1578件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栃木市議会 2021-09-04 09月04日-03号

年度4月に行われました全国学力学習状況調査、そのペーパー試験ではなく、質問紙というものがございます。児童生徒対象質問紙があって、多くの質問項目があります。その中に道徳授業についてという質問があります。具体的には、道徳授業では、「自分考えを深めたり、学級やグループで話し合ったりする活動に取り組んでいると思いますか」という質問がございました。

栃木市議会 2020-12-18 12月18日-05号

5年を経過した場合は、再度試験を受けていただき、良好な成績の場合には引き続き採用しているとの答弁があり、これを受けて、会計年度任用職員との違いを質したのに対し、任期付市費負担教職員会計年度任用職員ではないため、一般職員と同じ扱いとなるとの答弁がありました。  本案については、討論なく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  

益子町議会 2020-12-05 12月05日-議案説明・質疑・討論・採決-03号

いしますよというイメージならわかるのですけれども、さっきの話だと使う分そっくりを渡して、使ってもらって、経費にしても、物にしてもみんな町のものということになると、委託料ということのイメージとちょっと離れて、その辺は後で、ここではっきりどうこうではないのですが、どうも何かイメージ的に合わないので、ちょっとそこら辺精査をお願いしたいというのと、あとこのことに関してですけれども、例えば厨房器具の検査も含めて、設置試験

小山市議会 2020-12-02 12月02日-03号

指導員解剖学運動生理学指導方法などの試験に合格し、資格取得後も定期的に普通救命講習体操指導方法等について学ぶなど資質向上に努めております。  事業成果につきましては、いきいき百歳体操参加前後では、立ち上がりなどの下肢筋力柔軟性向上が見られ、またシニア元気あっぷ塾におきましては、腰痛がなくなった、歩行距離が延びたなどの声が多く聞かれております。  

益子町議会 2020-09-09 09月09日-議案説明・質疑-05号

それで、まず本当に軽減されるかどうかということで、今年の5月から代表して益子中学校のほうで、無料なのですけれども、試験運用させていただいておりまして、実際に本当に役立つかどうかという検証をちょっと今年度、今させていただいているところです。それの結果に基づいて、どうするかというのをちょっと検討していければというふうに考えています。  以上です。 ○議長星野壽男) 13番、長岡議員

那珂川町議会 2020-09-09 09月09日-02号

これまでの嘱託職員臨時職員においても面接、実技試験所管課でそれぞれ実施選考をしておりましたが、一定の基準がなく、所管課選考過程に違いがございました。しかしながら、会計年度任用職員につきましては選考過程を統一し、フルタイム任用職員においては透明性確保や有能な人材確保のため、1次試験で事務職は筆記試験、教諭保健師など専門職面接を年1回実施いたします。

益子町議会 2020-09-04 09月04日-一般質問-02号

次に、派遣団員選考についてでございますが、作文及び面接試験により団員を決定しております。基準は明文化しておりませんが、作文の内容や面接での受け答え、英会話の習熟度、日ごろの学校生活状況などを踏まえ、また各学校のバランス、これなども考慮いたしまして、実施委員会において厳正に選考しているところでございます。  

真岡市議会 2020-06-18 06月18日-03号

そこで、試験的な試みとして、一時的でも二宮地区や大内、山前、中村地区のいずれかのコースを試験的に走行する考えはないのかお伺いいたします。昨日の鶴見議員からも、同様にエリアの拡大の計画はないのかという質問が載っております。高齢者は、事故防止のために運転免許を返納する人も年々ふえており、交通難民対策としても将来を見据えた回答をお願いしまして、以上で私の一般質問を終わらせていただきます。

那珂川町議会 2020-06-18 06月18日-03号

高校生を持つお母さんにお尋ねしましたら、試験前になると、子どもたち学習道具を抱えてバスに乗って、大橋などの、例えば喫茶店などに行ったり、ほかの自治体の公共施設まで行って勉強していることもあると伺いました。その高校生の娘さんに尋ねてみると、外に出ると、自分の部屋ではなく一歩出ると、また気分転換にもなり集中して勉強できる時間を持つことができるなどとのことでした。

小山市議会 2020-06-06 06月06日-03号

たしか私が以前質問したときの答弁の中では、そうした障がい者の個別回収につきましては、人数を把握した上で試験的にこれから考えていきますというようなことだったと思います。現在はどのような状況になっているでしょうか、お尋ねをいたします。 ○福田洋一議長 答弁、三柴市民生活部長。                  

小山市議会 2020-06-03 06月03日-01号

次に、健康長寿はとむぎ100歳事業についてでありますが、2月24日に、市制65周年記念「健康長寿はとむぎ100歳講演会・シンポジウム」が開催され、約700名の参加者の中、内閣府開発研究実証試験の結果、ハト麦には炎症を抑える、血管の弾力性を保つ、脂質異常症の予防、肝機能改善等の効果があることが示唆されたとの成果報告がされました。  

下野市議会 2020-03-13 03月13日-06号

まず1つ目ですが、まずは種子法を廃止して、都道府県農業試験場などの公的種子事業を辞めさせる。 2つ目ですが、種子法廃止と同時に制定した農業競争力強化支援法に基づきまして、農協や農業委員会の改革と同時に、種子、種苗の、それについての民間事業者が参入しやすいように、公的機関が持つ優良な育種試験民間に提供することを促進することとしています。 

壬生町議会 2020-03-12 03月12日-04号

平成25年1月に試験運行を開始し、平成28年4月から本格運行に移行したところであり、平成30年度延べ利用者数は9,318人となっております。 また、町外への広域公共交通、特にJRの駅への移動手段を求める意見が多かったことから、昨年10月から下野市、上三川町を含めた1市2町を結ぶ広域連携バス、「ゆうがおバス」の実証運行を開始したところであります。