6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿沼市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第4日12月 6日)

ついこの間の新聞では、「高校生が、スマートフォンの影響で、短い文はできるけれども、長い文の読解力がない」というような記事がございました。  小さいときの読書量、特に、本に親しむという環境は、心をつくっていく、ひいては、市長が言われます、自分の地域は自分の力ですね、地力をつけていく、人づくりになっていくと思うのですね。  その点、鹿沼市は、数年前に読書通帳というものをつくりました。  

鹿沼市議会 2017-03-13 平成29年第1回定例会(第5日 3月13日)

これらの子供の読書活動の推進に向けた取り組みが、子供読解力の向上や学力向上の一助となるよう取り組んでまいりたいと考えております。  以上で答弁を終わります。 ○横尾武男 議長  佐藤誠議員。 ○7番 佐藤 誠 議員  ありがとうございました。学力に関しては、市内では、栃木県内と同程度ということでした。

鹿沼市議会 2008-03-05 平成20年第1回定例会(第2日 3月 5日)

昨年12月の調査によれば、日本子供たちは、知識技能を実際の場面で活用する力や読解力に大きな課題があることが明らかになりました。いわゆるゆとり教育を見直して、授業時間をふやすことが進められていますが、時間をふやすだけでは考える力や活用する力、読み取る力を身につけることはできないと思っております。

鹿沼市議会 2005-12-16 平成17年第6回定例会(第5日12月16日)

読解力を育てるキーポイント、考える力を育てるキーポイントについての的確な指導が行われておりました。  日常における基礎学力の定着と学力向上のための具体的指導として、1、思考力・表現力の育成。2、習熟度別授業の充実。3、児童の実態に応じた障害児教育の推進。4、小中連携教育の推進。5、総合的学習の充実。その中でもイが英語教育の充実。ロ、パソコン学習の充実。

佐野市議会 1950-12-03 12月03日-一般質問-05号

学校におきましても、その重要性を認識しており、読解力を身につけさせるため、またみずから学びに向かう力を育成するために、各学校の実態に合わせ、市内すべての小中学校で読書の時間が設定されております。具体的には7割近い学校が週3日以上読書の時間を設けています。また、ほとんどの学校で朝の学校の始まりの時間帯に十分から15分程度の時間を読書の時間として時間割に組み込んでおります。

  • 1