1896件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第2日 6月12日)

制度の内容は、同性である者同士がパートナーであることを宣誓することで、市営住宅の入居申し込みや、市営墓地の承継などにおいて、婚姻と同等の行政サービスを受けることができるというものであります。  次に、医療機関との連携についてでありますが、手術や入院時の同意、看取りの際の立ち会いなど、パートナー同士でもできるということが重要であると考えております。  

鹿沼市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日 3月 8日)

しかし、「機を見るに敏」という言葉があるように、やはりそのときに適材適所で地元がやるときに、さっと行政が仕上げるということの経済効果とか、利便性とか、市民ファーストの立場になったときの鹿沼市の行政サービスという面を考えれば、早く道を通すということも、これ一例ですけれども、こういうことがたくさん地域にあると思うのですね。  

鹿沼市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第1日 2月25日)

そして、災害に強い行政機能を一日も早く確立するため、3年後の新庁舎完成に向け、実施設計の完了後、速やかに整備工事に着手し、着実に新庁舎整備事業を推進してまいります。  昨年は、昭和23年に鹿沼市が誕生してから70年を迎え、その歴史を振り返りながら未来を展望する年でありました。新元号となる来年度は「いちご市かぬま」にとっても新たな一歩を踏み出す年でもあります。  

那須塩原市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−08号

本市の施設日本遺産の指定を受けたことは大変うれしいことですが、那須塩原市の博物館行政明治以降に偏ってしまうのではないかと危惧しています。もっと地元の人々の意見をしっかり聞く時間をつくるべきです。  議案第112号 那須塩原市那須野が原博物館条例の一部改正について、反対する討論を終わります。 ○議長(君島一郎議員) 以上で、討論を終結いたします。  

野木町議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月14日−05号

まず、移住定住を行政が着手することになった経緯及び具体的な施策と効果についてですが、急速な高齢化による第一次産業の担い手不足が課題とされていたため、平成19年には空き家を利用してもらい、定住者の確保のために空き家情報バンク制度の運営を開始し、現在に至るまで継続して取り組んでいます。  

壬生町議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月14日−04号

委員からの「他市町で同様な条例を設置している市町はあるか」との質問に対し、「鹿沼市ほか宇都宮市・栃木市佐野市・日光市・那須地区広域行政組合・芳賀地区広域行政事務組合・塩谷広域行政事務組合小山広域保健衛生事務組合などは既に条例を制定しています」との説明を受けました。  

那須塩原市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−06号

まさしく共通認識ではあるんですが、19年前のやすらぎの栃木路のキャンペーンに比べたら、今回のDCに関してはかなり本市としては地元事業者との取り組み、そして観光局を中心にさまざまないろんな企画をし、成功に導いたことに関しては、今回のDCは非常に意義があった、そしてほかの自治体からも高評価を受けるようなそういった取り組みは今後の観光行政についてこのDCがきっかけでさらなる観光行政のますますの発展に弾みがついたのではないかと

鹿沼市議会 2018-12-07 平成30年第5回定例会(第4日12月 7日)

それで、さらにこれを進化させていくのが、各地域包括センターとか、行政地方自治体の役割なのだと思います。  それで、先進地、いろいろ調べていくと、先進している自治体では、これをさらに進化させて、こんなふうにつくり変えているところもあります。  ここでは、この鉢とかは同じなのですが、葉っぱが出ていて、花が咲いています。それで、つけ加えられている絵は、行政があって、太陽がきます。

市貝町議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−03号

答申の出る前ですから、私の意見はできる限り控えるべきではございましたけれども、この自治基本条例は、主権者である町民がいかにして執行者の手を縛るかというところがポイントでございまして、選挙で当選した首長が思いのままに行政を掌握してはならないということで、住民の側に行政監視のための道具を、ツールを提供するのがねらいです。

鹿沼市議会 2018-12-06 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日)

平成30年2月、オフィス環境等調査を経て、3棟(行政棟、交流棟、議会棟)を提案した基本設計業者を特定する、市庁舎の広さは1万1,000平方メートル。  平成30年5月、2棟(行政棟、議会棟)、基本設計方針を決定して1万平方メートルとしました。  そして、平成30年9月、基本設計を決定し、教育委員会を分離します。大変な問題です。  

那須塩原市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−03号

それにつきまして、生産量がふえましても、それらにつきまして、行政のほうで販売につながるような対策はしているのかどうかお伺いをいたします。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  産業観光部長。 ◎産業観光部長(小出浩美) 生産量増量に伴う販売対策ということでございますけれども、生乳の主な販売先は出荷先である酪農協というところでございます。

市貝町議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月04日−01号

----------------------------------- △行政報告 ○議長(小泉栄一)   日程第2、「行政報告」を行います。  去る11月15日付をもって、町長から8月から10月までの行政報告書が提出されており、その写しを配付しておきましたので、ご了承願います。