14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

那須町議会 2021-06-04 06月04日-01号

那須中学校は80万円、那須中央中学校は人数の規模の関係から120万円を計上いたします。内容は、小学校費と同様でございます。事業費の2分の1が学校保健特別対策事業費補助金、残りの2分の1に対しましてはコロナの臨時交付金を充当いたしますので、町の持ち出しはございません。 続きまして、19、20ページをお開きください。

那須町議会 2020-11-30 11月30日-02号

それで、場所なのですけれども、現在の地域包括支援センター那須中央中学校区にあるので、地域包括支援センターをこの那須中学校区に増設することが望ましいのではないかと考えますが、町の考えをお伺いいたします。 ○議長(薄井博光君) 保健福祉課長。 ◎保健福祉課長森繁雄君) お答えいたします。 増設に当たりましては、まず生活圏域の見直しが必要となります。

那須町議会 2019-08-30 08月30日-01号

次に、中学校管理費の補正は、那須中央中学校特別支援学級増設に係る改修工事費に432万3,000円、あわせまして27ページをお開きください。那須中学校給食管理に係る業務委託費用172万8,000円を計上しております。 続きまして、生涯学習費黒田原地区の幸町自治公民館改修補助金として65万円、図書購入費20万円は大田原信用金庫様からの寄附金を活用させていただくものでございます。

那須町議会 2017-12-04 12月04日-03号

今年度、那須中央中学校の開校によりまして5台ふえております。総体では現在21台のスクールバスを運行しているところでございます。内訳といたしましては、東陽小学校に6台、田代友愛小学校に2台、学び森小学校に2台、黒田原小学校に2台、那須中学校に3台、那須中央中学校に6台というようなことで配置しているところでございます。 

那須町議会 2017-09-05 09月05日-03号

また、子供たちソフトボールでの活躍、私がこの仕事に就任してから何年か、7年ちょっとたつのですが、那須中学校全国3位とか、黒田原中学校3位、2位とか、黒田原小学校の優勝、ことしも那須中央中学校の3位、これだけのところでうちの子供那須町に、ソフトボールで、将来全日本入りを果たそう、やってみようなんていう人はあらわれないのです。ちょっと残念だなと。

那須町議会 2017-09-01 09月01日-01号

また、ことし4月に創立いたしました那須中央中学校ソフトボール部が、8月18日から鹿児島県日置市で開催されました全国中学校ソフトボール大会に出場いたしまして、準決勝に進出し、第3位という輝かしい成績を上げました。3年後に開催される東京オリンピックでは、ソフトボール競技種目に追加されることが決定しておりますので、本町からオリンピック出場者が生まれることを期待するものであります。 

那須町議会 2017-06-05 06月05日-02号

プライマリーバランスが赤字となった主な原因についてでございますけれども、平成26年度につきましては、現在の那須中央中学校これの耐震補強及び大規模改修に要した事業債、それから黒田原第1保育園の建設事業債、そして役場庁舎周辺整備事業債ということでございました。また、平成27年度につきましては、現学び森小学校屋内運動場及び校舎等改修事業債、そして防災行政無線整備事業債ということでございました。 

那須町議会 2017-03-06 03月06日-01号

次に教育環境充実につきましては、児童生徒数が減少していく中、子供たちがより充実した環境の中で教育を受けることができるよう、小中学校適正配置を進めてまいりましたが、ことし4月から、黒田原中学校東陽中学校が統合し、新たに「那須中央中学校としてスタートすることをもちまして、適正配置計画がほぼ完了いたしますので、今後は次代を担っていく子供たちのために、教育環境整備充実を図ってまいります。 

那須町議会 2015-09-04 09月04日-01号

また、中学校につきましては、平成29年4月1日に、黒田原中学校東陽中学校を統合し、那須中央中学校を設置するものであります。 本議案は、これらの学校の統廃合により那須町立学校の設置に関する条例の別表に定める学校について、校名の変更及び閉校となる学校を削除するものでございます。 よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願い申し上げまして、説明といたします。

那須町議会 2014-12-09 12月09日-03号

それは、中学校が今度は黒田原中学校、新しい名称の那須中央中学校ですが、そこに通うことになります。通学距離が10キロから20キロということでございまして、今までは自転車で気軽に東陽中に行けたのですが、自転車で気軽に学校にはこがれませんので、夏休み、冬休み、あるいは祝祭日等にその勉強室に行きまして、そして学習をする。

  • 1