25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

那須町議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−一般質問−02号

それで、恐らくパソコン等を使う機会が多いと思いますが、事務情報のシステムを利用するときに、その事業者のID、あとパスワード、それからさらに静脈認証による2つの要素を認証して、個人単位で操作ログが記録されるようになっているというのは、習志野市の例であります。当町でのこういうシステムを利用するときの管理体制についてお伺いしたいと思います。 ○議長(松中キミエ君) 住民生活課長。

小山市議会 2018-02-20 平成30年  2月定例会(第1回)-02月20日−04号

習志野市は、公会計改革の先進市として知られ、平成19年から既に地方公会計の改革プロジェクトを立ち上げて進めてきております。職員の中には地方監査会計技能士や1級ファイナンシャルプランニング技能士という方もいらっしゃいます。ぜひ小山市でも取り組んでいただきたいと思います。   では次に、不登校について3問続けて質問をいたします。市の不登校児童生徒の現状と課題は何か。

足利市議会 2017-09-08 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月08日−一般質問−03号

2点目として、新地方公会計制度の導入に当たり、千葉県習志野市では、施設ごとのコストを把握しやすくするため、平成28年度から支出伝票に施設ごとに付与したコードを新たに加え入力することに変更しました。習志野市ではこれを施設マイナンバーと読んでいます。このことにより、施設ごとの経費がひもづけられ、フルコストの把握が容易となります。

小山市議会 2016-02-22 平成28年  2月定例会(第1回)-02月22日−03号

浦安市、和光市、習志野市、世田谷区、高浜市、名張市など国内でも広がりを見せております。小山市もそれぞれさまざまな支援はされておりますが、母子保健における包括的、継続的に支援するプランシステムをつくり、見える化して支援を行うことが望まれます。また、産前産後ケアは、常駐の助産師や保健師の配置が1人ではなく、複数必要となりますので、この人的確保をしっかりとしていただきたいと思います。

小山市議会 2015-09-03 平成27年  9月定例会(第4回)-09月03日−02号

実はこの質問通告をするに当たって、習志野市、それからつい最近、日光市でマネジメント計画というのがパブリックコメントに付されていたので、きょうの午前中を含めて少し読みましたけれども、具体的な数字が年度ごとに示されているわけです。そういう実施計画というのは、どのように考えているのでしょうか。

那須塩原市議会 2015-06-11 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月11日−04号

◆17番(吉成伸一議員) この地域担当職員制度については、千葉県の習志野市なんかはやはり昭和40年代から非常に古い歴史を持って、それらを参考にして導入した全国の自治体がたくさんあるわけです。那須塩原市の地域担当職員も多分そこに類似していたんじゃないかなと私は感じています。  私が考える地域担当職員というのはどういうものかというと、みずから地域貢献をする職員の姿だと思っています。  

佐野市議会 2014-09-29 平成26年  9月 定例会(第3回)-09月29日−委員長報告・質疑・討論・表決−06号

ちなみに、習志野市の新庁舎は、免震構造7階建て、延べ床面積は1万8,000平方メートル、環境に配慮して太陽光発電を導入し、平成28年1月着工、29年9月供用開始の予定とのことであります。総合評価方式を取り入れ、7月28日から8月1日までの応募期間を経て、10月21日が開札日になっております。

佐野市議会 2014-09-16 平成26年  決算審査特別委員会-09月16日−議案質疑−02号

◆委員(金子保利) もう一点なのですが、建築費については、習志野市が坪当たり180万円、鹿沼市が110万円で計画しているということなので、大変なそういった点では、先ほども言ったとおりいい時期に契約したかなと思っておりますけれども、今、市民の皆さんが、いつごろ鉄骨が上へ見えるようになるのかななんて言っているのですけれども、その点を最後にお伺いいたします。 ○委員長(本郷淳一) 新庁舎建設課長。

鹿沼市議会 2014-09-12 平成26年第3回定例会(第4日 9月12日)

そういう点では、これについてもわかったのですが、震災復興事業、あるいは2020年東京オリンピックと重なって、建設単価が2年前と比較して、2年前が1平方メートルで33万5,000円、それが今では50万円になろうとしているというふうなことで、そういう面では大変の価格が上昇していると、全体的に見ますと、一番建設単価が高いので千葉県習志野市が54万6,000円ですか、そういう面ではまだまだ上がっていってしまうのではないかなという

那須塩原市議会 2013-12-06 平成25年 12月 定例会(第6回)-12月06日−05号

この法案を先取りして、全国の68の自治体で生活困窮者の就労や自立支援を行うモデル事業が実施され、習志野市長が「この事業によって安易に生活保護を受給する方を水際でとめる」と発言していることが紹介されました。  また、2002年に施行されたホームレス特別支援法も各地で生活保護受給の前提とされています。

真岡市議会 2011-12-07 平成23年 12月 定例会(第5回)-12月07日−議案質疑、一般質問−03号

千葉県習志野市では2009年3月、これも2年前です。公共施設マネジメント白書を公表したとあります。   日本一安全、安心のまちづくりの本市においても、費用、財源が絡みますので、議会が委員会に参加している市もありますので、重ねて市長のお考えをお聞かせください。   2つ目は、震災の損害が大きい市民会館の復旧、復興の財源についてお伺いをします。

日光市議会 2010-12-15 平成22年 第6回定例会(12月)-12月15日−一般質問−04号

ちょっと言い方には語弊がありますけれども、やはり耐えるべきは耐えていかなくてはならないのだ、それだけ大変なのだよということをやはりきちんと言っていかなくてはならないと思うのですが、そういった中で、施設白書をつくるということなのですが、習志野市とか藤沢市ではコンサルタントに委託して策定したのですけれども、秦野市はこの間テレビでもやっていましたが、職員2名体制で自分たちでつくったのです。

日光市議会 2010-09-13 平成22年 第4回定例会(9月)-09月13日−一般質問−04号

習志野市などでは昭和43年、もう随分前から導入をして現在に至っているわけです。平成の大合併により住民と行政の距離が遠くなるのではといった不安、旧の町や村は置き去りにされていくのではないかといった不安、これが全国的に指摘されておりました。このような問題の解決に向けた動きとして、この地域担当制が今全国的に広がりつつあると言われております。

足利市議会 2010-09-08 平成22年  9月 定例会(第5回)-09月08日−一般質問−02号

習志野市では、老朽化が進む公共施設をより時代に合ったものに再生しようと、市公共施設再生計画検討専門協議会を設置し、建てかえだけではなく複合的な利用、さらにはPFI、民間資金活用による社会資本整備方式による整備など、専門的な見地から中長期的視点に立った再生計画を検討するとしています。   そこで、本市の公共施設の現状について何点か伺います。

壬生町議会 2007-12-18 平成19年 12月 定例会(第5回)-12月18日−03号

この間、習志野市や足利市のスポーツクラブの視察、体育指導委員のクラブマネージャー講習会への参加、体育協会、体育指導委員の合同会議などを実施してきたところであります。また、今月の8日に「多目的な地域スポーツの融合を目指して」と題して、白鴎大の教授、藤井教授を講師として壬生町スポーツフォーラムを開催したところでもあります。  

鹿沼市議会 2007-12-06 平成19年第7回定例会(第4日12月 6日)

そして、羽田飛行場から出て、習志野市あたりから、真壁あたりから那須へと行くのですが、その状況で上空から関東平野を見てまいりました。飛んだと同時に、隅田川や江戸川や、あるいは荒川やその向こうの多摩川が非常によく映っていました。ずうっと来ますと、うちのこの上空あたりまででは、たった15分ぐらいで東京から来ちゃうんです。

鹿沼市議会 2007-08-03 平成19年第4回定例会(第4日 8月 3日)

私たちが見てきた習志野市の秋津小学校でも木更津市でも、教育委員会がイニシアチブをとって、市内全土にビラを入れながら募っていくという方法をとっているのですよ。そのことの成果というのは、どんどん出てきているのです。  議長、ちょっと執行部と教育委員会にこれ配ってよろしいですか。 ○議長(阿見英博君) はい。 ○29番(山崎正信君) よろしいですね。

鹿沼市議会 2006-03-07 平成18年第2回定例会(第2日 3月 7日)

既にこのスクールコミュニティ、これについては、千葉県習志野市の安芸津小学校で既に実践している。そのほか、全国11市区町24校で、もう既にこれ実施が始まっているのです。さらに、二つの県、117市区町村146校も、今このスクールコミュニティを検討中だというのです。私は、安心・安全なまちづくりの抜本的な解決策というのは、もうここにしかないと考えます。

  • 1
  • 2