5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

那須塩原市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−06号

最後に、補助につきましては、判断能力が不十分な方ということで定義をされておりまして、補助となった方につきましては、家庭裁判所への申し立てによりまして特定行為同意権や取消権が与えられるというものでございます。  以上です。 ○議長(君島一郎議員) 4番、星野健二議員。 ◆4番(星野健二議員) わかりました。  

小山市議会 2008-12-03 平成20年 12月定例会(第4回)-12月03日−02号

特に栃木のほうでは総務課がございませんでしたので、宇都宮の家庭裁判所のほうでいろいろ聞いてみましたが、現在成年後見制度、いわゆる法定後見として後見人、あるいは保佐人補助という形で選任された件数ですが、これは宇都宮ではなくて栃木支部の管轄内での件数ですけれども、平成18年度で90件、平成19年度で50件というところで、20年度はまだデータが出ていませんということでした。

真岡市議会 2000-03-02 平成12年  3月 定例会(第1回)-03月02日−議案説明−01号

真岡市行政手続条例につきましては、不利益処分にかかわる聴聞の主宰者の欠格条項に「保佐監督人、補助及び補助監督人」を加えるものであります。   真岡市印鑑条例につきましては、登録欠格者について「禁治産者」を「青年後見人」に改め、登録の職権抹消について、「禁治産の宣告」を「後見開始の審判」に改めるものであります。   

小山市議会 2000-02-24 平成12年  2月定例会(第1回)-02月24日−01号

栃木県知事の権限に属する事務の処理の特例に関する条例及び栃木県教育委員会権限に属する事務の処理の特例に関する条例により、栃木県人に優しいまちづくり条例及び栃木県文化財保護条例に基づく事務が市に移譲されることに伴い、これらの条例及び条例施行のための規則小山行政手続条例の適用対象とすること、あわせて民法の一部を改正する法律による後見制度等の改正に伴い、「保佐人」を「保佐人保佐監督人、補助又は補助監督人

  • 1