221件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日光市議会 2019-09-10 09月10日-一般質問-03号

なぜ申し上げたかというと、多分ここはスポーツ振興課健康福祉部で部またぎますから、なかなか割り行政で、私が再三言っている割り行政で、スポーツと健康は本来結びつくべきもので、時代の流れであるべきものですけれども、スポーツ教育委員会の中にありますから、そこに出ていくことがなかなかできないというのが大きな課題だというのは、もう私再三お話しているのですが、これだけしっかりもう書かれているわけですから、

下野市議会 2019-02-25 02月25日-03号

だから本当に、各課で割り行政で行っていけばやはり責任の所在が確かに難しいんだと思うんです。 市長も恐らく出かけられたと思うんですが、大阪の箕面市においては、市の営業室という室が箕面市を営業するための室という形で、課ではないんですがしっかり設置をされて、箕面市の総合営業部長は当然市長であると思います。

市貝町議会 2019-01-29 03月04日-01号

どうも割り行政面という面もありますし、町と県との恐らくそういう面を話し合っていかないと、後になって県のほうは知っているけれども、町のほうは知らなかったというのは困るわけで、後で町の負担になってくるのでは困るわけで、今のうちにちゃんとそういう後で問題が起きないような対策でやっていただきたいということでございます。お願いします。 ○議長小泉栄一)  ほかに質疑ございませんか。          

日光市議会 2018-12-13 12月13日-一般質問-05号

これで全て解決するわけではありませんけれども、日光市の姿勢として、観光業の労働力不足、ここをしっかりとサポートしていくという部分で、ここのまず最初の対応をどういうふうにかじを切っていくのかというのは、市のこれからの観光行政に対する支援として非常に大きな指針になるのではないかと思うのですが、先ほど申し上げました割り行政では進まないような気がしますので、市長のトップダウンでこの話進めていただけるのか、

矢板市議会 2018-06-06 06月06日-04号

ダブルで仕掛けていっても住民の協力は得なきゃならんわけですから、そこに集団和解というものをかぶせて、何かやっぱり割り行政の中で、これは国土交通省事業です、これは集団和解だから、これは民間でやる事業ですというんじゃなくても、何らかの国県の補助を引っ張って、住民負担を軽減する、もしくはかけないでやれる事業というのは、私は仕掛け方であるんじゃないかなと思って今回あえて提案させてもらっているんですが、

那須塩原市議会 2018-03-05 03月05日-06号

こういうことをしっかりと情報発信をして市民との一体化の醸成をしっかり図りながら、我々議会もそれらをきちっとチェックしながら、やはり市民が本当に喜んでもらえる、この20年、30年先、これ、40年ぐらいもつわけですから四、五十年もつ庁舎をつくるんでしょうから、その先、あら、これは狭かったとか大き過ぎたとか、こうよりもこういう機能があったほうがいいとか、そういうことがありますから、今までの割り行政の市庁舎

足利市議会 2017-12-13 12月13日-一般質問-03号

地域課題を他人事ではなく、我がこととして行動してもらえる地域人材の育成や市民力の創出、割り行政から庁内連携などをうまく取り入れながらの丸ごと行政へと変換していくことが期待されています。そろそろ本市でもボランティアの縦割りを丸ごとへという変換は考えていないのでしょうか。 ○議長渡辺悟) 柴崎生活環境部長。   

壬生町議会 2017-12-08 12月08日-03号

これが先ほどの割り行政みたいな話も出ましたけれども、結局壬生町の子供がおぎゃあと生まれてから自立した大人になるまで、一貫して見るところがここですというところが持っていないということですよね。

壬生町議会 2017-12-08 12月08日-03号

これが先ほどの割り行政みたいな話も出ましたけれども、結局壬生町の子供がおぎゃあと生まれてから自立した大人になるまで、一貫して見るところがここですというところが持っていないということですよね。

日光市議会 2017-09-15 09月15日-一般質問-06号

私からすると、この条例をつくった当時、所管が違うので、割り行政弊害かなとか、そのように思ってしまうのですが、これらを踏まえて保育園、幼稚園の減免制度を新たに設けていただきたいと。私はインターネットで他市町村の状況もざっとですけれども、調べました。他市も教育機関を含めて減免制度をやっているところが数多くあります。