1117件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那須塩原市議会 2021-06-15 06月15日-06号

(2)コロナ禍の中で子供貧困が問題になっています。子育て支援策の一環として学校給食無償化に取り組む考えはないか伺います。 ○議長松田寛人議員) ただいまの質問に対し答弁を求めます。 教育部長。 ◎教育部長後藤修) それでは、4の学校給食費無償化実現について順次お答えをいたします。 初めに、(1)の全国学校給食無償化の最近の事例にはどのようなものがあるかについてお答えいたします。 

日光市議会 2021-06-14 06月14日-一般質問-04号

貧困、差別温暖化、様々な問題を一人一人が自分事として捉え、今この現実を変え、未来をつくるのは私たち一人一人であると自覚し、行動することこそが最も重要であると考えます。そのためには、市民皆さんに向けた分かりやすい発信が必要不可欠であります。どんな小さなことでも取り組んだ事例の紹介など大変参考になったり、また心を動かす要因となったりします。  ここで1つ事例をご紹介したいと思います。

那珂川町議会 2021-06-14 06月14日-04号

この那珂川市子ども権利条例は、協働まちづくりを目指して、初めて住民参画手法により取り組まれた条例であり、近年増加する子ども貧困、児童虐待やいじめ問題など、次世代を担う子どもたちが置かれている危機的な状況に対して、子どもを一人の人間としての権利を認め、子ども心身ともに健やかに成長することができる、そんなまちづくりを目指してつくられました。

日光市議会 2021-06-11 06月11日-一般質問-03号

2点目、生理貧困対応について。コロナ禍で、5人に1人の若者金銭的理由生理用品を買うのに苦労したという生理貧困が明らかになりました。この問題を女性の健康や尊厳に関わる重要な課題として捉え、生理用品の提供に入替え時期になる災害備蓄品などを活用するなど、生理貧困に対し支援する自治体が各地で広がっております。そこで、当市の今後の対応質問いたします。 ○小久保光雄議長 答弁を願います。  

那珂川町議会 2021-06-11 06月11日-03号

現在、世界各国で問題になっております女性の月経に関する生理貧困について、本日一般質問を行ってまいります。生理貧困とは、何らかの理由により適切な生理用品を買えない、または利用できない環境にあることを示します。生理貧困への対応は、当事者が声を上げにくいことから、社会的な課題となっており、途上国のみならず、先進国においても問題になっております。

壬生町議会 2021-06-09 06月09日-02号

長引くコロナ禍による貧困対策について。 新型コロナ感染症拡大防止のため、宴会、イベント、式典、結婚式等の中止や自粛による経済的不況が続いており、支援策が期待される中、5人に1人の若者生理用品の購入に苦労しており、貧困やネグレクトで親から生理用品を買ってもらえない子供たちがいます。飲食店美容院への今後の支援策はどのようでしょうか。

那須町議会 2021-06-08 06月08日-03号

食料品同様にコロナ禍の経済的な事情で、生理用品を購入できない生理貧困が社会問題となっています。茨城県水戸市では、女性貧困問題支援のプロジェクトを行っています。仕組みとしては、フードバンク同様で、市民から生理用品を寄附してもらい困っている方に配布するというものです。 栃木県さくら市でも、今月中旬から生理用品無償配布事業を行います。市内の小中学校、高校での配布検討中とのことです。 

下野市議会 2021-06-07 06月07日-03号

新型コロナ禍の中、様々なメディアで生理貧困がクローズアップされています。生理貧困とは、経済的な理由、親の理解不足などで生理用品を入手することが困難な状況にあることです。今まで潜在的にあった問題が表面化したものだと思われます。資料でお渡ししましたが、民間調査によれば、学生の5人に1人が経済的な理由生理用品を買うのに苦労し、37%が節約のため交換頻度を減らすなどしているそうです。 

栃木市議会 2021-06-04 06月04日-05号

先日は、県内女性議員連盟皆さん知事宛てに、生理貧困ということで、生理用品県内公共施設と全ての学校トイレへの常備、また購入できないでいる人への無償配布を求める要望を行いました。生活支援物資生理用品配布などの拡充が求められていると思います。状況と見解をお伺いをいたします。 ○議長小堀良江君) 質問に対する当局の答弁を求めます。  髙橋保健福祉部長

芳賀町議会 2021-06-03 06月03日-02号

丸川男女共同参画担当大臣は、先月の記者会見で、生理貧困ナプキン配布自治体は255ある。また、学校女子トイレナプキンを設置している自治体は94あると発表しました。芳賀中学校保健室ナプキン年間利用者延べ人数何人ですか。 ○議長小林俊夫君) 大根田学校教育課長。 ◎学校教育課長大根田淳一君) 北條議員質問にお答えします。 

那須塩原市議会 2021-03-18 03月18日-08号

こうした死亡に至る事例は、当事者個人の努力では解決することができない、貧困など社会的につくり出された早過ぎる死は、セーフティーネットからこぼれ落ちている実態を国が責任を持って明らかにし、至急なくさなければならないもので、国連のSDGsの精神からも見逃せません。 反対する第2の理由は、5款財政調整基金の問題です。基金利子積立金25万4,000円の計上もあります。

那須町議会 2021-03-17 03月17日-04号

義務教育無償化に道を開き、子供貧困対策にも有効な小中学校学校給食無償化は、新年度予算では助成額が少しの増加ということにとどまりました。保護者負担では、約12.5%の軽減になったにすぎません。3年前の町長の公約は、段階的完全無償化との公約でした。経済状況が許さないという理由ではあっても、例えば栃木市のような人口の大きな自治体でも、栃木市は22%助成から開始されています。

日光市議会 2021-03-09 03月09日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

今日少子化や貧困と格差の拡大が深刻になっているもとで、全国どこに住んでいても妊娠、出産のときにお金の心配なく、医療が受けられるようにすることは、国の公助として最重要課題の一つと言えます。全国一律の制度になれば、里帰り出産移動先などでの緊急の受診のときにも安心できます。  第2に、国の制度になれば当市財政負担が削減できます。当市制度で、県と2分の1ずつ負担しています。

那須塩原市議会 2021-03-05 03月05日-06号

その中で、私、1個、提案というわけではないんですが、昨今問題となっています子供貧困であったり、この間ちょっと参加させていただいたんですが、ヤングケアラー、こういった生活に関する、本当に実体験に基づいた内容を、こういった探究の時間に入れていくようなことはできないものかどうかを一つ聞きたいと思います。 ○議長吉成伸一議員) 答弁を求めます。 教育長。 ◎教育長月井祐二) お答えいたします。