15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

野木町議会 2017-09-11 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月11日−02号

今回の高齢者の孤独死につきましては、本人の姿がしばらく見えないと、近所の住民の方と民生委員から町に連絡が入り、4月24日に警察の方が自宅に入り、ご遺体を発見し、町職員等がご本人の確認をいたしました。警察検視を行った結果では、本年1月ごろに死亡していたらしいとのことでございます。したがいまして、約4カ月近くも人に気づいてもらえない状態であったと考えられます。  

佐野市議会 2010-12-01 12月01日-一般質問-04号

本日12月1日、ちょうど5年前、日光市大沢小、当時1年生の吉田有希ちゃんが茨城県内の山林で遺体で見つかり、大変悲しい事件が起きてしまいました。栃木、茨城両県警の合同捜査本部は、これまで延べ30万人を超える捜査員を導入し、賢明の捜査を続けているが犯人逮捕に至らず、有希ちゃんの所持品なども見つかっていないようです。

鹿沼市議会 2007-12-06 平成19年第7回定例会(第4日12月 6日)

犯人は、平成17年12月1日午後に旧今市市大沢地区内を自由に行動でき、連れ去った女子を刃物で殺害後、茨城県常陸大宮市内の山林に遺体を放置したという冷酷で残忍な事件であります。  このような状況において、鹿沼市では平成18年度から安心安全学校づくりに取り組んでいることに感謝を申し上げます。

鹿沼市議会 2007-08-01 平成19年第4回定例会(第2日 8月 1日)

遺族の願いについてでありますが、新聞報道された裁判所内で原告代理人が読んでおります小佐々さんの奥さんの手記に書かれた「夫の遺体がまだ見つからない現実を忘れてほしくないという願い」であるとするならば、遺族として当然の思いであると思いますし、私も市職員であって、家族の一員と考えていることから、同じ思いであります。

鹿沼市議会 2006-03-10 平成18年第2回定例会(第5日 3月10日)

遺留品か遺体の一部でも捜さなければ。警察と連携をとりながら5回ほど地元にも走りました。さらには、今までは言うこともありませんでした。あることを信じながら、その方と同行しながら、何度かその放置された群馬県にも職員も行っているところでございます。そうした中で、殺害は間違いないということになってしまいました。それで、鹿沼市として最大限できることは何か。

鹿沼市議会 2006-03-08 平成18年第2回定例会(第3日 3月 8日)

いろいろな人たちが努力をしてまいりましたけれども、いまだかつて遺体も遺品も見つからない。ご家族のことを思うと、非常に胸の痛い思いがいたします。何とか見つからないかなと気ばかりが焦るような状況でございます。この事件を風化することがあっては絶対なりません。  

鹿沼市議会 2006-03-07 平成18年第2回定例会(第2日 3月 7日)

市長は初め、執行部の我々議員も一体となって、何が何でも遺体の一部でも探して、奥さんと遺族に渡す義務がある。この事件に対し、多くの市民やごみ環境に携わる関係各位や報道陣、情報誌記者の大きな注目の事件になっております。鹿沼10万市民事件であり、代表として市長の考えを伺いたい。  続いて、雇用対策であります。  

鹿沼市議会 2004-09-10 平成16年第3回定例会(第4日 9月10日)

私は、昨年の12月議会でも環境クリーンセンター事件の真相究明に係る質問をしましたが、今回は、犠牲者でもあり、いまだなおご遺体が発見されていない小佐々参事捜索について質問いたします。市長は、この事件については多方面からご努力いただき、今まで警察当局との連携により、職員によるボランティア捜索4回を実施いただきました。

鹿沼市議会 2004-09-09 平成16年第3回定例会(第3日 9月 9日)

鹿沼市環境クリーンセンター事件におきましては、小佐々さんのご遺体が発見されないままに裁判が進み、犯人の1人高木被告は、罪を認めておりましたけれども、逮捕された時点で病気でして、その後ことしに入ってからと思いますが、獄死してしまいました。佐々木被告は、懲役18年を不服として上告していましたが、8月18日には上告を取り下げ、刑が確定したということです。

鹿沼市議会 2004-03-10 平成16年第1回定例会(第2日 3月10日)

今でも新聞を見ますと、鹿沼警察、あるいは職員の有志の方たちが遺体捜索に出かけていらっしゃいます。非常にご苦労の多いことだと思います。しかしながら、残念なことに遺体を発見する状況には至っておりません。私は、ご家族のことを考えると、いっときも早く発見されることを願ってやまないところでございます。  

鹿沼市議会 2003-12-09 平成15年第8回定例会(第3日12月 9日)

そして、今も小佐々参事のご遺体は見つかりません。早く何とかしてあげないと、ご遺族の皆さん、そして何よりも小佐々参事ご自身がかわいそうでなりません。  さて、市長にお伺いいたします。市長は当時数々の問題を抱える環境クリーンセンター廃棄物処理担当ということにあえて小佐々参事を配属したと私は思っております。小佐々参事は懸命な業務遂行したにもかかわらず事件に巻き込まれ、命を落とす結果となりました。

鹿沼市議会 1998-06-10 平成10年第2回定例会(第2日 6月10日)

これらの漆塗りの食器の出土は県内では初めてであり、さらに幼児の遺体を入れて埋葬したと思われる埋甕が55器発見され、その他にもいろいろな貴重な遺跡が発見されています。上殿町は現在も多くの市民が生活をしていますが、縄文時代から多くの人々が生活をし、そこで文化を発展させてきたことができるのは、水や緑が多く環境のよい住みよいところであったことを証明しているとも思います。

  • 1