1707件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2022-12-08 令和 4年第4回定例会(第3日12月 8日)

本市といたしましては、南押原地区の道路ネットワーク向上南押原中学校への通学路確保などを目的として、事業実施に向け準備していたところ、平成27年関東東北豪雨により流失いたしました。  本橋を含む本路線改良は、平成29年度より、事業に着手しており、令和2年度から、橋梁工事に着手し、令和4年度末には、橋台や橋脚などの下部工が完了する予定であります。  

塩谷町議会 2022-12-07 12月07日-02号

まず1点目、大宮バイパスの延長は実現できるのかとのご質問でございますが、議員質問のとおり、平成13年3月、鬼怒川に架かる上平橋供用開始に併せて、主要地方道塩谷喜連川線荒川橋西交差点までの道路がバイパス化されまして、通学路安全確保道路利用者利便性向上につながっているところではありますが、交差点から北方面は手つかずの状況にございます。 

芳賀町議会 2022-12-05 12月05日-03号

1、調査事件 (1)中学生通学路調査について。 (2)公共施設子育て保健施設)の管理について。 2、調査の経過及び概要及び3、行政視察は、記載のとおりです。 4、調査の結果。 (1)中学生通学路調査について。 学校までの距離はあるが、芳賀町の現状を見ると、スクールバスは現実的ではない。 下校中の生徒に対する声かけ事件なども発生し、安全対策が一層必要になってくる。

芳賀町議会 2022-12-02 12月02日-02号

中学生通学路は指定されていません。遠い通学者には、広い直線道路があれば、時間短縮にもなるので通りたいです。防犯灯を兼ねた街路灯は、安全対策ではなく、夜間における道路状況交通状況を把握する重要です。 また、防犯カメラは、犯罪を防ぐ、弱者を守る、犯罪証拠を記録する等を関連するもので、どのような場所に設置する考えですか。 ○議長小林俊夫君) 大根田総務企画部長

大田原市議会 2022-12-01 12月01日-03号

最初に、大きな1番、通学路安心・安全について伺います。(1)、通学路など合同点検危険箇所と診断された道路状況について伺います。9月議会の櫻井議員一般質問通学路安全確保についての中で、合同点検の結果と点検結果に基づく危険箇所対策について、大田原市通学路交通安全プログラムにより定期的な通学路合同安全点検をしている。

市貝町議会 2022-12-01 12月01日-02号

項目め通学路の安全について伺います。 子供たち事故から守るための通学には、交通指導員、スクールガードリーダーの皆さん、保護者など、登下校協力をお願いしております。千葉県八街市の事故以来、スクールバス運行を望む声が多く寄せられています。歩道整備されていない箇所もあり、接触事故可能性も考えられます。 

大田原市議会 2022-11-30 11月30日-02号

また、宇田川小学校通学路であったり、交通量も比較的多くて見通しの悪い箇所もありました。また、出会い頭の事故等も結構件数報告されていると聞いております。安全性に不安が持たれる箇所もあるところなのですが、市営バス運行が安全に行えること。それと、実際に利用量など調査をさせていただき、今後の運行の可否を考えさせていただきたいと思いますので、ご理解いただきたいと思います。  

大田原市議会 2022-09-08 09月08日-03号

一方、さんぽセルを使用したときには、例えば雨の日に傘を差すときに両手が塞がってしまうであったりとか、あるいは登校班登下校をするときに前と後ろの子供接触をしてしまうというような危険性も考えられたり、あるいは通学路の事情によってさんぽセルがうまく引けないとか、そういったことも考えられますので、市としてはこの当該商品について使用を推奨するということについては考えてございません。

市貝町議会 2022-08-08 09月02日-01号

交通量が多い上に、通学路になっているので、子供たちが自転車で通り、心配です。地元の方からの道路改良工事要望があり、議員になりたての頃に建設課要望に行った後も一般質問で何度か予定をお伺いしましたが、優先順位というお答えでした。道路沿い太陽光パネル設置工事も終わりましたので早急に道路改良工事をするべきと思いますが、計画についての進捗状況を伺います。 2点目は、上根の町道観音堂線についてです。 

大田原市議会 2022-06-13 06月13日-01号

危険な通学路河川調査を行い対処し、災害に対する備えを確実なものとし、関係機関協力を得て防犯にも取り組んでまいります。  3つ目は、子供の未来を守ることであります。子育て世代の声を取り入れ、保護者地域住民、そして行政とが一体となって子供たちの健やかな成長を支え、共に喜び合える地域社会を目指します。小中学校においては、教職員が本来の教育にかける十分な時間が取れるよう、働き方改革に取り組みます。

鹿沼市議会 2022-06-10 令和 4年第2回定例会(第4日 6月10日)

また、安全安心道路づくりに向け、広域を連携する道路地域間を連携する道路地元に密着した道路通学路における歩道など、計画的に整備を行ってまいります。  さらに、道路橋梁などの長寿命化によるライフサイクルコスト最小化を図るため、効率的・効果的な維持管理市民協働による道路河川愛護を推進し、公共施設整備による良好な居住空間の創出、定住促進市街地整備を図ってまいります。  

鹿沼市議会 2022-06-09 令和 4年第2回定例会(第3日 6月 9日)

そこにキョウチクトウという花が植えてありまして、このキョウチクトウは、当時確かテレビかなんかで、紹介されたのですが、根に猛毒があるということで、「通学路で危ないんじゃないか」という指摘を市民からいただいたことがあって、そのキョウチクトウは撤去したという事例はございます。  以上で答弁を終わります。 ○小島 実 副議長  谷中恵子議員。 ○17番 谷中恵子 議員  答弁いただきました。  

市貝町議会 2022-05-02 05月31日-01号

3つ目のなぜこのような長い時間がかかるのかについてでございますが、当町で進めております道路改良計画は、通学路幹線道路を中心に道路拡幅による利便性向上歩道等整備による児童生徒安全性確保を優先的に進めております。限られた財政の中で、全ての路線を同時に進めていくことが困難な状況でありましたが、昨年度から事業に着手いたしましたことから、早期完成に向けて進めてまいりたいと考えています。 

鹿沼市議会 2022-03-10 令和 4年第1回定例会(第3日 3月10日)

これは市長の努力、なってからのずっと地道にやられたことなのですけれども、「ここまで財政がよくなったのだから、財政出動を少しぐらいしても、ほかの市に負けないのではないか」と思っていてもやらない、というようなところがあるので、資料の例えば、この鹿沼市の通学路に対するところとか、そこに歩道をつけるとか、街灯をつけるとかということは、やってもいいのではないかということで。