7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大田原市議会 2019-12-12 12月12日-03号

また、滝岡地内の百村橋近辺におきましては、百村川の増水により農地流出が発生し、復旧は河川の護岸工事、道路の修繕後に農地部分の埋め戻し作業となる見込みであります。藤沢用水土地改良区連合の管理する箒川の集水暗渠増水により破損した件に関しましては、取り急ぎ管理者みずからが水路等の土砂の除去などの作業を実施しております。

佐野市議会 2018-06-06 06月06日-一般質問-03号

農業委員会事務局長小野勉) 現状では、農地付き空き家を取得、賃借する場合、農地部分につきましては、農地法第3条の許可が必要になります。したがいまして、農地法第3条の許可要件を満たす農家の方に3条の許可申請をいただくことが必要になります。  以上でございます。 ○議長(井川克彦) 亀山議員。 ◆9番(亀山春夫) ありがとうございます。

栃木市議会 2014-06-13 06月13日-05号

これは農地部分の質問にあったように。5年間で、その先はわからないのだということであります。そこで、農業地域都市部へのさらなる支援策が必要と考えております。先ほど質問しました中にいろいろありますが、これでいいのだ、こうしてもらいたいといういろんな意見がありますが、そういうものをこれから先、市の考えをまとめていきたいというふうに、お考えを聞かせてもらいたいと思います。

栃木市議会 2014-03-20 03月20日-06号

さらに、加工品関係では、農家企業組合を組織し、運営を行っているとの答弁があり、これを受けて、敷地の賃貸契約適正範囲内で結んでいるのかと質したのに対し、契約時期は平成15年に締結しており、賃借料については、農地部分の10ヘクタールについては3万6,000円、駐車場部分の1ヘクタールについては10%上乗せの約4万円で契約をしているとの答弁がありました。  

小山市議会 2007-09-04 09月04日-02号

それで、19年度の新規追加要望地区として、活動する羽川の隣に、アジサイの里荒井と隣り合う活動組織の間に、未活動農地部分が帯状に残ってしまった場合の総面積についてでございますけれども、そこについては平成20年度の活動計画申請において認めていただけるか、今関係機関と協議をしております。ということで、しばしお待ちを願いたいということでございます。  

真岡市議会 2002-09-27 09月27日-04号

第3工業団地は、平成3年に農村活性化土地利用構想の認定を受け、農地部分企業団地として造成し、2社が進出、第4工業団地は、平成8年に農村活性化土地利用構想の継続として工業団地を造成し、2社が進出をしております。第3、第4ともにプロジェクトを設置して誘致活動を展開し、進出企業の意向を聞いた上で、いわゆるオーダーメイド方式で造成を実施しております。

  • 1