408件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

真岡市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月11日−議案質疑、一般質問−03号

本市を管轄する芳賀地区広域行政事務組合消防本部でも死亡リスクは2.6倍でした。また、総務省消防庁によると、失火が原因の住宅火災100件当たりの死者数でも火災報知機設置済みの6.5人に対して未設置は11.4人と約1.8倍であり、このことからも警報器設置の重要性がわかります。

塩谷町議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月10日−02号

そういうことで、測量とかそういうものについてはある程度の専門的な知識を持っている方でないと用地交渉とかでやる場合はちょっと大変かなということで、震災に次ぐ、これ総務課長管轄かもしれないですけれども、新しい職員をすぐ充ててどうだというではならないと思うんで、そういうことになるとある程度専門的というか経験を積んだ、60歳以上でも、嘱託ですから、そうい方にお願いをして、国体が終わるまで期限つきで採用するということで

芳賀町議会 2018-09-06 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月06日−02号

要するに外出する、いろんな都合で外出する職員もいますが、やはりきちっと上司、あるいは部課長が自分の管轄内の職員の動向を把握できるような、そういったシステムで対応してくださいという指示をしたわけでありまして、外出して飲食店で外食しちゃだめとか、うちへ帰って御飯食べちゃだめとか、そういったことは一切指示をしていないということで、ちょっと誤解があるようなものですから、その点はご理解をいただければというふうに

那須町議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−一般質問−02号

学校教育課長(阿久津正樹君) 学校教育課では、各小中学校管轄しておりますが、各小中学校におきましては、国の各省庁が作成しますマニュアルガイドライン、こちらが栃木県教育委員会のほうを経由して届いておりますので、こちらを指針としまして対応を行っているところでございます。  

真岡市議会 2018-06-12 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月12日−議案質疑、一般質問−03号

国民年金管轄しております日本年金機構宇都宮東年金事務所を通じて日本年金機構本部に照会したところ、公表できないとのことでありましたので、真岡市内に対象者がいるのかはわかりません。   なお、今後の報道に関して、日本年金機構としては、現段階では情報提供等の対応は考えていないとの回答でありました。   以上、お答えいたします。 ○中村和彦議長 加藤健康福祉部長。    

塩谷町議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月07日−02号

学校教育課長(寺田正君) 防犯灯につきましては、総務管轄地域安全担当のほうで防犯灯は設置しているところであります。 ◆9番(橋本巖君) 万全かどうかだけ聞いている。 ◎学校教育課長(寺田正君) はい。ある程度通学路につきましては、私が当時担当していたものですから、通学路についてはLEDを対応して、全てLEDに対応なっております。 ○議長(斎藤定男君) 橋本議員

那須塩原市議会 2018-06-05 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月05日−03号

火災で1度行くと、1時間、2時間で消えることなく、地元管轄ですと朝までずっと火災を見守っていなければならないということで、単純に平均で言っても、大体私の経験上、火災にしても建物火災ですと半日、6時間、7時間かかるということで、お金のことを言うと大変恐縮なんですが、1,400割る……時給にすると時給二、三百円ということで、その辺のことも考えると、何かちょっともう少し上げてもいいのかなという気もします。

矢板市議会 2018-06-04 平成30年  6月 定例会(第351回)-06月04日−02号

◆7番(伊藤幹夫) 過去4年間におきまして、矢板の管轄道路の中で、103件中67件が追突事故だと、こういった実証も出ております。本当に先ほども言いましたけれども、便利であるがためになかなか不便な部分も出てきてしまうと、そういったことを検証をしていただきまして、市民が使いやすい道路になることを願います。  3つ目の質問に入らせていただきます。  

矢板市議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会(第350回)-03月05日−02号

また、本計画決定後は、施設管轄する担当部署などにおいて個別計画を策定することになり、関係機関地域住民と意見等の調整を図りながら計画づくりを進めていくことになります。その際、計画について市民の皆さんの関心を高め、十分なご理解をいただくために議員ご提案の漫画を活用した情報発信につきましては、参考にさせていただきたいと存じます。  

佐野市議会 2018-03-05 平成30年  厚生常任委員会-03月05日−議案審査−01号

◆委員(鈴木靖宏) 46事業所、管理、管轄するということでありますので、スタッフ、職員さんということですね、スタッフという表現では失礼かもしれませんけれども。そんな中で、たまには抜き打ち、モニタリングというのですね、きれいな言葉で言うと。そういったこともしていただいたほうがいいのかなということで、これはご提案ですので、ご答弁結構です。   以上で終わります。

佐野市議会 2018-03-02 平成30年  2月 定例会(第1回)-03月02日−一般質問−05号

西分署は、平成5年4月に赤見、旗川地区及び周辺地区を管轄するため開署されました。当時の職員配置は15名、消防車両1台、救急車両1台が配備されておりましたが、職員不足によって火事や救急要請が同時にあった場合、別々に出動できないことを認識していただき、消防力に合った職員配置をして、早急に問題解決を図っていただきたいと質問いたしました。

真岡市議会 2018-03-01 平成30年  2月 定例会(第1回)-03月01日−議案質疑、一般質問−03号

信号機の設置及び維持管理は、栃木県警察管轄となっており、交通安全施設の要望事項は毎年市から真岡警察署に提出しております。真岡警察署では、要望箇所の中から交通量事故発生状況、交差点の大きさ等を総合的に判断して、栃木県警察本部に上申し、栃木県公安委員会意思決定を経て設置をしているとのことであります。真岡市では、毎年約60件の信号機の新設要望並びに約10件の改良要望を提出しております。

那須塩原市議会 2018-02-27 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月27日−03号

◆9番(佐藤一則議員) やはり危険箇所が、市内には当然、市道のほかに県道、また国道も走っていますので、そちらは市のほうで単独にはできない部分もあろうかと思うんですけれども、また、信号機にしても、これ警察管轄ということで、不謹慎かもしれませんけれども、事故があってからはすぐできると思うんですけれども、やはりその辺は要望をしっかり受けとめまして、警察のほうとか県のほうと連携いたしまして危険箇所のいち早

市貝町議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月18日−01号

指名制とか輪番制がありまして、あるいは投票でなる方もいらっしゃいまして、私も豊田議員と同じように、本来であれば数年、自治会長をしていただきたいと思っているところでございますが、自治会は任意団体でございまして、地域資源を管理するための自治的な組織ということでございますので、自治会ごとにそれは決めてもらう、自治会ごとに決定してもらうことに、そういう管轄になって、自治会ごとに決める事項になってございますので

那須塩原市議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月15日−08号

教育部生涯学習課の審査において、委員から、黒磯文化会館について、例えばある程度監督していくのかといった担当課と指定管理者との関係について伺うとの質疑があり、執行部からは、理事長等として教育長教育部長が直接管轄している。生涯学習課については、補助金を出している自主事業の関係があるとの答弁がありました。  

足利市議会 2017-12-14 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月14日−一般質問−04号

(20番 尾関栄子議員登壇) ◆20番議員(尾関栄子) まず、初めの民事調停法の第24条、宅地または建物の賃借その他の利用関係の紛争に関する調停事件は、紛争目的である宅地もしくは建物の所在地を管轄する簡易裁判所または当事者が合意で定める地方裁判所管轄とするとしています。調停の申し立て場所を過って記載したことは、慎重さに欠けた報告だったと指摘せざるを得ません。   

足利市議会 2017-12-13 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月13日−一般質問−03号

公共施設等の整備計画につきましては、全庁を挙げて取り組みを進めているところでありますが、水道事業分野では建物系に加えてインフラ系も管轄しているところであります。これまでの議論を踏まえ、広域連携、官民連携を前提とした中での本市の今後のあるべき方向性についてお聞かせいただきたいと思います。 ○副議長(斎藤昌之) 吉田上下水道部長。    

佐野市議会 2017-12-08 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月08日−一般質問−05号

健康医療部長(新里年市) 譲渡先である新設の法人につきましては、先発議員のご質問にお答えしたとおりでございますが、民間譲渡受託に当たり、社会的信用度の高い社会医療法人を目指すこととし、そのために市民病院とあそヘルホスを管轄する一般財団法人を立ち上げていくことになったものでございます。   以上でございます。 ○議長(井川克彦) 鶴見議員