受けることが想定されていることから、今後とも動静を注視してまいりたいと考えているところであります。 

  • 1