12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿沼市議会 2016-09-09 平成28年第4回定例会(第4日 9月 9日)

私は、この案内を見ましたとき、一瞬、佐藤市長は福田昭夫代議士を知事に復権すべく、この案内を配ったとされます、元鹿沼市議会議長の大貫武男議員とタッグを組み、いよいよ立ち上がったのだと思いました。11月には知事決戦を迎えるのだと思いました。ところが、よくよく読み返しましたら、福田富一栃木県知事の後援会設立準備会とありますので、これまたびっくりしてしまいました。

壬生町議会 2009-12-10 平成21年 12月 定例会(第7回)-12月10日−02号

席上、同行した地元栃木第2区選挙区福田昭夫衆議院議員が知事時代、地元の声を聞いたところ、「ダムはつくってもいいが、水はためないでほしい」という意見が大半だったが、当時の栗山村長から合併はせずに湯西川ダム事業を村100年の大計にしたいと強く要望されたと解説、関係各位の立場による認識の違いが計画の根底にあり、時間の経過とともに地域間のそごにつながってしまう。

壬生町議会 2009-09-25 平成21年  9月 定例会(第4回)-09月25日−03号

そうした福田知事の何がなんでもの健闘むなしく、1区では私の盟友、石森久嗣氏が、2区では元栃木県知事の福田昭夫氏が、ご案内のとおり完全勝利を果たしました。福田知事に関しては、子供手当高速道路の無料化といった民主党政策について、多くの矛盾をはらんでいると批判を繰り返してきましたが、最近は、反発は得策ではないと民主党へじわりと軸足を移動し始めたと報道されています。  

壬生町議会 2009-09-15 平成21年  9月 定例会(第4回)-09月15日−01号

この安塚駅西広場の事業計画は、資料によりますと、平成15年6月13日、当時の福田昭夫さん、栃木県の知事名で決定認可をされておる事業です。この事業の中で私が非常に疑問を感じたのは、この事業計画書の中に資金計画書があります、資金計画書。この事業計画、総事業費が4億8,200万円。これはつい昨年までこの金額でありました。

鹿沼市議会 2008-09-11 平成20年第4回定例会(第4日 9月11日)

福田富一知事は、自民党県連と距離を置く、あの前福田昭夫知事から県政を奪還すべく、自民党県連が全面的にてこ入れをして誕生した県政であります。候補者もそろわない現在、早々と現職知事の支持を表明した理由はどこにあるのか、この点について答弁を求めておきたいと思います。  

小山市議会 2008-09-05 平成20年  9月定例会(第3回)-09月05日−04号

これは私、8年前の福田昭夫知事が当選する2000年度からぐっと勉強していたのですけれども、どこでどういう勘違いをしたのか知らないですけれども、治水と利水が大きく違っていたのです。これは市民の皆様にも大変ご迷惑かけましたので、ここでおわびしたいと思っております。済みませんでした。これは、執行部の人に改めて聞いたら、治水が約75%で利水が25%ぐらいだと。

那須塩原市議会 2005-12-06 平成17年 12月 定例会(第7回)-12月06日−06号

◆17番(中村芳隆君) 本当に財政上限られた中でやっていかれる県の立場も理解はするところでございますが、本当にあの区間、ちょっとお話によりますと、前知事の福田昭夫知事のときに、並行して走っている唐杉線が整備されているので、当分支障ないんじゃないかといったことも聞かれたわけでございまして、知事もかわりましたし、現在の福田富一知事は最初に合併した那須塩原市に対して何か褒美をあげなきゃいけないなんていうことを

鹿沼市議会 2005-09-14 平成17年第5回定例会(第2日 9月14日)

しかしながら、2区においては民主党公認の福田昭夫さんが激戦の結果、惜敗率上位により比例北関東ロックより初の衆議院議員に当選しました。今回の選挙戦で学んだことは、いかに有権者の心をとらえ、政策をわかりやすく伝えていくことが重要かということであります。今後の選挙に向けて私自身の教訓にしていきたいと思います。  さて、今定例会では、4件の一般質問を発言通告をいたしました。

鹿沼市議会 2000-12-21 平成12年第5回定例会(第4日12月21日)

こうした中、新しく就任した福田昭夫県知事は、先日の県議会で、東大芦川ダム建設事業検討会を設置して事業の必要性を再検討することを表明し、あわせて関係住民の生活再建については、見直し論議とは切り離して何らかの補償を行っていく考えを示しました。下野新聞報道によると、県知事がダム事業がないことも想定して補償に言及するのは全国でも初めてであるそうです。  

  • 1