616件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第4日 6月14日)

また、平成26年第4回定例会では、下水道工事による騒音・振動などの環境悪化について、周辺住民の生活環境を守るために、大型車進入禁止の規制なども含めて質問いたしました。  その当時の環境部長の答弁は、「仮復旧の間はこまめに段差解消の補修をしていくので、本復旧まで待ってください」というようなものがあったと思います。  

鹿沼市議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第2日 6月12日)

また、5月21日の新聞では、中国が2018年からプラスチックごみの輸入禁止した影響で、日本国内のプラスチックごみ保管量は増加傾向にあり、保管基準違反が発生したり、処理業者が新規取引や受け入れを制限しているとのこと。国内処理が滞留するため、環境省が緊急措置として、人口減少による一般ごみ減少で焼却炉に余力のある自治体に対し、協力を促しました。  

鹿沼市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日 3月 8日)

学校においては、健康増進法の一部改正以前から、学校敷地内での喫煙禁止しております。  改正法施行後も、敷地内禁煙を継続していき、喫煙者には、外部来校者も含めて、受動喫煙防止や近隣への配慮を促してまいります。  以上で答弁を終わります。 ○大島久幸 議長  水嶋俊彦財務部長。 ○水嶋俊彦 財務部長  次に、現市庁舎の喫煙場所の現状と課題、本市職員喫煙率についてお答えをいたします。  

鹿沼市議会 2018-12-17 平成30年第5回定例会(第5日12月17日)

鹿沼市議会会議規則第54条第2項に基づき、発言を禁止します。  次に移ります。 ○19番 鰕原一男 議員  議長。 ○大島久幸 議長  ほかの質疑はありませんか。  鰕原議員。 ○19番 鰕原一男 議員  議論の場の議場において、発言を取り消すというのは暴挙であります。議長の発言を取り消しを願います。 ○大島久幸 議長  議長として考えをただいま申し上げました。  

那須塩原市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−06号

那須塩原市避難所運営マニュアルでは、避難所はさまざまな人が生活するため、居住部分へのペットの持ち込みは禁止としております。ペットの飼育スペースとして、敷地内の屋外に設置することとしております。  次に、(2)の避難所ペットを同行する際の注意点について、本市としてのマナールールについてお答えをいたします。  

那須塩原市議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号

例えば、道交法の改正で言えば、携帯電話等での通話をしながらの自転車運転の禁止、それから画面を注視した、見ながらの自転車運転の禁止、それからイヤホンをして大音量で聞きながらの自転車運転の禁止、これらに関しては、5万円以下の罰金というように変わってきているわけです。5万円以下の罰金というのは、県のほうの正確に言うと、道路交通法施行細則の中でそういうふうに規定をされているわけです。  

那須塩原市議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号

また、そのほか、建設に当たって周辺にお住まいの方との説明会など等の関係から、鳴り物禁止と。よく高校野球なんかで応援でブラスバンドが来たりとか、こういうところでの応援があります。これについては、騒音じゃないんですけれども、ちょっとうるさいというようなことがないようにということで、鳴り物は禁止ということ。

鹿沼市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(第2日12月 5日)

ほとんどブランコにはチェーンを使っていますから、その辺の実態調査をしてもらって、使用禁止というわけではないです。安全対策を講じていただきたいというのが要望でございます。ぜひその辺を調査し、安全対策していただきたいと思います。  次の質問に入ります。  大項目、子供の虐待について。  毎年11月は、子供の虐待防止月間です。

市貝町議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月04日−01号

そこで、補助金適正化法が規定する多用途への転換禁止期間が満了した後は、サウナの再開を検討する考えはあるのか伺います。  3点目は、温泉の利用者増を図るために、文化協会のご協力のもと、舞踊やカラオケなどのイベントを開催してくださっています。本日は文化協会の副会長様がお見えになられていますが、いろいろな芸を披露してくださって、見るのを楽しみにしている方が大勢おられます。  

真岡市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−議案質疑、一般質問−02号

2021年3月以降は水銀製品の製造や輸出入が禁止に。このような状況から、市が管理する道路照明灯の水銀灯を20年度までにLED化する方針としてはどうかと思います。LED化にすることで、水銀灯に比べ消費電力が約4分の1となり、全灯LED化となれば電気代にしても大幅に削減されます。また、定格寿命は水銀灯約3年に対してLEDは約15年で、維持管理費としての削減も見込まれます。

市貝町議会 2018-09-06 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月06日−03号

しかし駐車禁止はできないと言うんです。どうしてもと言うなら多田羅であそこに看板を立てて危険ですから駐車はご遠慮願いますという。それから来た人に言ってとめないようにするというのがやり方としてはここが限界だと言うんですね。でもそれじゃいつ事故が起きるかわからない。危なくて本当にしようがないんです。ですからそういった意味で駐車場の整備は重要なんです。  

鹿沼市議会 2018-09-06 平成30年第4回定例会(第3日 9月 6日)

また、地元団体の大芦川流域活用事業運営委員会におきましても、平成27年度から旧西大芦小学校の校庭を駐車場といたしまして貸し出し、付近の路上駐車対策を行うとともに、飛び込みなどの危険行為対策としまして、市で字穴橋の欄干に「飛び込み禁止」の看板を設置し、危険行為についての注意を促しております。  

小山市議会 2018-06-28 平成30年  6月定例会(第2回)-06月28日−06号

採 択│      │     │ │第30―3号 │見書の提出を求める陳情      │    │      │     │ └───────┴─────────────────┴────┴──────┴─────┘   (閉会中の継続審査に付されていたもの) ┌───────┬─────────────────┬────┬──────┬─────┐ │陳    情 │日本政府に対して核兵器禁止条約

下野市議会 2018-06-21 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月21日−05号

③整備後10年間の転用禁止等を活動団体と所有者及び市の3者で締結するということであり、これまでにこの補助を受けた事業は、細谷、上台地区の通学路の下草刈り、天平の丘公園周辺の下草刈り、木工教室の開催、古山小学校学童保育室の木質化などである」とのことでした。  本案については、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  

小山市議会 2018-06-21 平成30年  総務常任委員会-06月21日−02号

 市町の境界変更について  3 議案第58号 市の境界変更に伴う財産処分に関する協議について  4 議案第59号 財産の取得について  5 議案第60号 財産の取得について  6 議案第66号 建設工事請負契約締結について  7 陳情第30―3号 東海第二原発の稼働延長を認めない意見書の提出を求める陳情    (閉会中の継続審査に付されていたもの)  8 陳情第30―2号 日本政府に対して核兵器禁止条約

鹿沼市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日 6月14日)

具体的には、教育委員会で整備したパソコンの校外への持ち出し禁止個人の所有するパソコンの持ち込み禁止、USBメモリを使った業務データの持ち出し禁止などを定めております。  また、主な学校情報セキュリティ対策といたしまして、パソコン用ウイルス対策ソフト、有害なインターネットサイトの閲覧防止をするフィルタリングソフト、不正侵入防止システム、いわゆるファイアウォール等を導入・運用しております。  

小山市議会 2018-06-14 平成30年  6月定例会(第2回)-06月14日−05号

どうしてもそちらに迂回して間中のほうに向かっているということで、そちらを通る方がかなり多くなっていますので、通学時間帯の国道4号からの進入禁止、これを現在地元の自治会長含めて警察にお願いをしているところでございます。   しかし、その辺の改善はなされたのですが、千駄塚古墳の付近は県の文化財指定区域ということで、昔のままの状態でございます。いまだに拡幅や側溝の整備がなされていない。

鹿沼市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第2日 6月13日)

このほか、進路変更禁止違反で刑事処分が適用された場合には、罰則5万円以下の罰金に該当することがあります。  また、急ブレーキ禁止違反での刑事処分としては、罰則3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金になる場合があります。  ほかにも刑法による暴行罪や傷害罪、「危険性帯有者」として、道路交通法による免許停止行政処分など、様々な法令による大変重い処罰の対象になることがあります。