310件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2022-09-08 令和 4年第3回定例会(第3日 9月 8日)

次に、都市公園一般公園の違いについてでありますが、「都市公園」とは、都市公園法第2条に規定する公園、または緑地で、都市計画施設である公園、または緑地及び都市計画区域内において地方公共団体が設置する公園、または緑地のことであります。  一方、「一般公園」は、特に規定はありませんが、都市公園指定していないその他の公園を「一般公園」と表現することもあります。  

大田原市議会 2022-03-08 03月08日-06号

当局からの説明の後、委員からは、建築確認申請中、長期優良住宅申請件数割合についての質疑があり、当局からは、令和2年度の確認申請件数は、都市計画区域外の確認が必要とならない工事届出を含めて264件の申請があり、うち長期優良住宅確認件数は39件で、割合は14%になり、また長期優良住宅確認のほとんどは大手ハウスメーカー申請であるとの答弁がありました。  

鹿沼市議会 2021-12-09 令和 3年第4回定例会(第4日12月 9日)

具体的には、都市計画区域内のエリア立地適正化計画などで集約する「コンパクトシティ化」と、地域公共交通網形成計画などでの「ネットワーク化」で結びつけるものであります。  「コンパクトシティプラスネットワーク」とは、鹿沼都市計画マスタープランでうたわれており、考え方は、「コンパクトプラスネットワーク」と同様であります。  

鹿沼市議会 2021-09-15 令和 3年第3回定例会(第2日 9月15日)

要は、市街化農地市街化調整区域とか、無指定とか、都市計画区域外の農地って、評価が全然違うのです。  それで、いくら減免で同じになったとしても、元の基本評価額というのは、僕、高いと思うのですよ、農地でも、まちの中は。  だから、そこら辺の基本となる、基礎となる評価は下げられないのかなというのを、ちょっと質問したいのですけれども。  

那須塩原市議会 2021-03-05 03月05日-06号

加えて、栃木県が策定しております都市計画区域マスタープランというものもあるんですが、こちらについても同じように集約型都市構造の実現を目指すということで、そういった上位計画関連計画で、集約型都市構造を目指すということにしております。 集約型都市構造とは、まさに進行中の人口減少高齢化、当然それに伴って税収減、あとは当然社会保障の増大というのが考えられます。 

矢板市議会 2020-09-07 09月07日-02号

現在の開発許可制度は、都市計画法に基づき、開発区域において、公共施設排水設備など必要な施設整備の義務づけにより、良好な宅地水準を確保するとともに、都市周辺部における無秩序な市街化を防止するため、3,000平方メートル以上の開発行為については県知事の許可が必要となり、本市のような非線引き都市計画区域においては、昭和50年4月から制度が適用されました。 

さくら市議会 2020-09-03 09月03日-03号

さくら市は、都市計画区域内で線引きがされていない区域なんですよね。今のうちに、このマスタープランの中で農振除外ゾーンとかそんなのも検討していただいて、窓口にはこれから国土法都市計画法、農振法、また農地法などの関係法令専門技術者、こういうのを入れていかないと、これからほかの自治体に遅れを取ってしまうのかなと。個人的にそんなことを思っておるんですが、いかがですか、専門技術者を入れておくと。

大田原市議会 2020-06-10 06月10日-02号

今回改正する部分につきましては、都市計画区域に定められている部分について軽減するものであって、地区でいいますと湯津上地区黒羽地区につきましては、用途区分指定されておりませんので、今までどおりの準則を用いるということになります。  以上です。 ○議長前野良三) 鈴木隆議員。 ◆3番(鈴木隆) 状況は分かりました。

高根沢町議会 2020-06-04 06月04日-02号

ついては、都市計画区域見直し、つまり土地利用見直しをした場合、小学校結社単位による地区計画の適用における本町土地利用はどのように進むのかを調査研究を行っていきます。 2番目の都市計画道路等整備に関しては、本町において市街化区域である宝積寺駅西第一土地区画整理事業公共下水事業など、一部、面的整備や県道を活用した線的整備が行われました。

壬生町議会 2020-03-12 03月12日-04号

立地適正化計画区域必須事項として、その区域都市計画区域内でなければならない、都市全体を見渡す観点から都市計画区域全体を立地適正化計画区域とすることが基本となる中で、計画には住居誘導区域都市機能誘導区域の双方を定めるとともに、居住誘導区域の中に都市機能誘導区域を定めることが必要とされております。 

大田原市議会 2020-03-05 03月05日-03号

佐久山地区ということに限定して申し上げさせていただきますと、佐久山地区は大田原市の都市計画区域内ということになっておりまして、やはり一番最初に部長も答弁申し上げましたが、都市計画法用途地域指定関係が出てまいります。用途が無指定というような状況であるならば、その辺のところの都市計画法上のクリアがまず一番最優先だろうというふうに思います。

那珂川町議会 2019-12-13 12月13日-03号

市民1人当たり都市公園面積は、都市計画区域内の都市公園及び緑地の総面積都市計画区域内の人口で割ったものとなります。市内には、57ケ所の都市公園と35ケ所の緑地がございまして、総面積は16万4,853平方メートルとなります。都市計画区域内の人口は、平成29年3月末時点で4万7,653人でございますので、面積人口で割りますと、市民1人当たり都市公園面積は約3.46平方メートルとなります。

足利市議会 2019-12-09 12月09日-一般質問-02号

また、足利総合計画都市計画区域マスタープラン等上位計画に照らし合わせたエリアの再編について、市民を交えたオープンな議論で丁寧に進めるべきであるというふうに考えますが、御所見を伺います。 ○議長柳収一郎) 和泉 聡市長。   (和泉 聡市長登壇) ◎市長和泉聡) ただいまの御質問にお答えします。  初めに、地区の範囲の見直しについてです。