83件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

野木町議会 2019-12-13 12月13日-04号

行政不服審査に基づく審査請求の諮問第1号に対し、付託を受けた総務経済常任委員会は、審査請求法定期間がまだ経過していない2018年8月分以降の下水道使用料にかかわる請求を棄却すべきであるとの答申案を決めました。 私は、審査請求理由がないとする棄却とするのではなく、処分取り消しを求める認容とすべきと、答申するべきだと思います。 

市貝町議会 2019-07-30 09月03日-01号

行政不服審査に基づくというような手続もございますが、縦覧期間等を通しまして、税務課によりまして、その記載事項説明、照会、問い合わせ等で現状では対応しているものと思います。 以上です。 ○議長和久和夫)  ほかにご意見ございますか。          (発言する者なし) ○議長和久和夫)  発言がありませんので、以上で質疑を終結いたします。 お諮りいたします。

大田原市議会 2019-06-27 06月27日-05号

関連する条例は、大田原情報公開条例大田原個人情報保護条例及び大田原行政不服審査施行条例3つ条例であり、それぞれ別表備考2中「日本工業規格」を「日本産業規格」に改め、附則としまして、工業標準化法施行日に合わせ、令和元年7月1日から施行するとの執行部から説明を受けましたが、質疑意見はありませんでした。  

栃木市議会 2018-09-05 09月05日-03号

行政不服審査に基づく不服申し立て住民監査請求で無駄な支出で市民に損害を与えた、これにも当たるのではないかと思われます。今までの手続上で瑕疵がなければ、行政の常識では継続するのが原則であり、さらにその上で、重大な客観的な条件、情勢が変わらない限りは継続すると解釈できますが、これについてはいかがでしょうか。 ○議長大阿久岩人君) 質問に対する当局答弁を求めます。  若菜生活環境部長

足利市議会 2018-03-27 03月27日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

との質疑に対し、当局から「行政不服審査改正法施行された平成28年4月以降、実際に審査請求の事例が生じていないため、意見書の実際の効果は明らかになっていないが、審査会自体が第三者の専門の委員がメンバーになっているため、適正な審査ができているものと考えている。」との答弁があり、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。  

矢板市議会 2018-03-22 03月22日-03号

それから、所有者から訴えられた、法的根拠はどこにあるんだということですが、行政不服審査及び行政事件訴訟法に基づいて、矢板市は2つの法に基づく教示の文の規則が矢板市にございます。これに基づいて判断されるものだと思っております。 それから、市民に及ぼす条例パブリックコメントについては、伊藤議員にお答えしたとおりでございます。 以上でございます。 ○議長和田安司) 10番、中村久信議員

大田原市議会 2017-09-19 09月19日-05号

議案第58号 大田原情報公開条例等の一部を改正する条例制定については、大田原情報公開個人情報保護審査会条例新規制定及び大田原個人情報保護条例の全部改正に伴い、関係する次の3つ条例、1、大田原情報公開条例、2、大田原市公の施設に係る指定管理者指定手続等に関する条例、3、大田原行政不服審査施行条例を一括して改正するものとの執行部から説明を受け、審査した結果、議員から、納税義務者

壬生町議会 2016-08-26 09月01日-01号

本案は、行政不服審査改正に伴い、平成28年3月に所要改正を行ったところでありますが、改正により条ずれが生じたことから、条例整備をすべく改正をしようとするものであります。 また、附則については、3月改正条例規定をした新旧条例適応区分を、地方税法による審査申し出規定に基づいた書きぶり改正をするものであり、適用変更があるものではございません。 

壬生町議会 2016-08-26 09月01日-01号

本案は、行政不服審査改正に伴い、平成28年3月に所要改正を行ったところでありますが、改正により条ずれが生じたことから、条例整備をすべく改正をしようとするものであります。 また、附則については、3月改正条例規定をした新旧条例適応区分を、地方税法による審査申し出規定に基づいた書きぶり改正をするものであり、適用変更があるものではございません。 

市貝町議会 2016-06-08 06月08日-02号

今回の市貝固定資産評価審査委員会条例の一部改正につきましては、行政不服審査平成26年6月13日に、また、行政不服審査施行令平成27年11月26日に公布され、いずれも平成28年4月1日から施行されました。 これらの改正に伴い、市貝固定資産評価審査委員会条例所要条文を追加する必要があるため、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分を行ったものでございます。 

塩谷町議会 2016-06-03 06月03日-01号

次に、議案第2号 塩谷固定資産評価審査委員会条例の一部改正についてでありますが、本案は、平成26年6月13日に公布された行政不服審査関連3法案に基づき、条例の一部改正を行ったものであります。 次に、議案第3号 塩谷税条例等の一部改正についてでありますが、本案は、平成28年3月31日に地方税法の一部を改正する法律が公布されたことに伴う条例の一部改正であります。 

壬生町議会 2016-05-27 06月02日-01号

主な改正内容について申し上げますと、まず総則関係では行政不服審査改正関連をした条文改正を行うものであります。 次に、固定資産税については非課税措置対象となる独立行政法人統合による改正課税特例追加等改正であります。 たばこ税につきましては、平成27年度に改正をした旧三級品紙巻たばこ税額改正経過措置を補う所要改正であります。 

壬生町議会 2016-05-27 06月02日-01号

主な改正内容について申し上げますと、まず総則関係では行政不服審査改正関連をした条文改正を行うものであります。 次に、固定資産税については非課税措置対象となる独立行政法人統合による改正課税特例追加等改正であります。 たばこ税につきましては、平成27年度に改正をした旧三級品紙巻たばこ税額改正経過措置を補う所要改正であります。 

さくら市議会 2016-05-23 06月03日-01号

本案は、行政不服審査施行に伴い、その適用区分を明確にするため、所要改正を行ったものであります。 専決処分第6号は、平成27年度さくら市一般会計補正予算(第6号)であります。 今回の補正予算は、年度末に歳入歳出が確定したことにより、1億358万4,000円を追加し、予算の総額を189億5,409万7,000円といたしました。 

野木町議会 2016-05-16 06月07日-01号

--------------------------------------- △議案第9号の上程、説明質疑採決議長館野孝良君) 日程第13 議案第9号 専決処分事項承認を求めることについて(専決第3号)(行政不服審査改正に伴う関係条例整備に関する条例の一部を改正する条例)についてを議題といたします。 提案理由説明を求めます。 町長。     

芳賀町議会 2016-05-11 06月06日-01号

承認第5号は、行政不服審査及び行政不服審査施行令平成28年4月1日から施行されることに伴い、芳賀町税条例等の一部を改正する条例等の一部を改正するものです。 主な改正点は、審査申し出に掲げる事項について「居所」の記載も可とし、電子メールによる弁明書の提出も認めるようにしたことや、また審査申し出時に必要な印刷手数料の額や減免について規定したことなどです。