51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那須塩原市議会 2018-06-04 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月04日−02号

続きまして、(11)につきましては、本来児童が1人で登下校したり外で遊んでも安全安心な社会であるべきことなんですけれども、現に最近でも新潟県遺体を線路に放置して損壊させるというような信じがたく痛ましい事故が発生しております。学校だけでの対応が万全ではないかと思います。今後も学校家庭地域での連携を図り、子どもの安全安心の確保にどうぞよろしくお願いをいたしまして、この項の質問を終わります。  

那須塩原市議会 2018-02-27 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月27日−03号

昨年、神奈川県座間市で9人の遺体事件となったツイッターから見ると、どうしてもSNS、イコール危険、スマホ、イコール危険というふうな、マスコミからの風潮でそういうふうになりがちですが、いじめを受けていてもなかなか相談できない児童生徒もたくさんいます。LINEなら顔も声もわからずに気軽に相談できます。

野木町議会 2017-09-11 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月11日−02号

今回の高齢者の孤独死につきましては、本人の姿がしばらく見えないと、近所の住民の方と民生委員から町に連絡が入り、4月24日に警察の方が自宅に入り、ご遺体を発見し、町職員等がご本人の確認をいたしました。警察検視を行った結果では、本年1月ごろに死亡していたらしいとのことでございます。したがいまして、約4カ月近くも人に気づいてもらえない状態であったと考えられます。  

大田原市議会 2017-09-07 平成29年  9月定例会(第3回)-09月07日−一般質問

保健福祉部長(岩井芳朗君) まず、ひとり暮らし高齢者の方が万が一お亡くなりになってしまったというふうな場合には、うちのほうの福祉課の職員が、身元というか親類とか、そういった方がいないかどうかということで、まず調査をしまして、そういった方がいればご連絡をして遺体を引き取っていただくというような、そんな形をとらせていただいております。   以上でございます。 ○議長(引地達雄君) 高木雄大君。

市貝町議会 2017-06-07 平成29年  6月 定例会(第4回)-06月07日−02号

日本、かつて、金に任せてという表現はちょっとおかしいんですが、かなりの、貧しい国から大量に遺体を購入したという事実があるわけです。これ人権団体から随分批判されたわけです。それを結局なるべくやめるというようにするとなりますと、検体という形になるんです。医学のいわゆる研究材料という形ですか。ですから、そういった形の登録もかなり地域によってはなされていると聞きます。

佐野市議会 2017-02-23 平成29年  2月 定例会(第1回)-02月23日−一般質問−04号

2月4日の未明、小山市で店舗兼住宅が全焼し、焼け跡から5人の遺体が発見されたと、そういう非常に痛ましい火災があったわけであります。消防法改正によりまして、2006年6月から新築住宅への火災報知機の設置が義務づけられました。既存住宅につきましても、各市町の条例で、3年後の2009年5月までに設置が義務づけられたわけであります。   

佐野市議会 2016-12-09 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月09日−一般質問−05号

しかしながら、遺体をそのままにするわけにもいきませんが、調査に時間がかかると思われる場合はどのようにしているのでしょうか。 ○議長(篠原一世) こども福祉部長。 ◎こども福祉部長(藤井謙一) ひとり暮らしの高齢者などが居宅などで遺体で発見された場合は、警察がまず介入することになります。遺体警察署の霊安室に安置され、身寄りの調査も警察で行われ、調査期間中は警察が保管することになります。

佐野市議会 2016-03-04 平成28年  2月 定例会(第1回)-03月04日−一般質問−05号

焼け跡から、5歳と2歳の幼い兄弟の遺体が見つかりました。短い人生をにわかに終えることになった子供たちの無念さ、最愛の我が子を失った保護者の胸中を思うと、何ともやるせない気持ちでいっぱいになります。病死などを含めますと、国内では年間3,000人を超える子供が10歳未満で息を引き取っています。

市貝町議会 2015-09-04 平成27年  9月 定例会(第5回)-09月04日−02号

首が飛び、腕が飛び、内臓が飛び出した遺体が転がっていた。電車のつり革につかまったまま亡くなっている人もいた。河川には焼けただれた水膨れの死体が一面に浮かび、地獄絵とはこのことか。ことし4月から5月にニューヨークで開かれた核不拡散条約(NPT)再検討会議に向け求められた被爆証言の一部でございます。

真岡市議会 2014-12-08 平成26年 12月 定例会(第6回)-12月08日−議案質疑、一般質問−02号

ふだんは皆さんもご存じのように焼香して、遺体をかまに入れて、それから休憩所で焼き上がるまで待機しているというのがパターンかなと思うので。あるとき親戚のその葬儀、告別式して火葬場にいたときに、おじさんから、和夫、ちょっと話したいことがあるので、ちょっと外行って話ししないかというようなことで話をしました。

さくら市議会 2014-06-06 平成26年  6月 定例会(第2回)-06月06日−03号

認知症行方不明になった方は1万180人、このうちほとんどの方は1週間以内に発見されましたけれども、遺体で見つかった方も388人いた。もしくは、つい最近の例ですと、7年間、行方不明のままようやく見つかったなどというお話もありました。そういった認知症の方、さくら市でもたまに行政放送でどなたかがいらっしゃらなくなりましたので見つけてください的な放送が入ります。さくら市でも何件かあると思います。

市貝町議会 2014-06-05 平成26年  6月 定例会(第2回)-06月05日−02号

そのようにして死後7年が経過し、やっとことし5月22日に、厚木署が児童相談所から、中学校に入学するはずの男の子が学校に来ないと通報を受け、30日に父親にアパートの立ち会いを求めてやっと遺体発見となったのです。  メディアはこの事件を、児童相談所、教育委員会警察市町村といった行政の連携が最悪であったといっています。

真岡市議会 2014-02-27 平成26年  3月 定例会(第1回)-02月27日−議案質疑、一般質問−03号

また、主要道路が通行どめになり、車が立ち往生したまま運転手、同乗者の安否確認ができていない車両も数多く残され、車の中で凍死したと思われる遺体が発見されています。さらには、建物の崩壊や屋根の陥没、農業ビニールハウスの倒壊などの被害が深刻な事態になっています。

日光市議会 2013-12-10 平成25年 第4回定例会(12月)-12月10日−一般質問−03号

つい最近では、平成25年11月18日、大阪市で女性の餓死遺体が見つかっております。この方も4年前に生活保護の申請をした経緯があります。私も何人かの方と同行して保護の申請に行ったことがあるのですけれども、本当にきちんと自分の状況、今までの置かれてきた状況、また現在の状況をお話しできないような方がいらっしゃる。担当のケースワーカーの皆さんや担当の部長も、これはもう認識していらっしゃると思います。

佐野市議会 2013-06-11 平成25年  6月 定例会(第3回)-06月11日−一般質問−03号

昨年の1月、札幌市で40代の姉妹が遺体で見つかった事件は、孤立死と騒がれたが、実際は生活保護制度から切り捨てられた結果だったと。生活費は知的障害のある妹の障害者年金月6万6,000円だけと。ここから家賃5万円を支給していた。姉は就職活動していたが、働き口が見つからず、窓口でももっと懸命に就労努力をすることが保護の要件だと告げられる。先に姉が病死、妹が凍死したと見られる。