814件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2020-01-29 令和 2年第1回臨時会(第1日 1月29日)

ならば問いたいのですが、5億円、全体の会計の中では、当初60億円でいくという中で、いろいろな財政運営を組んでいたはずです。  それで、それがやってみて、5億円浮いたわけですから、「浮いたから、それはそのまま使ってしまおう」という考えもあるでしょうし、「浮いたなら浮いたで、さらに財政健全化に資するものであろうから」と、いろいろな考えがあると思うのですね。  

鹿沼市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第4日12月 6日)

また、台風19号の被害に対しても、財政調整基金の取り崩しで、健全財政を維持しているという答弁だったかと思います。  そこで、2点ほど再質問させていただきます。  新庁舎整備や台風災害の対応により、「実質公債費比率」などが上昇するということですが、実際、どの程度上昇するのか。具体的な数字を示すことができるのであれば、お伺いいたします。  

鹿沼市議会 2019-12-04 令和元年第6回定例会(第2日12月 4日)

今回のような不測の事態への対応なども考慮し、これまで健全財政を堅持してきたものであり、災害対策などの財源につきましても、財政調整基金の活用や災害復旧事業債の発行などにより、十分確保をいたしております。  言うまでもなく、本市の新庁舎は、当初からコンセプトに掲げているとおり、災害時の中枢機能を果たす防災拠点として整備するものであります。  

鹿沼市議会 2019-10-07 令和元年第5回臨時会(第1日10月 7日)

その理由でありますけれども、市長が今まで言っていた60億円、それがここにきて急にこの半年もたたないうちに5億円もアップ、今まで11年の間、健全財政と言って、市長はかじを取ってきました。  この中で、非常に市民の方も困っているところがたくさんあります。そういったところを全然手もつけず、我々が議会で言って、「ここの場所が非常にまずい」と、学校関係ももちろんです。

鹿沼市議会 2019-09-27 令和元年第4回臨時会(第1日 9月27日)

本市においても人口減少による課題に直面しており、財政負担を可能な限り軽減する堅実な市政運営を基本に第7次鹿沼市総合計画に掲げた施策を推進し、『花と緑と清流のまち』、『笑顔あふれる人情味のあるまち』を目指し、「いちご市」をアピールしながら議会としても達成できるよう努力していきたいと考えております。  

鹿沼市議会 2019-08-01 令和元年第3回定例会(第3日 8月 1日)

私は、平成20年5月に初めて市長選挙に出馬して以来、健全な財政運営と安定した財政基盤の確保を基本にして、中立的な視点から広く意見を捉えることを前提としながら、市民の皆さんとの協働により、鹿沼市の発展を目指すことを政策基本理念として市政運営に努めてまいりました。  この私の政治理念について、市民の皆さんに端的にご理解をいただくという意味で、「市民党」という表現を用いてきたところであります。  

鹿沼市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第4日 6月14日)

ICT環境整備など取り組む課題が、限られた財政の中で、大きな成果は上げられるとは私も思いませんけれども、約4万5,000円ということですが、これ上はきりがないと思いますけれども、県内も上位の大田原市は鹿沼市の4万5,000円に対して8万円、日光市、さくら市、那須烏山市でも約6万円を超えているという、事前の調査でわかりました。  

佐野市議会 2019-06-07 06月07日-議長の選挙・副議長の選挙・議案説明-01号

内容は、財政調整基金繰入金でございます。  次に、21款市債でございますが、1億460万円の追加でございます。主な内容は、小学校エアコン設置事業債でございます。  12ページをお開きください。歳出について説明を申し上げます。2款総務費でございますが、400万円の追加でございます。内容は、水と緑と万葉のまちづくり基金積立金でございます。  

鹿沼市議会 2019-06-03 令和元年第2回定例会(第1日 6月 3日)

まず、議案第39号 平成30年度鹿沼市一般会計補正予算(第4号)は、歳入につきましては、市税、自動車取得税交付金、地方交付税、国県支出金、諸収入、市債等の増減額を計上し、歳出につきましては、財政調整基金積立金、公共施設整備基金積立金、生活保護扶助費、中小企業経営対策事業費、道路長寿命化対策事業費、新鹿沼駅西土地区画整理事業費等の増減額を計上したもので、この補正額を4,993万5,000円の増とし、予算総額

鹿沼市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第5日 3月18日)

議案第38号 「鹿沼市長等の給与の特例に関する条例の一部改正」につきましては、本市の厳しい財政状況を考慮いたしまして、平成31年4月から平成32年3月までの期間、市長、副市長及び教育長の給料月額について、それぞれ100分の5に相当する額を減額することにより、当面の適切な財政運営に資するためのものであります。  以上で説明を終わります。 ○大島久幸 議長  提案理由の説明は終わりました。  

益子町議会 2019-03-13 03月13日-議案質疑・討論・採決06号

もう一点質問させていただきますので、財政調整基金についてなのですけれども、これよその自治体の事例見ますと財政調整基金の繰りかえということをやって、公会計では流動資産としてこの財政調整基金を見ているみたいなのですけれども、当町としてはそのような仕組みを使って利子をゼロにするような努力というか、制度が使われているのでしょうか。 ○議長(髙野美晴) 法師人副町長。

益子町議会 2019-03-11 03月11日-議案説明・質疑-05号

これは、財政調整基金等の利子を見込んだものでございます。  8款1項1目一般会計繰入金につきましては2億2,955万2,000円の計上で、昨年比6,458万8,000円の減でございます。減額の主な要因といたしましては、その他一般会計繰入金の減額によるものでございます。1節保険基盤安定繰入金につきましては、保険税軽減分及び保険者支援分を見込んでおります。

鹿沼市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3日 3月 7日)

まず、目的と内容についてでありますが、本事業は、国による財政支援事業であり、2019年10月からの消費税地方消費税率引き上げによる低所得者及び子育て世帯消費に与える影響を緩和するとともに、地域における消費を喚起・下支えするため、低所得者及び子育て世帯主向けにプレミアム付き商品券の発行を行うものです。