運営者 Bitlet 姉妹サービス
484件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-11 さくら市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月11日−03号 今後は、2020年の東京五輪への食材提供や海外への輸出など、販路の拡大を目指し、一層の普及PRに努めていくそうです。  切っても切れない農業と環境ですが、このようにうまく共生することができれば、付加価値のついた農産物の生産や取り組みを通じてエコツーリズムや地域活性化、教育など、さまざまな効果に結びついていきます。 もっと読む
2018-06-11 真岡市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月11日−議案質疑、一般質問−02号 全国にはブドウサミットやみかんサミットというのがありますが、いちごサミットというのは今までにないため、生産者の皆さんとともに消費拡大に向け、技術交流を行い、県や農協と相談しながら進めたい、サミットではイチゴやジェラートの食べ比べといった内容を想定し、県内産地の争いではなく、お互い切磋琢磨し、輸出拡大を含めて生産、産地振興につなげたいと市長の心意気が伝わるが、そこで日本一の生産量と販売額を誇るイチゴの もっと読む
2018-03-15 益子町議会 平成30年  3月 定例会(第157回)-03月15日−議案質疑・討論・採決−07号 また、あわせましてちょっと新聞記事とかでも見かけたのですが、廃プラスチックの大きな輸出先であります中国が29年12月から受け入れなくなるということがございまして、中間処理費用がさらに今後増大する、見込まれるということがございましたので、当面モデル事業を中止させていただくことにいたしました。 もっと読む
2018-03-07 宇都宮市議会 平成30年第1回定例会(第5日目 3月 7日) 平成30年度についても、好調な外需により製造業の輸出がふえ、企業収益の増加が見込まれますが、税制改正による税率引き下げの影響に伴い、法人市民税は期待されるほどの増収は見込みにくく、また、固定資産税についても、評価がえにより厳しい状況と考えます。  また、執行部からは、平成30年度、平成31年度の2年間は一時的に市債残高が増加し、平成32年度には再び減少に転ずる見込みであるとの説明もありました。 もっと読む
2018-03-01 市貝町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月01日−01号 この改正は、輸出企業を中心に収益の改善が見られるなど、景気の先行きに明るい兆しが見える一方で、地方にあって日々の暮らしを営む住民にとっては、景気の実感がいまだに及んでこないのが実情です。このような町民の生活に思いをいたすとともに、今回の選挙において掲げた公約を思い切って実行に移していくために、町長等の給料については、引き続き減額するために所要の改正を行うものであります。   もっと読む
2018-02-28 真岡市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月28日−議案質疑、一般質問−02号 環太平洋連携協定TPPや欧州との経済連携協定EPAなどの自由競争で農業を取り巻く環境が厳しさを増している中、県は2018年度当初予算案にとちぎ農産物戦略的輸出拡大事業費として5,200万円を盛り込み、現在マレーシアとシンガポールに輸出しているイチゴは、新たにアメリカとアラブ首長国連邦でテストマーケティングを行い販路拡大を目指すとしており、この1月にはイチゴの海外輸送試験を実施いたしました。 もっと読む
2018-02-28 那珂川町議会 平成30年第1回(3月)定例会-02月28日−01号 日本経済は、企業収益の改善、個人消費や輸出に関しては持ち直しの動きが見られ、景気の先行きについては雇用、所得環境の改善が続く中で、緩やかな回復が続くことが期待されています。このような中、政府は、平成29年12月22日に、総額97兆7,128億円の平成30年度の予算案を閣議決定しました。 もっと読む
2018-02-20 小山市議会 平成30年  2月定例会(第1回)-02月20日−04号 派遣団は、マラソン大会へ参加するだけでなく、小山市の観光プロモーション動画を活用した観光PRやおやまブランドの紹介を行うとともに、台湾への食品輸出規制の緩和等の要望を行い、小山市への訪日誘客と販路拡大につなげる活動を行う予定であります。    もっと読む
2018-02-16 小山市議会 平成30年  2月定例会(第1回)-02月16日−02号 〔27番 塚原俊夫議員登壇〕 ◆27番(塚原俊夫議員) きのうあたりの新聞を見ても、東京の円が急伸をしていて、1年3カ月ぶりの円高水準であると、特に輸出関連企業については少しダメージ受けるのかなということ、それから株の続落、この要因が企業の業績、さっき言ったようなことも含めて、業績に対する懸念があるというようなことでありますので、注視をしながら、適宜対応をすることが必要かと思いますので、よろしくお願 もっと読む
2018-02-01 真岡市議会 平成30年  2月定例会 一般質問-質疑・一般質問通告書 通 告 書 順序 議席 発 言 者 大項目(件 名) 中項目(要 旨) 具体的な質問内容 頁 答 弁 を 求める者 1 19 荒 川 洋 子 (代表質問) 1.農業行政について (1)農産物の販路拡大と輸出促進 もっと読む
2017-12-18 市貝町議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月18日−01号 それで、国が進める担い手を育成して、そして国の方針に基づいて輸出をする企業に育てるということも大事ですけれども、その一方で農業は地形や自然環境、また気象などにも制約されますので、それに合った農業というのが必要になってくるんだと思います。市貝町には、それに合った農業ということで、これから地域農政を進めていくんだろうというふうに思います。   もっと読む
2017-12-06 小山市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-12月06日−04号 畜産におきましても、黒毛和牛の海外への輸出頭数は県下第1位を誇っております。    もっと読む
2017-12-05 芳賀町議会 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月05日−02号 ブランド米や中・外食用米、輸出米など、これまで以上に多様な用途に応じた米づくりが求められているということでございます。芳賀町産の主食用米についても今後町農業再生協議会で検討していきますし、栃木県全体の取り組みもこれから期待していきたいと考えております。 ○議長(石川保君) 13番、大島浩議員。 もっと読む
2017-11-29 那須塩原市議会 平成29年 12月 定例会(第5回)-11月29日−03号 GAPの取り組みに関しましては、国において農林水産物の輸出増や国内での販路拡大に向け、生産現場における国際水準のGAPの実施及び認証取得の拡大を推進するということとしておりまして、本市といたましても、農業のグローバル化が進む中、GAPの取得は農業の質と信頼性を高め、持続可能性を確保するための有効なツールの一つであると考えております。   もっと読む
2017-11-28 さくら市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-11月28日−02号 また、栃木県内においても6次産業化、海外輸出の動きが加速しておりますが、さくら市における取り組み状況と今後の見通しについてお伺いをいたします。  続きまして、障害者、高齢者の居場所の支援についてお伺いをいたします。   もっと読む
2017-09-25 鹿沼市議会 平成29年第3回定例会(第5日 9月25日) 盆栽の海外輸出は、売り上げの増加や知名度アップにも有効です。  B鹿沼産の特産品の販売と飲食設備の整備。  緑花木等の愛好家は年々減少しています。そのため、緑花木等だけに限らず、鹿沼市の特産品の販売や飲食施設をつくることで、鹿沼市の特産品のPRにもつながり、場内での特産品販売にも相乗効果が望めます。  C場内施設の配置見直し及びスタッフの育成と人数の確保。   もっと読む
2017-09-22 那珂川町議会 平成29年第3回(9月)定例会-09月22日−04号 3つ目は、輸出です。その中でもコスト削減できる環境整備が必要であります。農地の集積や集約に加え、農地を大区画して機械による労働時間の短縮や肥料、農業資材の低廉化が必要であると言われています。このような社会情勢の変化に対応するに当たって、筑紫地区、福岡都市圏、福岡県内の市町村などで農業振興地域農用地区域として都市計画決定をしながら1ケ所も農地改良基盤整備をしていない市町村はあるでしょうか。 もっと読む
2017-09-20 小山市議会 平成29年  決算審査特別委員会-09月20日−01号 歳入の特徴といたしましては、輸出関連の製造業の業績不振などにより、法人市民税が11億円減少したことであり、市税全体では7億1,000万円減の277億9,000万円となり、3年ぶりに280億円を下回りました。  また、歳出におきましては、人件費を削減したものの、公債費、扶助費が増加したことから、義務的経費は15億円増の275億円となりました。 もっと読む
2017-09-11 宇都宮市議会 平成29年第3回定例会(第4日目 9月11日) このような中、昨年から開始されましたアジアへの輸出も視野に入れた沖縄県への販路拡大の取り組みにつきましても、その成果を大いに期待しております。しかし、その取り組みに当たっては、事前の調査やバイヤーなどとの商談・交渉、物流コストの抑制など、クリアしなければならない問題も多く、一朝一夕に進められるものではないことも事実であります。  そこでお伺いいたします。   もっと読む
2017-09-08 宇都宮市議会 平成29年第3回定例会(第3日目 9月 8日) さらに、本市の市税全体のうち、100億円以上を占める法人市民税においては、税制改革による税率引き下げの影響が見込まれるとともに、海外の景気や円高・円安の動向などに企業収益が左右される輸出関連企業もあるなど、収納額の確保は今後とも決して楽観視できない状況にあると思われる中、リーマンショックの影響により、一時は92.5%まで落ち込んだ市税収納率が、今回の決算において95.7%まで向上したことは、納税の義務 もっと読む