499件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宇都宮市議会 2017-03-08 平成29年環境経済常任委員会(第1日目 3月 8日)

 場 所 第3委員会室 ■出 席 委 員(9名) 委員長  高 橋 美 幸     副委員長  福 田 智 恵 委 員  角 田 充 由     委  員  久保井 永 三 同    馬 上   剛     同     金 沢   力 同    舟 本   肇     同     福 田 久美子 同    渡 辺 道 仁 ■欠 席 委 員(0名) ■説 明 員 環境部長        柴田 賢司 環境参事

宇都宮市議会 2017-02-24 平成29年環境経済常任委員会(第1日目 2月24日)

 場 所 第3委員会室 ■出 席 委 員(9名) 委員長  高 橋 美 幸     副委員長  福 田 智 恵 委 員  角 田 充 由     委  員  久保井 永 三 同    馬 上   剛     同     金 沢   力 同    舟 本   肇     同     福 田 久美子 同    渡 辺 道 仁 ■欠 席 委 員(0名) ■説 明 員 環境部長        柴田 賢司 環境参事

宇都宮市議会 2016-12-16 平成28年環境経済常任委員会(第1日目12月16日)

 場 所 第1委員会室 ■出 席 委 員(9名) 委員長  高 橋 美 幸     副委員長  福 田 智 恵 委 員  角 田 充 由     委  員  久保井 永 三 同    馬 上   剛     同     金 沢   力 同    舟 本   肇     同     福 田 久美子 同    渡 辺 道 仁 ■欠 席 委 員(0名) ■説 明 員 環境部長        柴田 賢司 環境参事

宇都宮市議会 2016-12-14 平成28年第5回定例会(第4日目12月14日)

その後、冒険活動センター敷地西端の第2駐車場周辺において、基準超過が判明したことや、今般、6区画の溶出量基準超過などの調査結果をもって、基準超過範囲が確定したことを踏まえ、それぞれ対策の方針などの議会報告や答弁を行っているものであり、法に基づく区域指定の申請や環境による原因調査につきましても、今回の調査結果を踏まえた対応であります。  

足利市議会 2016-12-13 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月13日−一般質問−04号

平成20年12月24日に、産業環境クリーン推進課に湧き水対策の要望書を提出しています。地権者が要望書を提出しています。平成21年1月27日、市側は地権者に、湧き水の対応として、平成14年から地下水の集水のバルブを閉じてあるために、徐々に開いていき、既設のポンプの能力が十分かなどを確かめて対応していくと回答していました。これを対応してきたのでしょうか、お尋ねいたします。

那須塩原市議会 2016-12-05 平成28年 12月 定例会(第5回)-12月05日−05号

◎生活環境部長(山田隆) そういう現場があったときは、まず、生活環境が現場を見て、空き家対策条例に該当するかどうかという中で、建設部のほうと相談をして今後の対策を決めるという形になろうかと思います。 ○議長(中村芳隆議員) 4番、齊藤誠之議員。 ◆4番(齊藤誠之議員) 条例が外れているということで、生活環境が先に行くという解釈でよろしいですね。はい、わかりました。  

鹿沼市議会 2016-09-08 平成28年第4回定例会(第3日 9月 8日)

先ほども環境部長のほうから言われましたように、この総数が、ごみステーションが2,740カ所あるということでお聞きしておりますが、やはり当然この黒川から東と、西地区と東地区を分けて考えますと、やはり東地区のごみの量が当然これは多く出されるということは、もう一目瞭然でわかっておりますので、やはりそういった住宅密集地でのごみの捨て方、そういったところをやはり環境さんのほうのご指摘で改善をしていく、そういったことを

宇都宮市議会 2016-09-07 平成28年環境経済常任委員会(第1日目 9月 7日)

 場 所 第3委員会室 ■出 席 委 員(8名) 委員長  高 橋 美 幸     副委員長  福 田 智 恵 委 員  角 田 充 由     委  員  久保井 永 三 同    馬 上   剛     同     金 沢   力 同    舟 本   肇     同     渡 辺 道 仁 ■欠 席 委 員(1名) 委 員  福 田 久美子 ■説 明 員 環境部長        柴田 賢司 環境参事

那須塩原市議会 2016-09-06 平成28年  9月 定例会(第4回)-09月06日−03号

平成27年度の実績として、企画部356時間、総務部329時間、生活環境156時間、保健福祉部333時間、子ども未来部は保育園を除き363時間、産業観光部332時間、建設部232時間、教育部267時間、そして、上下水道部が169時間となっている状況にございます。  以上でございます。 ○議長(中村芳隆議員) 8番、大野恭男議員。 ◆8番(大野恭男議員) 市長、答弁ありがとうございました。  

那須塩原市議会 2016-09-05 平成28年  9月 定例会(第4回)-09月05日−02号

ただ、政策ということで考えていきますと、やはり環境であるとかリサイクルというような大きな視点になってまいりますので、そういった部分については、現在、生活環境が所管しておりますので、そちらが窓口になろうかなというふうには思っております。  以上です。 ○議長(中村芳隆議員) 7番、櫻田貴久議員。

鹿沼市議会 2016-07-14 平成28年第3回定例会(第3日 7月14日)

それで今年の3月からうちの、環境のほうですね、環境のほうでも同じ取り扱いで、原本を確認して、それをコピーすればいいということでやっております。  それで、土地登記事項証明書とか、公図の写し、住民票の写し、法人登記簿の写しですね、こちらについては、全部原本を確認してからコピーをして、コピーで預かっております。こちらについては、お金で1,850円の軽減を図っているところであります。  

鹿沼市議会 2016-07-04 平成28年第3回定例会(第1日 7月 4日)

次に、報告第9号は、平成27年12月16日、鹿沼市上殿町695番地7、環境クリーンセンターリサイクル施設内において、環境職員が運転するフォークリフトが議案書記載の日光市在住者に接触をし、負傷させたことに対し、損害賠償の額4万5,465円を支払い、和解したものであります。  

那須塩原市議会 2016-06-24 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月24日−07号

生活環境環境管理課の審査では、委員から規約を改正することによって出している負担金はどのようになるのかとの質疑があり、執行部からは料金が合併前の黒磯市のほうに統一されるため、負担金は若干ふえる計算になるとの答弁がありました。  以上、審査の結果、議案第49号 黒磯那須共同火葬場組合規約の変更については全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。  

宇都宮市議会 2016-06-22 平成28年環境経済常任委員会(第1日目 6月22日)

 場 所 第3委員会室 ■出 席 委 員(9名) 委員長  高 橋 美 幸     副委員長  福 田 智 恵 委 員  角 田 充 由     委  員  久保井 永 三 同    馬 上   剛     同     金 沢   力 同    舟 本   肇     同     福 田 久美子 同    渡 辺 道 仁 ■欠 席 委 員(0名) ■説 明 員 環境部長        柴田 賢司 環境参事

宇都宮市議会 2016-06-20 平成28年第2回定例会(第4日目 6月20日)

まず、冒険活動センター敷地内及び平出工業団地内の土壌、水質についてのうち、関係部局の対応についてでありますが、今回の件につきましては、教育委員会事務局と環境が主体となり、庁内関係部局と情報を共有するとともに、密に連携し、迅速かつ適切な対応に努めているところであります。  

宇都宮市議会 2016-06-16 平成28年第2回定例会(第2日目 6月16日)

栃木県産業労働環境労働政策課によれば、県内の製造業に就職する大学生等に奨学金返済額の一部を助成するもので、就職先に県内企業を選ぶ意欲を高める効果があります。  本市でも、返還免除型育英修学資金貸付制度を実施しています。これは、教育費の負担軽減を図る大変重要な政策です。卒業後5年間、市内に在住することで貸与金の返済が免除されるため、定住促進にも役立ちます。

那須塩原市議会 2016-06-15 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月15日−06号

講習会につきましては、生活環境の交通教育指導員を講師にいたしまして、交通事故の発生要因とその防止対策や車を運転する際の心構えなどの内容で行っております。  また、職員が重大な事故を起こした場合につきましては、本人はもとより、全職員に対して、交通法規の遵守徹底と、市職員としての自覚を促す注意喚起を行っているところでございます。  

那須塩原市議会 2016-06-09 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月09日−04号

ただ、宴会の料理を提供されるほう、消費者側としては、例えば市の職員の宴会とか、その形、市の職員の宴会のときに取り組むというところは可能だと思っておりますので、試行的に生活環境の宴会においてその辺はやってみたいかなと思っております。 ○議長(中村芳隆議員) 2番、星宏子議員。 ◆2番(星宏子議員) ぜひよろしくお願いします。

那須塩原市議会 2016-06-07 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月07日−03号

例えば月曜日の朝に何か缶を3つでも4つでもいいから持ってきてねみたいなことをやっぱり進めていくのも、環境としてどうなんでしょう、学校にというのは難しいこともあると思うんですが、ぜひそういう試みをやっていただきたいなというふうに思います。意識を変えるのはやはり若いときです。