1015件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

真岡市議会 2021-09-09 09月09日-02号

貧困飢餓撲滅気候変動対策環境保全、平等の実現などから成り、その下に貧困状態にある全ての年齢の男性、女性、子供の割合を半減させるといった169の具体的なターゲットが設定されております。  国内では産業界、とりわけ全企業の99%、雇用者数の約7割を占める中小企業小規模事業者への浸透が急がれており、SDGs経営戦略に取り入れる企業もふえている状況にあります。

小山市議会 2021-09-04 09月04日-02号

また、平成27年3月に県内に先駆けて策定した小山子ども貧困撲滅5カ年計画に基づき、総合的な子供貧困対策を推進しております。今年度策定予定の第2次子ども子育て支援事業計画につきましても、全国の自治体の取り組みで参考となる有効な事業については、調査研究をし、計画へと反映してまいります。  以上、よろしくお願いいたします。

那珂川町議会 2021-06-06 06月06日-01号

主な改正内容は、子ども貧困に対応するための個人市民税非課税措置に関するもの及び軽自動車税の見直しでございます。子ども貧困に対応するための個人市民税非課税措置は、事実婚状態でないことを確認した上で支給される児童扶養手当の支給を受けており、前年の合計所得金額が135万円以下であるひとり親につきまして、個人市民税非課税とする措置を講じるものでございます。

那珂川町議会 2020-12-16 12月16日-04号

このSDGsの17の持続可能な開発目標としては、貧困をなくそう、飢餓をゼロに、全ての人に健康と福祉を、質の高い教育をみんなに、ジェンダー平等を実現しよう等々、人権や環境、平和など、17の開発目標があります。そのSDGsの中に、あくまで私の考えですが、那珂川市の自然との共生を図りながら、持続可能で活力あるまちづくり実現できる目標が3つあると思います。

那珂川町議会 2020-12-13 12月13日-03号

まず、困難を抱える住民の発見についてですが、今回の視察経済的な貧困への対策人間関係貧困への対策が必要だということを学びました。経済的な貧困とは、文字どおりお金に困窮しているわけですが、生活保護に結びついていない人、また保護対象でなくても困窮している方々となります。それから、人間関係貧困ですが、これは孤独で社会から孤立し、一人で問題を抱え込み、問題が深刻化している人のことになります。

小山市議会 2020-12-02 12月02日-03号

初めに、第2次小山子ども貧困撲滅5か年計画についてお伺いをいたします。こどもの貧困対策におきましては、先進的に取り組んでいただいていると承知をいたしております。他市からもたくさん視察が来ている状況と伺っております。今後結果、実としての成果を期待するところであります。  さきの小山子ども生活実態調査の結果では、小山市の相対的貧困率が10.2%との結果が出ました。

小山市議会 2020-11-29 11月29日-02号

保育所等施設整備補助について     ││   │ │      │  │       │  ② 母子健康包括支援センター整備について │├───┼─┼──────┼──┼───────┼───────────────────────┤│   │ │      │  │       │1.保健福祉行政について           ││   │ │      │  │       │ (1) 第2次小山子ども貧困撲滅

那珂川町議会 2020-09-05 09月05日-01号

しかしながら、今日、社会の急激な変化によるひずみが子どもの育ちや学びにも影響を及ぼし、子ども貧困とその連鎖を初め、児童虐待、いじめや不登校など、問題は深刻化している状況でございます。このような状況を危惧した多くの市民が、地域社会において子ども権利が尊重され、子どもが大人とともに心豊かなまちづくりを未来に向かって歩み続けていくことを願い、市へ子ども権利条例制定政策提案を行いました。

小山市議会 2020-09-02 09月02日-01号

いつでも行けば相談できるということは考えていらっしゃらないのかどうかということと、あと先ほどの液体ミルク配布先ですが、健康診断のときに配布するということと、あと貧困家庭のほうにも配布できるように手配していただければと思います。 ○福田洋一議長 答弁、三柴市民生活部長。 ◎三柴智恵子市民生活部長 ただいまのご質問にお答え申し上げます。  

真岡市議会 2020-06-18 06月18日-03号

そんな中、厚生労働省調査によると全国子供貧困率は13.9%、7人に1人が貧困であると報告されております。ひとり親世帯に限って見ると貧困率は50.8%と、2人に1人は貧困状態であります。このような状況では、1人で食事をとり、会話もなく、コミュニケーションがとれなくなる子供がふえているため、食事学習支援等を通じて居場所を提供するボランティア団体全国各地子ども食堂を開設しております。

塩谷町議会 2020-06-04 06月04日-02号

◎町長(見形和久君) 少し遅れてしまったがという感は否めない部分がございますが、交付金でいただきます金は貯金するためのものでもございませんから、できるだけそういう分野にスポットを当てていきたいな、橋本議員からも昨日貧困というか、そういう方々の、ひとり親に対してどうするんだというふうなご質問もございましたので、それらも併せまして今後少し取り組んでまいりたいというふうに思いますので、ご指導等、引き続きお