276件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

益子町議会 2021-12-03 12月03日-一般質問-01号

次に、ましこ悠和館底地分筆登記につきましては、建物北側進入になります駐車場部分に係る土地4筆については境界確認が済みましたので、町への寄附を受けております。今後は、速やかに分筆登記所有権移転登記の手続を進めてまいります。また、ましこ悠和館建物周辺土地分筆につきましては、地権者立ち会い境界確認を行っております。

栃木市議会 2020-12-03 12月03日-02号

また、進入などの危険を知らせる誘導看板などのないところがあったと聞いておりますが、災害対策本部現場状況を的確に把握し、災害現場との連携対策組織内の総合支所との連携避難所になった学校、公民館などとの連携など災害対策本部災害現場としての各総合支所との連携はとれていたかについてお伺いをいたします。 ○議長大阿久岩人君) 質問に対する当局の答弁を求めます。  福田危機管理監

塩谷町議会 2020-09-09 09月09日-02号

庁舎建設事業につきましては、これまでに庁舎本体に係る新庁舎建設基本設計及び実施設計業務や、建設区域全体の造成計画及び平面配置計画を定める開発許可申請図書作成業務及び進入詳細設計業務を順次発注し、予定どおり設計作業を進めております。特に基本設計のメインである本庁舎を含めた建築物配置計画及び平面計画を、現在、精力的に検討している状況にあり、間もなくお示しできるものと考えております。 

真岡市議会 2020-06-18 06月18日-03号

現在病院周辺では中郷・萩田土地区画整理事業が進められており、点字ブロックは北真岡市駅から病院までの一般県道石末真岡線県道から病院への進入となる道路設置する計画となっております。設置に当たっては、点字ブロックの効果が発揮できるよう、連続して歩道が整備された箇所から順次進めていき、今年度は県道から病院ロータリーの前交差点まで及びその交差点から北側市道丁字路までの区間に設置をしてまいります。  

塩谷町議会 2020-06-04 06月04日-02号

そのためには、盛土材公共工事において確保し、また、進入等の整備及び排水施設整備等も行う旨の説明がありました。 この浸水想定区域では、開発行為に関しては法律上の規制はありませんが、災害対策拠点として、本当に対応できるのか、また、開発行為等周辺整備における事業費を、本庁舎本体工事費とは別にどの程度を見込んで計画を進めるのかお伺いいたします。 

塩谷町議会 2020-03-10 03月10日-02号

買って、後になったら、あそこ進入がないんで建てられませんというので、今の金枝が2階から3階になっちゃった記憶はあります。しかしながら、もう20年もたっているので、これ町の財産ですから、何かにしなくちゃならないと思うんですよ。あの周りを見ると住宅もありますけれども、山林もあるので、進入というのは確保できないですか、芦場のあそこの場所。町長はあの辺に土地を持っていないですか。無理なの。

益子町議会 2020-03-05 03月05日-議案説明・質疑-03号

減額の主な理由といたしましては、職員手当等退職手当組合負担金率変更によるものと、前年度は庁舎進入舗装工事を実施したためでございます。1目での事業内容職員庁舎に関するもので、職員人件費としての給料や職員手当等庁舎管理に係る光熱水費や委託料などの経費が主なものでございます。当初予算資料では1ページでございます。

栃木市議会 2020-03-02 03月02日-05号

市は要望に対して真摯に受け止めており、既に対応いたしました星の宮溜周辺不法投棄対策としての監視カメラ設置を初め、周辺道路に関することの一つであります新斎場への進入改良工事を現在行っております。また、星の宮溜土砂搬出や用水路の蓋設置及び林道排水整備、新斎場入り口交差点改良工事などを来年度予算に計上させていただいています。

大田原市議会 2019-12-13 12月13日-04号

当該事業実施に伴い、本市におきましても都市計画道路3・4・7号野崎東口線野崎東口駅前広場及び野崎駅の橋上化などの一体的な整備が必要であると認識をしておりますが、多額の財源が必要とされますので、段階的に整備することとし、まずは野崎東口への工事車両進入を確保するため、東口へのアクセス道路であります3・4・7号野崎東口線を優先的に整備をしてまいりたいと考えております。  

鹿沼市議会 2019-12-05 令和元年第6回定例会(第3日12月 5日)

工事スケジュールにつきましては、学校側の安全を確保するために、まずは山林復旧工事を実施する必要があり、栃木県西環境森林事務所からは、崩れた山林土砂及び倒木の撤去等応急工事に早期に着手し、その後、来年度に復旧工事に着手するというふうに聞いており、その際、テニスコート用地工事進入として使用することを要望しております。  

鹿沼市議会 2019-12-04 令和元年第6回定例会(第2日12月 4日)

できれば、実際に大芦川がだめになると、護岸がだめになり、県道が通れなくなるという事実がございますので、これはお願いでよろしいかと思うのですが、北側市道のほうから、コミュニティセンターへ入れるような構造のものを、進入といってよろしいかと思うのですが、つくっていただければありがたいなと考えております。  

下野市議会 2019-12-02 12月02日-03号

私、素人なのでどういう技術的なものを、どのようにどうしたらいいかというのは説明できませんが、その水路の壁をもっと高くしてあげるとか、何かふたができるのであればふたをするとか、あとは姿川に入っていく進入をもっと広くするか、何か方法があれば、そういうもので防げるのであれば、手をこまねいて見ているとまた、先ほども質問で言いましたように、来年こういう異常気象ですと同じような床上浸水が大雨によって起こってしまうかもしれません

下野市議会 2019-11-29 11月29日-02号

そのうち、大きなものといたしましては、アスファルト舗装部道路路盤が流されたり、道路附帯施設であるガードレールなどが流されるなど被災した道路は、長田橋東側きらら館への進入石橋中学校周辺などの合計7カ所でありました。 次に、堤防の危険箇所につきましてですが、下野市内の1級河川、姿川、田川は栃木土木事務所で管理しております。

大田原市議会 2019-09-05 09月05日-03号

市役所への進入が複数確保でき、より利用しやすくなるでしょう。一方、南側からの進入は、旧庁舎用右折レーンが今でも残っており、一般駐車場入り口がわかりにくい状態になっています。バス乗り場一般駐車場が分離した現状では、総合文化会館南側駐車場部分も考慮した右折レーン改良も考えねばならないのかなとも思います。